2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« おなかすいちゃったなー | トップページ | 世界のグチヒデ »

2008年6月15日 (日)

命を繋ぐテクノロジー

昨日は体調を崩し、ほとんど一日床におりました。
やや朦朧とした意識の中、点けっ放しになったテレビでは、大変な被害の状況が。
皆さんもすでにご存知と思います。昨日朝8時43分頃に発生した岩手・宮城内陸地震の様子でした。
伝えられている通り、震度6強、マグニチュード7.2という規模は、あの中国・四川大地震に迫るものだそうで。
加えて、震源が8キロと浅かった事も、被害に拍車をかけたようです。
お亡くなりになられた方にはご冥福を、行方不明の方はもとより、被害に遭われた方にはご心痛を本当にお察しいたします。引き続く余震や、梅雨などによる二次災害への不安もおありでしょう。
「ネヴュラ」のお仲間の中にも、被災地域にお住まいの方がいらっしゃるので、画面に甚大な被害の状況が映し出されるにつれ、徐々に心配は増して行きました。

空撮で捉えられた宮城県栗原市の崩落道路や土砂に流される旅館、岩手県一関市・国道342線の陥没した橋などを見る度、大きな地震のつめ跡に慄然とした思いを覚えます。
今回の地震は直下型だそうで、秋田・男鹿半島-宮城・牝鹿半島構造帯の断層によるものという解析がなされています。
過去にもこの構造帯では地震が多発しており、今回も断層に影響をおよぼす「海洋底プレート間のひずみ」の影響が示唆されているそうです。
地下で多くのプレートがひしめき合う日本列島ですから、今回のような大きな地震はどこで起ってもおかしくない訳で、私たちの足元のもろさを再確認したような思いです。
名古屋に住む私など、確実に訪れる東海大地震への不安が、改めて身近なものとして感じられました。
「直下型」「海溝型」等、様々な要因が解析される地震ですが、こと被害に遭うという点に関してはまったく同じ。今回の被災も、決して他人事ではないのです。

不勉強で被災地方を訪れた事のない私ですが、状況を見る限り、今回の地震は山間部を中心とした被害が多い事が分かりました。
と言うより、都市部の被害がまだ報告されていないという事なのでしょうか。
土砂崩れにより赤い泥土を晒す山、寸断される道路などなど、自然の猛威の前に人間がいかに無力なものかを思い知らされますが、特に感じたのは「孤立する人々の不安」でした。

人口密集地である都市部であれば、ビルに閉じ込められるなどの事が無い限り、孤立して救援を待つという形は少ないと思うのですが、人の少ない山間部などでは孤立型が多く見受けられます。また孤立した場合、梅雨である今の時期は土砂災害や雨による体力低下などのマイナス要因も命取りとなります。
要は、遭難と同じような状況となってしまうわけですね。
都市部で暮らす私などは、この孤立無援の状況に非常な恐怖を感じます。
都市部には都市部の二次災害があると思いますが、山間部の場合は余計に「取り残された自分を知らせ、救援を求める手段」のハードルが上がるような気もするのです。

この場合、救援連絡にはどのような方法が有効なのでしょうか?
昨日も被災現場で、焚き火でSOS信号を出していた被災者がいらっしゃいましたが、山中で連絡手段が絶たれてしまった場合、現在もそういう「目で訴える」手段が唯一なのでしょうね。
ただ思うんですが、個人間の連絡ツールがこれだけ発達した現在、最も重要視されるSOS通信の確実な手段が確立されていないのは、ちょっと不安な気もします。

登山など山間部などの屋外で取り残され、不幸にも怪我などで動けなくなった場合、唯一の連絡手段が携帯電話というシチュエーションは最も考えられる事ですが、生存者の安否を確認する為に一時的に携帯電話の利用が増加、回線が繋がりにくくなるという事例もよく聞かれます。
今回の場合、その混雑状況はどのようなものだったのでしょうか?
ネットに於ける災害救助板などの稼動頻度、有効度も知りたい所です。
また、私は携帯メールをほとんど使わないので不勉強ですが、安否確認に携帯メールが使われたケースの方が電話確認よりも有効だったのでしょうか?
ネットで検索しましたが、やはり被災現場では、携帯電話やメールの迅速な稼動がまだまだ実現されていないような感想が多く見受けられました。

テレビ屋の私が言うのもなんですが、そんな場合、例えばワンセグ放送による地上波からの情報提供などは、被災者に対して非常に有効に思います。
それら地上波からの情報を通じて、災害支援センターなどと被災者との双方向通信が可能となれば安否確認や救助確率も上がりますし、被災者の位置をGPSシステムで特定する事も現在では可能です。
今や全国民のほとんどが所持し、最新テクノロジーが凝縮された携帯電話の価値は、むしろこういう時こそ発揮されるような気もします。
今回の地震で、今後そうしたきめ細かい情報伝達インフラの状況が解析、再整備される事により、人命救助へのさらなる一歩が模索される事を祈りたいです。
せっかく普及したテクノロジー。そこに使えないのは本末転倒なのかもしれません。
今や携帯は電話の役割を越えた「端末」なんですから。

また、地上波に携わる者として、改めて災害報道の重要性と責任を感じます。
さらに数年後には普及するであろう地上デジタル放送の双方向性、災害救助の可能性にも大いに期待したいです。
そのインフラが整備された時こそ、地上波の新しい意義が生まれるような気もするのです。

先週日曜日の秋葉原事件をはじめ、自作サイトなどで自らを自虐状態に陥れる暗部も持つ携帯ですが、使い方によってはこれほど強い味方もありません。
テクノロジーは人を傷つけもしますが、人を救いもします。
思えばこうしてパソコンでブログを書くという行為も、人と繋がる重要な営みである訳ですよね。

携帯電話・パソコンともに苦手な私。
今回の独り言は、現状からはるかに遅れた見当違いの思いかもしれません。
被災者を一人でも増やさない為、無知を晒してしまいました。
私が考える事など、専門分野では既に確立されていると思いますが。


今も救助活動に勤しまれている方々には、本当に頭が下がります。
もちろん被災に遭われた方々には、一日も早い平穏が訪れる事を祈ります。

« おなかすいちゃったなー | トップページ | 世界のグチヒデ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/21633267

この記事へのトラックバック一覧です: 命を繋ぐテクノロジー:

« おなかすいちゃったなー | トップページ | 世界のグチヒデ »