2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 『批判力』VS『創造力』 | トップページ | うつつの夢 »

2009年2月 8日 (日)

トレーシー島危うし!

おーっほっほっほ。ついに私は手に入れました。
これさえあれば、トレーシー・アイランドなど敵ぢゃありません。

何と言っても、彼らと同じ性能を持つマシンが揃ったのですからsmile


世界征服をもくろむ皆さん、どうぞ、このマシン群をご覧下さい!

Photoいかがですかこの迫力!
彼らの救助マシンを寸分たがわずコピーしたこの威容。
しかもその数は23機。

うーん考えただけでも胸が震えるわおっほっほsmile


Photo_2

チーム名もここまでソックリ。
これなら世界中がだまされることまちがいなし。





このにせマシンを使って、助けに行った火災現場では水鉄砲で消火したり、飛行機事故の乗客を全員助けて、航空会社にお礼の菓子折りを請求しちゃうわよ!
2,000円もする高いやつmoneybag
お店で今井科学の「ミニトップ」とすり替えたりするのもアリね。もうワルいワルい。
ここまでの悪行を繰り返せば彼らの評判はがた落ち、私たちの前にひれ伏すのは時間の問題ねsmile


・・・という悪だくみを企む秘密結社にピッタリの、この駄菓子屋プラモ。
昨年末、ヤフオクで手に入れたのはコレだったのです。もちろん当時物。

予告記事から一ヶ月あまり。随分遅れちゃってごめんなさいcoldsweats01


Photo_9




















コレが個包装の台紙なんですけど、ここまでツッこみどころが満載の一枚も珍しい。
『サンダーバー
『それぞれのフォルム』(特に「2号」の「トウガラシ」happy02
『漢字のナンバリング』
『まさかのTAKARA』

そして有無を言わせぬローマ字表記!
これを読んで商品名を『プラモデル』と解釈しない人は、後で職員室に来なさい的な高圧感が漂います。

ダメ押しの英語表記は『惜しい』しhappy01


もうこうなってくると、版権逃れなのか本当に間違えちゃったのか狙ったのかなんてどうでもいいレベルですね。
ただこのめくるめく’60年代グルーブ感に身を任せるしかないという。
いやー潔い。これが駄菓子屋テイストですよ。
当時はこの手のプラモが山のように売られていましたよねー。
版権なんて、子供の頃はどうでも良かったですもんねーhappy02


いやーこの『TAKARA GANGU』の担当者の方に、ぜひお会いしたいです。
きっと、プロジェクトX並みのご苦労がおありだったんでしょうねーweep


Photo_5これが『1号』。
こうやって見ると、フォルムもそこそこいいんですよねー。
ただ若干、主翼が小さいような気がしますが。
でも台紙の「活躍想像図」には忠実なので、
これはこれで正しいんでしょうhappy01






Photo_6で、『2号』。
コンテナと主翼が一体化している斬新なパーツ割りが感動を呼びますね。
この形だと、コンテナだけで飛べるんでしょうか。そういう設計なら、本体は必要ないような気もしますが。
きっとこれには、無知な私など及びもつかない高度な航空力学が使われているんでしょうhappy01




Photo_7台紙の図・実物とも、最もオリジナルに近い
「3号」。

「1号」「2号」に比べ、ちょっと個性に乏しい所が残念ですが、これだって充分素晴らしい出来です。
うーんいいなーサンダーバート。
テンで話にならないとは言わせませんhappy01
(この言い回し、20代には分からないかもcoldsweats01




Photo_10

手持ちの「ULTRA M・S号」と一緒に記念写真。
「M・S号」の方がマトモに見えてくるから不思議ですがsmile

こんなの集めて喜んでるのは、私ぐらいのものかなー。
こういうのがお好きな方って、ブログ検索してもあんまりヒットしないんですよねー。
駄玩具仲間が少なくて寂しい限り。まーいーか。見て笑ってもらえればhappy01
この手のおもちゃがますます増える「ネヴュラ」。
私はいったい、どこへ向かっているんでしょうかcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 『批判力』VS『創造力』 | トップページ | うつつの夢 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/27899371

この記事へのトラックバック一覧です: トレーシー島危うし!:

« 『批判力』VS『創造力』 | トップページ | うつつの夢 »