2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« アレンジ&クリエイト | トップページ | 光る心臓 »

2009年3月14日 (土)

ウルトラマンカモ

夢か幻か!
おとといのウォーキング、いつもの池で遭遇した
驚愕のヒーロー!


Photo












つり目にスリット風の眼球。
口元には笑みまで浮かべた、クールなブラックフェイスの正体は!?


Photo_2
なによー。おしりとらないでよねangry
あ、失礼しましたcoldsweats01


Photo_3




いこいこ。へんなひといるから。
あら~、ごめんなさいねーcoldsweats01coldsweats01
coldsweats01

Photo_4

この池も、最近はすっかり鳥さんたちの遊び場となっています。
羽を伸ばしてくつろぐ彼らを見るにつけ、春の訪れを感じますねhappy01
まったく。近づいても逃げないんだから。少しは警戒してほしいのにweep
(ホントは今日も行ったんですが、写真を失敗しちゃったので、おとといの分でお許し下さいsweat01


Photo_5





雨上がりの寒い公園を
こごえながらひと歩き。
今日までの累積歩数、182673歩。
人類メタボーまで、あと71sandclock

« アレンジ&クリエイト | トップページ | 光る心臓 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!学期末でバタバタしていました。
カモのお尻をちゃんと見たのは始めてでした(笑)
『リトラを守れ!』読ませていただきました。
僕はウルトラQを実際の作品で見たことがなく、小説を読んだ程度なのですが、それでもオタクイーンさんの『ウルトラQ』や『ウルトラマン』への愛が伝わってくるような気がしました。
自分がまだまだ子供だからかもしれませんが、子供達がリトラのために奮闘する場面がグッときました。
以前の日記で『ウルトラ兄弟は認められない』とおっしゃっられていましたが、それは初代ウルトラマンの衝撃がとても大きかったということでもあるんですよね。
よく、『今の子供達は便利な世の中に生まれて幸せだ』と言われるのですが、僕は40年前や30年前に生まれたかったです。
それは当然『ウルトラマン』や『仮面ライダー』をリアルタイムで見たかったという思いもありますし、それだけではなく今の時代では味わえないような『勢い』のような物があったのではないかと思うのです。だからこそ、何十年も色褪せない作品が生まれたのではないかな、と。
今は十分充実していて楽しいのですが、それと同時でどこか物足りなさもあるんです。修学旅行でベトナムに行った時感じたのですが、あの国はみんな『勢い』が凄いんです。日本も高度経済成長の頃はこんなだったのかな、と。すみません、全然関係ない話になってしまいました。
石ノ森先生も生前のインタビューで『僕の中では仮面ライダーは一号だけ』とおっしゃってました。オタクイーンさんと同じ思いだったのかもしれませんね。
僕はまだまだ子供なので先輩ライダーが助けにきたりすると熱くなるのですが(笑)

う~~ん、かなりキビイシイカモ?(笑)
ウルトラマン・・・・ゼアス?

アラ様 お久しぶりですhappy01
もう学期末なんですね。もうすぐ春休みでしょうか。
桜の季節ももうすぐですねcherryblossom
『リトラを護れ!』ご覧頂いてありがとうございます。
その前編的位置づけで、ゴメスとリトラが登場するウルトラQ『ゴメスを倒せ!』は、拙ブログのこちらのアドレスにアップされていますので、合わせてご覧頂けば『リトラを護れ!』の作劇理由がよりお分かりになれると思います。

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2009/03/post-8bb3.html

私のように年を重ねた者には、アラさんの印象に残った「子どもがリトラの為に奮闘する部分」が余計に大事に感じられます。
1960年代の子どもたちはみんな、あのジロー君のように、怪獣という存在に誠実だったんですよhappy01

ウルトラ兄弟についてはいつものガンコな思いなのでcoldsweats01 
本当にお恥ずかしい限りです。
動物って、生まれて初めて見たものを親と思い込むそうで。
つまり最初に見た物で、価値観が決まっちゃうんですよね。
私の場合も、初代ウルトラマンをリアルタイムで見てしまったことが、その後の価値観に影響しているのでしょう。
まったく困ったものですcoldsweats01

でもおっしゃるように、確かに30年前、40年前の人々は、今より勢いがありましたね。
何と言うか、自分の存在意義を確かめようとする欲求が今より強かったような気がします。そんな時代に育った私にとって、物事に熱く取り組む姿勢はごく自然なことなんですよ。『リトラ』にそれを感じて頂けたら、こんなに嬉しい事はありませんhappy01
まー確かに、今は昔に較べて便利である事は間違いありませんが、要はその便利さの使い方次第なんでしょうね。
現に今こうやって、アラさんと私がやりとり出来るパソコン環境も、悪用する人たちは多いですし。
そんな中、こうして有意義なお付き合いが出来る事を、私は本当に感謝したいと思いますhappy01

私も以前、お仕事で中国へ行った事があるんですが、アラさんがベトナムで感じられた印象と同じように、中国もエネルギッシュな魅力に溢れていました。
そう。高度経済成長期の日本のようにpunch
なぜか私には、その空気が懐かしく感じられました。

>先輩ライダーが助けにきたりすると熱くなるのですが(笑)
実は私も熱くなりますhappy01
ライダーは元々人間である上、世界各地で戦っているという設定が納得できるので
先輩ライダーには感激しますよね。
ただデザイン面・作劇面では、やはり私も1号がベストですね。
もーホントにガンコですみませんcoldsweats01

ポン太様 そーですねーゼアスカモ?happy01
いやーこの「カモ」をうしろに付けると、何でも成り立っちゃいますねえhappy01
便利な言葉ですhappy01happy01happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/28616152

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンカモ:

« アレンジ&クリエイト | トップページ | 光る心臓 »