2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« バレンタインシュワッチ | トップページ | 心の盲腸 »

2009年2月15日 (日)

一匹と五人

ちょっと時間が空いたので、ウルトラ資料本をつらつらと見ていたら。
こんなイラストを発見しましたeye


Photo昔の怪獣全集に掲載された口絵『これが世界ナンバーワンの最強怪獣だ!』
いやーよくありましたねーこういう企画。
昔はいろんな図鑑や雑誌で、この手の「妄想怪獣」が暴れまわっていました。

でもコレの強さは普通じゃないようです。なんて言っても・・・

Photo_2
だそうですから。(写真はクリックで大きくなります)
いったい、何匹の怪獣が合体しているんでしょう?
命名もされていないようだし。


それは皆さんでお考え頂くとして、私はこの「仮名・アイコラドン」のスゴさよりも、「ウルトラマンが5人いる」というイメージにクラクラしましたhappy01
あの「初代」ウルトラマンが5人!
後付け設定は置いといて、私の中では初代こそ最強のウルトラマンです。
その最強マンが5人ですから、実力では後のウルトラ●兄弟なんか比べ物にならないんじゃないですか?punch

一極集中の「スペシウム光線・5thショット」なんて大技が炸裂すれば、こんな大怪獣もひとたまりもないんじゃhappy01
意外に、光線のショックで合体が解け、個々の怪獣に戻ったりして。
運動会の組み体操で、ピラミッドが崩れるようなものでしょうかhappy01

単体に戻って、頭を掻きながらトボトボと帰っていく怪獣たちを想像すると、ちょっとかわいそうですね。
「もう一息だったのに、やっぱりウルトラのダンナにはかなわねえや」
なんて苦笑いしながらhappy01

でもゴジラも仲間に入ってますから、彼なんか今一つ納得が行かないかも。
「先輩の俺にも華を持たせてくれよ。若手も見てるんだから」みたいなhappy01

いやー見たいなーウルトラマン5。
相手がこの「仮名・アイコラドン」だったら、成立するかもしれません。
いかがですか市川大河さん、自由人大佐さん。次はコレで一本happy01
お仲間の皆さんもぜひ、このイラストからオリジナルストーリーを・・・
失礼しました。あまりに無謀なお願いに、鉄拳が飛んできそうですねcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« バレンタインシュワッチ | トップページ | 心の盲腸 »

「ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
 五人と一匹って書かれていましたので、ぼくはてっきりボーンフリーの記事かと思いました!あれもたしか円谷プロでしたし、特撮物として小学生のときに毎週見ていた思い出があります。

 それと『アンバランス』がDVD化されていたとは知りませんでした。『怪奇大作戦』に続き、もしかするとDVD全部買っちゃいそうです!

 『ムー一族』やら『丑三つの村』までDVD化されたり、スカパーで『気違い部落』まで放送されたことですし、封印三部作もそろそろオフィシャルでコレクションしたいですね。
 ではまた!eye

ウルトラマン《第X話》「禁断のウルトラゾーン」

 ……それは、ウルトラマンが宇宙へと戻した四次元隕石「ブルトン」が漂流し、禁断のウルトラゾーンへ迷いこんだ時に起こった。ウルトラマンと科特隊によって倒された数多くの怪獣たち……。彼らは「生きている」のか?「死んでいる」のか?いや、そのどちらでもあり……どちらでもない「存在」だった。生と死が意味を為さない世界……それが「ウルトラゾーン」(またの名を「怪獣墓場」と言う)だったのである。

 そして、そのウルトラゾーンの中心地に《ブルトン》が引き寄せられた……その時!宇宙を引き裂くが如き、巨大な次元振動が発生!死せる怪獣たちが復活!そして、融合したのだ!ジラース、アントラー、レッドキング、ドドンゴ……その他、十数匹もの凶暴な怪獣の集合体である超次元怪獣・アイコラドンは、ウルトラマンへの深き怨念から地球に来襲!大都市・東京に恐るべき大破壊をもたらす!

 それに対して、ウルトラマンは、必殺技「五つ身分身」で対抗!A・B・C・ゾフィー型・レッドマンタイプの五つの姿で同時攻撃!最後は、スペシューム光線の同時発射で、最強の超次元怪獣・アイコラドンを仕留めたのだった!

 ……だが、アイコラドンが爆散する寸前、その体の中心部から、四次元隕石《ブルトン》は忽然と姿を消した!あれが「最後の」超次元怪獣なのか?それを知る者は、誰もいない……。

【終わり?】


P.S.こんなストーリーを即興で作ってみました。ゼットンがイラストに入ってるのは「知らん振り」?です!(笑) 

ご指名いただきました(笑)
初代マンの分身というと、悪夢のような『蘇れウルトラマン』なる映画も思い起こさせられますが(笑)
初代マンのみの世界観で作られる豪華版というのは
やっぱ水面下のどこかでやってみたい願望に包まれております。
飯島監督の『ジャイアント作戦』が一応前例にありますので
セブン以降の記憶回路を上手くリセットさせることが出来れば
そういうアプローチも出来るんじゃないかなと思ってみたり。

実相寺監督の小説版なんかを読むと
初代マンの世界だって充分に広げようがあるんだなぁと
感心しながらアレコレ頭をひねっております。
「ソフビなんちゃって特撮監督」としては
いろいろ楽しいんですよね、こういうモチベーション。
またオタクィーンさんのお知恵を拝借するかもです!

用心棒様 『恐竜探検隊ボーンフリー』は、実写とアニメーションを合成させた野心作でしたね。円谷特撮と『ガンダム』の日本サンライズ制作アニメのコラボって、この作品くらいじゃないでしょうか。『ザ★ウルトラマン』はフルアニメだしhappy01

『恐怖劇場アンバランス』のDVD化は、私にとっても本当に夢の出来事でした。
しかもレンタルショップに、普通に置いてあるなんて。
借り放題の見放題で、私も毎日鑑賞しています。
いやーこんな時代が来るとは。用心棒さんもぜひご覧下さい。
『怪奇大作戦』とはまた違ったテイストが味わえますよhappy01

『ムー一族』『丑三つの村』は私もレンタル店で見かけました。
しかもタイトルだけしか知らなかった『気違い部落』までがCS放送とは。
今や映像文化は、地上波放送以外の分野で百花繚乱の様相を呈していますね。
まったく、スピンドルケースでDVD-Rをいくつ買っても足りませんcoldsweats01

都の商売人様 今回も機知に富んだオリジナルストーリー、ありがとうございましたhappy01
しかも記事アップからコメントまでの時間が早い!
よく短時間で、これだけのプロットを構築できるものだと、改めて感服いたします。

記事作成後、私もこのイラストを活かすプロットをいろいろ考えていたんですが、私の中には『ブルトン』の登場は無かったですねーhappy02
なるほどブルトンの能力なら、不条理の塊のような『アイコラドン』も可能かもしれません。
しかもウルトラマンも、5パターンのフォルムが再現されて。
考えてみれば、初代マンだけでもこんなにバリエーションがあるんですね。
「A・B・C・ゾフィー型・レッドマンタイプ」これは見たい!
特に初お目見えのレッドマンタイプ!一番強そうだったりしてhappy01
これで『ベムラータイプ』まで揃っちゃったら、ウルトラ兄弟なんて必要無いほどの最強チームじゃありませんかpunch

一枚のイラストや写真からイマジネーションを膨らませられるのが、私たち「ビデオ登場前世代」の素晴らしい特技かもしれません。
まーゼットンの件はともかくhappy01
そんな空想の翼を広げられるからこそ、私たちの世代はifイラストへの思い入れも深いのでしょうねhappy01

市川大河様 勝手にご指名させて頂き、お手数をおかけしました。
やっぱりこのネタは市川さんじゃないとcoldsweats01 

ありましたねえ『蘇れウルトラマン』。
アレ、けっこう私は好きなんですよ。今でも時々見ます。まー「いかにアリモノ素材で別物を作るか」という「宇宙怪獣ガメラ」的発想の鍛錬としてですがhappy01

私にとってウルトラシリーズは「マン」までで区切られているので(「終わっている」という程の感触でもないんですが)、「初代マン」のみの世界観は比較的維持しやすいんです。
「ジャイアント作戦」も、初代の世界観で何とかなりそうですし。
セブン以降の記憶回路は、最初からリセットされているというhappy01
ですから今回の記事のような「初代マン5人」の方が、ウルトラ兄弟より受け入れやすいのかもしれません。
ホントに融通が効かなくて、不自由しておりますcoldsweats01

「マン」も初代の世界観でなら、発想はまだ広げられると思います。
その実現を目指したのが「マックス」ではないかと、私などは思ってしまうのですがhappy01
私でよければ、またいつでもご相談下さい。
無い頭を絞って、お力になるべく努力いたしますhappy01

今日、息子と「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を鑑賞しました。
まさにこのイラストそのまんまでしたよ。いあ驚いた~。
その名も究極合体怪獣ギガキマイラ。
ゲスラ、パンドン、シルバゴン、ゴルドラス
そして中心に居座るのはもちろんヒッポリト星人。

ポン太様 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」は私は未見ですが、TB頂いた貴記事の「ギガキマイラ」は、まさに拙記事のコンセプトを継承した一頭ですね。
やっぱり子供にとって、合体怪獣=強いという図式は絶対なんでしょうね。
ただ、こういうのはセンスが大事です。
歴代バルタンの合体なんて面白そうですね。
体のどの部分が何代目か、なんて考えるのも楽しそうな気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/28112830

この記事へのトラックバック一覧です: 一匹と五人:

» 大決戦!超ウルトラ8兄弟 [くんだらの部屋]
ネヴュラで見かけたこのイラスト。 オタクイーンさんには内緒で拝借してきました。 ごめんなさい^^; ゴジラやゼットン、モスラやキングギドラ、アントラーやバルタン星人の手らしき物も見える。あらゆる怪獣の合体系、それがこの『世界ナンバーワンの最強怪獣だ!』。...... [続きを読む]

« バレンタインシュワッチ | トップページ | 心の盲腸 »