2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« とっておきの一着 | トップページ | 極上の三本立 »

2008年5月18日 (日)

スペクトルかるた劇場

先日のお話で、ちょっとご紹介しましたが。

5月15日(木)「癒しの絵札」

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2008/05/post_5304.html

お話の通り、お見せした写真は、少し前にヤフオクで落札したお宝の一部でした。
これです。もったいぶるような物でもないので。

Photoいいでしょーこれ。
こいでのかるた
「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」

1971年、本放送当時のものです。

スペクトルマン関連のグッズでは比較的ポピュラーなこのかるた。いつも高額で出品されていて、欲しくても指を咥えて見ているだけだったのですが。
今回はかなり安く出品されていたので、即落札。
貧乏な私には、天の恵みのような出物でした。


Photo_2対スペクトルマン時期。しかもまだ怪獣Gメン登場前。かるたに登場するのは、公害Gメンのみです。
怪獣のラインナップなどなど、番組初期のキャラクターが多いですが、それが本放送当時の雰囲気を感じさせて私には嬉しい限り。

個人的にはこの時期のドラマやキャラクターが最も「ゴリ」らしいような気がします。
全45組。カラフルな絵札も楽しいですね。


Photo_3子供向けかるたという商品の性格上、絵札以上に味わい深い文が並ぶ文字札も、この手のかるたの大きな魅力。
あまりに素晴らしい一文にツッこみなど入れようと探してみたんですが・・・
これが意外にも、ほとんど無理や破綻がないんですよ。ちょっとビックリ。
当時のこいでスタッフはすごいですね。
それともピープロのチェックが厳しかったのか。


感激しながら絵札を見ていて、この全45枚を繋ぐ事で一つのストーリーを作れる事がわかりました。
まーちゃんとしたドラマには遠く及びませんが、とりあえずスペクトルマンのサンプルストーリーとして成立しているのです。

そんな訳で、今日はちょっとしたお遊び。
絵札を写真で紹介しながら、「スペクトルマンかるた劇場」をお送りしましょう。
ちなみに。文字札は写真にすると煩雑になるのでブログ本文に採録しますが、
ストーリーフォロー文を除いて、文字札には一文字の変更も加えていません。
(写真は、クリックすると大きくなります。)

お手持ちの駄菓子など召し上がりながら、ご覧下さいhappy01



Photo_4  宇宙のあくま 猿人ゴリ

オープニング、毎回繰り広げられるゴリの憎憎しい姿から、ドラマはスタートします。
絵札のゴリは、何故か本編に登場しない杖を持っていますね。
これはひょっとしてドラマの初期設定、磁気嵐に見舞われたゴリが下半身不随となるというイメージを具体化したものかも。
その場合、やっぱり杖は必要ですもんね。



Photo_5ち  ちきゅうをねらう ゴリとラー
よ  
よぞらにうかぶ ぶきみなえんばん
え  
えんばん基地は うみのそこ
め  
めいれいをする 宇宙猿人ゴリ
む  
むねをたたいて いばってる
ら  
ラーがうごかす リモコンそうち
り 
   りようされてる はかせがいるぞ


ゴリとラーが海底円盤基地で画策する、地球侵略計画。
円盤はまだ番組前期のアダムスキー”ゴケミドロ”タイプです。

「我々の力の程を見せてやれ!」「ウォーッ!」なんて会話が目に浮かびますhappy01
ラーがリモコンで動かすのはサンダーゲイですね。
サンダーゲイとはまたマニアックなhappy01
確かに強い怪獣でしたが、フォルムが鯨そのままなので、ちょっと子供には人気がなかったように記憶しています。

「りようされてるはかせ」!これはコミカライズのみで映像化が叶わなかった『化石怪獣ガレロン』の下河原博士が印象的。
きっと鷺巣富雄さんは、このエピソードに思い入れが強かったんでしょうね。



Photo_6ぬ  ぬまも かわも ミドロでいっぱい
る  ルートはちかみち やまの なか
こ  公害Gメン 出動せよ
し   しごとは こうがいたいじだぞ
て  テレビでみはる かんし室
に  にこにこめがねの 倉田隊長
た  たったひとりの 女子隊員


ここからは1971年当時の地球の様子が描かれます。
公害が社会問題として大きくシローズアップされた当時。その公害が「ゴリ」というドラマの最大のキーワードとなった事を考えると、ヒーロードラマが時代の要求によって作られる事実を改めて感じますね。
ゴリと戦うチームもここでは「公害Gメン」。今の子ども達がこの設定を聞いても、ちょっとピンと来ないんじゃないでしょうか。


ここでちょっと不思議なのが公害Gメンの本部。
確か「やまのなか」じゃなくて、ビルの一室だと思ったんですが・・・
いいんです。かるただからhappy01 倉田「隊長」が大平透さんに似てなくてもhappy01
「たったひとりの女子隊員」は、きっと二代目女性Gメン、立花みね子さんですね。
17話からの登場ですし、そのロングヘアー、優しそうなお顔が何よりの証拠。
「オンドリャー血ぃ見るど」の谷岡まち子さんには見えませんhappy01


Photo_7も  もりの なかの 大きな足あと
れ  
れんらくをする Gメン隊員
ま  
まっくらやみに ひかる 目


「大きな足あと」!
海外版「GODZILLA」のエメリッヒ監督は、この絵札を見ていたんでしょうかhappy01
あまりにも「あの」映像にそっくり。
うーんスペクトルマン恐るべし。ハリウッドに先駆ける事37年happy01happy01

Gメン隊員の連絡に続き、地下では怪獣達が暗躍を始めます。


Photo_8  ロボット怪獣 ぞくぞくあらわる

このあたりのラインナップが面白いところで。
実はこの絵札の怪獣はすべて「ゴリ」時期のものなんです。
つまりこのかるたは「ゴリ」時期に絵札が作られ、発売直前に番組タイトルが変更されたため、あわてて商品名を変更したという推理が成り立つんですね。でなきゃここまで「ゴリ」怪獣が占める訳がなく。
(お話してて不安になってきました。私、暴走してます?)



Photo_9お  おの ちからで 高速道路をはかいする
く    くうこうをおそう ネオヘドロン
や  やまを くだく ゼロンのちから
の  のみこむエキスで 大きくなるガレロン
な    なまずともぐらの あいのこだ
ふ  ふんだり けったり こわしたり
ね   ネズバードンは あたまがふたつ
き    きけんだ バクラーがしのびよる 


このあたりは、ゴリ怪獣の破壊絵巻が繰り広げられる一幕ですね。
各怪獣の特徴を活かした破壊の様子が、迫力のイラストで描かれています。
ゴリ怪獣最高の美形、ゼロンの力技。
地震を起こすモグネチュードンの「ふんだり けったり こわしたり」。
「バクラーがしのびよる」は怖いですね。「1/8計画」の一場面みたいですhappy01
で、ここでもやっぱり未映像化の「ガレロン」が。
当時、この化石怪獣の映像化は技術的に難しかったそうで、きっと泣く泣く見送られたのでしょう。プラモデル化もされていた名獣なので、もし映像化されていたら、人気も出ていたでしょうね。



Photo_10   せきゆタンクが だいばくはつ
     ひをふいてしずむ マンモスタンカー
     ほのおもあかく もえるビル
   けがはかるいぞ 蒲生くん



怪獣の破壊により、被害を受ける大都市。
「せきゆタンク」の絵の端に見える、怪獣ダストマンの後姿が哀れです。
破壊を止めようと奔走する蒲生譲二ですが、不幸にも怪我を負ってしまいます。
「けがはかるいぞ 蒲生くん」。倉田隊長(本当は所長なんですが)、加賀先輩の介抱に支えられ、譲二はいよいよネヴィラに変身を求めますhappy01



Photo_11  そらに ひかる ネヴィラ71遊星
  へんしんをする 蒲生隊員
  いくぞわれらの スペクトルマン


「スペクトルマン タダチニヘンシンセヨ」
ネヴィラの許可により、「超能力のサイボーグ」スペクトルマンに変身する譲二。


Photo_12さ  さあこいとてきにむかう スペクトルマン

スペクトルマン、ファイティングポーズです。
この絵札が素晴らしいのは、スペクトルマンの絵柄が着ぐるみバージョンとなっていることですね。
一峰大二先生の絵柄とはまた違った魅力が、この絵札にはあります。

一峰画も大好きなんですが、やっぱりスペクトルマンと言えばこの雰囲気ですねー。
どんなヒーローにも似ていないマスクデザインも、ピープロ作品ならではのオリジナリティーを感じさせます。



Photo_13  ミドロンとだいかくとう
  わきにおさえて しめあげる
  あたまの大きな ギラギンド
  すっぱりきった ネヴィラスライス
  おなかをばっさり スペクトルカッター


スペクトルマンと怪獣軍団の大激闘。
ミドロン、ダストマン、ギラギンド、バクラーなど強敵を相手に一歩もひけをとりません。
うーん強い。スペクトルマン、無敵ですhappy01

ここで面白いのは、タイトルが「対スペクトルマン」に変更後の怪獣、ギラギンドが登場していることですね。ただギラギンドはタイトル変更直後、第21話の登場なので、ギリギリ間に合ったという裏事情でしょう。
ギラギンドをスライス、バクラーにはカッターと、切断技を連発するスペクトルマンの勇姿。この切れ味には、ゴリも舌を巻いた事でしょうねhappy01
そしてついに、スペクトルマン最大の必殺技が炸裂しますpunch


Photo_14  ゆびのさきから ネヴィラ光線
   とんでにげだす サンダー・ゲイ
  からてチョップで ノック・アウト
  ついに でた スペクトル・サンダー
  はねをとられて まっさかさま


スペクトルマンの決め技となる「ネヴィラ光線」、スペクトルフラッシュは、全話を通じ様々なポーズ、作画形態が確認できます。
まー決まってなかったというのが実情でしょうがcoldsweats01


でもそれはそれ。フラッシュはフラッシュでいいんです。無理にこじつけませんhappy01
この絵札のパターンもその一つ。これはこれでカッコイイじゃありませんか。

でもちょっと不満なのは、サンダーゲイに逃げられちゃったことでしょうね。
(自分でこの二枚を並べておきながらcoldsweats01 でもフラッシュがらみってこの繋ぎしかできなかったんですよcrying


その不満を解消するのが、ネオヘドロンに炸裂するスペクトルサンダー。
実際の映像ではこの技、怪獣X(シルバーロボ)の弱点、「かかと」を凍結させる目的で放っているんですが、ファンの間では当時も今も「なぜ凍結技が『サンダー』?」という疑問が絶えません。
かくいう私も同じなんですが、「サンダー」という名称のように、本来の技はこの絵札に近い、放電光線だったのかもしれませんね。
一峰氏のコミカライズでもこの技は放たれていますが、絵札ともまた違うし。
このあたりは永遠の謎として、ファン間で想像の遊びを楽しむこととしましょう。

ラスト、「まっさかさま」のゴキノザウルスは、サンダーの余力で羽根を焼かれたとでもしておきましょうか。
かくしてゴリの放った怪獣はすべて、スペクトルマンの活躍で退治されたのでありました。
以上、これで全45枚すべてを消化。

やっぱり無理もありましたね。お粗末さまでしたcoldsweats01

Photo_16かるたなんて久しぶりに手に取りましたが、意外にストーリー仕立てで見られるものなんですね。
本放送当時、私はこのかるたで遊んだ記憶はありませんが、今見ると、また違った発見があって楽しいものです。
実はこのかるた、札がビニールで包まれていたんですが、開封してよかったと思います。
でなきゃ絵札も文字札も、こんなに楽しめなかったと。


やっぱりおもちゃは遊んでナンボですね。
これまでの未開封アイテムも、今後、続々と開封の予感。
購入数年後にして、新発見の連続となりそうですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« とっておきの一着 | トップページ | 極上の三本立 »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おおー!全て画像を見せていただけるとは!!
絵が上手くないところがまた素晴らしいです(笑)
凄いですねえ。ギラギンド最高!!

雀坊。様 いかがでしょうかhappy01
ギラギンド、私もつぶらな瞳が大好きですhappy01
でもまさにおっしゃる通り。
この絵の絶妙なユルさがまた、味というもので。
やっぱりピープロものはこうでなくては。
期待にたがわぬ出来に大満足。
これだから、スペクトルマンファンはやめられませんhappy01

こんばんは、
いい月曜の夜ですね、・・ちっ(-。 -; )(職場より)
スペクトルマンかるたとってもおもしろかったです。
スペクトルマンはあまりに小さい頃だったのでゴリとか断片的にしか覚えてませんが、すごくおもしろかったという感じは憶えてます。映像を見るにはDVDとか出てるんでしょうか?もしくは再放送なんてありえませんよねぇ?

のん様 お仕事お疲れ様です。
大変ですねー。23時近くまでお仕事なんて。
頑張って下さい。応援しています。

スペクトルマンは、現代ではさすがに地上波放送は難しいでしょうね。
問題発言や描写も多いですし。
でもそれと比例して、メッセージ性の高いエピソードも目白押しです。
あるいはCSなら、どこかで放送できるかもしれませんね。

DVDは今も発売中ですが、さすがにマニア仕様のようで、レンタルは出回っていないようですね。
私は以前、お財布をはたいてDVDを購入、時々あのディープな世界に浸っています。
ちょっとドラッグ的な魅力がありますね。
一話見るとまた一話と続き。気がつけば十話とかcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/21015534

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトルかるた劇場:

« とっておきの一着 | トップページ | 極上の三本立 »