2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 小五郎はなぜ降りたのか | トップページ | 感動は割り引かれない »

2009年3月23日 (月)

B2ノスタルジー

昨日の雨も上がり、気持ちよく晴れた今朝。
4月も近いので、部屋の模様替えなんぞしようと思いまして。

久しぶりに、細々と集めたポスターを貼ってみようかと。
で、部屋の奥から出してきました。ポスターBOX。


Photo_2







まー私なんて中途半端なオタクですからcoldsweats01
別にポスター収集の趣味もあったわけじゃなく。
映画の前売り券やLPレコードの特典に付いていたものが、なんとなく集まっちゃった感じでしょうか。
ですからご覧の通り、それほど量も無いんですよね。
珍しい物もありませんし。

ただ、若干変わった物があるとすれば。
知り合いにCDショップのスタッフが居る関係で、CDやいにしえのレーザーディスクの
発売告知ポスターが、いくらか手に入った程度でしょうか。
お店に貼られている告知ポスターって、思ったよりも入手しにくいですよね。
さらに、購入特典ポスターよりもデザインや写真の図版が良い物もあったりするので
以外に「名作」も多いんですよ。
ただそういうポスターは非売品なので、正規のルートでは手に入れにくい。
発売メーカーやお店のスタッフと懇意になるくらいしか、入手方法は無いわけです。

幸いにも私の場合、以前一年ほどショップで店員経験があったものですから
その時の先輩や仲間と懇意になりまして、彼らも私のオタク趣味を覚えていてくれたと。
ショップを辞めた後も、その付き合いが続いていたんです。
丁度その後にLDブームが起こり、私もお財布をはたいて購入に走ったものですから
その時に先輩方から「メーカーから沢山送ってきたからあげるよ」みたいな感じで
LD一枚につきポスターを5枚、10枚と貰っていたんです。
ただ余った告知ポスターですから、同じ物ばっかりなんて事も多かったですがcoldsweats01
東宝怪獣映画の復刻ポスターなんて、かなりの数ダブってますhappy01

とはいえ今考えれば、同じポスターが何枚もあるというのも便利ですね。
貼る物以外にもトレード用、保存用などに使えるし。
貰い物ですから、散財の痛手もありません。
しかもDVD全盛の今、LDの告知ポスターはかえって貴重品みたいに見えちゃって。
何しろ今じゃ、絶対に手に入りませんから。特に告知ポスターは。
(中古市場やネットオークションは知りませんよ。でも告知ポスターなんて
需要あるんでしょうか?私にはよく分かりませんhappy01

まーそんなわけで。二束三文ながらも、枚数だけはあるLDの告知ポスター。
他にはCDのポスターもありますが。
時々取り出しては、壁に貼って喜んでいます。
発売当時の雰囲気も思い出せて、映画のポスターとはまた違った良さがあるんですよ。
昔のテレビ番組のポスターなんて、そういうソフト関係しかお目にかかれませんし。
まー貴重かどうかはともかく、ポスターはポスターという事でhappy01

で、今日は、そんな元手いらずのいいかげんなコレクションから
お気に入りの数点をご紹介しようと思います。

一部を除き店内貼りのB2サイズ、しかも現在は販売終了の商品ばっかり
ですので、その点はご了承下さいcoldsweats01


まずはコレ、現在名古屋地区で絶賛再放送中の『必殺仕置人』

Photo_3





















必殺シリーズの局制作ポスターはこれまで、ポスター全集などの書籍
またLPレコードの特典など露出が多い為、比較的入手しやすいんですが
こういうLD告知ポスターはあまり見かけません。私だけかな?
告知ポストカードとほとんど同じデザインですが、B2サイズの迫力が見る者を圧倒します。
何と言っても、シリーズ最強の三人をモノクロ写真で配置した渋さが素敵lovely



仕置人と来れば、次は『必殺仕置屋稼業』でしょうか。

Photo_4




















これはB5サイズのチラシですが、主水最盛期の凛々しいお顔が素敵ですね。
もちろんクールフェイスの市松、破戒僧の印玄もいい味です。


1996年に発売されたBGMシリーズも、ファンの話題を独占しましたね。
もちろん、その告知ポスターは入手しました。


Photo_5





















『今世紀最大』の謳い文句が時代を感じさせるこのCD。
二期に渡って発売されましたが、これは第一期のポスター。もちろんB2サイズ。
第二期分も入手しました。このポスターは様々なサイズがありますね。
CDの内容も素晴らしいものでしたが(オリジナル主題歌網羅には狂喜)ジャケットを並べたこのポスターもなかなかのものです。
やっぱり仕事師は、モノクロ半顔照明がよく似合いますhappy01


必殺シリーズに限らず、昔のテレビ番組がB2ポスターになる事は
ちょっとしたイベント性を感じさせます。
例えばこんな作品も。


Photo_6





















ご存知の通り、劇場版が本家本元の『日本沈没』ですが、1974年に放送されたテレビシリーズもファンの心を鷲掴みにした名作でした。
このLD-BOX、貧乏な私は入手できませんでしたが、後にDVD-BOX入手の幸運に恵まれたと思ったら、今やどこのレンタルショップでも見かける始末。
こんな時代が来るなんて、このポスターを仰ぎ見ていた頃は考えもしませんでしたweep
でも良いでしょこのポスター。名場面スチール満載で。

決して劇場版ポスターに劣っていないと思うんですが。タイトル文字も大きいしhappy01


お金がかかってるなーと思ったポスターはコレ。
以前もチラリとお見せしましたが。


Photo_7





















オールイラストの『スペクトルマン』DVD-BOX告知。
これはDVDですが、マスクBOX仕様はもう販売終了なのでご了承をcoldsweats01
スペクトルマン好きの私ですから、このポスターだけは積極的に探しました。
おかげでコレは未使用二枚、加えて数パターンのA4チラシも全て入手heart04
いやーいいですよこのイラスト。渡辺善夫画伯の作画みたいでart


Photo_8







この脅し文句happy01の通り、ボーナスの散財を3月22の発売日まで我慢された方もいらっしゃるでしょうね。

何と言っても56,800円ですから。た、高いweep
まーギャラ制の私はボーナスには縁が無いので、痛手も大きかったですがcrying



しかしながら。これまでご紹介したどんなポスターも
この一枚の前には「日本じゃ二番目」になっちゃうんですよねーhappy01


Photo_9






















不思議でしょうがないんですけど、この一枚、なんで主役のズバットがまったく露出していないんでしょうかhappy01
確かに「さすらいの私立探偵」は真ん中に居座っていますが、変身後の姿が
無視されているのは本当に珍しい。

そういう意味で、非常に不思議な告知ポスターです。
せめて、バーテン左京次ぐらいは配置して欲しかったなと。
できれば彼のご主人、ナチスジャガーも。前後編だしhappy01
まーB2サイズで早川健様に見得を切られたら、どんな疑問も吹き飛びますがhappy01
以前、これを壁に貼っていた時、見る度に吹き出しちゃって外した事があります。

ヒーローってあまりにもカッコ良すぎると、もうギャグの域に達しちゃうんですねhappy01


まーそんなこんなで。元手いらずの告知ポスターでごめんなさいcoldsweats01
最近はネットショッピングばっかりの私。お店にはほとんど出向かないので
告知ポスターもとんとご無沙汰ですが
ネットショップの台頭により、店頭告知も難しい局面に立っていますよね。
今のご時勢、広告費が削られるのはどんな業界も同じだし。
告知ポスターも、昔ほど作られていないのかなーと。

また万が一、DVD発売告知のポスターがあったとしても
それはデザインが異なるでしょうから、これはこれで珍しいわけです。


懐かしのLD告知ポスターは他にもありますが、ご紹介はまた別の機会に。
たまには楽しいものですね。手持ちのポスターを眺めるのも。
偏った自分の収集癖に、我ながら呆れることもありますがcoldsweats01
「トリプルファイターやキカイダーのポスターなんて、どこに貼るのよ」とかhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 小五郎はなぜ降りたのか | トップページ | 感動は割り引かれない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
紙ものコレクターの雀坊。です(笑)

ポスターは、保存しにくさが災いして、コレクター市場ではそれほど人気が高いとは言えません。アイドルやミュージシャンなら別ですが、特撮系なんかは人気無いです。むしろチラシ系のほうが集めやすいので人気のようです。
しかし、告知系の場合、コレクターが入手できる機会が減りますし、普通はお店に貼られて画鋲の穴が付き、日焼けで色褪せてしまいますので、保存状態が良い希少なモノであれば需要はあると思います。
この中ではやっぱりズバットかな?日本沈没は映画版でしたら、藤岡弘マニアが高額で買うと思いますよ(笑)
藤岡弘さんのマニアは屈指の濃さを誇るかたが多いようですので、既に持ってるケースが多いかもしれませんけどねえ。

ズバットの絵がパッケージで使えないのは版権の問題かもしれませんね。この頃の特撮は玩具メーカー主導で番組が成り立っていましたから。倒産したタカトクがZ合金で出していたと思いますが、その関係じゃないでしょうか。倒産しちゃうと版権承認をどこに取ったら良いのか判断するのが難しいのでねぇ。モノによっては債権者が版権取得したまま行方不明っていうのもあるらしいです。

雀坊。様 雀坊。さんが紙物コレクターとは存じませんでしたhappy01
昔の駄玩具だけでなく、色々な方面に造詣がおありなんですねー。感服しましたeye
今回紹介したポスターは何となく集まっちゃったものなので、一部を除き思い入れは無いんですが、最近はポスターそのものの製作量が減っているようなので、こういう物も貴重と言えば貴重ですね。

なるほど、確かに保存には苦労します。巻けば巻き癖が残っちゃうし、広げれば場所を取るし。貼れば日焼けしますしねcoldsweats01
まー私の場合、壁紙のように時々貼り替えては楽しむという、アナログな使用法ですhappy01

記事に書いたような事情で、入手したポスターはほとんど未使用、しかも複数ありますが、資料性や商品価値にはほとんど興味が無いものですからcoldsweats01 今の所は懐かしさだけで保存しているようなものです。
なんと言ってもB2サイズ。その迫力はパソコン画面では味わえないものですからhappy01

ズバットの件、そういう事情もあるのかもしれませんね。特に「債権者が版権取得したまま行方不明」などの場合は、もう打つ手がありませんし。
いつの世も版権は城壁のごとく、制作者の前に立ち塞がるもののようですweep
ちょっとケースは違いますが、私も昔、赤影の写真を番組で使おうとして、東映側から法外な使用料をふっかけられた事がありました。
この方面については円谷は意外に寛容なんですが、東映は極端に厳しいようですね。
当時、特撮懐古番組を好む番組制作者の間で流れた「鬼の東映」という呼び名は、きっと今も生き続けているのでしょうねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/28759614

この記事へのトラックバック一覧です: B2ノスタルジー:

« 小五郎はなぜ降りたのか | トップページ | 感動は割り引かれない »