2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« スペクトルかるた劇場 | トップページ | カリスマ性に代わるもの »

2008年5月19日 (月)

極上の三本立

500記事・10万アクセスと、最近節目づいている「ネヴュラ」ですが、
また一つ大きな節目が。

「ネヴュラ」は二年前の今日、2006年5月19日に開設しました。
よって今日は、開設二周年の記念日。

よく続けてこれたものです。
開設当初は、まさか二年も続くとは思ってもいませんでした。
これも読者の皆さん、お仲間の方々のおかげです。
本当にありがとうございます。


開設当初の記事を思い出してみたんですが、ほとんど今と変わらないテイスト。
下らない独り言をつらつらと書いているあたりが、ここまで続けられた理由なのかもしれません。
これからもあい変らずのおバカを、好き勝手にお話して行こうと思っております。



とはいえ。別に今日は特別な行事を行った訳でもなく。
普段どおりの一日となりました。
ところが、記念日には何となくそれらしい事が起こるもので。
たまたま寄ったレンタル店で、今までずっと貸し出し中だった人気の新作と、つい数日前にレンタルが開始された最新作が、何と一枚ずつ残っているのを発見。
速攻レンタル、充実の鑑賞会となりました。


Photo

『仮面ライダー THE NEXT』
『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 7話・8話』
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』


『NEXT』『ボトムズ』はレンタル開始後、幾分日が経ちますが、いつ行っても貸し出し中で。また『続・三丁目』はレンタル開始ホヤホヤ。
すべてお店に残った最後の一枚ですcd
この三枚が揃うなんてめったにない事。やっと私のところへ回って来ました。
昨年劇場鑑賞、絶賛した作品が、もう自宅で見られるなんて。
もちろんOVAの『ボトムズ』は初見ですし。
今日の「ネヴュラ座」は特に楽しませていただきましたhappy01


漆黒の逃亡者、トリプルライダーのアクションに魅了され。
甘さを一切拒否する、激辛のハードロボットロマンに酔い。
遠い昔、どこにもない町に暮らす「顔なじみ」の人情話に涙腺をやられ。


三本目『続・三丁目』なんて、ストーリーはわかっているのに、やっぱり劇場で観た時と同じところで涙がグショグショ。なんでこんなに泣けるんでしょう。
大げさじゃなく、目の中のダムが決壊しちゃったような勢いcrying


「ネヴュラ」守備範囲を代表するような三本立。
なぜか開設二周年にふさわしいラインナップとなりました。
あまりの泣きに、まだ目元がむくんでいますweep
まーそんなこんなで。何だかよくわからなくなってきましたが、
これからも「ネヴュラ」をよろしくお願い致しますcoldsweats01

« スペクトルかるた劇場 | トップページ | カリスマ性に代わるもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オタクイーンさん、こんにちは~

いつもいつも気まぐれに書き込む自分のコメントにお返事頂いて恐縮です。。
「心の写真派」って表現、いいですね。。いつも写真が少ないとか、、ビデオの1シーンが短いとか文句を言われる自分にはもってこいの言い訳になりそうです。

少し遅くなりましたが、「花のカーネーション」の記事を読んでるとお母様のお気持ちが痛いほど伝わってきました~
それにオタクイーンさんの思い、、お母様への感謝の気持ち、心をどんなに表現しても表現し尽くせないもどかしさ。。
自分もおばあちゃんが大好きで、小学生のころ、常日頃から歯が悪いという祖母にお年玉全額を「歯を入れて!」って渡したことがあります。
でも一向に歯が治った気配の無い祖母に尋ねると「家計が苦しいから食費に使ったよ、ごめんね。」って言葉が。。。。
その時、とても寂しい気持ちになりました。それと同時に自分より家族を第一に考える祖母の愛情も感じました。
今でも親戚が集まるとその話が時々でます。たぶん祖母が生前に嬉しさのあまりいろいろな人に話したのでしょうね。
オタクイーンさんのお母様も使ってないのではなく、使えなかったんじゃないでしょうか?
特別な時に、ほんの少しだけ使用して、また美品のまま仕舞われたのでしょうね。そんな気がしてなりません。
とっておきの時にすぐ取り出せるように一つのダンボールに詰められていたのでしょう。収納リストは心の中にしまって・・・
だって、本当にいらない物・いる物って区別をされていたのなら、バックはバック置き場、傘は傘置き場において、使用しないはずですから。

バタンキュー、、いいです、なんともユーモアのある表現で使ってみたくなりました~(笑)

遅ればせながら、開設二周年おめでとうございます。

私が、オタクイーンさんの記事を読んでいて、いつも感じる事は、軸がぶれていないなぁという事です。
特撮であっても、アニメであっても、ヒューマンドラマであっても、それらを見つめる視点のベースに揺るがないものがあると言うか。
それは折に触れて書かれていらっしゃるお仕事の話題もそうですね。
色々な話題を通して、オタクイーンさんの人となりが感じられるワケです。

これからも、一読者として、色々な話題を楽しみにさせて頂きます。

 開設2周年、おめでとうございます。

 『THE NEXT』と『続・三丁目』がどちらも残っているなんて、何という巡り合わせ!(『ボトムズ』はわからないので‥‥、スミマセン‥‥。)
 明日が『続・三丁目』のセルDVDの発売日ですが、我が家では俄かに「買い」の方向で話が進んでいます。いつもは私がDVDを買うと苦い顔をしている奥さんが言い出しました\(◎o◎)/! よっぽどこの映画が気に入ったのでしょうか。(この前の日曜日に『転校生』のDVDを買ってきた時も、渋い顔をされてしまったのに‥‥。)

 お仲間の方々がそれぞれのブログについて、「それぞれの視点があってイイ」というようなことを書かれていますが、私も同感です。ただし、私の拙文は読者を惹きつけるようなものではありませんが‥‥(^^ゞ
 私はこちらのオタクイーンさんの記事を読ませていただいて、感心することしきりです。作品を読み解く視点の鋭さに、ただただ読み耽ってしまいます。1回の記事のボリュームがたっぷりあって、そこらのコラムなんかより充実していると感じます。それゆえに、忙しい時は無理なさらないように、まったりと更新してください。


いつも新記事の投稿を楽しみにしている一読者より

大和少年様 こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
下らない記事ながらまんべんなくご覧頂いている事が、コメントからもよくうかがえ、感謝にたえませんhappy01
これからもまた、時々覗いてやって下さい。

前回のお返事にも書いた通り、私も「記録」よりも「記憶」で心に留めるタイプなので、作品の感想も非常に気分に左右され、お恥ずかしい限りですcoldsweats01
でも、そこが私の私たるゆえんですし。
また恥をかきながら、私なりにやっていけたらとhappy01

大和少年さんは優しい方なんですね。
小学生にしてそこまでお婆様への心遣いが出来るとは。
私なんて昔、おばあちゃんにブルマァクのゼンマイキット「ゴモラ」をねだり、買ってもらった甘えん坊でcoldsweats01
でも大和少年さんの思いは、お婆様にもきっと伝わったと思いますよ。
「ごめんね」の言葉に、その全てが集約されています。
お互い、親族への愛情の強さは、亡くしてみて改めて感じるものですね。
自分に与えてくれた愛情へ、感謝の気持ちを伝える事がもう叶わないだけに、つのる悲しさも一層のものがあります。
私たちに残された唯一の愛情表現は、こうして生前のエピソードを語り継ぐことなのかもしれません。

おっしゃる通り、私も母が残した「ダンボール箱」を愛情と受け止め、語り継ぎたいと思います。それを見た時、処分した事を後悔もしましたが、その分母への思いは余計に強くなったような気も。
私の大切な「心の写真」が、また一枚増えましたhappy01

メルシー伯様 お祝いコメントありがとうございます。
もう本当に吹けば飛ぶようなブログなので、こうして二年も続けられた事は奇跡に近いです。これも、いつもおつきあい頂いているおかげです。

二年間の更新で感じた事ですが、日記という側面が強いブログは、毎日の心のありようがテーマや文体、選ぶ言葉にまで出ますよね。ですから嘘がつけない。
それは連続ドラマのようなもので、書き手の個性や息づかい、感情の起伏までもが記事に定着されます。
そういう意味では、私に限らずどなたのブログも、きっとパーソナリティーが浮き彫りになるのでしょう。
私の場合、更新する毎におバカぶりがあらわになるあたりが痛し痒しですがcoldsweats01

ともあれ、不器用な私はこれしか出来ないので、こんな調子で毎日をつらつらと綴っていきます。どうかこれからも、よろしくお願い致しますhappy01

自由人大佐様 お祝いコメントありがとうございます。
これも、楽しい意見交換をさせて頂けるおかげですhappy01
二年も続くと、何となく更新が生活の一部のようになってきますね。
まー日々のコンディションにより、記事のテンションにも著しい差がありますがcoldsweats01

『THE NEXT』『続・三丁目』の二本揃いは本当にラッキーでした。
劇場で一度観ているのに、改めて観てまたまた感動の嵐が。
『続・三丁目』はもう、あの茶川さんの「踊り子」のくだりとラスト、美加ちゃんの「おかあさん」で涙腺が破裂crying
『THE NEXT』は田崎(当て字でスミマセン)監督らのコメンタリーで語られた制作秘話が、非常に興味深かったです。
大佐さんは『続・三丁目』をご購入になるんですね。羨ましい限りです。
奥さまもこの作品、気に入られたんですねhappy01

まー自分勝手な私見ばっかりなので、いつも呆れられていると思いますが、これが私なのでお許し下さいhappy01
実は私の場合、記事の長さがちょっとコンプレックス気味でcoldsweats01
自分でも思うんですよ。「これだけ長いと、きっと読む方もウンザリするんじゃないかなー」なんてweep
本当はもっと短くしたいんですが、言いたい事を話そうとするとどうしても長くなっちゃうんですねcoldsweats01
大事なお時間を割いて、記事を読んで頂ける皆さんには本当に感謝しています。
的確で心に響く言葉って難しいんですよね。
おバカな私なんぞとても無理。善処しますのでお許し下さい。

まーこんな調子で、これからもお目汚しとなると思いますが、よろしくおつき合い下さいませhappy01

祝2周年!おめでとうございます。私も2007年4月20日たしかザブングル検索でこちらのブログの「灼熱のイメージ・リーダー」でオタクィーン様の記事を拝見して、すごいなぁと感動して、ときどきお邪魔してコメントを出させていただいて、そしてはや1年・・・。私は守備範囲が狭いのでボトムズあたりしか意見を述べられませんが(汗っ・・)お仕事の話やコタちゃん関係などいろいろたのしく拝見しております。これからも変わらず長~く続けられることを願っております。
(ファンのひとりより愛をこめて)

のん様 お祝いコメントありがとうございます。
そうですねー。のんさんとのお付き合いももう一年になるんですね。
月日が経つのは本当に早いですhappy01

最近は「ボトムズ」のお話があまり出来なくてごめんなさいcoldsweats01
でも先日、やっとペールゼン・ファイルズ4巻が鑑賞できました。
まさか「冷獄」のラストがあんな引きになっているなんて。
あれじゃー嫌でも期待しちゃいますね。
物語はいよいよ核心部分へという感じで。
今回はキリコ以外にも謎の多いキャラ目白押しで、非常に興味深いですhappy01

私の方こそ、いつものんさんの記事で新作ATを教えてもらっているんですよ。ありがたい事です。
ジオラマまで見せていただいてhappy01
貧乏な私にはとても揃えられない物量、羨ましいですhappy01
これからも迫力の作例で、また楽しませて下さい。
こちらへも遊びに来て下さいね。いつでもお待ちしていますhappy01

MIYUKIさま、こんにちは!
遅くなってしまいましたが、ネヴュラ開設2周年おめでとうございます!
特撮、映画、お仕事のことなど、そのほか私の知らない事いろいろ・・。
いつも勉強させてもらってます。
私もネヴュラに来させてもらう様になって、ちょうど1年が経ちました。
たまたま手に入れた小さなフィギュア、ガラシャープのことが知りたくて
検索しながらたどり着いたこと懐かしいです。
ふとしたきっかけで、幸せな出会いってあるんだなって思いました。
私はネヴュラの温かい雰囲気がだいすきです。
これからもよろしくお願いします。

hikari様 お祝いコメントありがとうございます。
返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでしたcoldsweats01

hikariさんとも一年のおつき合いになるんですね。あっという間ですねーhappy01
いつも、つまらない独り言をお聞き頂いてありがとうございます。
自分でも思うんですが。基本的に、私自身は知識はあまりないんですよ。
もっともっと深いマニアの皆さんには全然叶いません。
でも記事でお分かりの通り、業界経験だけは多少あるので、文献やデータなどからその事情を、ある程度憶測する事が出来るんですよ。
データの読み方が分かると言った方がいいのかもしれません。読み方だけですがweep
それだけです。的外れも多いですが、「それは一体どういう事なのか」を詮索するのが好きなんですね。

ガラシャープの事も懐かしいですね。
久しぶりにガラシャープ関連の記事を読み返してみました。
あい変らずのおバカですねー。あの頃から全然成長してませんcoldsweats01
でもhikariさんとお知り合いになれたわけですから、この記事に感謝しないとhappy01

これからもあい変らずのおバカ記事で、細々と続けていきます。
また呆れず、おつき合い下さいねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/21043155

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の三本立:

« スペクトルかるた劇場 | トップページ | カリスマ性に代わるもの »