2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 夢みるようにさようなら | トップページ | 目下90度と対決 »

2009年2月23日 (月)

波動エンジン始動

前回のお話に多くのコメントを頂き、本当にありがとうございました。
コタが居なくなったのは寂しいですが、皆さんの温かい励ましで、元気が出ました。
正直、こんなにコメント頂けるとは、まったく予想していなかったのです。
一人静かに、コタの思い出に浸ろうと思っていたのですが、これほど皆さんに見守られていたとは。こんなに読者の方々に愛され、コタは本当に幸せ者でした。

そんな中、私一人が塞ぎこんでいては、かえってコタに怒られちゃうかなと。
私が元気になることが、コタへの何よりの供養になるかもしれないと。
そんな勝手な思いをバネに、予想以上に早く「ネヴュラ」再開を決めました。
決して、コタの事を忘れたわけではありません。
心は依然として痛いですが、皆さんのお心遣いを糧にして、何とか復帰させて頂きます。
いつも以上に、お仲間の存在をありがたく感じる次第です。

きっとコタは「ネヴュラ」の衛星として、これからも私と共に居てくれるでしょう。
どうかこれからも、よろしくお願い致します。


暖冬の声も聞かれる中、春の暖かさが感じられる日もちらほら出てきましたね。
強さを増す日差しに、布団を干したくなる昼下がりなどは、つい外出したくなってしまいます。特にここ二日ほどは、名古屋も四月に迫る気温となりました。
そんな昨日の事です。

前述のお話どおり、気分もふさぎがちでしたが、そうも言っていられません。
コタを手厚く葬ってやらなければならないのです。
近くにいられる場所。私のなじみの場所へ眠らせたい。
そこで思いついたのが、いつもウォーキングに出かける森林公園でした。

昨年11月のバイク事故以来、私は怪我の回復を待って、ウォーキングを断念していました。冬の到来も迎え、自宅にこもりがちだったのです。
ですから公園に出かけるのは、ほぼ四ヶ月ぶりでした。

池を中心に大きな森が広がる公園には、いつでも遊歩道から木々を散策できます。
いつものウォーキングルートから少し入った大きな木の下を、私はコタのお墓としました。
小さな穴を掘り、横たえたコタと一緒に入れてあげた一袋分のハムスターフードが、精一杯のはなむけでした。もちろん下の写真は、お墓の近くです。

Photo

お墓に手を合わせ、春の陽気に軽く汗ばみながら、久しぶりに遊歩道を歩いた私は、
ふさぎがちな気持ちがちょっと晴やかになっていました。
これからはこの森で、いつもコタが待っている。
そんなおバカな思いが、気分を明るくさせたのかもしれません。

Photo_6
いつもの池に映る夕日も、私の四ヶ月ぶりの訪問を静かに迎えてくれるようでした。


久しぶりに見る波のきらめきにこの上ない美しさを覚えた私は、一つの目標を立てました。
今年はいつもより早く、ウォーキンクを始めよう。
できるだけ毎日、コタに会いに来ようと。
そう思うと、モチベーションも俄然上がっちゃってhappy01

散策後、パソコンで何気なく検索していた私の目が、ある一点で止まりました。
「あらっ?コレいいぢゃない。」
それはまさに、私のウォーキング計画に合わせたようなグッズの案内。
まー春先ですから、そういう商品の露出も当たり前なんですが。



で、さっそく今日、買ってきました。

Photo_3
昨年12月に発売されたコレ、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
『遊歩計』という商品名ですが、ご存知、宇宙戦艦ヤマトの『歩数計』です。

要は歩数に連動して、ヤマトのストーリーを追ったイベントが発生するというおもちゃですね。万歩計に、ゲーム的な機能をくっつけたものと言えばいいでしょうか。


一般的なウォーキングのスパン・90日を「人類は90日後に滅亡」という端折った設定に落とし込み、プレイヤーは地球を救う「メタボクリーナーD」をイスカンダルまで取りに行くという使命を帯びて、ひたすら「歩く」わけですねhappy01

歩数は積算され、イスカンダルへの距離は縮まり、途中でイベントも多数発生、
「ヤマト」の世界に浸りながら有酸素運動ができるわけです。

しかも専用のWEBサイトへ登録する事で、進行状況や体調管理まで出来ちゃう優れモノです。


Photo_4ちなみにこの『遊歩計』、ラインナップは二種。
もう一つは『母をたずねて三千里』で、歩く事でマルコがお母さんに近づくという設定です。

いずれも「旅モノ」の有名作品をうまく使った、楽しい歩数計です。

インフォメーションサイトはこちら。

http://www.yuuhokei.com/index.html


入手困難かなーと思いましたが、意外にも地元のトイザらスに売ってました。
さっそく手に入れた私は、今日からコタの待つ森へウォーキング開始。
ウォーキングは何年も前から行っていましたが、歩数なんかあまり考えていなかったのでけっこう新鮮な感覚です。ストーリーやイベントも楽しみだし。


Photo_5で、今日の結果がコレです。
いつものウォーキングだったんですが、
歩数は7548歩でした。

意外に歩いてませんね。コタに怒られるかなcoldsweats01
これでコタの眠る森は、イスカンダルへの道ともなったわけです。



不謹慎に思われたらごめんなさいね。
こんなグッズを買うのは、心の穴を埋める為の言い訳に過ぎない事も分かっているんですが。
どうぞお許し下さい。ただふさぎこむより、この方が健康的という事で。



ともあれ、コタへの愛情を波動エネルギーに変えて、ヤマトは発進しました。
今日が初日ですから、人類滅亡の日まであと
90日。
皆さんご安心下さい。今や反物質テレサ状態と化したコタと私の力で、地球をメツボーから救ってみせます。
いや、私をメタボーから救うだけだったりしてcoldsweats01

« 夢みるようにさようなら | トップページ | 目下90度と対決 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それは良い動機付けにもなりますね。
コタちゃんもきっと喜んでいる事でしょう。
但し、張り切りすぎて体調を崩し、デスラーの様な顔色にならぬようご用心を。

MIYUKIさま。
あの素敵な公園に行けば、いつもコタちゃんを思い出せますね。
いつまでも忘れないでいてくれるって、
コタちゃん喜んでくれますよ、きっと。
この万歩計はイスカンダルの森への良いおともになりますね。

オタクイーンさん、、お久しぶりです、、大和少年です。
コタちゃんの悲報、今知りました。。
時々しか覗けなくなり、、、、失礼致しました。

最後のコタちゃんのなんとも切ない表情に涙ぐんでしまいました。。
こんな事言ったら、吹っ切れなくなるるかもしれませんが、、コタちゃん、まだ「オタクイーンさんのそばにいたい」、、そんな風に感じちゃいました。。。すみません。
自分も高校生のころ、10年間遊び明かした秋田犬クマゴローが死んだときは、夕飯も食べず泣きました。
それからクマゴローが守ってくれていると思い今に至ります。
コタちゃんもきっとオタクイーンさんのそばにいますよ、、これからもずっと。。。。

メルシー伯様 もうこんな事でもしないと、なかなかふっきれないおバカでcoldsweats01
お恥ずかしい限りです。

今日もコタの森にお墓参りして来ましたが、歩数計の件も合わせ、なかなかモチベーションが上がりますね。このペースが続けばいいのですが。

デスラー色の顔だけは気をつけたいですが、あまりにのめりこみすぎて、
まつげがスターシャばりに顔からはみ出すほど、痩せないようにはしたいと思いますhappy01

hikari様 コタのお墓を公園に決めた事は、私にとって何よりの救いでした。
これからはウォーキングに加えコタに会う事も、公園を訪れる目的になったのですからhappy01
これから暖かくなるにつれ、公園行きの頻度がますます高くなりそうです。
万歩計の調子も上々。今日もちょっと歩いてきました。

「イスカンダルの森」って言葉、良い響きですね。
また記事にも使わせて頂きます。
公園の写真もいずれアップしますので、コタを偲んでやって下さいね。

大和少年様 お久しぶりです。
今回は多くの皆さんにコメントを頂き、改めてコタの存在の大きさを知りました。
大和少年さんも、ワンちゃんを亡くされていたんですね。お気持ち、お察しいたします。
昔の事とはいえ、やはり愛する家族を亡くした悲しみは、ずっと心に残るものですよね。

私はこれまで、ハムスターを合計四匹飼ってきました。
それぞれに思い出はありますが、コタは皆さんに愛されていた分、別れの辛さもひとしおでした。
でも最期のコタの行動、そしてあの眠るような顔。
それを見ただけで、もうコタの気持ちは充分に分かったような気がします。
お墓も近所にある事だし、これからはできるだけ訪れて、コタのおバカ顔を思い出してやろうと。そんな事しかしてやれない、無力な姉ですが。

おっしゃる通り、コタは「ネヴュラ」の衛星として、きっと私の傍に居てくれるんでしょう。
大和少年さんとクマゴローくんのように。

今はそんな風に考え、何とか持ち直しました。
勇気づけて下さって、ありがとうございました。
またこれからも、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/28324735

この記事へのトラックバック一覧です: 波動エンジン始動:

« 夢みるようにさようなら | トップページ | 目下90度と対決 »