2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 過ぎ去った未来 | トップページ | コタ政界進出 »

2008年9月 1日 (月)

奇想の師

今日はちょっと、先人に思いを馳せながら勉強。
久しぶりに書棚から、こんな本を引き出しました。

Photo ご存知カルトの帝王、石井輝男監督。
かの「鋼鉄の巨人」<スーパージャイアンツ>で有名な方ですねhappy01
もっとも、私はこのシリーズ、一度しか観た事はありません。
私はむしろ「地帯」シリーズをはじめとしたアクション作品に大変惹かれます。
左の一冊「石井輝男映画魂」は、監督のフィルモグラフィーとともに、ご本人への貴重なロングインタビューが載せられた名著。
言葉の端々から、監督の映画への愛がにじみ出ています。
同時に語られる映画監督という立場の辛さ、姿勢、楽しさなども、いちいち私には身に染みる事ばかりで。
「あー、やっぱり映像製作の現場では、誰もがこういう思いに捉われるんだー」なんて共感しっぱなし。

「放っとくと、照明スタッフはいつまでも明かりをいじくってて」なんて、現場経験からしか出ないお言葉ですしねー。
もー私も、この手のお話には百回ぐらい頷いています。
ありがたいけどスケジュールが押すんですよね。ライト決めってcoldsweats01

紐解くのはもう何回目でしょうか。
ヒッチコック「映画術」と並んで、気がつくと読んでいる教科書的一冊なんですよ。
邦画黄金期、プログラムピクチュアの世界でひときわ大きな輝きを放った石井監督。その発想の基に思いを馳せられる、貴重なインタビュー本。
今日から9月。読書の秋にふさわしい教科書です。
「無頼平野」などをBGVに、今夜はこの一冊で現場の空気に浸ることにしましょうか。(近作すぎるなんて言わないでね。DVDはそれしか持ってなくてcoldsweats01
私などにはしかつめらしい「映画論」なんかより、こういう現場ベースのお話の方が、よっぽど役に立つんですよhappy01

« 過ぎ去った未来 | トップページ | コタ政界進出 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

石井輝男監督といえば『地獄』もそうですよね?僕はポスター見ただけで怖くて観れてませんが…

と、いきなりですが、お邪魔します。

はじめましてオタクイーンさん!

ハンドルネーム“たか鬼”といいます。

実は僕も宇宙船映像倶楽部部員(宇宙船121号94頁掲載『キャラクターデザイン案』という作品を本名で投稿したものです)で、ミーティング前にご挨拶しとかないといけないなぁ…と思いつつタイミングを逃してて、ずっと傍観してました(恥)。

が、今回、部活動前に僕の不細工な顔(爆)を覚えていただくチャンスを得たので、思い切ってコメントさせていただきました。
詳しくは僕のブログの最新記事を読んでみてください。
http://takaoni.at.webry.info/
って、コメントというより宣伝になっちゃってすみません(汗)。

また来ます。

たか鬼様 はじめましてhappy01
ようこそいらっしゃいました。こんなおバカなブログにcoldsweats01

石井輝男監督は私の中でかなり重要な位置を占めていまして。
低予算を逆手に取った娯楽作品作りという意味で、氏の才能は卓越していると思います。「地獄」は劇場鑑賞しましたhappy01

同じ部員でいらっしゃるんですね!入選作も拝見しました。
オリジナリティー溢れるデザインには感服します。
入選作品のモチーフは何ですか?私の固い頭では到底思いつきません。
たか鬼さんの卓越したセンスを感じますねーhappy01
いやーこういう出会いがあると、つくづくネットのありがたみを感じます。
これからもよろしくお願い致します。

こうした繋がりが大きな流れとなって、宇宙船映像倶楽部も活気が生まれるといいですね。いつか行われるであろうミーティングも楽しみですhappy01
私も二回目の募集には企画を提出しました。
良い結果を期待したいですが、そううまくは行かないのが世の常でweep

ブログも運営されているんですね。さっそくお邪魔したいと思います。
こちらはつまらないブログですが、これからも気軽に遊びに来て下さいねhappy01

オタクイーンさんのブログは、個人的には知的なカンジがします。
僕のは観ていただければわかりますが、グッダグダですから(汗)。

>入選作品のモチーフは何ですか?私の固い頭では到底思いつきません。
バイクと忍者です。
ムムム…この間、NHKのスタッフの方に何枚かデザインを見ていただ時、トンボモチーフのヒーローのデザインがあったんですが「蝿」と言われてしまいましたからね、僕のキャラクターって、モチーフがわかりにくいのかも?(笑)

>私も二回目の募集には企画を提出しました。良い結果を期待したいですが、そううまくは行かないのが世の常でweep
僕も二回目(キャラクターデザインの方ですが)提出しました!
お互い良い結果になると良いですね。

たか鬼様 いやー私も、行き当たりばったりの記事でお恥ずかしい限りです。
間違いも多いので、いつもお仲間に注意されてばっかりでcoldsweats01
たか鬼さんのブログは、そのライブ感が魅力的ですねhappy01
ブログは記事更新の時の感情が素直に出るので、管理者の人となりが分かりやすく、親近感が湧いて好きです。

バイクと忍者!なるほど。言われて気がつきました。
モチーフが分かりにくいという事はアレンジセンスの高さを証明しているので、これは誇れる事ですね。
絵心のない私には羨ましい限りですcoldsweats01

初回募集で手の内を全て見せてしまった私にとって、第二回募集への応募はなかなか苦しいものがありましたが、無い頭を絞って何とかひねり出しました。
何となく部活動の一環的な意義も感じますしhappy01
そういう意味で私達は、既に部員としての共同作業を始めているのかもしれませんねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/23416236

この記事へのトラックバック一覧です: 奇想の師:

« 過ぎ去った未来 | トップページ | コタ政界進出 »