2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 謎のほほえみ | トップページ | 戦えスダトラマン »

2008年8月22日 (金)

ウルトラなお宝

それは偶然か必然か?
お仕事に向かうべく部屋を出た直後。
マンション前の道路に停まる、赤いゆうパックの配送車。

気の良さそうなおじさんスタッフの手には、なんとなくそれらしい小包が。
オタクのカンが教える、待ちに待った逸品。
「それ、ひょっとして?」無粋ながら彼に尋ねる私。カンは当たっていました。
おかげでお仕事には遅刻しそうになりましたがcoldsweats01

という訳で。昨日、ついに届いた驚愕のアイテム。
お仕事を終え、帰宅するが早いか梱包を開いた私。
それを眼前にした途端、心は一気に昭和40年代へ。
もうこれはお宝と言うかなんと言うか。反則ですよこんなの。
まー勿体ぶるのもなんですから、さっそくおひろめという事で。

Photo どーですかこれ!
パチモンプラモ、『ULTRA M.S号』台紙付きほぼコンプリートという代物。

昭和40年代、駄菓子屋さんで多く売られていた箱なしプラモの生き残り。
当然、当時物です。いやービックリ!こんなものがまだ残っていたなんて。
これそのものを作った記憶はありませんが、この手のプラモは本当によく買いました。

先日のサブタイ『あなたの予測は、完全に裏切られる』の意味がお分かりでしょうか?
もともと謎が多く、現在も研究は困難を極める駄菓子屋アイテムですから、こんなものを予測しろという方が無理というもの。いやー失礼しました。
逆に先日の記事からこれを当てられたら、かえって引いちゃうくらいでcoldsweats01
でも、版権取得済の正式アイテムよりも、現存率、市場出現率はこの手の物の方が低いでしょうから、ある意味奇跡の出会いと言えますねhappy01
欲しがる人が居るかどうかという問題もありますがhappy01

Photo_2 この台紙・タグのパチぶりも凄まじく当時のテイストhappy01
どこかで見たような戦闘機がそろい踏みで、怪獣に魅入られた子供の心を鷲掴みにします。『ULTRA』と来てこの絵ですから、見せられた子供が何のためらいもなく握り締めた10円玉を差し出してしまう絶対の効果があるのです。
しかしこの『M.S号』とは何の略なんでしょうか?
「モンスター・シュート号」?「まるっきり・そのまんま号」?

謎が謎を呼ぶこのネーミング。
日本広しと言えど、その意味を知る識者は少ないでしょうhappy01

Photo_3中央の『M.S1』はちゃんとM.Sシリーズを主張しているのに。
右側の一機にはナンバリングも無く。
左端・3号に至っては『S』の字が消されている始末。

うーむ複雑な事情があったのでしょうか。
と言うより、そもそもこんなに似せて良いんでしょうかという問題の方が重要happy01

まー当時は大らかでしたからねー。
現在では考えられない版権意識だったでしょうし。

Photo_5 で、これが件の3号。
右のCDと比較すれば、サイズがお分かり頂けると思います。
まーいわゆる食玩サイズですね。

本来、24個付きで完品なんですが、今回入手の物は4個売れちゃってcoldsweats01
20個付きでした。いやーそれでもレア度はまったく変わりなく。

Photo_6 実に当時の雰囲気ですねーhappy01
マルサンやブルマァクの正規品に少しもひけをとらないこのフォルム。
青空モデリングに最適な、簡素なパーツ割りも高ポイントですし。

資料が無いので分かりませんが、たぶん定価は20円くらいでしょう。
毎日10円のお小遣いを一日我慢、二日目に20円出して買う!
これが駄菓子屋プラモの正しい買い方なんですhappy01

使うのを一日我慢するから、買うときのテンションも上がるというもので。
当時の私はそれほどプラモ好きだったんです。うーん女子なのにcoldsweats01

Photo_7よくよく見れば、正規品より若干見劣りもしますがcoldsweats01
そこは脳内補正。お安い品ですし。
第一、子供の遊びにはこれで充分だったんですよ。
今みたいにDVDを見ながら「ここのディテールが甘い」なんてツッこみを入れるような時代じゃないですから。

怪獣ゴッコするにも、一週間はこの新型機が主役でしたねー。
手持ちの怪獣はこの3号に手も足も出ないという。
飽きた頃に撃墜される運命なんですがcoldsweats01

Photo_8この手のキットにありがちなカラーバリエーションも楽しいですね。これはご覧の三色。
色によって人気に偏りがあったりするんですよね。私はやっぱり青かな。
茶色を選ぶ子供はちょっと渋い趣味ですねhappy01

Photo_9 こっちも素晴らしい謎の戦闘機。いや、救助機と言うべきでしょうか。
なにしろ、台紙に描かれていないので設定が分からない。
まー予想は付きますが。でもそうなると凄いですよ。
ウル●ラ警備隊と国際●助隊・夢のコラボという快挙happy01
大変な事になってますね。パチモンプラモの世界はeyeeyeeye

ナンバリングがないのに、何故か2号と言いきれてしまう所がなんともcoldsweats01
ちなみにこれは24個付きの完品。
いやー24個もあるとものすごく贅沢な気分になりますねhappy01
チョコレートパフェの上にアイスを三段重ね・ポッキーを20本刺したような賑やかさというか。何言ってるんでしょうか私はcoldsweats01

Photo_10 これも今井科学のミニトップに迫る抜群のフォルム、ディテール。
当時の駄玩具には正規品をそのままコピー、縮小したようなものが多かったですから、これもそういう部類に入るのでしょう。
今などミニトップの2号は目の飛び出るような値が付くのに、これは本当に可愛い価格でしたよ。貧乏人の私には嬉しいお買い物で。

Photo_11この角度から見れば、その素晴らしいフォルムは一目瞭然。これがパチなんて信じられませんが、よーく見るとオリジナルには無い星型のディテールなんかが刻印されているんですよねー。ある意味貴重なアイテムです。

Photo_12こう見ると何かの佃煮みたいですがhappy01
これもカラーバリエーションは三色。
ゴールドの2号なんてものすごく新鮮に見えますねー。
青色もそれなりに珍しいんですが、このメタリックブルーって、当時のプラモの成型色としては結構ポピュラーなものだったので、パッと見ても違和感が無いんですよね。言ってみれば、懐かしい色なんでしょうね。

Photo_13 時々ネットで検索するんですが、有名模型メーカーの正規品に比べ、この手のパチモンの知名度、研究資料って極端に少ないんですね。
しかも、こういうものを集めて楽しまれている方もさほど多くはないようで。
ましてやプログで一人喜んでいるおバカなんて、私くらいのものかもweep
ちょっと寂しい思いもしていますcrying
まー、私が知らないだけなんでしょうけどhappy01
いやーここまで来ると、ぜひM.S1号も見たくなりますが。
あるんだろーなーどこかに。未だ発掘されない完品がhappy01

以前、ご紹介した高藤の電撃シリーズ・ロボットも加え、今、オタク部屋は昭和テイストに溢れていますhappy01
超プレミア付きの高額アイテムより、私の部屋にはこういう身近なおもちゃがよく似合うようです。私は潜在的に、部屋を下世話に飾り立てたいんでしょうねー。
ですからこれらのお宝は、コレクションとしてよりインテリアとしての機能が大きいですね。

ただこうなってくると、かえって食玩や出来の良いフィギュアが浮いて見えたりして。うーんオタクグッズのバランスも考えないとcoldsweats01


ま、ともかく、今回も納得のお買い物が出来ました。
そしてさらに。実は昨日届いたお宝は、これだけじゃなかったんです。

レア度は分かりませんが、懐かし度では今回にひけをとらないでしょう。
おひろめはまた次回。引っぱりますねーcoldsweats01
『ネヴュラ駄菓子屋計画』はとどまるところを知りませんhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 謎のほほえみ | トップページ | 戦えスダトラマン »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 うあ~~~。
 余りのDeepさに、思わず落涙。

ガメラ医師様 懐かしいでしょ~happy01
出来の良いフィギュアに慣れた今の子供さんは、これを見てどう思うのでしょうか?
案外、受け入れてくれたりしてhappy01

おおー、ウルトラMS号でしたか!!
オタクイーンさんの購入されたのは、ホーク3号とTB2号のパチモンですね。

実はこれ、ホーク1号、2号、3号と、TB1号、2号、3号の計6種類があったんです。
ホーク1号は実物同様3分割するスグレモノでした。

>こういうものを集めて楽しまれている方

ウルトラセブンコレクターの三浦さんが凄いですよ。
リンク貼っておきますね。駄菓子屋コーナーが凄いんです。MS号の画像もあります。

http://www.miura-piano.com/7/index.htm

ここへ行くと2時間くらいは余裕で楽しめます(つうか、ハマる)ので、お暇な時間に。

雀坊。様 もう絶対雀坊。様の見解が頂けると期待しておりました。
さすがの正確なデータでhappy01
そうですか!やっぱりホーク、TB共に1号から3号まで揃い踏みだったんですねー。
うーんウルトラにビックリ。笑いがとまりませんhappy01

言われてみれば昔、このシリーズのホーク1号を作ったような記憶が・・・
マルザンのミニキットと思っていたんですが、どうやら勘違いだったみたいですね。
確かに袋売り、囲みランナー無しのキットだった覚えがあります。
そーか。昔、このシリーズに出会っていたのか。
そう思うと感慨もひとしおです。

三浦様の情報、ありがとうございました。
早速拝見しましたが、いやーこの方のコレクションはすごいですねー。
すっかり見入ってしまいましてcoldsweats01
マルザン電動セブンのミニパチモンまであったとは思いませんでした。
この世界は奥が深いですね。
またまた掘り出し物を探したくなってきましたhappy01

MIYUKIさま、こんにちは!
箱に入っていないプラモデルだったんですねー。
しかもこんなにいっぱい、すごい迫力です。
色のバリエーションもきれい。
台紙のイラストや商品のディスプレイ方法も含めて
全てがキュートですね。
とっても楽しいです。(^-^)

hikari様 いやーすみませんでした。こんな分かりにくい代物で。
当てろと言う方が無理ですねcoldsweats01
もう昔から貧乏だったものですから、こういう安いプラモの方が身近だったんです。
ですから再会した時は本当に涙が溢れweep
でもおっしゃる通り、今見ると原色使いが綺麗ですね。
最近見られない、ボリュームたっぷりのディスプレイもキュートだし。
何となく、大らかな時代の置き土産という雰囲気が漂って好きです。
こんなおもちゃばっかりで、最近、自宅は昭和化が進む一方ですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/23161996

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラなお宝:

« 謎のほほえみ | トップページ | 戦えスダトラマン »