2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« ウルトラなお宝 | トップページ | まぼろしの笑顔 »

2008年8月24日 (日)

戦えスダトラマン

前回の予告通り。今日は先日、8月21日に届いたお宝をご紹介しましょう。
これは前回ご紹介した『ULTRA M.S号』とは別ルートで入手。

たまたま同じ日に届いたものです。いやーお大尽遊び。
この日はさながら学校帰りの駄菓子屋気分。
大人買いにもホドがあると言うものでcoldsweats01

Photo いかがでしょーか!
これが今回捕獲したお宝『宇宙怪獣バッジ』台紙付24枚完品ですhappy01

前回と同じように、隣にハガキを置いてみました。
一枚のサイズは、ほぼハガキ大という事がお分かりと思います。

昭和40年代の駄菓子屋さんには、こういう紙玩具も多く売られていましたねー。
プラモデルを買うほどお小遣いがない日は、こうしたブロマイド風おもちゃで気を紛らわしていました。でもまあこれはこれで、放課後の楽しい友ではありましたがhappy01
(決して一人遊びが好きだったわけじゃなく。友達と見せ合ってワイワイやっていたという意味ですがhappy01

Photo_2 ラインナップされた絵柄は6種類。
シート状態だと見えないので、今回は豪気にも開封しちゃいましたhappy01
オタクイーンご乱心!台紙からビニール袋を引きちぎる感覚が懐かしいhappy01
でもいいですねーこの絵のタッチ。いったいどなたの作なんでしょうか。
このカラーテイスト、リアルな画風が、当時の空気を饒舌に物語ります。

Photo_3 グループ分けすると大きく二つになります。
一つ目は言わずと知れたウルトラシリーズ。しかも初期二作品から三枚。

ウルトラマン、スカイドン、海物三怪獣ボスタング・スダール・ゲスラの揃いぶみ。
ウルトラマンは当然としても、スカイドン以下は極めてシブい方たちですねー。

どの絵も非常にフレームの収まりが良く、充分に鑑賞に耐えうる作品です。
ウルトラマンのボディーのツヤなんて、エアブラシを使ってないのにこの再現度。
このクォリティーを見て育ってるから、アニメイラストなんかにはどうしても違和感を覚えちゃうんですよねーcoldsweats01

Photo_4 こっちはさらにマニアックで。キャプテンウルトラの宇宙三怪獣。
左がシャモラー、右上ジャイアン、右下がアメゴンというラインナップです。

これもそれぞれ、本当にうまく描けていますね。
当時の怪獣図鑑の表紙やソノシート、少年週刊誌の口絵なんて、みんなこういう画風でしたもんね。
とはいえ小松崎画ともまた違う。これは怪獣を描きなれている人の技ですよpen
これらの絵の作者についてご存知の方は、ぜひご一報下さいhappy01


でも不思議ですね。見たところ、どこにも版権シールは無いようだし。
その割に、描かれた怪獣のデザイン考証は正確という。
正規品なのかパチモンなのかよくわからない品なんですね。コレ。
まー私はそこにこだわりは無いですから、どちらでもいいんですがhappy01

このラインナップを見る限り、この『宇宙怪獣パッジ』という商品は、「ウルトラマン」以降「キャプテンウルトラ」時期・1967年ごろの発売という事が推測できるのですが・・・
もしそうだとすると、なんとこれは41年も前の品という事に。
よく未開封で残ってたなーと。紙物なのに。改めて感慨も湧いてきたりして。
それを躊躇なく開封しちゃう豪気さの理由は、また後でhappy01

Up このイラスト、よく見ると表面には合わせ目のようなラインが走っています。
紙も妙に分厚いし。この商品に隠された秘密とはshock

Photo_5 いやーこれ、実はパズルなんですよ。予想通りとは思いますがhappy01
子供向けにパーツも大きく、すぐ完成できる作りになっています。
しかもこの質感は、昔の月刊漫画雑誌の付録のテイストにも似ていて。
いやー本当に懐かしいhappy01

この手のものは、今でもよく売られていますよね。
でもさすがにこの絵柄は無いでしょう。哀れウルトラマンもバラバラにcoldsweats02
41年前のおもちゃを開封して遊ぶなんて、何と贅沢な午後でしょうか。

子供時代なら今の時期、たまった夏休みの宿題で大変な状態なのにshock
で、お察しの通り、このパズルの分割線はすべてのイラスト共通なので、
一枚のパーツを別のパズルと取り替えれば・・・

Photo_6 こんな事もできちゃうhappy01
海の怪獣に合わせてタコ状に変身した、我らのヒーロースダトラマンannoy
ボスタング、ゲスラの総攻撃を受け、危うしスダトラマン!
必殺のスペシウム・ブラックインクを放て!

・・・コタの視線が突き刺さるようcrying

本気で怒ってる方がいらっしゃるでしょうから、このへんでやめときますcoldsweats01
でも今回の最大の喜びは、この貴重なお宝を開封、直接遊べた事でしょうね。
なぜ、こんな贅沢が出来たのか。それは・・・

Photo_7 実は今回、こんなに手に入っちゃったんですhappy01happy01happy01 全部で10シート。
こんなにあれば、1シートくらい遊び倒しても全然大丈夫という訳です。
ネットオークションでの入手なんですが、かなりのデッドストックが発見されたみたいで。これだけ買ってもビックリするほどの安値でした。
おそらく私、当時の定価で買ってますよ。
しかもまだまだ在庫があるらしく、今も売りに出されています。
まーつまり、それほど珍しい品じゃないという事なんでしょうね。
でも、レア度と思い入れはまた別。
私はこの絵柄と懐かしさに惚れたんですから。

コンピューターゲーム系など、最近の遊びには本当にうとい私。
この手の他愛も無いおもちゃが大好きです。
見ているだけでも笑みがこぼれてきますねーhappy01
でも、こんな品が簡単に入手できちゃうのがネットのおかげというのも、何だか不思議な気分です。
要はネットも、使い方次第なんでしょうね。
デジタルを駆使してアナログを追い求める。

禅問答みたいですが、ささやかな楽しみを求めて、今日も検索に走りますhappy01

ただ昔のおもちゃは高いので、よい子は真似しないでねhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ウルトラなお宝 | トップページ | まぼろしの笑顔 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

いい買い物をしてますねー。
僕もそのネットの便利さを利用して本などをよく買ってます!欲しい本が、わざわざ街に出向き本屋を探しまわらなく手に入る!何て素晴しい時代になったことやら。でも、特に馬場や神田なんかの古本屋街を巡るのはまた別格で、いいもんだと思います。ついつい欲しかった本以外も買ってしまうし、それに街に出歩くこと自体が、いろいろな情報を与えてくれるものですから。
これはどちらがいいとかではなくてどちらも必要なことだと思います。ネットの便利さは使わない手はないし、その手段が一つ増えただけのことであるのだから。

 この「パズル」が「バッジ」という名前なのも、あの時代の空気ですネ。全然訳がわかりません(^o^)/

 スダールとゲスラは脇役(?)とすれば、たしかにどれも宇宙出身の怪獣(とヒーロー)なので、「宇宙怪獣」の方は偽りはありませんが‥‥。

 スカイドンの仰りのアングルはもちろん、シャモラーとアメゴンの絵も迫力満天ですネ。これほどの絵は「ノンスメル怪獣トランプ」も超えています。どなたの作品なのでしょう???(?_?)

Okazaki様 そうですねー。私も古書店は好きでよく覗きます。
結局、ネットショップと古書店の関係って、電子辞書と書籍辞書の関係に近いんでしょうね。ネットショップは目的の一冊の情報には適していますが、古書店のように周辺情報を手に入れるには適していません。
頑固な店主の顔色を見ながら掘り出し物を探す愉悦も、古書店ならではのものですしねhappy01 おっしゃる通り、ネットショップも古書店も、目的によって使い分けるツールなんでしょうね。
うまく利用して、有意義なオタクライフを送ろうと思っていますが、なかなか下手でcoldsweats01
毎日、失敗の連続ですhappy01

自由人大佐様 そう!happy01「パズル」なのに「バッジ」というアバウトさが最高ですね!
これが当時の空気。いいんですよ何ともhappy01 
今ならクレームの嵐でしょうねhappy01

コメント頂いて気づきましたが、確かにある程度「宇宙怪獣」でまとまっていますね。これはキャプテンウルトラ時期の販売という事で、宇宙イメージを出したかったんでしょうか。まー当時、宇宙という言葉は「未来」と同義の新しい響きがありましたからねー。
なんでもかんでも「宇宙」をつければ未来的という。
「宇宙怪獣」って「電気ブラン」みたいなものかもしれませんねhappy01

私も現物を見て感動しましたが、おっしゃる通りどの絵をとっても上手く描けていますよね。当時、有名な挿絵画家の方々も、こうした駄玩具のお仕事を手掛けられていたのでしょうか?謎が謎を呼びます。
ともあれ私にとっては、どんな名画よりこういう作品が高価値。毎日眺め、目を細めていますhappy01

MIYUKIさま、このお宝も素敵ですね!
ずっと観ていたくなる様な魅力がありますよー。
この画家の先生はすごいです。
ウルトラマンの絵が特に美しくて、感動です。
バッジというネーミングも不思議でかわいいですね。(^^)

スダトラマン!?

笑わせてもらいました。
深夜に1人で思わず声を出して笑いました(笑)
こんな発明が出来る子が人気者でしたよね。
やられました・・・。

hikari様 どうも年のせいか、この手の画風に馴染みが深くて。
私もここ数日、眺めてはため息をついていますhappy01
ウルトラマン、カッコいいでしょhappy01 ポーズもキマっていて、一番のお気に入りです。
周りの青い宇宙、飛ぶロケットも当時の雰囲気いっぱいで。
子供の夢を封じ込めたような一枚ですね。
本当にどなたの作なんでしょうか。興味は尽きません。
「バッジ」のネーミングもいいですよね。意地で胸に貼ってみようかとhappy01happy01happy01

(=^・^=)様 お分かり頂けましたか?happy01happy01happy01
あれこれハメこんでいる内に思いついたんですが、よく考えてみれば写真を撮るだけなんですから、スダールの上にウルトラマンの顔パーツを置くだけでよかったんですよね。
それをわざわざハメこんで試すところが、なんともはやcoldsweats01
まーいいでしょう。久しぶりに昭和の遊びを堪能しました。
おバカな失敗も含めてhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/23214751

この記事へのトラックバック一覧です: 戦えスダトラマン:

« ウルトラなお宝 | トップページ | まぼろしの笑顔 »