2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« インフル2ショット | トップページ | 予算に挑むテクノロジー »

2008年12月18日 (木)

射て!オタクイーン

『え゛え゛~~っ!!』
乙葉ちゃんがメガネをかけた風の可愛い受付女性は、私の差し出した体温計を見て一言、そうつぶやきました。
その後、上目遣いに私を見る彼女の顔には、人ならざる者でも見るような恐怖が張りついていました・・・


読者の皆さん。私は皆さんにお詫びしなければなりません。
実は私、すでにこの世の者ではなかったようです。

生きていると思っていたのは自分だけで、本当は幽霊だったのかも。
何しろ、私が今朝測った体温は、33.8度しかなかったのですからshock


なーんて。阿刀田高のホラーショートならそんな展開になるんですが、今朝の体温がそれほど低かったのは事実です。
あわててもう一度測ったのですが、結果は34.2度。
さすがに彼女も体温計の故障を心配、取り替えて三回戦に挑んだ結果、とりあえず及第点の35.0度になりました。
いやー昔から知能指数は低いと思ってましたが、体温までこんなに低いとは。
人並みに体温を保つのも大変ですねってゲゾラか私はsweat02

今日に限って、なぜ体温を測ったのかと言いますと。
それは先回の記事『インフル2ショット』の影響によるもので。

今日はいつもの病院で、診察のついでにインフルエンザの予防接種を受けたのでした。その為の体温測定だったのですhospital


この一ヶ月半、怪我の治療で毎日のように病院へ通っていると、風邪やインフルエンザ予備軍の患者さんが日増しに増えるのを肌で感じます。
しかもここ数日、テレビでもこぞって「今年の猛威は凄い」と煽り立てるし。
ズルい事に、そんな話題を声高に語るアナウンサーに限って「自分はもう予防接種を受けてます」なんて口を揃えて言うんですよね。
しかもご丁寧に、スタジオにはお医者さんまで出てきちゃって、神妙な面持ちで「今すぐにでも予防接種を」と語る始末。そりゃ不安も高まるというものです。
で、先日記事のDJさん二人組が、私の背中を押したというわけ。
仲良くなった担当医の先生に聞いたら、「彼らが今シーズン、当院で診る初の症例だよ」なんて言われる始末で。
うわーもう水際じゃないの。知らないうちに、インフルエンザの魔の手は身近に迫っていたのね。こりゃ防御対策を練らないと。
私が発病して、コタに小さなマスクをかけさせるのも可哀想だし。

考えてみれば私は優位にいました。怪我の治療を受ける私の隣では毎日、予防接種が行われていたわけですから。注射する看護師さんとも仲良くなったし。
そのハードルの低さも、腰の軽さに拍車をかけたと言えます。
まー一回射っとけば、気分的にも違いますしねhappy01

意外にも、病院での予防接種は生まれて初めての私。
子供の頃は学校で受けてましたから。ずらーっと廊下に並んで。
あれ、待つ時間と注射の痛さが比例するんですよねcoldsweats01

そんな事を思い出しながら、注射前の問診票(病歴やアレルギーなどを申請する書面)を記入し、本番を待ちます。
思わず「女性の方は妊娠されていますか?」という質問の「はい」の欄に○をつけそうになったりしてcoldsweats01


で、まあ注射そのものは何のアクシデントも、トラブルもなく終わりました。
針が細くなったのか自分が鈍くなったのか、注射の痛みがまったくない所が嬉しくもあり寂しくもあり。
ビッグXの変身シーンみたいなインパクトを期待してたのにhappy01

「ブログに載せたいんで、注射の瞬間を写真に撮ってもいいですか?」なんて無理なお願いに、不敵な笑みでNOを示した看護師さんの方が、注射より怖かったですcoldsweats01


でもアレですね。最近の注射って、射った後に揉まないんですね。
しかも当日のお風呂だってOK。激しい運動は止められましたけど、怪我ゆえ動く事はまずないし。心配は杞憂に終わったようです。
予防接種は発病前に射つものてすから、精神的には余裕があるのかもしれませんね。健康管理は自己責任ですから、かえって体に良い事をした感さえあってhappy01
一回2,500円の接種料も、発病後の苦労を思えば安いものですhappy01happy01happy01


帰宅後、たまたま見ていたワイドショーに、件の予防接種の特集が。
どんな脅かし特集にも「もはやワクチンはもらったから無敵だもんねー」なんて余裕だったんですが、そんな私に冷や水を浴びせる驚愕の事実が、その後待っていたのです。


何と!インフルエンザのワクチンって、摂取後、体内で抗体が出来るまでに二週間の期間が必要だったんですね。いやー知らなかったー。
あくまでテレビの情報ですが、テレビがその種の情報に嘘をつけないという事情は、同業者ゆえよく知っていますtv

だから、予防接種後二週間以内は、発病の危険は依然としてあると。
その間に発病しちゃったら、ワクチンの意味はまったく無いそうなんです。

うわーそうなんだー。テレビでお医者さんが「今すぐ予防接種を」と口をすっぱくして言っていたのは、注射からワクチン効力発揮までのタイムラグの為だったんですねー。ひょっとして、知らなかったのは私だけ?


今日から二週間という事は、抗体が出来るのはちょうど年明け。
それまでは、くれぐれも体調管理に気を配らないと。
でもこの抗体、一度出来ちゃえばその効力は五ヶ月も続くそうなので、とりあえず冬は越せますね。だからおそらく、私の健康を左右するのはこの二週間次第。
言ってみればこの年末は、この冬唯一の無防備状態と言えます。

変身後エネルギー切れの蒲生譲二か、はたまたヨガの眠りのヤマトタケシか。
女子で浮かばないところがイマイチですがcoldsweats01


でもそればっかり気にしていては、年は越せません。
お仕事ももうひと頑張り、部屋の大掃除やら年賀状やら、いろいろありますし。
まーそうやって気を張っている事が、何よりの健康法なのかもしれませんね。Photo_3
帰りに100円ショップで衝動買いした、ワンちゃんマグカップでコーヒーブレイク。
ホントにコーヒーが入ってるんですが、湯気は映らなかったみたいですねcoldsweats01
お菓子はネーミングも味も大好きな「チップスアホイ!」。

インフルエンザネタという事で、今日のネヴュラ座はこの作品です。
ウィルスはちょっと違いますが、その恐怖は通じるものがあるかなとhappy01

« インフル2ショット | トップページ | 予算に挑むテクノロジー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/26289412

この記事へのトラックバック一覧です: 射て!オタクイーン:

« インフル2ショット | トップページ | 予算に挑むテクノロジー »