2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月30日 (木)

痩せゆくオタク

なんと、ここに来て急に体重ダウンhappy02
やっぱりゴールデンウィークに入って、暑くなったせいでしょうか。
ほぼ一ヶ月間、どーしても落ちなかったのに。
半分諦めかけていた体重計の数値が、みるみる減っていくのを見ると
俄然、モチベーションも上がっちゃってhappy02

結局、この数日で
先日、最終目標とした-3㎏まで、あと一歩。

今日現在、合計で18㎏落ちました。お正月の頃と較べると別人のようです。
私みたいなモノグサが、よく続いたなーとhappy01
まー例によって放っておけば、いずれ戻っちゃいますがcoldsweats01
私のお正月太りは、18キロもあったのかとhappy01
いったい何を食べたんでしょうかshock

今回、急なリバウンドをさほど心配していない理由は
体重と一緒に、体脂肪率も落ちているからです。

正直、体重が落ちても体脂肪が多いと、体の生理に逆らって
無理にダイエットしているような焦りがありましたが
体重と体脂肪が仲良く落ちてくると、体も無理をしていないような
感覚があります。

食事の量も以前より減っていますが
それにより空腹感を覚える事は無くなってきました。

うーん。コレはどういう事なんでしょうね。
「ダイエットは三ヶ月目から安定する」なんて、どこかで聞いたような気も。
確かにウォーキング開始から、今日で67日目。
私も安定期に来ているんでしょうか。
無理をしなくても、スムーズにウェイトダウンする時期に。


でもアレですよねーhappy01
これまでキツかったGパンやスカートが余裕で穿けると
やっぱり嬉しいものですねhappy02

「そんなんじゃまだまだ、痩せたとは言えないよ」なんてクレームが
聞こえてきそうですが、自分のサイズが日に日に落ちていくのを実感するのは
何とも新鮮なものです。

今日も二回のウォーキングを頑張りましたが
停滞期にあれほど苦痛だったウォーキングが
今日は楽しくて仕方がなかったですもんね。ホントに私は単純だなーとhappy01


さあこうなって来ると、後は部分痩せですね。
あっちこっち、お肉が余ってるところがいっぱいあってweep
服じゃ隠せない贅肉を退治する番です。

コレがまた一苦労。いやー落ちない落ちないcoldsweats01
体重よりも体型を整える方が難しい事は、過去の失敗が証明しています。
ここが肝心。紀香ボディー目指して頑張らないとpunch
(まー体のシャーシは男性ですから、かなわぬ望みなんですがcoldsweats01


すみません。いつも以上に内容が無くて。
もはやすっかり、ダイエットブログと化してますねhappy01
体重ダウンの緩急があまりに劇的だったもので、ついcoldsweats01
ダイエットやウォーキングに取り組んでいらっしゃる皆さん
頑張って下さいね。応援していますpunch

私ももうちょっと頑張ります。結果は期待できませんがweep



784788



4月最終日の今日は、こんな成績でした。
今日までの累積歩数、784788歩。
人類メタボーまで、あと24sandclock

2009年4月28日 (火)

嵐を呼ぶG.W

いやー今日はもう4月も28日。
今回の『宇宙船映像倶楽部』課題応募締め切りが5月の8日ですから
いよいよ大詰め、ここから脳内の一大バトルロイヤルが始まります。


毎回そうなんですが、余裕を持って早めにまとめる事が出来ない私。
なんとなく早めに仕上げることが、『粘り負け』しているように感じちゃって。

もし不採用になったら
「落ちたのは、締め切りギリギリまで粘らなかったから」なんて

自分を責めちゃうんですよ。
もっと深く考えられたのに、途中で妥協したと思っちゃうんですよね。
それが嫌で、やりきった感を味わいたいが為に
粘っているような所もありますcoldsweats01

で、今回もその轍を踏んで、タネ火のようなアイデアを
あーでもない、こーでもないとこねくり回してはや一ヶ月。
キャラデザインも待ってるのに、いっこうに形になりません。


しかしっ!そんな私の甘えた日常に、強烈な一撃がっ!
まさかまさかの
「アレ」今日、私の手にっhappy02happy02happy02
ぜーんぜん予想外でした。そーですか今日ですか!?
この時期に
「アレ」届くとは
今日は!マークばっかりですが、それくらいの衝撃なんですよhappy01



えーこの分かりにくい記述には、理由がありましてcoldsweats01
それは「宇宙船映像倶楽部」部員の方々には、お察し頂けると思います。
同じ思いを持たれた部員諸氏も多いのでは?
今日、この記事がチンプンカンプンの方も、きっと一両日中には
お分かり頂けるはずです。
なんと言っても、待ちに待った「アレ」ですからhappy02

きっと部員の皆さんの熱いお気持ちが、実を結んだんですねー。
涙もろい私は、ちょっと目頭が熱くなってきましたweep

申し訳ありませんが事情により、これ以上はブログでお話できません。
ここまでボカせば、雨宮部長もお許し下さるでしょうhappy01
部員の方々もコメント等は、記述にご配慮下さいねcoldsweats01
残念ながら部員以外の読者の方々は、もうしばらくお待ち下さい。
きっと後日、今日の謎は明らかになると思いますhappy01


いやーでも、今の時期にコレとは。さすが上手いですねー編集部happy01
こんなものを目にしちゃったら、もう甘えてなんかいられません。
脳内のターボチャージャーが、にわかに動き始めました。
プロット、キャラデザインに加え、急に身の周りが忙しくなりそうです。

まずは挑戦し続けているプロットのまとめですね。
コレが納得行かなければ、自分でも寝覚めがよくありません。
そして、課題となっているキャラデザイン。
これも色々な腹案を、うまく形にするべく努力します。

何しろ今回は、今までの応募と事情が違いますからhappy01
だって、その先には・・・happy02


なんだかサッパリ分からない内容ですが
まー謎のまま終わるお話も、たまにはいいでしょうhappy01
そんなわけで、今年のゴールデンウィークは「宇宙船」一色。
去年以上に力が入りそうですpunchpunchpunch
(ホントにこれで終わり?と怪訝な読者の皆さん。ホントに終わりですwink



Photo


今日はウォーキングも大盛り上がり。
今日までの累積歩数、751511歩。
人類メタボーまで、あと26sandclock

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月27日 (月)

女子の意地

ここ数日、名古屋はちょっと寒い毎日で。
それでも頑張って、ウォーキングは続けているんですが
それまで怒涛の勢いで減っていた体重が、ピタッと止まってしまいました。

寒さの為、汗をかかなくなったせいもあるでしょうが
どうもそれまでのダウンペースが、急すぎたようです。

そりゃそうですよね。わずか40日ほどで15.5㎏ダウンなんて
どう考えても過激すぎますし。

その後ほんの少し落ちた程度で、結局落ち着いてしまいました。
いやーここまで来て、志半ばにして断念かっcrying

でも、悪い事ばかりでもありません。
体重の安定とうらはらに、少しずつ体脂肪率が減り始めたんです。

どうやら、あまりに急に落ちた体重に
脂肪が帳尻を合わせようとしているみたいなんですね。
体脂肪率が減っているという事は、体重は変わらなくても
体が締まってきていると考えればいいんでしょうか。

体力維持の為、体が溜め込んだ脂肪を筋肉に変えようとしているのかな?
難しい事はわかりませんがhappy01
うーむ人体の神秘。自分の体ながら感心してしまいます。


ひょっとして今、早くもゴールデンウィークの読者もいらっしゃるでしょうが
それが終われば5月も本番。
女子的には、肌の露出が増える季節です。
そうなるともう、気が気じゃありません。
女子服のトレンドは毎年変わるので、去年のいっちょうらで済む訳もなく。
当然の事ながら、今年も新作のチェックに余念の無い私。
いくらオタクの私だって、一枚くらいは最新のアイテムを手に入れなければ
女がすたるというものですhappy01


お店めぐりやネットショップでお気に入りのウェアを見つけては
デザインや値段の比較を続ける日々ですが
ここで毎年、焦りが生まれます。

女性読者の皆さんはよーくお分かりと思いますが
お店やネットショップを問わず、人気のアイテムって
とにかく売り切れるスピードが速い!

大体今なら、ゴールデンウィークがおしゃれのメインステージですから
狙ったアイテムを4月下旬までにゲットできるかどうかが
春の女子ファッションの明暗を分ける、一つの山場なのです。
それまでにあらゆるデータをかき集め、目ぼしい一枚をロックオンして
ピンポイントでゲットする。そういうフットワークが必要と言えます。


つまり、今日の時点でまだアイテム選定に迷っているようでは
ファッション先取りレース的には、かなり出遅れているんですね。
その遅れが、私を焦らせているのです。

どうして私はそんなに出遅れているのか。理由ははっきりしているんです。
正直に言っちゃいましょう。
冒頭にお話した通り、今年の私はまだ、ダイエットの途中なんですよ。
その為、服を買うにもサイズが決められないんですweep


どんな服にも、見栄えのするサイズというものがあります。
たとえモデルさんやマネキンが美しく着こなしている服でも
それが自分に似合うかどうかは、着てみなければわからない訳です。

ですから女性はみんな、時間をかけ慎重に試着を繰り返して
その服が「アリ」かどうかを見定める訳ですね。
同じ服でも着る人によって、受ける印象はまったく違うんですよ。
もちろんそこには、スタイルという非常に重要なファクターがある事は
言うまでもありません。


たとえメンタル面は女性でも、生物学的に男性の私にとって
元々、女性用に作られている服を着こなすのは至難の技です。
ましてやダイエット中で、目標体重が達成できるかどうかさえ
疑わしい私なんぞが、アイテムをロックオンできるわけが無いという。

ここが非常に難しいところなんですよね。

しかも。当然ながら服には「サイズ」というものがあります。
いくら着たくても、自分のサイズがなければ指を咥えて見ている事しか
できません。
ましてや、デザインバリエーションが男性服の比ではない女性服は
一つのデザインの在庫数も極端に少なく、一度売切れてしまえば
再入荷は不可能に近いのです。

今こうしている間にも、売れ筋のアイテムはどんどん在庫がはけ
目当てのサイズは売り切れ率が高くなる一方なのでしたcrying
考えてみれば、こんな無情なアイテムもないですよね。
ソフビやプラモなどのオタクグッズは万人に公平ですが、服や靴など
身につけるものは、サイズが合わなければ、どんなに良いものでも
意味を成しませんからhappy01


自分のボディサイズが決まらない内に、最新ウェアが市場から
どんどん減っていく感覚は、まるで真綿で首を絞められるような苦しさです。
あーこんな事なら、ダイエットをもーちょっと早く始めればよかったweep
でも去年のバイク事故やお正月の風邪など、今回は色々な事情があったから
しょうがないと言えばそうなんですがbearing

でも、せっかくがんばって16㎏近く落としたんだから、ここで断念するのは
惜しいですよね。
最新ウェアが売れていくのも悔しいし。
で、先日、一念発起しまして。「折衷案」的措置をとりました。
今の体型でも着られるけど、もうちょっと痩せればもっと似合う服を
ネットショップで買ったんです。

それが今日、やっと届きましたhappy02


Photo
コレ!今年の注目素材、シフォンが全身に使われたワンピース。
貧乏な私にピッタリの、お財布に優しいお手軽価格ですがcoldsweats01

実はコレ、そのネットショップの売れ筋ベスト5に入っているんですよ。
ですからもう売り切れ必至。早めのゲットが必要だったのです。

デザインは写真のものですが、さすがに年を考えてcoldsweats01 色は黒の無地
花柄無しを選びました。

シックな色なので写真ほどフェミニンにはならず、女性らしさをほどよく演出してくれます。
試着してみたんですが、まーとにかく軽い!
短いスカート丈には、レギンスなどを合わせればOKという事で。
ちょっと今の時期には寒いほどですが、初夏から夏にかけては活躍しそうな一枚ですね。


さあ。女性読者の皆さんは、きっとこう思われるでしょう。
「コレ、ふんわりシルエットだから、太って見えない?」

その通り!つまりこの一枚は、痩せてる人じゃないとシルエットが
綺麗に見えないんですよ。
たしかにふくよかな人でも着られるけど、
パツンパツンになっちゃって。
このシフォンのふんわり感が演出できないんですね。


私の場合、ダイエットの甲斐あって、試着の段階でパツンパツン感は
無かったですが、あと3㎏ほどダウンさせれば、もうちょっと似合う感じでは
あります。
この3㎏が私の『意地』ですねpunch
「コレ着れるし。今の体型で充分じゃん」という『心の贅肉』と戦う『意地』。


ただ実は、この一枚が着こなせる3㎏ダウンが成功する頃、
目ぼしいアイテムは市場から姿を消しているんですよね。
それほど、女子のアイテム争奪戦は容赦ありません。
ある意味、オタクグッズ収集より熾烈な争いと言えましょうhappy01
こうなったらもう、賭けに出るしかありません。
3㎏ダウン成功確実を予測して、今の内にそのサイズの服をゲットしておくか。
もしくは成功時まで服を買い控えて、ストイックにダイエットを続けるか。
うーん女子の道は険しいsad


今日は久しぶりに女子トーク炸裂で、失礼しました。
オタクトークばかりじゃなくこういう世界も、私の一面なんですよhappy01


Photo_2



女子の意地、3㎏ダウンをめざして
今日もがんばりました。
今日までの累積歩数、734049歩。

人類メタボーまで、あと
27sandclock

2009年4月25日 (土)

脳内必殺クライマックス

昨夜の『必殺仕事人2009』。
一応リアルタイム鑑賞しましたが、いかに新メンバーが登場しても
あの第十話のクォリティーにはほど遠く・・・

あれはやっぱり、一夜限りの打ち上げ花火だったのでしょうかweep
まあ旧作ファンの狭量な感想と、笑い飛ばしてくださいcoldsweats01

そんな事はすっかり忘れてhappy01
先日もチラリとお話しましたが、実は今、ある曲が頭から離れません。

コレがまた、モロに旧必殺主題歌のテイスト。
まー作曲が平尾大先生ですから、当たり前と言えば当たり前なんですが。

2003年、タランティーノ監督の『キル・ビル』クライマックスで
ユマ・サーマンとルーシー・リューの対決を盛り上げた名曲

『修羅の花』。


梶芽衣子が切なく歌うこの曲は、当然ながら『修羅雪姫』(1973年東宝 
藤田敏八監督)
の主題歌として、皆さんもよくご存知と思います。
この曲のあまりの素晴らしさに、私はここ数日『修羅雪姫』『キル・ビル』
両作のDVDをレンタル、真夜中に観てしまいましたmovie

いやーそれにしても私、『修羅雪姫』は初鑑賞だったんですが
あのオープニング、カット変わりと共に流れるこの曲のイントロタイミングの
なんとカッコいいこと!

で、曲そのものが必殺テイストですから
念仏の鉄よろしく、思わず右手をボキボキと鳴らしたい衝動にまで
駆られてしまいましたhappy01

「こここれは、アレンジせずにそのままメロオケにするだけで
充分、殺しのテーマに使えるぢゃないのhappy02


まースローテンポな曲ですから
最近の「♪パラパ~」で始まる、パターンのウエスタン調じゃなく
「旅愁」や「哀愁」ムードの、哀切漂うクライマックスにピッタリ。
「依頼者の恨みを背負った、哀しい大人の殺し」によく合う曲です。

私なんて最近は、ウォーキングのBGMにこの曲を聴いているくらいで。
独特のイントロが流れた途端、踏みしめる足にも力が入り
自然と眼光まで、鋭くなっちゃって。

すれ違う人たちも、きっと不思議に思うことでしょう。
「この人、なんでこんな怖い顔してるの?」なんてbleah

さて。ここで必殺フリークのお仲間に、ちょっとお尋ねします。
動画サイトで、この『修羅の花』がアップされていました。
残念ながら映像はありませんが、下記にてお聴き頂けます。

この曲がBGMだったら、どんな殺しのシーンを想像しますか?
既存の仕事師を登場させても良いですし、オリジナルキャラでもOKです。

貴方の脳内で活躍させている「マイ仕事人」の晴れ舞台に
この曲はいかがですか?
画面が無い分、想像もしやすいんじゃないかと思います。

ちょっと考えてみて下さい。
最近のジャニーズ系仕事人には、こんな大人の曲は似合わないでしょうね。
もちろん、私も毎日妄想してます。
これぞ本家必殺テイスト。ああ名場面が目に浮かぶlovely

2009年4月23日 (木)

知られざる侵略’71

前回に続いて、またまた昭和の香り漂うアイテムの登場ですhappy01
とはいえ「ネヴュラ」では、それしかやってないんですがcoldsweats01


Photo
出たっ!昭和40年代の怪獣少年少女のバイブル「世界の怪獣」シリーズ!
今年1月、シカルナ・工房から復刊された新品ですっhappy01

復刊当時、目ざとい怪獣ファンの間で話題になった本書ですが、初版発行部数はかなり少なかったようで。
そんな事とはつゆ知らず。私がこの復刊を知った頃には、あわれ初版は見事品切れになっていたのでしたcrying

で、待つ事三ヶ月。
最刷の告知に小躍りした私はすかさず発注、無事入手を果たしたのでしたhappy01
とはいえ奥付を見ると初版になってるけど、まーいーかcoldsweats01
というわけでずいぶん遅い紹介ですが、なにとぞお許し下さいcoldsweats01


このシリーズ、オリジナルの発売当時は私、持ってなかったんですよ。
後年、色々な文献で名著、名作の誉れを聞く度に、もう読みたくて読みたくて仕方がなかったんです。
「写真で見る」世界の怪獣って?秘蔵写真のオンパレード?
見たこともない大怪獣の勇姿が目白押し?
でもこの頃の大図解シリーズだから、そんな予想は良い意味で裏切ってもらえるし
happy01

発行年代ははっきりしませんが、続刊「新・世界の怪獣」の著者前書きに
1971年7月とあります。という事は、初刊の発売はもう少し前という事で。
「宇宙猿人ゴリ」の放送が’71年1月からですから、これは怪獣ブーム第一期から第二期への橋渡し的役割を果たした、貴重なシリーズだったのでしょう。

なるほどー。私を含む当時の子ども達はブラウン管以外にも
こういう図解書籍で、日々の怪獣飢餓を満たしていたんですねー。
まさに寝ても醒めても怪獣漬け。リッパなオタクになるわけですhappy01

で、この二冊ですが、実は今日の夕方届いたばっかりなので
まだちょっとしか読んでいないんですよ。

でももう、ページをほんの少しめくるだけで、もうそれはスゴイスゴイhappy02
これはいけません。ちょっとやそっとのレビュー記事では
とても満足できない内容。記事一回ではもったいない。
こういうのをネタの宝庫って言うんですねhappy01

で、レビューはまた改めてなんて終わっちゃったら
いつも以上に、読者の皆さんも怒り出しちゃうでしょうからcoldsweats01
今日はちょっとだけ、中身をお見せしましょう。

まずはコレ!「新・世界の怪獣」冒頭のカラー口絵から。

Photo_2
都市を蹂躙する宇宙からの大怪獣、バグンの勇姿!
なんとこの一枚、南村喬之画伯によるものなんですよhappy02

それにしても、このパチテイストhappy02happy02happy02
羽根の生えた、一つ目の青いゴモラかギララか?

「逃げまどう人たちをかたっぱしからふみつぶし焼き殺した。
いったい地球はどうなるのだろうか!?」
と投げ出されたストーリーに心は凍りつきます。ああ東京SOSshock

いいわあこのデザインhappy02
著者・中岡俊哉さんのセンスは尋常じゃありませんね。
私たち昭和の子供の脳内では、こういうヤツらが毎日のように
都市破壊を繰り返していました。

そりゃーリッパなオタクに以下同文happy01

で、こういうのを見ちゃうと、当然ながら「宇宙怪獣バグン」の内部図解も
見たくなるというもの。
当時のこの手の本が、そんなおいしいネタを見逃すはずがありません。
さあご覧下さい。コレが「バグン」の内部図解ですっhappy02

Img 
いやーやっぱり宇宙怪獣。強そうですねーpunch
後頭部に伸びる突起は蛮刀だったのかー。
目は「バグン・アイー」ってカッコいいネーミングなのに、歯は「バグン・バイト」とか言わないのねcoldsweats01
「光線貯蔵器」「エネルギーぶくろ」あたりのセンスは、大伴昌司先生の影響でしょうかhappy01
で、なんと言ってもラブリーな六本指!
一つ目に羽根がつくと、なんとなくバクラーのテイストも感じたりして。
あ、だからピープロ大好きな私の琴線に触れるのかなcoldsweats01



実はこの「バグン」、この二冊に登場する怪獣の中では、まだ比較的普通の方なんです。
両書を読み進めばそこは、興奮と感動と脱力が万華鏡のように広がる
めくるめく中岡ワールド。

「路地裏の香山滋」とでも命名したいほどの魔境が広がっているのですhappy01


というわけで、ちょっと読みかじった程度の私には、まだこれくらいのご紹介しかできません。
日を置いて、この驚異の魔著の中身を徐々に紐解いていく事としましょう。
さて次は「ミイラ怪獣イガール」かな。「ヤドロ対サボラ」も惹かれるし。
「宇宙獣人「アプタ」対「ベグ」「怪獣星ダッパ」とかも・・・

タイトルだけで、あの時代に思いを馳せられる幸せhappy01

これでしばらくは、退屈しませんねhappy01happy01happy01
あまりのインパクトに「宇宙船」応募プロットの内容に影響しないかと
それだけが心配ですがcoldsweats01

2009年4月22日 (水)

未来兵器の逆襲

ここ数日、記事の更新ペースが落ちているのは
過激なウォーキングに時間を取られているのと
その為に体力のコントロールが難しくなっている為です。

昨日は午後から雨だったので、ウォーキングもお休みしたんですが
暗い雨空にすっかり眠くなっちゃって、オフを幸いに寝ていましたsleepy

まーそれでも、歩くモチベーションアップの為
デジタルプレーヤーに、アップテンポの曲を大量転送。
二時間を超えるマイライブラリーが出来上がりました。
一曲目が『死亡遊戯のテーマ』と言えば、ラインナップのテイストも
お分かり頂けるでしょうねpunch


さて。そんなお遊びの合間に読んでいた本がこちら。


Photo_14















ちょっと前にGakkenから出たこのムック。
古のキャラクタープラモなどを精力的に取り上げ、世代人のツボを突きまくりの『キャラクター・エイジ』第2号です。
この本、第1号はスルーしたんですが、この第2号を書店で発見した時は
さすがに目がハートにlovely
なんていっても、あの今井科学の名キット、『連結戦車クローラー』が
表紙を飾っていては、心を鷲掴みにされないわけがありません。

編集部は分かってますねー。こんな雑誌を待ってたんですよhappy01
しかも特集タイトルが『無敵★空想科学戦車の逆襲』と来れば
欲しかったワンピースを諦めても、こっちを買わざるをえないぢゃないですかhappy02


残念ながら、最初にこれを発見した書店では
立ち読み済みのボロボロだったので
美本を探して東奔西走、結局、ビニール袋入りの新品を手に入れる為
市内を三時間も捜索しちゃいましたclock

世の中から「可動プラモデル」「メーカーオリジナルSF戦車」が消えてから
かなりの年月が経ちます。
「ネヴュラ」でも以前から、その寂しさは時折語ってきました。
そうしたアイテムそのものが市場から消えてしまってますから
よもやこんな特集本が出るなんて予想もできませんでしたねー。

とりあえず大型書店では平積みでしたが、果たしてこんな本が
一般客に受け入れられるのか、他人事ながら心配してしまいますhappy01


Photo_4はやる心を抑えてページを開けば、そこには懐かしいSF戦車の勇姿がhappy01
写真は近年、童友社から再版された緑商会の『モグラス』シリーズですが
他にも数ページに渡って、’60~’70年代の子どもの心を躍らせたメーカーオリジナルキットが目白押しなんですよ。

アオシマの『キャプテン』シリーズなんて、当時でもとても手の出ない高嶺の花でしたねー。あー懐かしいweep


Photo_6
資料ページを抜けると、今度はそれらの旧キットを現代風に改造した制作レビュー記事のつるべ打ちです。
あの『宇宙戦車アトラス』も、現代風アレンジが施されるとこんなにカッコよくなっちゃうんですねーhappy01
しかもディスプレイ版、動力版の2タイプを作り分けてしまう力の入れよう!
これぞ大人の遊びと言うかなんと言うか。
こんなのが売ってたら即買いなんですがhappy02


Photo_8

前述のモグラスシリーズも、改造されればこの通り。
いやー今の目で見ても、ドリル戦車って充分説得力がありますねー。

ジェットモグラやマグマライザーなどの正統派ドリル戦車には無い破天荒な迫力が、見る者を圧倒します。
『文句言うヤツはかかって来な』的な有無を言わせぬインパクトが
眩しい銀色の螺旋から放たれてくるようですhappy02


でも惜しい事に、ここまでお見せしたキットって
童友社からの再版時には動力パーツがオミットされているんですよねーcoldsweats01

ですから作例の可動モデルでは、田宮など他社のギヤボックスを流用して
動力を再現しているんですが、私みたいな不器用者には
とてもそんな真似はできません。
やっぱり回転してこそドリル、走ってこそ戦車。
なにしろこれらのプラモにとって、最大の売りが可動ですから
動かないという一点のみで製作モチベーションが落ちちゃうのも
やむなしといった所でcrying


そんな私にとって救いの神とも言えた『可動SF戦車』こそ
表紙を飾った今井科学の『連結戦車クローラー』でした。

表紙に採り上げられた通りこの号のキモとして、製作記事もこの通り
しっかり載っていたのでした。


Photo_9
何しろこのクローラー、今井科学倒産直前の2000年再版時にもしっかり可動パーツが同梱されていた優れもので。
私のようなおバカでも、あの驚異の登坂力を目の当たりにする事が出来たのですhappy02
いやー惜しくも時代の波に消えたとはいえ、今に至るも今井の気概には驚嘆を禁じ得ません。


Photo_10
このクローラー、「ネヴュラ」でも以前から時々お見せしてきた通り、私も一個完成させています。
何しろ初版が1968年ですから、再版版もさすがにパーツの合い等厳しいものがありましたが、まー昔のキットにはよくある事happy01 そこも楽しまなければ、オールドファンとは言えません。
独特の前後連結フォルム、東宝メカに通じるパラボラやミサイルの配置、ボディーの詳細なディテールなど、今見ても充分に魅力的なアイテムですねー。

これが動力オミットなしで本当に『強力電動走行』しちゃうんですから、もうたまりませんhappy02 

今号のフラッグシップとして採り上げられるのも当たり前というわけで。
41年も前のプラモが、雑誌の表紙を飾るとは夢にも思いませんでしたがcoldsweats01
それだけこのアイテムが、レトロフューチャー感覚に溢れているという事でしょうか。個人的には、今でも充分に通用するデザインと思うんですがhappy01


Photo_13
どーですこの可動範囲!
写真撮影用に可動させてはいませんが、
キャタピラの優れた接地性により
これくらいの高低差は楽に乗り越えられます。

こんな動きが、本当に実現できちゃうという。
これがクローラー本来の実力なんですよねー。
車体角度が変えられる連結方式なのは、
ちゃんとこうした走破性を考えての事なんです。
うーむ素晴らしい!


ガンプラがプラモデルの代名詞となっている今
こうした可動プラモを知らない若い方々は
これを見てどんな感覚を持たれるのでしょうか。
ちょっと知りたい気もしますね。
それにしても、こういう可動プラモの世界を特集してくれたこのムックには
改めて感謝したいです。
30年来愛読していたホビージャパン誌でも、この手のアイテムは
まったく見かけなくなってしまいましたからねーcrying


Photo_12
でも、それも仕方がない事なのかもしれませんね。
ここに並んでいる可動プラモは、現在すべて絶版品。
この手のSF戦車がプラモデルとして発売される機会は
きっと今後も無いでしょう。
この『キャラクター・エイジ』のスタッフは、きっと私たちのような「旧キット貯め込みモデラー」に対して、この号を特集してくれたんでしょうね。
でなければ、入手困難なキットの作例記事なんて載せるわけがないですしhappy01


懐かしのオリジナルSF戦車の世界に、しばし遊ぶ事ができました。
自慢じゃないですが私、このクローラーのフォルムが本当に大好きで。
写真の通り、未組立のキットが8個あるんです。
また久しぶりに、一個作ってみたくなっちゃいました。
前作がミリタリーテイストだったから、今度はウルトラテイストなんてどうかな。
シルバーとレッドのツートンで、科特隊仕様なんてカッコイイかも。
流星マークをフロントに輝かせながら、未知の惑星を進む科特隊クローラー。
「時間がない。急いでくれハヤタ君」なんてムラマツキャップの指示が
聞こえてきそうです。
こういうお遊びができる所が、オリジナルキャラクターの利点なんですよねーhappy01


「ウルトラマン」で、このクローラーを活躍させられそうな敵役は・・・
アレかな?いや、アレも良いなhappy01
脳内の
「未来兵器配備計画」は、とどまるところを知らないようですhappy01

2009年4月19日 (日)

主題歌を探せ!

先日の雨宮部長メールの一件以来、課題創作のモチベーションも
すっかり上がった『宇宙船映像倶楽部』。
今回の募集期間も後半戦に突入し、快い追い詰められ感を楽しんでいます。

でも面白いことに、「ネヴュラ」にお越しになる部員の皆さんは
雨宮部長のことをあまり『監督』と呼ばれないんですね。
もはや私たち部員にとって雨宮慶太氏は、監督的側面よりも部長的側面が
強くなっているという事なのでしょうか
このあたり、一般ファンとの感覚の違いが感じられて面白いところです。
もちろん、監督としての実力にリスペクトするからこそ
敬意を込めて『部長』とお呼びするわけですがhappy01

さて。そんな雨宮部長の指揮の下、今回も私たちチャレンジャーは
課題となるキャラデザインやプロットの創案に勤しんでいるわけですが。
前回からくも掲載された『シオリ★』デザインでお分かりの通り
本来私は、絵心なんてまったく無いんです。
ですからやっぱり、どうしてもプロット部門に力が入ってしまいます。
もともと最初からチャレンジしていたのはプロットでしたし。

で今回も、やっぱり頭をよぎるのは
「こんな設定はどうかな」「このギミックは新しいな」
「こういうストーリーは見たことないねえ」みたいなアイデアばかりで。
どうも私は、ビジュアルよりも世界観の構築が先行するようです。
このあたり、創造者たるプランナーと表現者たるデザイナー・カメラマンの
資質の違いを感じますね。
私は根っからのプランナーのようです。
まず世界観が先に出来て、そこからキャラデザインが引き出されてくる順番。
この発想の順番ばかりは、どうにも変えられないようですね。

でもそんな中でも、お仕事で鍛えられた最低限のファクターは脳内で
同時進行するようで。

それはどういう事かと言いますと。
『この企画を相手に説明するには、どんな準備が必要か』
という事なんです。
要は、プレゼンする時の構成要素ですね。


自分が夢に描いた渾身の企画を、企画会議で上司や同僚へ説明する。
こんな機会は、過去にも山のようにありました。
企画を生業にされている方はご存知でしょうが、この『企画会議』という場は、
とんでもなく不安定な空気に左右されるものなんです。
セールストークの最初の一言を間違っただけで、企画発表そのものが
失敗に終わってしまう。


過去、こういう事がありました。
地道な下調べや関係者への根回しも完璧に行い、後は部内の承認という
ところまでこぎつけた極上の番組企画を持った、同僚のお話です。
彼は部内会議で企画を発表する順番が回ってきた時、こう切り出しました。
「皆さんにお時間を頂くほどの企画ではありませんが・・・」

これが彼の、最初の言葉でした。
彼にとって、場の空気を和ませる為にとった謙遜のポーズだったのでしょう。
しかしその直後、上司の口から出た言葉は意外なものでした。
「だったら時間のムダだから、発表しなくていいよ。」


なんという事でしょう。この最初の一言で、彼はそれまでの努力を
全てふいにしてしまったのです。
結局、その企画は最後まで発表の機会を与えられず
彼は手塩にかけた企画を手放さざるをえなくなりました。

限られた時間に密度の濃いやりとりを迫られる会議にとって
そんな「時間のムダ」のような企画を検討している暇はない。
企画者自身がそんな思いなら、検討する価値さえない。
テレビとはそういう、厳しい世界なのです。


そんな世界で、自分の夢見る企画を通そうとするなら
それなりのスキルが必要になります。

そんな思惑と利害が交錯する、身を切るような企画の現場を体験しながら
私は次第に、私なりのやり方を作り上げていきました。
それは一言で言えば、『企画のビジョンを明確にする事』でした。


「この作品はこんな感じ」なんて漠然とした雰囲気ではなく
「たとえば主人公はこんな喋り方をして、アクションはこんなカット割りで
ここのシーンはこんなBGMに乗って、駆け寄ってくる敵を
ロングから眼球への急速ズーム、みたいな」と
自分の思い描いている作品のイメージを具体的に説明する事だったのです。

要は「頭の中に、既に第一話が出来上がっている」感じでしょうか。
なんだったらその「脳内第一話」を、会議で演じられるくらいの
気構えがあってもいいくらいです。

「そこまで考えているのか」とまず相手にインパクトを与え
それから自分の考えを徐々に浸透させていく。
こういう作品を狙っているんですよ、というビジョンを
自分と相手が共有できるかどうかが、企画説明の是非を決める。
これが私が、現場で学び取った一つのやり方だったのです。



もちろんこれは人それぞれ。色々な手法があります。
私の手法だってその一つに過ぎませんし、こういう事に正解はありません。
ただ、会議なんですから、そのビジョンに異見が出たっていいんです。
極論を言えば会議が終わった時、立案者のビジョンが
ひとかけらも採用されていなくたってOKなんです。
立案者はそこで、我を通してはいけない場合もあります。
一つの立案を多角的に分析、よりよくする事が会議の目的なんですから。

実際、今回私が掲載頂いた『シオリ★』のデザインだって
雨宮部長の『シオリ★』像とは異なると書かれていますし。
でもそれでもいいんですよ。
色々な意見を持ち寄った方が、良い物は出来るんです。


でも一つだけ言えるのは。
立案者が最初に完璧なビジョンを持っているかどうか。
何をやりたいか説明できるかどうかって、作品の指針を決める上で
非常に大切なんですね。

素材が魚か肉か決まらなければ、献立を決められないのと同じです。
どんな味付けになろうと、素材そのものが変わる事はないですから。



さて。いつもの癖で前段が長くなりましたがhappy01
この「企画のビジョン」を作り上げる上で、私には重要視している要素が一つ。
「クライマックスに流れるBGM」の選定です。
そこにこだわる理由は、私の作品嗜好にあります。

昔から「ネヴュラ」にお越しの方々はご存知かもしれませんが
私が一生で一番作ってみたいドラマは『必殺シリーズ』なんです。
これまでも折りに触れ、お話してきました。
よく話題に出るウルトラ・ライダーなどのヒーローものではないんですよhappy01


現在放送されている「2009」はちょっと怪しいですがcoldsweats01
必殺シリーズはクライマックス、殺しのシーンに流れるBGM
通称『殺しのテーマ』が、非常に魅力的に演出されています。

古今東西、確かにどんなヒーロードラマも、クライマックスには
アップテンポのBGMが流れ、ヒーローはその勇壮な調べに乗って
悪を爽快に撃ち砕くのですが、ことカタルシスという点に於いて
必殺シリーズのBGMは群を抜いているように感じるのです。

あくまで個人的な感覚ですので、異論もおありでしょうがcoldsweats01


必殺と言えば例の『殺しのトランペット』が有名ですが
必殺BGMはそれだけで語りつくせない奥深さがあります。
ファンならよくご存知の「仕置人」の『やがて愛の日が』
「仕留人」の『旅愁』「仕置屋」の『哀愁』などなど
アップテンポではないのに異常なまでの緊張感と爽快感を与える
BGMも数多く、シャープな映像美とも相まって、他のヒーロー番組にはない
一種独特のクライマックステイストを形作っているのです。

そんな、他に類を見ない独特のテイストを、私は何とかして
新ヒーロー作劇の一つの「特徴」として採り入れようとしているのですが
それに当たって一つ、気づいたことがありました。
まー今さら、言うまでもない事ですが。


必殺シリーズの殺しのテーマは、すべからく番組ラストに流れる
「主題歌」のアレンジBGMという事ですね。

前期では「仕事屋稼業」の『夜空の慕情』(コレがまた名曲happy02)など
稀に例外もありましたが、いわゆる「仕事人」プランド中期くらいまでは
そのスタイルが踏襲されていました。
この「殺しのテーマが主題歌のアレンジBGM」という措置が持つ効果は
意外に軽視されているようですが、実は非常に大きいような気がするのです。
クライマックスに流れるBGMが印象的な必殺シリーズでは
主題歌の選定がそのまま番組イメージを決定し
てしまう、という事なんですね。

例えば「新・必殺仕置人」の殺しのテーマがあの『あかね雲』の
名アレンジでなかったら。
念仏の鉄の背骨折り、巳代松の「二間」、八丁堀の豪快な殺陣が
あれほど魅力的に映ったかどうか。

「仕事人」近作の、いつでも『荒野の果てに』が流れる殺しのシーンを見て
「これなら何を見ても同じじゃん」と肩をすくめた経験は
私だけじゃないと思います。
殺しのシーンとBGM、主題歌の印象をセットで覚えている前期必殺ファンの
私にとって、企画立案に当たって作品のクライマックスを重要視する上で
「そのBGM=主題歌」の想定は非常に大事なのです。

最近の深夜アニメなどと違って、私の立案企画はシーズンごとに
主題歌がコロコロ変わりませんし
バラエティー番組みたいに売り込みアーティストのプロモを
ワイプで映したりしませんからhappy01


ただそうは言っても、私には作曲の才能などありませんしcoldsweats01
自作の「主題歌」として想定するのは、やっぱり既存の曲という事になります。
「うわー気持ち悪い。オタクイーンってそんな発想法なんだー」
とガッカリされる方も多いかもしれませんがcoldsweats01 こんなもんですよ私なんてhappy01
まー一つの曲から一本の映画ができる事だってよくありますしね。
古くは「神田川」から、最近は「涙そうそう」とかhappy01
私の場合は、自作企画のシュミレーションに既存曲を当てはめてみる
という事です。


さて。この発想法、私の中ではけっこう確立されていまして。
これまで『宇宙船映像倶楽部』へ提出した応募企画には
すべてこの「想定主題歌」があります。

まーここではちょっと言えませんが、いずれも作品のクライマックスを彩る
名曲ばかりと、自分では思っていますhappy01
その「想定主題歌」を自分なりに脳内アレンジして
想定プロットのハイライトに流すわけですね。
もし企画が実現しても、別にその曲を使おうと言うんじゃないんです。
いわゆる「脳内イメージソング」とでも言うべき扱いなんですね。

しかもこの発想法、予想していなかった一つの効能もありました。
要は「作品のクライマックス」って、企画がある程度進行しないと
思いつかないという事なんです。
つまり逆に言えば、「主題歌=クライマックスのBGM」が思いつくって事は
それだけ企画が固まってきた証拠なんですよ。


「うーんここでカットが変わってキャラがこう動くでしょ。
そーしたらこのタイミングでバーンとBGMだよね。
で、あのSEと共に技が唸ると。うわートリハダが立つほどカッコイイheart01
みたいな。うーんおバカweep
こうやってBGMのタイミングさえ見計らいながら一つ一つのシーンを
脳内演出していくと、それが完成する頃にはもう
会議でプレゼンできる状態になっていると。
逆に言えば、そこまで作りこんでいないと不安なんですね。
「出来ていない所がある」みたいな「食べ残し感」がいやなんですよ。


でもまー考えてみれば、それは遠い昔、幼い頃に毎日繰り返していた
「怪獣ゴッコ」に通じるものですよね。

ソフビの怪獣をぶつけながら自分でセリフを喋り
光線まで「ビビーッ」て音をつけて。
脳内では伊福部昭や宮内國郎のBGMが鳴りっ放しでしたもんね。
そうやって今も、私は企画を考えるなんて大儀名分の下で
雨宮部長に遊ばせて貰っているのかもしれませんhappy01



さて。今回のプロット考案もいよいよ佳境に入ってきました。
課題のキャラデザインもありますから、プロットだけにも構っていられません。
漠然ですが何となく、ヒーロー像は浮かんできました。
『一筆啓上、企画が見えた』ってところでしょうか。
で、今は、クライマックスを盛り上げる「主題歌」探しにかかっています。

コレがまた楽しいんですよねー。
ちょっと今、気になっている曲が梶芽衣子の『修羅の花』。
うわーマズイ。これじゃ『キル・ビル』になっちゃいそうcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月17日 (金)

三丁目の誘拐魔

こりゃ一大事!オリンピック招致視察で揺れる東京に
世紀の誘拐怪人、ケムール人が現れちゃった!


Photo
と言うのは大ウソでhappy01
このケムール人、実は、以前市川大河さんのブログ『光の国の物語』の
拙エピソード『リトラを護れ!』で、主人公・ジロー君人形を作ってもらった
私の造形仲間、三丁目さんの個人作品なんですhappy01


15年ほど前、私が近しい仲間を集めて開いたオタクイベントの参加者のみに配られた記念品。
レジン製で当然、非売品です。
貼られたラベルはそのイベントのタイトル。
「2020『円』の」となっているのは、会費が2020円だったからなんですねhappy01
奥のパトカーはタイムスリップグリコのものですから、サイズも大体おわかりでしょう。
決して大きいものじゃないんですが、人間の骨格を意識的に廃した
成田プロポーション、独特のカラーリングがお気に入りの一作です。

「ネヴュラ」でもずいぶん昔、お見せしたことがありました。
コレが三丁目さんの個性なんですね。
その作風は、今回のジロー君人形にも活かされていると思います。


Photo_2






視線を正面に置かず、虚空を見つめる異形の単眼に潜む想いとは・・・

実は今、私はこのキャラがちょっとした
マイブームなんです。
とはいえ別に、電話ボックスで悲鳴を上げたり、耳を動かす練習をしているわけぢゃありませんがhappy01

まーいずれ、その結果も「ネヴュラ」でおひろめできるかもしれません。

でもその前に、ひょっとして例の消去エネルギー源に消されちゃうかも・・・shock


Photo_3





でもダイジョーブhappy01
私の手にはコレ、X-チャンネル光波の元・K-ミニオードが。

バンザーイ!(一平くん風)happy01
ちなみにコレも三丁目さんの作品。ボルトに胴線を巻いただけですがhappy01



Photo_5


パトカーの前を疾走する脚力を目指して
今日も歩きました。
今日までの累積歩数、606646歩。
人類メタボーまで、あと37sandclock

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月15日 (水)

雨宮慶太部長からのメール

4月7日の記事で、『宇宙船映像倶楽部』の部員の皆さん
関係者の皆さんからの、部活の予定や部への質問を取りまとめ
雨宮部長、もしくは宇宙船編集部へ提出する『提言書』へのご意見
ご賛同を募りました。


『宇宙船映像倶楽部』部員の皆さまへ
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2009/04/post-d909.html

この記事について、多くの部員の皆さんから
ご賛同のコメントを頂きました。本当にありがとうございましたhappy01

さて部員の皆さん。私も全く予想外だったのですが、何とその記事に
『宇宙船映像倶楽部』部長、雨宮慶太監督ご本人からメールを頂きましたhappy02

あの雨宮監督が、こんな場末のブログをご覧下さっていたなんて。
その内容を少しでも早くお知らせすべく、緊急措置として予定をやや変更。
こちらの記事を4月17日(金)まで、トップページに記載することとしました。

4月7日の記事は、予定より一日早く過去ページとなってしまいますが
どうぞお許し下さい
さっそくですが、この雨宮部長からのメール(今後、『部長メール』と記します)
が届いた経緯についてお話しましょう。


メールは二通ありました。
まず一通目は4月8日深夜(明けて4月9日)に
メールフォーム「ネヴュラ」プライベートラインに届きましたmailto

しかしながら、このメールフォームは文字数制限がある為
部長も長文のお話を割愛せざるをえず、要点のみの記載となってしまいました。


この点を反省した私は翌4月9日、記事にてお話した『提言書』を急遽作成
部長宛に、直接メールしました。
さらにメールフォームでの非礼をお詫びし、今度は拙メルアドにご返事頂けるよう、無理なお願いを添えたのです。

果たして、お願いは現実のものとなりました。
4月9日深夜(明けて4月10日)、大変ご丁寧に
部長はご返答のメールを下さいましたmailto


皆さん、拙ブログの記事はもとより、皆さんから頂いたご賛同のコメントも
部長はちゃんとご覧になっていたんですよhappy01
しかも。こちらからアクションを起こす前に
部長自ら、ご返答に動いて下さったのです。
これを喜ばずして、何を喜べと言うのでしょうhappy02happy02happy02


ちょっと諸事情ありまして、二通のメールの記事アップまでには
少々日数がかかってしまいましたが、その点はあくまで私側の事情です。
決して部長の事情によるものではない事を明記し、ここにお詫び致します。


こんな経緯の元に届いた部長メールですが。前説明はほどほどに
早速、二通のメールの内容をまとめて以下に記す事にしましょう。
前述の事情により、項目のみの短文形式と、詳細な説明形式のところが
ある為、オリジナル文を咀嚼し、私の方で解説等を加えてあります。
その点はなにとぞ、ご了承下さい。
まず、部員の皆さんが最も知りたい『部活』についてですが。
一通目の部長メールでは、こんなご回答を頂きました。



雨宮は部活をする意思は変わっていない

編集部もそれを理解し、場所等や開催に関する仕切りをする意向はある

告知に関しては紙面でなく個別に応募作にあった連絡先に直接する予定

部活は都内で開催予定。地方の方は交通費等個人負担になってしまう



という事です。
メールフォームの文字数制限の為、最低限の内容列記になってしまったと
注釈があったため、私は『提言書』形式で部員諸氏の思いや
部活の具体的開催時期、内容等についての質問を列記。
返信メールを差し上げました。

つまり。「部長もしくは宇宙船編集部への提出」という『提言書』の
当初の目的は、この部長へのメールという形で
奇しくも実現してしまったわけです。


そのご返事となる二通目の部長メールですが。
こちらには、部員の皆さんを思いやる部長のお気持ちが記されていました。

具体的に、ちょっとここでは書けない部分もありますが
少しでも早く、部活を開催できるよう動いている事。
また、今回の『提言書』のような動きについても
決して気分を害していないので、安心して欲しい事。
さらには『提言書』に記した、ある部員の提言を
「検討してみます」とまで言って下さいました。


「これだけじゃー何にもわかんないよー。解説がヘタだなーオタクイーンは。
メールの全文を公開してくれればいいのに。」
と思われるお気持ちもよーく分かります。
私もそうしたいのは山々なんですが・・・色々差しさわりある事も・・・


ただこのメールの行間からは
部長も編集部スタッフも『宇宙船映像倶楽部』を
決して安易なお便りコーナーとは考えていない事。
「ネヴュラ」のような部員のブログにも、目を通して下さっている事。
私たち部員共々、未来の特撮作品に対して熱い思いをお持ちである事。
そんな部長のお気持ちが、強く読み取れました。

諸事情あって正直、部活の開催時期や内容については
まだ未定のようです。


舌足らずな解説でごめんなさい。
ブログという公共の場ゆえ、この場でお話できるのはここまでです。
内容が判然としないのは、全て私の文章力が足りないせいです。
ご賛同下さった部員の皆さんには、謹んでお詫び致します。
なにも好き好んで、内容を伏せるわけではありませんが
前述の「諸事情」に関しては、私も納得できます。
そこはそれ、なにとぞ私を信用頂ければ幸いです。

どうぞ「この場では」ここまでという、言外の意味をお察し下さいcoldsweats01
(部員の皆さん、こういう時の為の「ネヴュラ」プライベートラインですよwink


しかしながら。今回のやりとりの最大の収穫は。
拙記事を通じて、部長と私たち部員のパイプが出来たという事では
ないでしょうか。

私も今回『提言書』に頂いた部長からのご回答に
今後もまたご相談差し上げる旨のご挨拶、お礼メールを差し上げました。
お忙しい部長が、私のような落ちこぼれ部員の要望をお聞き下さる確率は
低いですが、それでも可能性はゼロではなくなったのです。

これは大きな前進です。これを足がかりにして
第二、第三の提言を行う事だって不可能ではありませんし
ひいては宇宙船編集部に呼びかけ、私たち部員の側から
部活開催をはじめ、積極的に動く事だって夢ではありません。


ただその為に最も必要とされるのは、私たち部員が実力をつける事です。
部長がいくらお膳立てをして下さっても、肝心の私たち部員が頑張らなければ
番組化はおろか、企画提出だっておぼつかないでしょう。

映像業界に身を置く私には、それが痛いほど分かります。
正直、どの局のプロデューサーの机の上にも
局内外から提出され、未だ実現しない企画書が、山と積まれているのです。
企画会社からだって毎日のように、売り込みの嵐があります。
それら強豪企画から頭一つ出るには、それなりに光るものが必要なのです。
その「光るもの」こそ、今私たち部員が部長から指摘されている
「個性」「オリジナリティー」である事は、言うまでもありません。


私たちが良い物、部長を唸らせる作品を創り出せば
編集部だって、企画実現化に本腰を入れざるをえなくなります。
「部活が行われない理由」を編集部や部長の責任にするのではなく
「部活を行わざるをえないほど、部を動かす」作品を私たちが作り出す事。
プロット、キャラデザイン共々、今、部員に求められているのはそこなのです。

部長ご本人も、言外にそれを望んでいると思います。
私もその点は反省し、今後の創作姿勢に活かしたいと思います。

奇しくも今は、課題募集期間の真っ最中。
皆さんの今回の提出作品で部長をアッと言わせる事が
部活開催の一番の近道なのかもしれません。
それはもちろん、私自身にも言い聞かせています。

加えて今回の部長メールは、モチベーションアップの大きな励みになりました。
私たちが今感じている生みの苦しみは、決して無駄ではないのです。
この記事だって頂くコメントだって、部長はご覧になっているのですからeye
いやー部長に見られているとなると、泣き言も書けなくなっちゃいますがcoldsweats01



とりあえず今回ご賛同頂いた提案は、こういう経緯で動いています。
まだまだ先は長いですが、指針はなんとなく見えてきました。

最後に、二通目の部長メールのラスト一行を
原文そのままで記しておきます。これが部長の、偽らざる思いです。
私もこの一行を胸に、提出作に力を入れようと思います。
部長とのパイプと提出作採用の有無は、また別の問題。
私もそこまで、甘く考えてはいませんからhappy01


映像実現化に向けて一緒に頑張りましょう!

                                     雨宮慶太

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月11日 (土)

暑い!氷

今日の名古屋は、最高気温が27.9度
四月上旬としては異例の暑さでした。

寒さにこごえ、二月下旬から始めたウォーキングですが
今日のような気温になると、さすがに季節の移り変わりを意識しますね。

というわけで今日も、お昼の一時半からフル装備で出発。
わずか10分歩いただけで、着込んだ三枚のTシャツにジワリと汗が。

先週の土曜日、雨の夜に歩いた時とは真逆の状態。
強い日差しが、サンバイザー越しに容赦なく照りつけます。

初夏を思わせる陽気に、公園には近所のご家族が多くつめかけていました。
この気温の変化に驚いた桜が、淡色の花びらをチラホラと散らす中
最後の花見に興じる楽しそうな姿が、ウォーキングの辛さを紛らわしてくれます。

でもアレですね。家族連れに交じって、やっぱり私のように
ウォーキングやジョギングでストイックに自己を鍛える人たちも多いんですよ。
そんな人々を見るにつけ、私も負けちゃいられないと頑張れるわけです。


でも暑い!確かに気温は28度ほどですが
超兵器サウナスーツの効果で、上昇する体の熱が体表とスーツの間を対流。
文字通り、歩くサウナのよう。

肌を流れる滝のような汗を感じながら、ひたすら歩くだけです。
以前、健康番組のプロデューサーから受けた忠告が、頭をよぎりました。
「サウナスーツは脱水症状を引き起こすから、気をつけたほうがいいよ。」

そりゃそうなんですけど、歩き出しちゃったらやめるわけにはいかないし。
水分補給を心がける事が、唯一の対策でしょう。

というわけで。昨年まではこういう場合に備えて
フリーズパックのスポーツドリンクを装備していましたが

今年はちょっと節約して、500mlのペットボトルにKIRINの「生茶」を入れ
冷蔵庫で凍らせたものを携帯しています。

この「アイス生茶」、予想以上に重宝していまして。
出発時にキンキンに凍らせた状態も、炎天下の30分ウォーキング後には
ちょうど良い融け加減。のど越しがホントに気持ちよくてhappy01
まさにこういうのを、一服の清涼剤って言うんでしょうねー。

まー見た目は良くないですが、貧乏ダイエッターの私には頼もしい味方です。
おかげでほどよくクールダウン、熱中症で倒れる事もありません。
以前もお話したように、今年は例年より三ヶ月も早く
ウォーキングを始めましたが、この暑さでダイエット効果も一気に上昇。

開始から今日までの48日で、15.5㎏のダウンですhappy02
正直このペースは、ちょっと速すぎるかもshock
体調を崩さぬよう、健康的に減量を楽しもうと思っていますcoldsweats01

と言って、決して拒食症とかじゃないんですよねー。
食べる時は食べますし。
きっと歩く事で、生活行動全般の代謝が上がっているんでしょう。
まー良い効果と言えばそうですが。

今日のサブタイの元ネタと言えば、何と言ってもコレですね。
当該話数の映像はありませんでしたが、あの発進シーンの迫力は
全話通じて、変わる事はありません。

この作品は「ネヴュラ」でも再三お話していますが
やっぱり夏の陽気には、涼しい画面のコレが見たくなりますhappy01




Photo


「ま、ゆっくりやりたまえ」なんて
矢吹総帥に言われても
がんばってウォーキング。
今日までの累積歩数、547197歩。
人類メタボーまで、あと43sandclock

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月 8日 (水)

二人だけのネヴュラ

今日は、ちょっとした告知です。
例の『宇宙船映像倶楽部』関係を含め
記事へのコメント欄など、公の場に書くことをはばかれるような
私・オタクイーンへの私信等がおありの方々の為に
私信用メールフォーム
「ネヴュラ」プライベートラインを設置しましたhappy01

「ネヴュラ」サイドバー、アクセスカウンターとかっぱ君の間にある
「私信等はこちらまで」の下、「ネヴュラ」プライベートライン
クリックすると、専用ウインドウが開きます。
そこへお名前、メールアドレス、ご用件を書き込んで送信頂けば
なんとっ、ご用件の内容を誰にも知られずに
私個人にご用件がメールされるという驚異の超兵器happy02(当たり前ですが)


メールアドレスを打ち込んで頂くことで
私からも差出者にお返事ができます。
要は、貴方と私のホットラインというわけですね。


もうそうなると、あんな事とかこんな事とか
もうここではとても書けないようなやりとりがhappy02happy02happy02
BWHのお問い合わせだけはカンベンねheart01

「別にオタクイーンと、秘密のやりとりなんか必要ないなー」
という方がほとんどでしょうがweep
まーともあれ、もし何かの間違いで
オタクイーンとの個人的やりとりの必要に迫られましたら
なにとぞ、このメールフォームをご活用下さい。

でもまー、場末のブログですから
あんまり利用価値も無いかもしれませんが。
でもいいでしょ。「二人だけのネヴュラ」なんて。怪しい香りがしてloveletter

ちなみに、私のメルアドをご存知の方は、
引き続きそちらから通信頂いても、まったく構いませんので誤解無きよう。
貴方の使い方で「ネヴュラ」プライベートラインを可愛がって下さいねhappy01

2009年4月 7日 (火)

『宇宙船映像倶楽部』部員の皆さまへ

えーhappy01
ものすごく大仰なタイトルに、驚かれた方もいらっしゃると思いますcoldsweats01

いつも勝手な独り言ばかりお話している場末の個人ブログ「ネヴュラ」ですが
今回ばかりは、さらに記事を私物化させて頂きますcoldsweats01
尚、記事内容の都合により、この記事は4月15日(水)まで
常にトップページに表記致します。



さて。前述の通り、今回は例の特撮専門誌『宇宙船』にて現在展開されている
読者参加企画『宇宙船映像倶楽部』部員・関係者の皆さんへの呼びかけです。

ちょっと前段が長くなりますが、なにとぞお付き合い下さいcoldsweats01


読者の応募により新ヒーロー創出を目指すこの企画。
今月1日発売のvol.124で、また新たな才能の発掘や
部員による応募作の掲載がありました。
かく言う私も毎回の課題にチャレンジし、その結果に一喜一憂する
一部員にすぎません。むしろ落ちこぼれの部類に入るでしょうweep

他の部員の皆さんも同じと思いますが
この企画は現在、三ヶ月毎に発売される『宇宙船』最新号にて
自分の応募結果を知り、新たな課題に取り組む事だけが
唯一の『活動』なんですよね。それは私も同じです。

拙ブログでも、応募作作成の経緯や泣き言を記事にてお話していますが
ネットの恩恵で、同じ思いをお持ちの部員の皆さんやチャレンジャーの方々が
数多く集まって下さり、コメント等のやりとりで私も励まされています。
そういう意味で『宇宙船映像倶楽部』に関わるお仲間の皆さんには
本当に感謝していますhappy01

しかしながら。ここへ来て部員やお仲間の方々から、
部の動向に関して、少々不安や疑問のコメントを頂くようになりました。
その大方のご意見は、「いつになったら部活が行われるのか?」
というものでした。


部活。部活動。初代部長・雨宮慶太監督によるこの提言は
宇宙船映像『倶楽部』という活動にとって非常に魅力的な言葉でした。
それまで自宅で、応募作を作成する事しか『活動』を実感できなかった
全国各地の部員の皆さんが、この言葉に色めき立ったのは当然と思います。
もちろん私も同じです。

最初に部活の予告がなされたのが昨年10月1日発売のvol.122。
「年内に行おうと思っている」という部長のお言葉に狂喜した私は
それから毎日、自宅の郵便受けを覗くことが日課となりました。
で、結局、昨年中には部活の実現には至らず。

さらにその次号である今年1月9日発売、vol.123で部長により語られた
「必ず部活をすべく、今編集部と相談しているので、
決まり次第、部員のミンナには連絡が行くと思う。
楽しみに待っていてチョウダイ」
「近々部活動を行う予定だ。部員のみんな、お楽しみに!」
というお言葉を「今度こそ」と信じ、毎日の郵便チェックに
さらに拍車がかかったのは言うまでもありませんpunch
おかげで郵便受けを開く右手だけが、左手よりも太くなっちゃいましたcoldsweats01

そして現在。最初の「部活」告知から、実に180日あまりが経っています。
しかし現在に至るも、部活は実現していません。
おそらく部員の皆さんも、私と同じような日々を過ごされたのではないかと
思うのですが、いかがでしょうか。


180日と言えばもう、半年です。
これだけ長期に渡って告知だけされ、実現に至らない「部活」という言葉には
私自身、少々疑問を持たざるをえません。

正直、待ちくたびれてしまっていると言ってもいいでしょう。
そして今月1日発売の最新号、vol.124では
あろうことか、「部活」の文字はコーナーのどこにも無くなっているのです。
これは一体、どういう事なのでしょうか。


さて。ここで、雨宮部長のおっしゃる「部活」というお言葉を
ちょっと考えてみたいと思います。

通常、学校等のクラブ活動に於ける「部活」とは、
部員全員が集まって、練習や会議など創作を押し進める活動を意味します。
部員の皆さんもきっと「部活」という語彙の意味を、そう捉えられたのでは
ないでしょうか。もちろん、私もそれは同じです。
きっと東京のホビージャパン編集部に部員全員が招集され
これまでの課題作について、意見を交換する場になるだろうと。
それこそが部長のおっしゃる「読者が作り上げる新ヒーロー」というテーマに
寄与する活動であるだろうと。


しかしながら。この『宇宙船映像倶楽部』における『部活』の意味は
今に至るも、部長からは何も説明されていないのです。

本当に部員に招集がかかり、東京へ出向く事になるのか?
郵便やネットを通じたやりとりに終始する「部員間限定の課題作提示」なのか?
まさに『人類補完計画』並みのミステリーcatface

一部の部員のみに声をかけ、秘密裏の内に企画を進行させる作戦なのか?
正直、そこまで私は勘ぐってしまいました。
そりゃーそういう事なら、私みたいな落ちこぼれにお声がかからなくても
仕方ないよねグスンweepみたいなcoldsweats01



さて皆さん。なぜ私を含め、部員がこれほど「部活」という言葉にこだわるのか。
これも明らかにしておいた方が良いと思います。


「新ヒーローの創出」という部長の提言にリスペクトした者である以上
部員やチャレンジャーの胸の内には大変なモチベーションや
創作へのエネルギーがある筈なのです。
そうでなければ毎回、しつこくも応募し続けられるわけがありません。
しかしながら、これも部長のお考えである
「部員同士が意見を交換し、チームで作品を作り上げてゆく」という点については
三ヶ月に一度という連載では、非常に効率が悪い現状と言わざるをえません。


何しろ私たち部員は、募集開始から締め切りまでの一ヶ月間
創作活動を集中させた後は、次号の結果発表まで待つしかないわけですから。
要は学校のクラブ活動で言えば「練習休憩期間」になっちゃうんですね。
いつも新ヒーロー創出の気概に溢れ、常に脳内のエンジンが
アイドリング状態になっている私たち部員にとって、
この発表までの練習休憩期間は、非常にキツいんじゃないかと思うんですよ。
テンションが下がっちゃうと言うか。

「コンテストではない」と明言されている以上
この倶楽部は、単なるお便りコーナーではない筈です。
部員は、常に創作者の意識を保ち続けながら
二ヶ月を悶々と過ごさねばならないわけです。

刊行ペースというどうしようもない事情があるにせよ
この「待つだけ」の二ヶ月間を有意義に使わない手はないと。
何しろ部員は、意見を発表したくてウズウズしてるんですからpunch


他にも例えば「ネヴュラ」では、部員仲間の皆さんと応募作についての
やりとりなどが行われますが
両者の前には「採用された作品の著作権は、宇宙船映像倶楽部に帰属」という
大きな壁が立ちはだかっている為、自分の応募作であっても
詳細は他人にお話できない。万人に公開するネットの場ですから。
「次回も頑張りましょう」というエールの交換に、終始せざるをえないわけです。

この状況は、部員同士が個人的繋がりで意見交換をしても変わらないでしょう。
つまりあくまで「部」というオフィシャルの場でなければ、堂々と意見交換が出来ない構造になっちゃってるわけです。


確かに「その為に、毎回『課題』が出されてるんじゃないの?」
というご意見もおありでしょう。
しかしながら、『課題』以外にも、部員には思う所が溢れるほどあるわけです。
過去の自作のプレゼンや、課題作以外に面白いと思った掲載作への提言。
さらには部員個々の考えや方向性を知りやりとりする事で
個々では考えつかなかった新発想が生まれる可能性だって、期待できます。


これこそが「部活」のメリットですよね。
私を含め部員の皆さんが「部活」にこだわるのは
そういう理由があると思うのです。
「同好の士とまったり、新ヒーローについて語り合いたい」んじゃなくて
「あくまで実践的に、企画を詰めていきたい」という熱い思いの表れなんですよ。

その動きに関して言えば、部が目指すもう一つの目標
『新しい人材の発掘』にも抵触しないと思うのですが・・・


そこまで重要な意味を持つ「部活」ですから
告知がされながら、一向に実現のめどが立たない現状に
部員がしびれを切らすのも無理はありません。
「メンバーの顔や気心も知らずに、チームプレーを目指す事は出来ないなあ」
「せっかくのいい機会なのに、なぜ開催されないんだろう」
という事ですよねhappy01

ここ数日のお仲間の不安や疑問も、当たり前と言えば当たり前です。
前述の「著作権」の理由により、部員個々で集まっても
単なる「オフ会」の域は出ないでしょうから、あまり実り多い事とも思えませんし。




さて。そういう部員の現状を、部長はじめ宇宙船編集部はどうお考えなのか。
実は、それについての提言をしようと言うのが、今回の本題です。

長い前段で失礼しましたcoldsweats01 私だって本音をうち明けたかったものでhappy01



具体的には、こんな風に考えています。
私は一部員に過ぎませんし、「ネヴュラ」も所詮個人のブログですから
この提言は、あくまで拙ブログをご覧の部員仲間の皆さんや
また企画等を応募されている方々を中心に呼びかけるものです。

もちろん現在、部員諸氏の中には
ネットを利用されていない方もいらっしゃるでしょうし
こんな場末のブログに目を留めて下さる方も少ないですからweep
あくまで「ネヴュラ」をご覧頂いている方々のみが対象です。


ですから現在は『宇宙船映像倶楽部ネット部員』とでも仮称しておきましょう。

今回の趣旨の主軸は、雨宮部長・宇宙船編集部に対して
前述のような部員の不安や思い、前向きな意思を伝える事です。
加えて部長がお考えになる「部活」の意味合い、開催予定の有無や
その為に部員として準備する事、心構えなどをお尋ねしたいと思います。

その結果「予定は未定」という答えがあっても、それは仕方がありません。
私たちの窺い知れない事情も、業界内部には山のようにありますから。
そこはちゃんと受け止めなければ、大人の対応とは言えませんし。
その場合は、何とかして部と部員の意思の疎通を図る手立てについてなど
編集部と検討できれば、かなりの成功です。


何にも増して「部の動向が透明化され、部員に伝わる事」を模索する事が
第一目標ですね。
現状ではまず「部活が行われない事」じゃなくて
「部活がいつ行われるか分からない事」が、部員の一番の
不安要素なんですから。

宇宙船公式HPを通じて、部活の予告を行うとか。
メールマガジンという手もあるでしょう。。
それさえ整備されれば、部員の不安もかなり解消されるはずですから。



ただこれはあくまで部員としての「提言」「問い合わせ」であり
「苦言」ではありません。

部長や編集部の方々だって、この倶楽部を成功に導くべく努力されている事は
間違いないのですから。
そういう意味で、私たち部員も思いは同じ。
あくまで部と部員の足並みを揃える為の提言である事を、明記しておきます。


前述の趣旨を、舌足らずながら私が文章にまとめて
宇宙船編集部へ届けたいと思います。
ご不満でしょうが、文面については私に一任頂ければと思います。
ただその提出方法は、現在検討中です。
メールか郵送か、はたまた直接持ち込みか。
提出時期は一応、今回の課題リミットである5月8日(金)を考えておりますが
これも、動向によっては変更されるかもしれません。



さて。ここで今回、皆さんにお願いしたいことですが。
この私の提案に対して、ご意見を頂きたいのです。
賛同、反論はもとより、「いや、もっと良い方法もあるよ」
的な、色々なご意見が欲しいんですね。
もちろん頂くご意見は、提言文に活かしていく方向です。

これはあくまで、私個人の発想に過ぎないですから
他の部員の皆さんと、思いの差がどれくらいあるのかが
ちょっとわからないんですよcoldsweats01


また、こんな事をやっちゃって、部長から「越権行為だ!」なんて
思われるかもしれませんし。
自分が身の程知らずという事も、よくわかっています。

「現状を何ひとつ知らないのに、提言なんか百年早い!」
「そこまで言うなら、内容ある部活を進める覚悟もあるんだろうな?」
とも言われるかもしれません。
どんな反応が帰って来るのか、まったく暗中模索です。
正直、自分でもかなりのフライングかもしれないという不安はあります。


でも、部長もおっしゃっているように『宇宙船映像倶楽部』って
「名前はユルいが内容はガチ」が売り文句ですよね。
だったら『部員だってガチ』という事を見せてもいいんじゃないかと。

黙っていたら伝わらない事だってあります。
それだけ真剣に、新ヒーローの創出に挑んでいるという事を知ってもらうのも
悪くないかなと思うんです。
また、編集部と読者の新しいコラボ形態なんですから
その方法を模索する上でも、良いテストケースかなとhappy01


こんな私の無謀な提言にもしご賛同、コメントにてその意思を表明して頂けるなら
前述の作成文書に、賛同者のお名前を連名で列記したいと思います。
つまり差出人は
『宇宙船映像倶楽部ネット部員・○○○○・○○○○・・・』
という事になるわけです。

お名前を列記させて頂いた方々は
全員が提言文書の賛同者となるわけですね。
それだけの部員が現状に不安を持っている事を伝えるのも、大事と思います。


ただ一応、私が言いだしっぺである責任上、列記氏名のどこかには
代表者として私の名前を出させて頂く事をお許し下さいhappy01


またこの文書には今日の記事のアドレスを明記、この記事をご覧頂くことで
文書提出までに、部員間でどんなやりとりが行われたかという事も
部長にお伝えしたいと思います。

一部員にすぎない私が、どんな思いでこの提言を呼びかけ
部員のお仲間がどんなご意見を下さったか。
その経緯も、ぜひ部長に知って貰いたいんですね。


冒頭のお話の通り、この記事は4月15日(水)までトップページに掲載します。
コメントの締め切りも、同日までとさせて頂きます。

皆さん、もし私の無謀な提言にご興味がおありでしたら
なにとぞご意見をコメント下さい。
そりゃーご賛同頂ければ何より嬉しいですが
目からウロコのご意見も大歓迎です。

万が一、雨宮部長や編集部のどなたかが「ネヴュラ」をご覧になっていたら
もっと嬉しいんですが。
そんな関係者のご意見なら、さらに歓迎しますhappy01happy01happy01
まーこんな小さなブログ、どなたの目にも留まらないと思いますがweep


また、部員や関係者に限らず、この提言にご意見がおありの方も
ぜひコメント下さい。

それらのご意見で、提言の内容が180度変わる事だってありえますし。
その結果によっては、提言そのものを行わなくて済むかもしれません。
それだけ不安なんですよ。私もcoldsweats01


さて。ここまで書いて、私がハンドルネーム「オタクイーン」という名前のみを
名乗るというのもフェアじゃありませんね。
提言書には氏名も書くわけですし。
既にご存知の方もいらっしゃるでしょうが
この際ですから『宇宙船映像倶楽部』にて公表されている私の名前を
改めてここに記したいと思います。


宇宙船映像倶楽部  vol.121にて企画書『バイオ・ブースト』掲載
                           vol.122にて企画案『氣闘士』掲載
                           vol.124にて
                           課題作「ホンノバケモノ」主人公『シオリ★』
              キャラクターデザイン掲載
篠原 美幸と申しますhappy01



尚、この提言記事の発案には
OKAZAKIさん、MUGIさんのお二方に加え、もうお一人の部員仲間のご努力、ご提案があった事を明記し、改めて感謝致します。
ありがとうございました。
こういう小さな動きが、倶楽部へのプラス効果となる事を信じたいものです。

どうぞ皆さま、ふるってご意見下さい。
とはいえ、この記事をアップしている間に部活の案内が届く事が
一番嬉しいんですけどねhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2009年4月 4日 (土)

短距離ダイエッターの孤独

今日の名古屋は、お昼前後から雨でしたrain
朝、予報を知った私は、ウォーキングを午前中早めに済ませましたが
どうもその後、体が落ち着かない。

と言うのも、最近はウォーキングが朝晩の一日二回ペースになっている為
午前中の一回じゃ、物足りないんですcoldsweats01

これはもう、体のリズムですね。
自分のペースが乱れる事を嫌う性格なので
何が降っても行かなきゃ気が済まないpout

午後7時。我慢しきれずに雨の中、やっばり敢行しちゃいましたrun
さすがに居ませんねー。突然の冷え込みに体も凍える雨の夜に走ってる人は。
歩いていても正直、ものすごく孤独でしたもん。

「私は何をやってんだろ?」なんて、自問自答する始末。
4月というのに吐く息まで白いこんな夜を、歩く意味は果たしてあるのかとdespair

でもこのガンコさが幸いして、今年のダイエットウォーキングは
予想以上の効果が上がっています。
2月23日の開始以来、総歩行距離200.47km。
驚くべき事に、体重も
13㎏ダウンしました。
わずか40日ほどで
13㎏ダウン!ちょっとハイペースすぎますねhappy02
私のダイエット歴の中でも、これは最短記録です。
まー食べれば戻っちゃいますけど、それほど食事制限もしていないので
この調子で行けば、紀香ボディーも夢じゃないかなとhappy01


そんな結果を期待すれば、今の孤独も耐えられるんでしょう。
ちょっと泣き言で失礼しました。夏を目指し、ストイックに頑張ります。
何でこのモチベーションが、新ヒーロープロット創出に向かないのかと。
ちょっと恨めしくもありますがcoldsweats01

雨のウォーキングにはこんな一曲で。
この曲が入ったタツロー5枚目のアルバム「MOONGLOW」は
「GO AHEAD!」と並んで、大好きな一枚です。
「RIDE ON TIME」でブレイクするまで
タツローって知る人ぞ知るアーティスト的なところがあって、好きでした。
発売当時、このナンバーも擦り切れるほど聴きましたね。もちろんレコードでhappy01





Photo





という訳で。雨の中を歩いた結果。
今日までの累積歩数、455599歩。
人類メタボーまで、あと50sandclock

2009年4月 3日 (金)

桜のアーチ

昨日の寒さから一転、今日はすっかり春の陽気でしたね。
七分咲きだった桜も急に満開、近所の道もこの通り。


Photo
この道は下り坂になっているので、今の時期はこんな風に、まるで桜のアーチのように見えます。
皆さんそこかしこで、この満開の桜を写真に撮っていましたcamera


いやーやっぱり日本の春は桜ですねーhappy01
こんな風景を見ていると、私の中ではこの曲が鳴り響きます。
なぜか日本の曲じゃないんですが、元気で明るい春の雰囲気には合うかなとcoldsweats01



フェイ・ウォンがヴォーカルを務めるこのナンバー。
ご存知、ウォン・カーウァイ監督最高のヒット作『恋する惑星』の主題歌です。

私はこの映画が大好き。「恋するネヴュラ」というブログタイトルの語呂は
ここから来ているんですよhappy01


桜の季節を節目に、今年もまた温かさが増していくんですね。
私のテンションも、気温の上昇と比例して上がっていくようです。

さてさて。一癖も二癖もある読者の皆さんに囲まれて
この春は、どんなおバカを巻き起こしてやろうかな(あえて第6話風)happy01



Photo_2




今日は運動のチャンスとばかりに
張り切りましたrun
今日までの累積歩数、441233歩。
人類メタボーまで、あと51sandclock

2009年4月 2日 (木)

七分桜でブンバボン

昨日の『宇宙船』の興奮、冷めやらぬままに、今朝も頑張ってウォーキングrun
寒の戻りで、今日は風も寒い一日でしたが、さすがに4月。
桜も元気に七分咲きです。


Photo
ちょっと放射冷却気味の空は澄みきって、青が綺麗sun
きっと今週末は満開でしょう。

いつものこの公園も、お花見で賑わうでしょうねーhappy01
こんなに美しい桜を見ると、四季を肌で感じられる日本に住めることを
幸せに思います。


桜の美しさについ心も軽くなり。
最近、耳について離れないこの曲を、思わず口ずさんぢゃったりしてnote



皆さんよくご存知『ロッテ・フィッツ』のCM。
「ネヴュラ」読者の皆さんなら、この曲の元ネタもよ~くご存知でしょうねhappy01
もちろん私も、原曲が大好きだったクチなので、それと二重写しになって
ロッテの戦略にまんまと乗せられているわけですがhappy01
では、そちらをご覧下さい。若い方には新鮮に映るかなhappy01



『狼少年ケン』!好きでしたーこの番組。
夏休みのローカル局・子供向けプログラム『夏休みニコニコ大行進』で
毎年、再放送されていました。

この曲を聴かなければ、夏の一日は明けないほどの人気番組。
とはいえ、何度聴いてもイントロの歌詞note「ボバンババンボン ブンバボン」が
うまく歌えませんでしたがcoldsweats01
この曲のおかげで今だに、私はロッテ・フィッツのCMを見る度に
佐々木希ちゃんを『狼少女ノゾミ』と呼び
note「カムントフニャンフニャン」をnote「ボバンババンボン」と歌ってしまうのでしたcoldsweats01

あー今日も、花見がてらにnote「ブンバボン」
なんておバカな春の朝。桜も呆れているでしょうcoldsweats01


Photo_3



明日から温かくなるという
天気予報を信じて
noteブンバボンと張り切りました。

今日までの累積歩数、425651歩。
人類メタボーまで、あと52sandclock

2009年4月 1日 (水)

意外な展開

さあやってまいりました。三ヶ月に一度のオタクタイム。
底ぬけに呆れてやって下さい。(金原二郎さんの声でどうぞhappy01

今日は4月1日。エイプリル・フールですが、
嘘ではありませんので、安心してお読み下さいねhappy01


これまでも度々お話している通り、現在私がお仕事以外で最も肩入れしている
活動と言えば、もちろん例の『宇宙船映像倶楽部』。
もう目にタコが出来るほど、このネタに付き合わされた方々も多いでしょう。
雑誌『宇宙船』で展開中の読者参加企画。
読者の手で作り上げる新ヒーローを目指して、プロットやデザインを募集しています。
まー何かと暗い世の中ですから、こういう夢のある企画も楽しいですよね。
その気概にリスペクトした私は、これまで行われた募集に全て応募してきました。

『宇宙船』は季刊なので、発売は三ヶ月に一回です。
昨年4月に復刊した新生・宇宙船の発売は、今日で5回目を数えます。
あの奇跡の復活からはや一年。当時、復刊の興奮冷めやらぬまま
『映像倶楽部』に応募を始めて以来、三ヶ月に一回の結果発表には
何かと一喜一憂してきました。
で、まあ、とりあえず部員の末席に加えて頂き、新ヒーローの考案に
明け暮れてきたわけです。
そして迎えた今日は最新号・vol.124の発売日。前回の募集結果の発表です。
そりゃーもう気合も入りますよ。張り切って応募しましたから。

まーあまりに飛び道具のおバカ企画と、落書きのようなキャラデザインを
提出しましたから、今回はどちらもリスクが高いなあなんて思いながら
いつもの書店で求めた最新号。大鉄人17の表紙がそそりますhappy02


今回は年に一度の特別号で。
昨年から現在までに放送・公開された特撮作品をデータにまとめた
『宇宙船イヤーブック2009』がついて1,800円。

ちょっと高いですが、このイヤーブックが後々、貴重な資料になるんですよね。
でも頭の中は募集結果の事で、既にスキャナーズのようになっています。
イヤーブックはそっちのけで、ひたすら本誌を読み進む私happy02
で、見つけました。今回もモノクロ4ページの『宇宙船映像倶楽部』。
いやー何度経験しても、この緊張感は変わりませんねーcoldsweats01


ところが私、今回はちょっとチョンボをしてしまいましてsweat01
ページを後からめくって行ったものですから、最初に後半の2ページを
読んでしまったのです。

実は。(ここからはネタバレになるので、未見の方はご注意下さいねcoldsweats01



「あらー。ほとんどがデザインの応募作だねえ。」
ページのほとんどを埋め尽くすデザイン画は、部員諸氏やお仲間の作品でした。

おおさすがの画力。やっぱり腕の立つ方はすごいよねなんて、しばし感心。
何しろ私、今回の応募で、イラストペンを握ったのは20年ぶりくらいでしたから
皆さんの手馴れたタッチが眩しい眩しいart

「という事は、プロット部門は前半の2ページなのかな」と片隅に目をやると・・・
ページの端に小さく「プロット部門」とsearch

そうです。今回のプロット部門掲載作はわずか一本。新たな参戦者の作品です。
この後半ページに掲載作があるって事は、他は全部ボツ?
いやー今回の「飛び道具」もダメだったかーwobbly
アレはやっぱり好き嫌い分かれるからなーと、ガックリ肩を落とした私。

これはさすがに残念でした。かなり張り切って書いたんだけどなあと。
まーしょうがない。また頑張ろうと思い直した直後、おバカな私は
まだ前半の2ページを見ていなかったことに気がつきました。


「でも後半にプロット部門があるって事は、前半2ページは
例の「ホンノバケモノ」キャラデザインの募集結果に割かれているわけでしょ。
名うての実力応募者の中で、私の落書きなんかが拾われるわけないし。
うーむ今回もサクラチルかーweep

なんて暗澹たる心持ちで、ペプシNEXをゴクリと一口。
NEXのカロリー表示と同じ期待感で、ページをめくってみると・・・


思った通り、そこには「ホンノバケモノ」主人公、『シオリ★』のキャライラストが
数点、並んでいました。

そんな中、どこかで見たようなヘタクソな落書きが。
「ありゃ★ 載ってるぢゃないの★★」
なんという悪い冗談coldsweats01 私の応募作が掲載されているぢゃありませんかhappy01

コレは本当にビックリ。メイン的に応募したプロット案がボツで
ダメ元のキャラデザインが掲載されるなんて。

うーむ実に意外な展開。巨大なタピスタリーに描かれた壮大なるドラマ。
オタクイーンが飲むペプシNEXは苦いbearing

こういう事ってあるんですねー。コレは本当にどんでん返しです。
まるで星飛雄馬が右利きだったような衝撃。意味が分かりませんがsad
何しろ300円のドローイングペンに、100円ショップの色鉛筆で色を付けただけのお手軽デザインですからねー(ページはモノクロですが、実物はカラーですart
見るからにヘタでしょweep こんなのを大きく載せてもらっていいのかなあと。
(写真はクリックで大きくなります)

同ページに掲載されている皆さんの作品と較べても、見劣りするのは明らか。
いやー絵がヘタって事が、全国的に発表されちゃったweep
ホントにすみません。こんなご配慮を頂いてcryingcryingcrying
何にも出来ないんですよ私なんてpig


で、落ち着いてから、部長のコメントを見てみると。
「ああなるほど。部長は私の絵より、一緒に付けたキャライメージの説明文を気に入って下さったわけね。」
そりゃーそうですよねー。こんな小学生のぬり絵、デザイン本職の部長が採用下さるわけないし。
でもまーいーか。とりあえずは引っかかったわけだし。
部長のお言葉通り、「これはこれで良し」という事で。

いやー首の皮一枚で繋がった感じ。運だけで世渡りする私ですcoldsweats01


これもきっと「ネヴュラ」へお越し下さる皆さんやお仲間のおかげ。
いつも愚痴をお聞き下さり、ありがとうございます。
改めて、お仲間の存在に感謝するばかりですhappy01


ただ結果的に今回は、本来苦手とするフィールドで拾われた感じなので
実際はちょっと不安でもあります。
やっぱり本当なら、プロットで唸らせたいと。

こういう所はガンコなんですよねー。素直に喜べばいいのに。
今回はまた、キャラデザインの課題が出されましたが
私はそれに加え、懲りずにプロット部門へも挑戦します。
また泣き言をお話するかもしれませんので、温かく見守ってやって下さいhappy01


ここでちょっと裏話をしますと。
この『シオリ★』というキャラクター、私のデザインにはモデルが居るんです。
(私自身じゃありませんよ。願望を形にした的な所はありますが)

企画プロット上の「お笑いユニットとしても活躍する喜劇女優」という
キャラ設定を投影した存在。

正確にはモデルは二人居て、イラストは両者の特徴をブレンドしたものですが
その一人は「ネヴュラ」でも時々お話する、実在の人物です。
さて、誰でしょう?お考え頂くのも楽しいかもしれませんねhappy01

あっと、それからもう一つ。
実はイラストに描かれている『シオリ★』のバッグは
私のバッグがモデルだったりします。
こんなのをぶら下げて、私は街をウロウロしているんですよhappy01



サブタイ通り、今回は意外な展開となりましたが
早くも募集のスタートは切られました。
締め切りは来月8日・金曜日。

また苦しみつつも楽しい、一ヶ月の始まりです。
キャラデザインとプロット。今回も手強いオーダーですね。
でもそういう所に生き甲斐を見出す私。敵が強いほど、試合は楽しいものです。
部員の皆さんも、きっとそういう思いで応募し続けるんでしょうからhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »