2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 儚い望み | トップページ | プロットコンテ作戦 »

2008年11月 9日 (日)

鋼の亡霊

気力の回復と共に、体の痛みも少しは和らいだような。
そのモチベーションアップに加速をつける、待望のアイテムが届きました。

以前もチラリとお話した、アオシマ・ミラクルハウス製の新世紀合金
ご存知『海底軍艦・轟天号』です。


「ネヴュラ」読者の皆さんには今さら説明の必要もないこのアイテム。
東宝特撮映画最盛期の名作「海底軍艦」(1963年 本多猪四郎監督)の主役”怪獣”。ファンの間で、メーサー殺獣光線車と並び賞される、東宝スーパーメカの金字塔です。
Photo合金の名に恥じない重量感と、ひやりとした手触りが嬉しいこの逸品。
スケールが1/350というだけあって、全長約40cmという超ビッグサイズ。
パッケージを開けた途端、私は自分の判断が正しかった事に喜びを禁じえませんでした。
「うーん。限定版で正解。」


このアイテム、普通塗装の通常版と、汚し塗装の限定版がラインナップされていまして。当初私は、通常版を発注していたのです。
「でも轟天なら、やっぱり汚しが効いた方が迫力があるかな?」
ちょっと悩みましたが、そっちに心変わりした私はやがて発注変更。
その答えがこれです。もーカッコいいのなんのlovely
やっぱり「軍艦」には、汚しが似合いますねーheart04

(この時点で、アドレナリンの分泌により左足の痛みは一時的な回復happy01


この轟天号、こと立体化に於いては、昔からマニア泣かせのアイテムでしたねー。頷かれる方も多いと思います。
「海底軍艦」という作品が再評価され、轟天号のフォルムの素晴らしさに再び脚光が当てられた1970年代末。当時、このメカの唯一の立体化は、作品公開時に今は無き大滝から発売されたプラキットのみでした。
当然、1960年代のキットなどどこにも残っておらず、マニアはこぞって「惑星大戦争」(1977年東宝 福田純監督)公開時にクラウンから発売された「UNSF-GOHTEN」のプラキットを改造、この海底軍艦バージョンに近づけようと目論んだものです。
しかしそのクラウン版にしても出荷量が少ないうえ、同社既存の潜水艦キットの金型をいじった程度の急ごしらえ。
当然「惑星大戦争」バージョンには似ても似つかず、苦労して入手しても、箸にも棒にもかからない代物だったようです。
当時私も、このクラウン版轟天を血まなこで探し回った末、入手を断念。
童友社の潜水艦キットとバンダイのジェットモグラキットをニコイチして、なんとか轟天の勇姿を卓上に飾ろうと努力したものでした。
その作戦も、あまりにも違うドリル形状に挫折の運びとなったのですがcoldsweats01


その後、海洋堂からキャストキットを経て発売されたソフビキットを入手した時はまさに天も轟く喜びで。すかさず製作、この限定版のように汚し塗装を施して、一人悦に入っていました。

それから十数年。大滝やM1号からオリジナルキットの再版が行われたものの、それらは史料価値以上に目の肥えたマニアを満足させるものではなく。
またガレージキット界では大スケールのモデルがセレブマニアの方々を喜ばせたものの、私のような貧乏オタクには別世界の出来事でした。
フジミ模型から比較的安価なスケールキットがリリースされた時は喜びましたが、いかんせん1/700という小スケールでは迫力不足の印象は否めません。

やはり見上げ、圧倒されてこそ轟天。まさにこの1/350という大スケールの合金モデルは、全国のファンが待ち望んだ逸品だったのです。
Photo_2 
そんな遍歴を経て眼前に鎮座する轟天号は、まさに夢にまで見たアイテム。
どこから見ても眺めても、大満足の出来です。

これ以上の轟天号は、もはや望めないでしょう。
あのニコイチの挫折から30年近く。これほどの物にお目にかかれるとは。

全長40cmの威容は、そんな感慨を抱かせるには充分な出来でした。
右のミニモデルはBANDAIの「東宝マシンクロニクル」版。
合金版の大きさがお分かり頂けるでしょうか。

(大げさとお思いでしょうが、実際、これを目の前にすると、まるで撮影用ミニチュアのような錯覚さえ覚える出来なんですよ。渋いつや消し、汚し塗装も含めて)


仕込まれたギミックも、マニアのツボを突きまくりの感涙もので。Photo_5 
単4電池により、轟天号のアイデンティティーを集約した艦首ドリルの回転、艦底・艦尾噴射口のLEDランプ点灯が可能となっています。
しかもドリルの回転は左右両方向に切り替えられ、回転に連動して先端の冷線砲発射口が前後運動するという、劇中アクションをそのまま再現した超絶ギミック。こんな轟天が欲しかった!(写真のドリルは回転しています)
Photo_6
リアビューもこの通り。何かの本で、轟天が宇宙戦艦ヤマトのデザインに影響を与えたらしいという一説を読みましたが、こう見ると頷けそうな気もします。Photo_7
さらに艦橋を艦内に収納、主翼や艦首ノコギリ部、尾翼もすべて収納可能。
劇中の「空飛ぶ弾丸」飛行形態も再現可能という訳ですね。
(写真はギミック紹介の為、可動部分を全て収納していますが、劇中では主翼、尾翼は収納していません)

Photo_8ファンなら誰もが夢見る、東宝二大人気メカ揃いぶみの図。
先だってお話もしましたが、この2アイテム、その人気と同時に「立体化されない東宝メカ」の筆頭でもありました。
その「二大幻メカ」が、これほどまでのハイディテールで商品化されるなど、誰が想像したでしょう。今でも信じられません。

つくづくこういうアイテムが、ミニカーや鉄道模型のように、大人のコレクションに位置づけられる時代になった事を実感します。


それにしても。つくづくこの轟天号には「信念、直線の魅力」を感じますね。
まともに考えれば、ドリルを持った潜水艦なんて非効率的、荒唐無稽な設計思想です。ある種、特攻兵器的な悲壮感さえ漂わせる、飛び道具の発想。
しかも開発した旧日本軍の生き残り、神宮寺大佐を長とする轟天建武隊は、これ一隻で世界を変えると言っているんですから。
Photo 
よく言われる事ですが、この轟天号のフォルムはそんな神宮寺大佐の思想がそのまま形になったような「強さ」を表現しているんですね。
一切の虚飾を廃した無骨な艦体には、骨太の信念を。
艦首のドリルは、どこまでも思いを貫く力強さを。

言わばこの轟天号は神宮寺大佐そのもの。重力さえ「ねじ伏せて」飛行するその異形には、やはり平和の世に居場所を失った『鋼の亡霊』の影を見てしまいます。
実際、大佐は劇中でも「愛国心という、錆付いた鎧を着けている亡霊」と評されていますし。
そんな「錆付いた鎧」である愛国心を貫く為、大佐が纏った「鋼の鎧」。
それが轟天と言えるのかもしれません。


しかしながら、そんな大佐の姿が私たちに受け入れられる理由は、日本人が帝国軍という響きに感じる一種の壮麗感、そして信念の矛先をムー帝国にシフトした大佐のヒロイズムによる所が大きいでしょう。
しかしながら。大佐率いる轟天建武隊も「現代に生きられない思想」という意味で、敵であるムー帝国と二重写しになる悲劇的な存在ではあるのですが。
冒険活劇というオブラートに包まれ、その部分は押えられていますね。


この「巨大戦艦が主役を張る特撮作品」のフォーマットは後々テレビにフィードバックされ、「マイティジャック」という作品に結実するのですが、主役戦艦の印象は大きく異なっています。Photo_2 
これは以前ご紹介した「マイティジャック」主役戦艦、MJ号ですが、大空に羽根を広げて飛び立つようなこのフォルムは、やはり平和維持を目的とした超法規防衛チームのポリシーをシンボライズしているような気がします。

その姿勢はまさに「平和への飛翔」。流れるようなデザインライン、派手な中にも節度を持ったカラーリングなども、無骨な轟天とは対極に立っています。
轟天号がガンシップなら、さしずめMJ号はメーヴェといった所でしょうか。


確かに両戦艦のフォルムの差は、各々のデザインを手掛けた轟天号・小松崎茂氏、MJ号・成田亨氏の資質による所も大きいとは思います。
しかしその根本には、『海底軍艦』『マイティジャック』それぞれの作品に底流するそんな思想の差、作劇上の要求があったような気がしてなりません。
そしていずれの作品にも、決して抗えない独自の魅力があったからこそ、今もこれらのデザインはファンを獲得し、ハイディテールの合金までが発売される人気を博しているのでしょうね。 
Photo_3 
前述の両作品とも大好きな私は、安物ながら細々と関連アイテムを集めています。
以前ご紹介したMJコレクションに続き、こちらは名付けて『ゴーテンズ』happy01
中でも今回入手の合金は、コレクションを代表する銘品です。
あーそれにしても、なんてかっこいいんでしょうlovely


メーサー、MJ号、轟天と、まるでプロップのようなアイテムを目の前にすると、夢を見ているよう。
思わずほっぺをつねりますが、うーん頬以上に左足の痛みが復活。
現実は厳しいものですねーcoldsweats01
そんな痛みは、マンダの生贄にしたいですがhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 儚い望み | トップページ | プロットコンテ作戦 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「東宝特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

オタクィーンさまこんばんは。
おお!ビックアイテムゲット!おめでとうございます。
すみません轟天は守備範囲外ですので、詳しくコメントできませんが、私にとっては超合金アイアンギアーのような夢が現実(形)になったようなものでしょうか。『ゴーテンズ』すごいですね♪こだわりと愛着がとてもよくわかります。
傷や精神ストレスには、轟天をながめてα波を出すと治りがよくなるかもです・・・( ̄ー ̄)

のん様 そうですね。おっしゃる通り、轟天はのんさんにとっての超合金アイアンギアーに相当しますね。
アイアンギアーはショップで何度も見かけ、その大きさに圧倒されました。
ザブングル本編でフルアニメーション処理された程のランドシップですから、やっぱりあれくらいのサイズは必要ですねhappy01

ご覧の通り、轟天は重厚感溢れる汚し塗装が美しい巨大戦艦です。
特撮ファンの間では有名なメカなんですよhappy01
「ゴーテンズ」のフラッグシップにふさわしい逸品です。
全長43cm。早急にディスプレイケースを購入、部屋のベストポイントに鎮座させ、毎朝拝もうと思っていますhappy01
まさに魔よけのご神体。これさえあれば元気百倍ですhappy01

海底軍艦は機械に非ず、怪獣也!
マンダ戦はアナクロニズムに操られた怪獣同士の闘いだ!と、いつも感じます。


G-0様 お久しぶりですhappy01
そうですね。轟天は非常にキャラクター性が強いので、私も記事内では主役”怪獣”と表現しています。
対マンダ戦だって、あれは肉弾戦ですもんねpunch
ムー宮殿への突入方法といい、その破天荒さは怪獣そのもの。
強烈な「意思」を感じます。
我々の心を掴んで離さない魅力は、そんな所にもあるのでしょうねhappy01

オタクイーン様、お久しぶりです!
先のコメント、ご挨拶もせず大変不躾で申し訳ありませんでした。
好きな話題に、つい興奮のあまり思いを伝えたくて中心の純度の高い濃〜い部分をなんて思っているうちに○○闘争のスローガンのようになってしまって、しかも思いの数パーセントも言い切れてないし・・・反省しております。
今回は本当に失礼致しました。

G-0様 失礼なんてそんなhappy01
ぜーんぜん気にしておりませんので、これからもよろしくお願いしますhappy01happy01happy01

私もこの轟天は大好きで、今回の新世紀合金は心待ちにしておりました。
で、入手してみれば、これまでの轟天アイテムの中でも最高級の出来にビックリeye
毎日眺めては、ため息をついていますlovely
本当に、完成済みアイテムでこれを超えるものはもう現れないでしょう。
それほどの惚れこみようでheart04
ところがこれ、一つだけ問題点があるんですよ。
せっかくのハイディテールなので、特別扱いでディスプレイケースに収めたいのですが、全長が43cmもあるので、合うサイズのケースがなかなか見つからなくてweep
現在、お店周りからネットまで検索して、ベストサイズのケースを探し中。
嬉しい悩みでもありますがhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/25148940

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の亡霊:

« 儚い望み | トップページ | プロットコンテ作戦 »