2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« OH!ビックリ | トップページ | 五線譜はメスより鋭い »

2008年11月25日 (火)

名画二題

今日の「ネヴュラ」は、記事内に過激な表現、写真を含みます。
  閲覧にはご注意下さいhappy01




第一話『ゼロの焦点』


前回の記事で話題にしました
「血液型のネーミングは、なぜA型、B型の次がずーっと飛んで0型なのか?」ですが。


やっぱり識者の皆さんは、よくご存知だったようで。
と言うより、私が無知だったんですねー。いやー全国的に恥をかいちゃったweep

そうです。前回、頂いたコメントが正解です。


血液型の検査にはA・B、二つの試薬が必要だそうで。
まあ二つあるので、ネーミングも自然とA・Bなんでしょうね。
で、Aの試薬に反応する血液がA型。BはB型となる訳です。
言うまでもなく、どちらの試薬にも反応するのがAB型。

さて。どちらの試薬にも反応しない型は?

つまり反応ゼロ。これがO型なんですよ。
O型のOはアルファベットのOじゃなく、本来は数字の『ゼロ』から来たものなんだそうです。

『ゼロ型』。うーんエヴァンゲリオンみたいでカッコいいですねーhappy01
試作機みたいで。ワンオフっぽいところがステキ。大体は主役機ですしhappy02
私はスコープドッグのような量産タイプのA型なのでsweat02
孤高の一機に憧れるんですよhappy01
いいなーO型の皆さん。胸を張って生きて下さいhappy01


でもこの知識、常識だったんでしょうか?
知らないのは私だけ?
こんな事で驚いてる私は世間知らず?

いやーあまりの勉強不足に焦る焦るsweat01sweat01sweat01


さて。こんな小ネタでお時間を頂くのも申し訳ないので。
今日はもう一つ、
お話をさせて頂きましょう。





第二話『日本沈没』



前述のお話は、あくまで本で得た知識でした。
ですから「ホントにそうなのかな?」なんて、疑問も湧いちゃって。

たまたま運の良い事に、今日は例のバイク事故で負った傷の診察日。
病院へ行く予定があったのです。

「そうだ。病院なら、事の真相が分かるかな?」と。
もうちょっと詳しいお話も聞けるかも。

さて。あのバイク事故から、今日ではや三週間。
ダメージの大きかった左足のあちこちにあった傷も、ほぼ快方に向かっているんですが、一箇所、今も大きな傷跡がありまして。

ちょうど左足の内側。ふくらはぎの裏側あたりに、皮膚が裂けちゃってる部分があるんですよ。とはいえ、もう痛みもなく、自然治癒も順調なんですが。
この傷のお話です。実はこの傷、面白い形をしていまして。

よろしければちょっとご覧下さい。悪趣味でごめんなさいねcoldsweats01
黒く見える部分が傷です。塞がっていて平面。カチカチに固まっています。
(足の太さは、傷によるむくみのせいです。念の為happy01

Photo決して美しい写真ではないので、アップサイズは小さくしました。
(クリックで大きくなります)


見れば一目瞭然happy01
この傷の形、日本列島に似てませんか?



以前はもっと、リアルに列島っぽかったんですよ。
ところが治りとともに周りの皮膚が盛り上がって、傷は日々小さくなりつつあるんです。

つまり、皮膚の中に日本列島が「沈没」していく様子が、リアルタイムに体感できるというhappy01

現在、九州・四国地方はほぼ水没しちゃいましたねー。
我が地元、中部地方も危ない。関東もすでに房総半島が見えません。
北海道も、やがてその形を失うでしょう。
沈降速度は、予想よりかなり早いです。
フォッサマグナが割けるのも、時間の問題かもshock

再生された皮膚の薄膜が衛星写真に映る波のように見えて、中野昭慶カット的快感をさらに盛り上げますhappy01

お見苦しいものをご覧頂き、失礼しましたcoldsweats01
うーんこんな傷まで特撮映画に結びつけるとは。
このオタク癖だけは、一生完治しないなとcrying

さてこのお話、本題はこれからです。
この傷、すでに表面が乾いているので、このまま自然に治っていくものだと思っていました。すっかり安心して、病院へ向かったんですが・・・hospital


「炎症を起こしてるね、これは。」
傷を見るなり、診察した先生はそう言い放ちました。

「傷の周りが赤く腫れてるでしょ。傷に溜まった血が皮膚を圧迫してるんだよね。で、行き場のない血が皮膚に沁みこんで、赤くなっちゃってるんだよ。」
「えーっ、そうなんですか。でも傷はふさがりつつあるんじゃ?」
「そうじゃなくて、傷の表面が血の膜になってるんですよ。」


「切りますよ。」先生はそうつぶやくと、いきなり傷に穴を開けはじめました。
おいおい。ずいぶんな奇襲攻撃ぢゃないの。心の準備もできてないのにshock

「痛いですかー?」「はい、ちょっと」
ちょっと、とは答えたものの、それは条件反射のようなもので、ホントは全然痛くなかったのでした。
そりゃそうですよね。傷じゃなくて血の膜ですから神経は通ってないしhappy01


先生のドリル攻撃に、哀れ私の傷は膜を破られ、中から大量の血を吐き出しました。それはもう、スプラッター好きの方なら大喜びしそうな量でbearing
「あらー出ますねー」ビックリする私。
「この血が傷の治りを邪魔してるんですよ。出しきらないと皮膚が再生されないんだよね」まー冷静に話されることgawk
でも私がさらに驚いたのは、血を出し終えた後の傷を見た時でした。


なんと傷の中は、深さ1cmもあろうかという空洞になっていたのです。
つまり今の私は、足の表面が、日本列島の形に窪んでいるわけですね。
その窪みには、血が満面と蓄えられていたという。

いやービックリしました。人間の体にこんなクレバスが出来るなんて。
感覚的には、「わだつみ」で潜ってみたいほどの深さ。
乱泥流でも発見できそうな勢いですflair
「いや。この場合は人体内部だから、プロテュース号でしょ」なんてツッコミが入りそうですがhappy01

何とか言う名前の軟膏を傷口に埋め込んで、「はい。また明日」。
血の量に反して、意外なほど簡単に処置は終わりました。


いやー、これがホントの「日本沈没」。
この足の空洞は、直感とイマジネーションでも予測できませんでした。

皮膚の再生により、こんな大きな傷でも治っちゃうんですから不思議なものですねー。つくづく、人体の神秘を感じます。
今夜はニーナに血の匂いを嗅ぎつけられないよう、傷を保護しなくちゃhappy01

まーこうやって、傷も少しずつ治っていくんですね。
こんな経験が、笑い話になればいいんですが。

さて、今日のオチですが。

実は、傷口に包帯を巻いてもらった看護師さんに、冒頭の「O型」の件を尋ねてみたんですよ。そしたら。
「えーっ?なんでOって言うかって?そんな事、考えた事もなかったー。
そういえばそうですねー。不思議だわー。」
というご返事でcoldsweats01
これが世間一般の認識みたいです。
ですから理由をご存知だった皆さん、どうぞ誇りに思って下さいhappy01happy01happy01

看護師さんのリアクションには続きがありました。

「今度いらっしゃるまでに聞いておきます」とおっしゃった彼女は、待合室へ向かう私の背越しに、さっそく「先生、せんせー」と教えを請う様子。
相手を二回呼ぶ声を聞くと、なぜか吉本新喜劇モードに入ってしまう私。
診察室から池乃めだかさんの登場を期待してしまうのが、悪い癖ですhappy01

« OH!ビックリ | トップページ | 五線譜はメスより鋭い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやぁー!
オタクィーン様の「日本列島」堪能させて頂きましたcoldsweats01
文字通り身体を張ったサービス精神・・・・coldsweats02
いえいえ、あらためてお見舞い申し上げます。
一日も早く、日本列島沈没・首都消失をお祈りいたします。
(あー、凄いもん見せてもらったなぁ、ドキドキheart02)

えっ、O型の由来?
ちっとも知りませんでした。
そーだったのですね。
ちょっと、賢くなりました(笑)

(=^・^=) 様 お見苦しいものをお見せしてしまい、申し訳ありませんでしたcoldsweats01
記事中にもある通り、この傷は主治医の手によって穴が開けられ、今は深い湖と化していますhappy01
今日の診察で、傷の治りは順調と言われましたので、ほっと一安心。
ご心配をおかけしましたhappy01
私の日本が沈没するのも時間の問題。首都消失ももうすぐです。
祖国が無くなるのを願うという経験も珍しいですがhappy01

O型の由来、あまりに意外だったのでつい興奮してしまいました。
話のきっかけ作りにでも役立ちそうですね。
知識の重要度はゼロですがcoldsweats01

 空洞の写真がアップされていなくて良かった‥‥。つくりものは平気なんですが、ホンモノの傷は下っ腹あたりがゾワゾワして苦手なもので‥‥(^^ゞ 話を聞いただけでも脱力してしまいます。

 O型は当てずっぽうでした。まさかホントにそうだったとは。ピューマ星人もビックリ\(◎o◎)/!(また言ってる)

 おケガはくるぶしの上辺りですか? 流行のブーツを履くにも痛むでしょうネ。早く完治されることを願っております。

出遅れたけど空気読まずに書き込みしてしまいます(笑)
ABO式血液型は赤血球表面のタンパク質(抗原)のタイプに基づく分類です。
このタンパク質はA、Bの二種あります。

A型の赤血球表面にはA型抗原が存在します。
B型の赤血球表面にはB型抗原が存在します。
AB型の赤血球表面にはAおよびB型抗原の両方が存在します。
O型の赤血球表面には抗原はありません。

もしB型の人にA型の血液を輸血してしまうと、輸血血液中の赤血球A抗原に対してA型抗体が形成され、攻撃し赤血球を破壊してしまったり血が固まってしまいます。逆も同様。
O型の赤血球には抗原が無いのでいずれの血液型に対しても血液を提供できます(もっともこれは緊急時にかぎられ、まず実行されないようです)。
AB型はAB型の血液しかうけつけません。
なおこれは『赤血球』についての事象であり、血球をふくまない『血漿』については逆の関係になりますが今回は割愛しますね。
またこれとは別にRh+かRh-かという分類も別にあり、A、B、AB、Oそれぞれについて+-があります。

体に侵入した異物は『抗原』として認識されそれに対応した『抗体』が形成され、破壊したり無効化する免疫機構のひとつですね。特撮やアニメでもよく観られる善悪や侵略者と守護者の対立構図はときおりこの抗原抗体反応(免疫機構)がモチーフにされたりしますね。
A星人とB星人は相容れぬ敵対種族だがその混血も存在し、一方ではそのどちらにも認知されず入り込める0(ゼロあるいはオー)星人も存在すると・・・

そういう私はO型であります。

自由人大佐様 不気味な写真をアップして申し訳ありませんでしたweep
ご気分を害されましたらお詫び致します。
アップするかどうかかなり迷ったのですが、日本列島の誘惑に負けましたcoldsweats01

えーっ!O型の言われ、当てずっぽうだったんですか?すごいですねーeye
さすが大佐さん。ご存知の上のコメントと思いました。
ピューマ星人より、私の方がビックリですhappy01happy01happy01

おっしゃる通り、怪我はくるぶしのちょっと上です。
痛みは完全に引きましたがむくみが引かず、しかも包帯を巻いているので左足の太さは右足の倍でweep
さすがにブーツは履けないので、デニムパンツとスニーカーで外出していますhappy01

MUGI様 お、お詳しいeye
私も以前、おっしゃるような内容の解説は聞いたことがあります。
理屈ではなんとなく分かってはいるものの、いざ説明しようと思うと難しいですね。
実は今回、私は「O型の言われ」のみの解説を本で読みかじったものですから、記事本文のようなあっさりした説明になっちゃいました。
まー元々単純な頭ですから、大した説明も出来ませんで。
補足説明ありがとうございました。
これで私も、胸を張って解説が出来るというものですhappy01

MUGIさんはO型なんですねhappy01
私なんて最も平均的なA型なものですから、何をやっても平々凡々、おまけに無知でいいとこなしhappy01
抜きん出た才能をお持ちのMUGIさんが羨ましいです。

でもおっしゃる通り「特撮やアニメでもよく観られる善悪や侵略者と守護者の対立構図は、抗原抗体反応(免疫機構)がモチーフにされたりする」というご意見は頷けますね。
古くは遊星仮面から、蒼き流星SPTレイズナーなどなど、こうした例は事欠きません。やはり人間の奥底に潜む血液型への感覚が、こうしたモチーフを生む素地を作るのでしょうか。
「血は争えない」が「血ゆえ争う」という逆説も成り立つわけですねhappy01

いやいやいやいや・・・血液型と性格、才能は無関係でしょう(笑)。
私も自身の分ぐらいはわきまえていますが、生来負けず嫌いなだけですヨ(苦笑)。
MIYUKIさんが奥ゆかしく、ご謙遜されているのだとは思いますが。

生物や医学関係になるとけっこう熱くなって蘊蓄を暴発させ気味、ご容赦ください。
でも生物の体内のメカニズムって面白いモチーフやアイディアの宝庫だと思うのですよ。様々な機構の拡大したものが生物同士、生物の群れ同士の関係性とも相似形であったりするし。

生き物の本質の一つは自身と他者を区分することにある気がします。原初に膜で内と外を分け、内側に独自の世界を構築していったことに始まって。この自身と他者をいかに分けるか、また時に受け入れるかが細胞でも生き物でも人間でも社会でも永遠のテーマなのかなぁと思ったりします。逃れられない業というか。


MUGI様 楽しいやりとりをさせて頂き、私の方こそ感謝したいくらいです。
拙ブログへコメント頂く方は色々な専門知識をお持ちなので、一つ一つが勉強になる事ばかりで。
これもブログの効能と言えるでしょうねhappy01

確かにおっしゃる通り、「他者と自分を区分する事」は生物の本質の一つでしょうね。
物理的、精神的に他者と遮断された世界で生きざるを得ない生物同士は、その遮断性ゆえ自己確立と相互理解を同時進行させる必要がある訳で。
自己の中に生まれるアイデンティティー、オリジナリティーが、他者との関わりの中でどう影響を受け、対立、変革を繰り返していくのか。
生物の歴史は、まさにその営みによって作られてきたと言えましょう。

今私たちのコミュニケーションツールとなっているネットさえ、人類の『自己表現と相互理解』への欲求が生み出したものと言えます。おっしゃる所の『業』が、人類のテクノロジー発展の基盤となっている事実も、考えてみれば面白いですね。
その辺りにも、新しいヒーロードラマのヒントがありそうです。
こういうやりとりは刺激になりますね。またいつでもお越し下さい。
楽しみにしていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/25643358

この記事へのトラックバック一覧です: 名画二題:

« OH!ビックリ | トップページ | 五線譜はメスより鋭い »