2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 秋色のブレス | トップページ | マルい朝食 »

2008年9月10日 (水)

モノクローム・A

Photo先日、7月27日に受検した「ウルトラ検定」。
心待ちにしていた受検結果ですが、
今日、やっと届きまして。
いつもより分厚い封筒に、期待もちょっと高まります。



受検翌日、すぐに自己採点はしたものの。
おバカな私の事ですから、記入ミスなどもありえます。
解答欄を一問ずつズラしてマーキングなんてやってたら、目も当てられない。
まー自己採点の答え合わせでしょうか。


Photo_2で、成績はご覧の通り。得点は94点。
80問で100点満点だから、一問あたり1.25点。94÷1.25=75.2だから、
75問正解という自己採点は合ってましたね。
めでたしめでたし


私は3級を受けたんですが、受検者は全国で1198人も居たんですね。
受けられた皆さん、本当にお疲れさまでした。
私なんて116位ですよ なんてふがいない成績
まー平均点が80点弱ですから、とりあえず良しとしましょうか。
ちょっと自分に甘いかな


で、一番上に「3級認定番号」とあるように・・・
Photo_4無事、3級に認定されました
これがクレジットカードサイズの認定証。
お店で提示しても、「あ、そうですか」と言われる程度で、何の特典もありません。

逆に、いい年して何を見せてんのと
不審者扱いされます
ウルトラの知識も世間では役に立たず


バンダイのソフビを買う時なんかに、間違えたフリして出してみようかと
ま、そこがウルトラファンに許された遊び心

Photo_6 これが、認定証のおまけについていた絵ハガキ。8枚あります。
いずれもおなじみの図版ですが、ハガキのサイズで見ると新鮮ですね。
怪獣と対峙しているカットが多いですが、どんな選定基準なんでしょうか。
まー大好きなジェットビートルも入ってたし
個人的には中央のモノクロAタイプがお気に入り


でも考えてみると。3級の問題は初代マン、セブン、新マンが中心だったのに、ハガキは全部初代マンの図版で良かったのかなーと。
セブンや新マンファンの方々がガッカリしませんかね?
もっと種類がたくさんあって、私がもらったのは一部なのかな?
まー大満足なので、よけいな心配かもしれませんが


Photo_8こういうイベントは楽しいものですね。
成績は二の次、雰囲気を楽しむ目的で参加した私ですが、認定証なんて手にすると、やっぱりウキウキします。
とりあえず落第しなくてよかったと。
第二回参加は未定ですが、きっとまた告知を見たらやりたくなっちゃうんだろうなー。

このワクワク感は、何ものにも代えがたいですね。

モノクロ・Aタイプマンの絵ハガキも、今の私にはちょうど良かった。
この一枚を目の前に置いて、古のウルトラ世界に思いを馳せることにします
なぜモノクロ・Aタイプが良いかって?
それはちょっと秘密。アルカイック・スマイルでお答えしておきましょう

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 秋色のブレス | トップページ | マルい朝食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

コメント

MIYUKIさま
ウルトラ検定認定おめでとうございます!
認定証とポストカード、とても良い記念になりますね。
クレジットカードサイズちょっと意外ですが、
コンパクトできれいですね。
いつまでも色あせず良いかもしれませんね。(^^)

hikari様 お祝いコメントありがとうございます
今回頂いたものは、大切に保存しておきたいと思います。
こうなってくると、認定証と記念品欲しさに第二回以降も受検したくなっちゃいますね。
これが初回受検者の辛い所。事務局もそれが狙いかもしれませんが

ともあれ、この夏はオタク活動も盛んでした。
秋はもうちょっと女子に力を入れようかなと思っていますが、たぶん無理でしょう

遅ればせながら、ウルトラ検定認定おめでとうございます。
好きな物事で認められるっていいですよね。

たか鬼様 お祝いコメントありがとうございます
私も遅ればせながら「テレ遊びパフォー!」拝見しました。
たか鬼さんの勇姿 しっかり瞼に焼き付けさせていただきましたよ
私のウル検などは大したことありませんが、たか鬼さんは大変な名誉ですね。
おめでとうございます。お祝いが遅れ申し訳ありませんでした
これからも同じ部員として、楽しい意見交換が出来るといいですね

テレビ、観てくださったんですね!
ありがたいやら、恥ずかしいやら。
しっかし、自分の腕があんなに“豚足っぽい”とはおもいませんでした。
顔にしろ体にしろ、鏡で自分を見るとき、無意識に脳内補正してるんだなぁと、つくづく思いしらされましたです、ハイ。

>私のウル検などは大したことありませんが、たか鬼さんは大変な名誉ですね。
否々…なんというか、どっちが大したこととか優劣はないと思います、僕は。
それぞれに名誉な事なんじゃないかと。
僕は8歳の頃からトランスフォーマーが大好きなんですが、もしトランスフォーマー検定があっても、大好きとはいえ、試験勉強に耐える自信も合格する自信もないです。
そう考えるとウル検を見事合格したオタクイーンさんは凄いですよ!

>これからも同じ部員として、楽しい意見交換が出来るといいですね
宇宙船の最新号の発売日がだんだん近づいてきましたね…ドキドキがとまらないです。

たか鬼様 テレビ映りもなかなか良かったですよ
ただ、照明やマイクがちゃんとセッティングされていなかったのが惜しかったですね。
カメラも手持ちのようで
あれじゃたか鬼さんがかわいそうかなと。せっかく局まで出向かれたのに
一応私はその方面のプロなので、ゲストに対してあの扱いはないんじゃないかと思いましたが、現場の事情も色々ありますから仕方ないのかもしれません

ウル検は一種のお祭りだったので、合格不合格はあまり気にしていませんでした。
いかにもお祭りという常識問題ばかりでしたしね
ですから、合格者はものすごく多かったと思いますよ。
その末席に加えていただいたというだけです。まー資格には縁の無い私ですから、やっぱり嬉しかったですが
そこへ行くと、たか鬼さんは一位じゃないですか
たった一人しか持ち得ない栄誉。やっぱり私などとは重みが違いますよ

おっしゃる通り、宇宙船の発売日が近づいてきましたね。
私は今回の自作に過剰な期待はしていませんが、皆さんの斬新な作品は大変楽しみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノクローム・A:

« 秋色のブレス | トップページ | マルい朝食 »