2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 機械仕掛けの謎 | トップページ | ウル検突破せよ »

2008年5月27日 (火)

時代の証人

「待てよ。女の子の足で、あれほどの距離を
どうして私より先に来る事が出来たの?
それに、呼吸一つ乱れてない。靴も綺麗だし。」


午後6時のミステリー。
お仕事も一段落、夕方のスーパーの帰り道。
いつものごとく買い物を済ませ、ミニバイクでお店を出た私。
信号三つ程を一気に直進、停まった赤信号で。
「あれっ?」

目の前の横断歩道を歩くのは、お店で見かけたお客さんの女性。
見覚えのあるヘアスタイル。チュニックにスパッツ。
下げたビニール袋には、先ほど後にしたスーパーのロゴが。
だって私、彼女より先にミニバイクで出たのに。
そんなばかな。徒歩でミニバイクの私を先回りするなんて。

「変だ。」思わず「例の口調」でつぶやく私。

まー夕方ですから。ボケッとしてた私の見間違えでしょうが。
それとも姉妹?あのエピソードのように。
そんな勘違いをしてしまうのも、今日のオタクショッピングのせいでした。


Photo名古屋駅前。
ナナちゃん人形も浴衣に着替えた
梅雨真近の昼下がり。
私は近くの駅ビルに向かいました。
(写真手前の女性は私じゃありませんhappy01
ごめんなさい。言ってみたかったんですcoldsweats01
例によって、賑わうブティックを素通り。
向かったお店はいつもの大型書店。
狙った一冊は。



Photo_2 これでしたhappy01
もう皆さんよくご存知。
今年7月に開催される『ウルトラ検定』の公式テキスト。

ウルトラ本はそれなりに揃っている私。何を今さらって感じですが。
要はちょっと「受験」を考えてまして。

ウルトラ検定公式HP
http://ultra-kentei.jp/

ウルトラファンの間で話題騒然、テレビスポットも気分を煽るこのイベント。
ファン間のブログでも大きく取り上げられていますね。
ウルトラファンを自認しながらも、元々、私は知識という点には重きを置かない姿勢。しかも昔から、暗記物は全く不得意で。
守備範囲が「Q」「マン」という偏りぶりでは勝算もゼロ。
セブン以降を覚える気さえ無いていたらくで。表紙のマスクは何タイプ?coldsweats01
まー読者の皆さんはいつもの記事で、私のおバカぶりをよくご存知でしょうし。
その実力も推して知るべし。今回の検定にも全く興味が無かったのですが。

ちょっと考えてみました。
過去に例の無いこの検定、一回目に参加するっていい記念じゃないの。
これってお祭りだよねと。


成績よりも、参加した事実が重要なんじゃないかって。
要は「万博へ行った」とか
「マジンガーZ対暗黒大将軍をリアルタイム劇場鑑賞」とかhappy01
そういった「時代の証人」的意義の方が大きいんじゃないかと。


そう考えてみるとこの検定、結構貴重な機会に思えてきちゃって。
「人生の記念に東大を受ける」的ロマンも感じるしcoldsweats01
地元の名古屋でも行われるんだから、特に遠出する必要もなく。
市内ならどこでも、ミニバイクで気軽に行けるしhappy01

「これ、結構なチャンスじゃん。」
マスコミ主導、こんな分厚いテキスト売りたさの見え見えビジネスとしても、
それに「乗せられた」という経験が大事なのかなと。
ひょっとして企画倒れだったら、第二回は無いかもしれないんですから。


そんな訳で。まだ受験決定とは行きませんが、テキストだけでも買ってみようと思い立ったのでした。高かったですがcoldsweats01
まーこのテキストも、検定終了後は市場から消えちゃうでしょうし。
それなりに貴重な訳です。

例の「宇宙船」企画といい、こういうのって好きなんですよ。私。
その時しか経験出来ないというライブ感がたまりません。
後年、茶飲み話のネタになりますしねー。
「これがその時の受験票だよ」とか。
「思えばあの時の一回目が、記念すべき機会だったなー」とか。
「あの第三問が、最後までわからなくてねー」なんて。いいでしょ何となく。
たとえ受験料はかかっても、この経験は何物にも代えがたいと。


今は迷ってますが、たぶん私は受験するでしょう。もちろん三級が関の山coldsweats01
「時代の証人」となるために。いい年して恥ずかしいですが。
こういうのを「カレンダーに爆弾を仕掛ける」って言うのかもしれませんねhappy01

この経緯は、また逐一ご報告しようと思っています。
なんか増えましたねー。最近の「ネヴュラ」の宿題はhappy01

冒頭のセリフの元ネタがお分かりの貴方。
貴方もこの検定、ちょっと興味がおありでは?
お財布はすごく痛いですがweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 機械仕掛けの謎 | トップページ | ウル検突破せよ »

「ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私も『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』ならわかるのですが、その後のシリーズはアヤフヤ‥‥。防衛隊の隊員名もあやしいし、TAC以降は写真を見ても戦闘機名がわからない‥‥。(『セブン』のテイストは苦手ですが、一応全話のDVDはいつでも見られて、ゲストキャラの役名と出演者名もわかりますが‥‥。この表紙のマスクも、オタクイーンさんと同じくわかりませんが(^^ゞ)

 この検定にはあまり惹かれていなかったんです。「ウルトラ」を「シリーズ」ではなく、番組ごとに特化した検定にしてもらいたいと思っていました。そうすれば「ウルトラセブン3級」「ウルトラマン2級」くらいを狙いたいかなぁ。

自由人大佐様 本当にごもっともですねhappy01
私なんて大佐さん以上に無知で、セブンさえほとんど分かりません。
一応DVDはありますがsweat01
おっしゃる通り、番組ごとに特化した検定だったらもっとよかったですね。
だったら「Q」の1級なんて、この夏を勉強に費やしても受けますhappy01

これは地方のひがみなんですが、こういう大きなイベントが名古屋で行われる事って本当に稀なんですよ。
今回はCBCテレビの絡みゆえ、名古屋も会場に選ばれたのでしょうが、東京、大阪に比べ、名古屋在住のウルトラファンにとってこんな機会は極端に少ない訳ですhappy01
私が重い腰を上げたのは、その部分が一番大きいんですね。

ですから今回の検定、成績は二の次、三の次。
参加する事、雰囲気を味わう事が主目的です。
もちろん本番を目標に、気分を高める事もpunch
今年の夏は、例年になく熱くなりそうですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/21224361

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の証人:

« 機械仕掛けの謎 | トップページ | ウル検突破せよ »