2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 不幸のズンドコ | トップページ | コタハウス七変化 »

2008年2月26日 (火)

ゴジラの顔が14メートル!!

前回の記事で、皆さんには大変ご心配をおかけしました。
昨日、事故の当事者・おじいちゃんの保険会社から、お電話がありました。
過失責任は10対0でこちらの過失は無し。
愛車ミラジーノは無事修復されるようです。

保険会社も大手、担当者も大変しっかりした方で一安心。
当面は代車になりますが、まーそれは仕方ありませんね。
揉め事もなく、ほっと胸を撫で下ろした次第です。
ご心配頂いた方々、コメント頂いた方々、本当にありがとうございました。



さて。良い事というのも、何故か重なるもので。
ここ数日泣き言を漏らしているお仕事の件で、多少の進展がありました。
これはまだ決定ではないので、依然として不安はありますが。
とりあえず差し支えない程度にお話しましょう。

私がテレビ演出を学んだのは、名古屋の一放送局でした。一通り演出のイロハを学んだ後、いくつかのプロダクションを経て今の立場となったのですが、その間には数え切れないほどテレビマンとの出会いがありました。
皆さんの職場でも同じと思いますが、仲間にも気の合う相手、お仕事のやり易い相手っていますよね。
私も知り合った仲間の中にも、何人かそういう相手が居ました。
その一人が私より前に独立し、フリーとなって活躍していると思って下さい。


そんな彼から連絡を受けたのは、つい先日のことでした。
「ちょっと手伝ってもらいたい仕事があるんだけど。」


彼のセクションは編集担当。以前在籍していたプロダクションで一緒に番組編集を行った仲です。彼とは真夜中の編集室でよく喧嘩しました。
ディレクターと編集マンという立場の違いから、番組に対するアプローチの差でいつも対立したものです。
そんな彼の態度が変わったのは、ある企業のCMを作った時でした。

もともと広告代理店にいた私は、CMに関しても特別の思い入れがあります。ですからCMと聞けば、普通の作品以上に入れ込んでしまう傾向がありましてcoldsweats01
そのお仕事の時も、撮影、編集、音声その他全ての面で「粘って、粘って、粘りぬき」ました。満月をCGで作りたくなくて、本物の満月の日を狙ってカメラマンを口説き、わずか1秒にも満たないそのカットの為に40分もカメラを回し続けた入れ込みようでした。
編集時もリテイクの嵐で、件の彼には結構な迷惑をかけました。
「もうちょっとタイミングを合わせたい」「あと1フレーム!」
一秒の30分の一のタイミングにこだわる私に、彼も辟易していたようです。


しかしそんな私のこだわりが、彼には新鮮に映ったのでしょう。
「今後、俺が仕事を頼んだら、手伝ってくれるかな?」
独立前夜、誘われた食事の席で、彼は私にそう切り出してくれました。

嫌われていたと思っていた彼から、そんな言葉が出るなんて。
正直、私は意外でした。


今や私も彼と同じフリーの身。彼とはよく組んでお仕事をしています。
3年前の愛知万博でも、一緒に会場で汗を流しました。
その彼から今回、また新しいお仕事の話が。

彼から紹介された人物は、ある公共施設の映像部門を仕切る大手プロダクションの担当者。
施設名は伏せますが、名古屋在住の方なら必ずご存知と思います。
この施設の大型ハイビジョンスクリーンで上映される映像の演出を手伝って欲しい、という依頼でした。


映像ディレクターとは番組以外でも、こうした演出のお仕事が来るものです。過去、私もこの手のお仕事の経験はあります。自分の作品が劇場並みの巨大スクリーンで上映される様は、見ていて嬉しいものですhappy01
そんなお仕事の依頼がまた今回。
しかも契約期間は長く、数年に及ぶとの事。願ったり叶ったりなのでした。


「ゴジラの顔が14メートル!!」とは、このスクリーンの大きさの事です。
ネットの資料によるとそのスクリーンは横幅約14メートル・縦幅約8メートル。
インチに換算すれば633インチの大きさです。
もちろんハイビジョンですから、アスペクト比は16:9。


これはもう映画ですね。小さなシネコンのスクリーンなど問題にならないくらいのサイズです。しかも施設には、このスクリーンが3基並んでいる状態。
「イントレランス」ばりの(ちょっと違いますが)画面編成なのでした。


久しぶりに来たこんなお仕事に、不安半分・期待半分です。
とりあえずお話だけは聞きましたが、現場を見ていない私は返事をちょっと保留しました。一度現場を見て、返事をするつもりです。
まー未経験でもないですし、映画並みのスクリーンですからいいチャンスでもありますし。お仕事の選り好みが出来る身分でもありませんから、まずOKを出すでしょうが。
いずれにしても、こういう時にお仕事のお話が頂けるのは本当に有難い事です。仲間の彼には感謝しなければいけませんね。


そんな訳で数日後に、現場の下見を行う手筈です。
これでお仕事の不安が、どうにか解消できればいいのですが。
ご心配頂いた皆さんの為にも良い返事が出せるよう、張り切ってみたいと思います。


でも横幅14メートル・633インチって。ちょっと実感できませんね。
きっと初作「ゴジラ」に関わった有川貞昌さん、梶田興治さんもこんな感覚だったんでしょうね。
先人の感覚を追体験できた、ちょっと嬉しい夜ですhappy01

« 不幸のズンドコ | トップページ | コタハウス七変化 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

MIYUKIさま、こんばんは!
お車の件、迅速な進展があって良かったですね。
おじいちゃん側の保険の担当者さんも信頼できそうですし、
もう安心ですね。w
お仕事の方も、この勢いでうまくゆきますように。
お祈りしていますね。(*^-^)

hikari様 ご心配をおかけしました。
事故、お仕事共に、いい方向へ向かいそうですhappy01
天涯孤独の身にとってこの数日は不安で一杯でしたが、hikariさんはじめ皆さんのコメントのおかげで平静を保つ事が出来ました。本当に気弱ですみませんcoldsweats01
今日は雪交じりの冷たい雨が降り、青空駐車のミラジーノはちょっとかわいそう。
早くケガを治してあげたいです。
ディーラーの担当者から電話もありましたから修理もスムーズに行くでしょう。
回復したミラで走る春が楽しみですhappy01

 事故の件、今知りました‥‥。ごめんなさい。(昨日はTBを辿ってこちらに来たので(^^ゞ)

 示談もお仕事の契約も順調にいきそうで、良かったです。

 それにしても、スゴイ仕事が突然舞い込むものなんですネ。チャンスに巡り合うのも才能でしょうから、ステップアップされることを願っています。

 息の合う仲間って、私のこれまでの職場では数えるほどしかいませんでした。最初の職場には歳も近く、悩みながらぶつかり合った仲間がいましたが‥‥。最近組んでいるのは歳がずいぶんと離れている大先輩が多いんです。また、一昨年の4月に異動したばかりで勝手がわからず、これまで私がそれなりの責任ある立場をこなして仕事に自信を持ちかけていたところに、まだまだヒヨッコだと思い知らされることも多く‥‥。
 トコトンまで自分の思いを主張し、熱くなって仕事をしていない自分に気が付きました。

 理想を追求するオタクイーンさんの仕事ぶりに、その方は仕事を任せたいと思ったのでしょうネ。その信頼関係って素晴らしいですネ。

自由人大佐様 返事が遅れ、申し訳ありません。
こちらこそご心配をおかけして、すみませんでした。
今日、ディーラーへ車を届け、修理を依頼しました。
ミラが元通りになるのを楽しみにしていますhappy01

明日、お仕事の現場下見に行く段取りが付きまして。先ほど交通アクセスを調べていました。久しぶりの大仕事にちょっと興奮気味ですが、こういう緊張感が好きだったりしますhappy01
やっぱり根っからの映像屋ですね。自分で自分に呆れてしまいます。

声をかけてくれた仲間は、一緒にやっていた頃は本当にライバル同士だったんですが、いざ離れてみると寂しいという不思議な関係でした。
ディレクターと編集マンってそういう距離感なんですよね。

私も大佐さんと同じく、年やキャリアを重ね、環境が変わる度ににお仕事への情熱も薄れていました。でもこうして周りから刺激を受けることで、まだ自分の中に熱いものが残っていた事を再認識できたのかもしれません。
好きな分野をお仕事にする事も良し悪しの面はありますが、こんな局面に会うと、このお仕事が好きで良かったと思いますね。
大佐さんも頑張って下さい。たとえ部署や環境は変わっても、情熱がある限り毎日は色あせない筈ですから。
これは自分にも言いたい事ですがcoldsweats01

事情も知らず、生意気言って申し訳ありませんでした。
毎日を生き生きと過ごし、気持ちよく春を迎えたいものですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/10759488

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラの顔が14メートル!!:

« 不幸のズンドコ | トップページ | コタハウス七変化 »