2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« ウルトラチョビタ | トップページ | 脳内第一話 »

2008年10月24日 (金)

野生のバラ

昨夜半から降り出した雨は、正午前の今も窓の外を濡らしています。
先日レンタルしたまま、なんとなく聴きそびれていたCDに目が行きました。

中国琵琶の有名な奏者、シャオ・ロンのアルバム「蘭」です。
なぜか昔からアジア楽器が好きで、今回もなんとなく借りてみました。
以前にも、胡弓のお話などちらりとした事がありましたが。

聴くのは好きなのに楽器演奏などまるっきり出来ず、奏者にもうとい私。
このシャオ・ロンさんの演奏も初めて聴きました。


Photo










http://www.pacificmoon.com/html/j_shao.html

今まで、胡弓と中国琵琶の違いさえ知らなかったんですcoldsweats01
で、聴いてみれば、なるほどまったく違う。
ヴィオラのような雰囲気の胡弓に対し、中国琵琶はさながら琴のようですね。
専門的にはまったく違うのでしょうがcoldsweats01 
識者の方、めちゃくちゃ言ってごめんなさいcrying

その哀愁を帯びた音色は、胡弓とはまた別の美しさがあります。
今日のような雨の日にピッタリ。
コタの寝姿を横目にボーッと外を眺めていると、
昔訪れた、中国の地方都市を思い出します。


Photo_2CDのジャケットに、ちょっと驚きました。
このCD、お香がついているんですよ。

どおりで、借りた時からいい香りがすると思った。
このお香、もちろん炊くのが正しい使い方なんですが、ジャケットに入ったこの状態でも、充分に香ります。



今日は雨で空気が湿っている為、香りの効果がさらに高まるみたいですね。
中国琵琶が雨に合う理由も、何となく分かります。

ちなみに、私は一曲目「♪Wild Rose」がお気に入り。
あでやかさと物悲しさ、ちょっと懐かしい雰囲気がいいんですよ。


Photo_3レンタルゆえ、CDに入ったお香は焚けないので、手持ちのお香で、ちょっと気分を出してみました。
もちろん「Wild Rose」に合わせ
ローズの香り。

写真では煙が見にくいですが、ちゃんと炊いているんですよ。

しぶきを上げる車の音も、今日は絶好のSE。
ちょっと肌寒い、晩秋の雨です。

« ウルトラチョビタ | トップページ | 脳内第一話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/24712415

この記事へのトラックバック一覧です: 野生のバラ:

« ウルトラチョビタ | トップページ | 脳内第一話 »