2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 謎のスダールエッグ | トップページ | 五十音の旅 »

2008年9月21日 (日)

ははのたまご

秋雨前線による豪雨の合間を縫って出かけた、問題のスーパー。
Xタイムは午前10時。開店時刻と共に飛び込みました。

目指すは問題のお店にして地球侵略の拠点、「たこのたまご」。
地球の平和を守るため、今私はこの敵陣へ単身乗り込んだのでしたpunch


と言うのはもちろん妄想でhappy01
予告通り今日は、昨日売り切れだった「たこのたまご」を無事ゲット。
ついでに、お店のお兄さんにもお話をお聞きしました。
(もうこうなると、本業のリポートVTRみたいになっちゃってますがcoldsweats01

Photo_2さすがに開店時刻だけあって、お店ではスタッフのお二人がかいがいしく作業中。
昨日は分からなかったんですが、年の離れた二人の男性スタッフはまるで親子のように見えます。
お父さん役は下準備に追われ、焼くのは息子さんのような若いスタッフ。
さらに、お母さんらしいご夫人の姿も。

このお店はご家族で切り盛りされているのでしょうか?
ちょっとネットで調べましたが、「たこのたまご」は名古屋近辺に30店近くのチェーン展開をされているようですね。このお店もその一つ。アットホームな雰囲気で、
スタッフも家族のように感じます。

Photo_4「あ、どうも。」
昨日も訪れながら何も買わず、写真だけ撮らせてもらったずうずうしい私の事を息子さんは覚えてくれていたようで、ご自分から挨拶してくれました。
「今日はありますよー。たこのたまご。」
自信満々の笑みを浮かべ、息子さんは器用にたこ焼きを回転させています。
「今できますからねー。ちょっと待ってて下さいねー。」
そのセリフに、地球侵略の気配は微塵もありません(もういいって?coldsweats01
その手元がちょっと気になって、私は尋ねました。
「あのー、それが「たこのたまご」ですか?」

「そうなんですよー。」と言いながら、彼は急に後ろを振り返りました。
そこにあったものは。



さて。ここからはちょっとお話が飛びます。
実際に現物をお見せした方が、「たこのたまご」の正体を説明しやすいからです。

Photo_5パッケージ状態の「たこのたまご」。
包装紙からはし袋まで、見事にオリジナルデザインで統一されています。
並々ならぬ力の入れよう。ここまで自社ブランドにこだわったたこ焼きは「京たこ」ぐらいしか浮かびません。


包装紙十枚で一箱無料というサービスも、何だかほほえましいですねhappy01


Photo_6で、フタを開ければこの通り。見た感じ、普通のたこ焼きと変わりません。
しょうゆだれとからしマヨネーズ、花かつおのトッピングが食欲をそそります。
うーん下町の味。
ちなみにこのトッピングの組み合わせは、息子さんのおすすめ。他にもソースや普通のマヨもあったのですが、「もっともおいしい組み合わせでお願いします」という私のオーダーに応えてくれたものです。


そして。このたこ焼きがなぜ「たこのたまご」と呼ばれるのか。
その秘密は中身にありました。

Photo_7ごらん下さい。これが「たこのたまご」を真ん中で切ったところ。
右にはたこが見えますが、左の丸いものは・・・
もうお分かりですね。なんとこのたこ焼き、たこの他にうずらのゆで卵が具材に使われているのです。
「たまご」って、本物の卵の事だったんですね。
いやーこれはビックリhappy02 考えましたねーhappy01
これがホントの「コロンブスの卵」じゃありませんか(古い言い回しですみませんcoldsweats01


Photo_8皆さんに目でご納得頂いたところで、場面は再びお店へ。
よくよく見れば、お店のウィンドーにはこんな説明書きが貼られていました。
「1粒で2度おいしい」ってキャッチフレーズは、今やグリコだけじゃないんですね。時代を感じさせるけどhappy01
「濃く!ウマッ!」あたりのコピーセンスも、何となく昭和を思わせるたこ焼きテイストhappy01


実はさっき息子さんが振り返った先には、殻を剥いたうずらのゆで卵が入ったコップがあったんです。
彼はコップから卵を取り出すと、焼きかけのたこ焼きにそれを一つずつ埋め込んでいくではありませんか。
たこ焼きの調理風景はいろいろ見てきたけど、こんな光景は初めてです。
その姿を見ながら、私は思わず尋ねました。
「へえー。それ、このタイミングで入れるんですか?」
「そうなんですよ。」意外にも彼は、気さくに答えてくれました。
「焼く途中の温度、時間が難しいんです。なにしろゆで卵ですから意外にもろい。入れるのが早すぎれば、温めすぎた卵がたこ焼きの中で爆発しちゃう。
ゆで卵の爆発力はかなりのものですからね。
天井まで飛び散った事もありましたよ。」

「なるほどねー。試行錯誤ですねー。」


私はこの手の「芸談」が大好き。やっぱりどんなお仕事でも、失敗を重ねる事によって完成形が見えてくるんですねー。
考案者のご苦労は想像を絶するものがあったでしょう。
今はいとも簡単に出来る事でも、そこに到達するまでには、人に言えない辛さが絶対あったはずなんですよね。「たこのたまご」なんて、どこにもない新しい商品の開発ならなおさらです。いやー何でも聞いてみるもんですねえ。
聞かなかったら一生分からなかったですからhappy01


「はい。出来ましたよ。」彼が差し出すアツアツの力作を受け取る私の右手から、何やら大きな箱が差し出されました。見れば新品のティッシュ。
「開店記念の粗品です。」そこには、若い彼の姿を母親のように見つめる女性スタッフの姿がありました。このティッシュで感動の涙をぬぐえというhappy01


でも、私にはひとつの疑問がありました。
「たこ焼きにうずらの卵なんて、なんで入れる気になったんだろう?」
次のお客さんが待っていた為、彼の口からそれを聞く事は出来ませんでしたが、帰りにお店のウィンドーを見回していて、その答えが見つかりました。
「たこのたまご」開発の経緯が、簡単に記された文があったのです。
それはまたしても、もらったティッシュを使いたくなる感動の内容でした。

写真を撮ったのですがガラスの反射で読みにくいので、全文を再録します。



たこ焼き屋を開店するにあたって
目玉商品を考えていた時に
母が一言
「うずらたまごを一緒にいれたら?」
店名になるほどの
アイデアをいただきました
焼いてる途中で卵が爆発したり
殻をむいたら卵までこなごなになったり
・・紆余曲折ありました。

それでも焼き続けているのは
ほかならぬ
「母の味だから」


                             (句読点表示も原文そのまま)

「母の味」。私にとってその言葉はキラーワードです。
たとえそれが「母のアイデア」という意味でも、そこには息子を思う母親の愛情が息づいている。
母を亡くした私には、そんな愛情がとても羨ましく感じるのでした。


母の味のおすそ分けをもらおうと、今日の昼食はこの「たこのたまご」。
たこのジューシーな味わいに加え、ゆで卵独特の食感が新鮮です。
よくある「お好み焼きと目玉焼き」的な組み合わせとも違う。
あくまでゆで卵のままですから、口の中で崩れて広がる黄身のホックリ感がたこ焼きと絶妙なハーモニーを奏で、何ともいいんですよ。

考えてみれば、たこ焼きとゆで卵を同時に食べる事なんてありませんから、これは確かに新しい着眼点ですね。



Photo_9うーん人間、一生勉強。いいもん食べさせてもらいました。
もちろん、ウチのお嬢様にもご試食を。
でもコタはおバカなので、ゆで卵が歯でツルツルすべっちゃってなかなか食べられませんでした。ちょっと食べたら喉に詰まらせてむせてるし。
あわてて背中をさすったら直って一安心。
ありがたーい母の味も、この子は苦手だったようですcoldsweats01

« 謎のスダールエッグ | トップページ | 五十音の旅 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「探偵!ナイト・スクープ」でやっていた「爆発たまご」(電子レンジでゆで卵を作ると、時間差で爆発する!)を思い出しました。

ここのお店のマスターも、ちょうど良いタイミングを会得するまでは、何十個と「爆発」させたんでしょうねえ……。

MIYUKIさま、こんにちは。
うずらたまごだったんですね!
「たこ(焼き)の(中にうずら)たまご」
忘れられないネーミンングです。w
開発秘話もあったなんて・・。
写真を見ただけで、美味しさ伝わってきました。
ぜったい美味しいと思います。
いつか食べてみたいな〜。
チェーン店どんどん増やしてほしいです。

コタちゃんにとっても未知の食べ物。
表面がつるつるしたものは苦手なんですね。
むせちゃったんですか?かわいいです。('-'*)

都の商売人様 「ナイトスクープ」は私も見た記憶があります。
自分でゆでる時も思いますが、卵の爆発エネルギーは決してあなどれませんね。
記事上でお話してくれたマスターも、卵を「爆弾」って呼んでましたしcoldsweats01

「料理人の腕は卵料理で分かる」なんて言われます。
きっとマスターも卵のさじ加減に泣かされた事でしょうねhappy01

hikari様 そうなんですよ。
私のたこ焼き歴も長いですが、中にゆで卵が入ったものは初めてでした。
しかもこれが意外に合う。
たこ焼きとゆで卵の相性がこんなに良いなんて。
これまで食べ合わせ例が無かったのが不思議ですhappy01

でも前人未到の世界に苦労はつきもの。きっとその開発には大変な努力があった事でしょう。
感動屋の私などは、そんなお話を聞く事が何よりも楽しいんです。
その意気込みと努力は、どんな世界にも通じるものだからですhappy01

コタがむせた時はちょっとビックリしました。
食べていたかと思うと、突然「グッグッ」という音と共に動きが止まっちゃったんです。
見れば、まるで涙目のような表情でweep
これは一大事と、あわてて背中をさすりました。
喉に詰まったときの反応って、人間もハムスターも同じなんですねhappy01
ともあれ、コタが無事でなによりでしたhappy01happy01happy01

先日
うずら入りの
「たこのたまご」
お買い求め頂きまして
ありがとうございます

"8(^∇^8)(8^∇^)8"

私もブログを拝見して
感無量でございます


また新たに
地球を侵略するときは
コメしに来ます

ヾ(≧д≦)b

タコ星人・・・様 ようこそいらっしゃいました。
「たこのたまご」購入当日、応対して下さった方ですねhappy01
その節はありがとうございました。丁寧に教えて下さって。
写真許可も感謝しています。おかげで楽しい記事が書けました。
とてもおいしかったですよ。新しい味と食感に、新鮮な感動が駆け抜けましたhappy01happy01

記事ではいろいろと失礼な事を書き散らし、申し訳ありませんでしたcoldsweats01
私は本当におバカなので、こんな語り口しか出来なくて。
どうぞお許し下さいhappy01

住まいはお店の近くなので、タコ星人さんが侵略にいらっしゃる前に、またおいしいたこ焼きをいただきにお邪魔します。楽しいお話ができるといいですね。
どうぞよろしくお願い致しますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/23904542

この記事へのトラックバック一覧です: ははのたまご:

« 謎のスダールエッグ | トップページ | 五十音の旅 »