2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 三丁目に迷い込んだ午後 | トップページ | 海鼠の法則 »

2008年1月 1日 (火)

初夢大怪獣

Photo 大変です!新年そうそう、町にねずみの大怪獣が現れました!
さすが、干支に合わせたタイムリーな登場!

それにしてもこの大きさは?
まさか「五郎とゴロー」?はたまた「甘い蜜の恐怖」?逆に「1/8計画」?



Photo_2 なーにいってんのおねえちゃん。おしょうがつから。
「へりぷろんけっしょうじい」も「らぜりーびーわん」もたべてないよ。
おおそうじでかいじゅうのそふびをふきすぎたんじゃない?

そーだよねー。あれだけ拭けばこんな初夢も見るってもんだよ。

なーんて。年明けからおバカが過ぎましたね。
皆様、明けましておめでとうございます。


旧年中は何かとご心配、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
今年も相変わらず、こんな調子でやっていこうと思います。
どうか呆れず、コタともどもよろしくお願い致します。

Photo_3で。おねえちゃん、これは?
それはかぼちゃの煮物。
ウチは貧乏だからお正月料理はないの。
冬のかぼちゃは体に良いそうだから、ちゃんと食べなきゃだめだよ。


そんなこといって。
ことしのえとはねずみなんだから。
もうちょっとせれぶあつかいしてよね(哀)。

にほんブログ村 ハムスターブログへ

« 三丁目に迷い込んだ午後 | トップページ | 海鼠の法則 »

コタクイーン」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
朝から酔っぱらってて、今さっき起きたところです。(笑)
今年はコタの年ですね。私も年男です。(^^ゞ
それにしても、コタはオタクイーンさんの演出で、すっかり怪獣になちゃってますね。いいコンビです。(笑)
ぁ・・・今年もよろしくです。(^з^)-☆

 素敵な情景フィギュアですネ。

 あ、そうそう、パンフに載っていた『続・三丁目』の夕日町のミニチュアって、38万円もするんですネ! どういう人が買うんでしょう?

 あいかわらず支離滅裂なコメントを書くと思いますが、いつも丁寧に対応してくださるオタクイーンさんの返信コメントを読むのが楽しみなんです。でも、絡みにくいコメントで、面倒な時はスルーしてくださってけっこうですヨ。全てのコメントに返信するのって大変ですし、私の場合は長文ですから(^^ゞ

 今年もよろしくお願いします。

ポン太様 明けましておめでとうございます。
年男だったんですね。じゃあ今年は特別な思いもおありの事でしょう。
ご活躍をお祈りしております。

この「特撮」、いつかやってみようと企んでいたのですが、ようやく日の目を見ました。でもコタが家のミニチュアを邪魔扱いして退けちゃうので、予想以上に撮影には苦労しましたが(笑)。
今年もこんなコンビでおバカにやっていきますので、またからかってやって下さい。
よろしくお願い致します。

自由人大佐様 明けましておめでとうございます。
今年も平穏な新年を迎えられた事を感謝しております。

パンフに載っていた「夕日町ミニチュア」、実は先日の展覧会にも展示されていたんですよ。これも感動的なクオリティーでしたが、おっしゃる通り38万円はとても手が出ませんね。国内各地で販売されている「等身大ガメラフィギュア」とほぼ同額ですから。同じ金額ならガメラに手を出しちゃいそうな私です(笑)。

拙ブログの記事は、私の中では「ネタ振り」の扱いです。ですから、記事についてご意見を頂き、やり取りさせて頂く事ではじめて成立するような気もするんですよ。
自由人大佐さんのコメントはいつも鋭い視点のものばかりなので、私も返事のし甲斐があるというもの。長文大歓迎です。
私の返事も長文ですが、本年もどうか変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

MIYUKIさま、コタちゃん
あけましておめでとうございます。

レトロな街並に巨大コタちゃん、良い写真ですね!
今年はコタちゃん年。w
MIYUKIさんとコタちゃんにとって今年も良い年でありますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^)

P.S. 大晦日の夕方、続三丁目の夕日観てきました!!
わたしも「最初」から最後まで号泣の連続で、
茶川先生とヒロミさんのエピソード中心にずっと泣きっぱなしでした。ちょっと不器用な恋愛話とかついつい感情移入しちゃいますね。
この作品の役者さん、女優さんみんなとても良かったです!
堀北真希ちゃんのお国言葉や、子供達もかわいかったですね。w

昨年はフラガールを観て劇中5回泣きましたが、今回はそれ以上でした。昨年は劇場でいろいろな映画観ましたが、大晦日最後に観た三丁目の夕日が最高の映画になりました。幸せな気持ちのまま年を越せて本当に良かったです。

オタクイーンさま
あけましておめでとうございます。
旧年中は、私のつたない文章にお付き合いいただき誠にありがとうございました。
また、新年のご挨拶をいただき、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
V(^_^)V

MIYUKIさん、コタちゃん、あけましておめでとうございます。
早々に新年のご挨拶を頂戴してありがとうございました。

今年はコタちゃんのトシですね。
MIYUKIさんのコレクションとのコラボ写真、
いつも楽しみにしています。
益々のご活躍を期待しています。

今年もよろしくお願いします

hikari様 明けましておめでとうございます。
昨年は色々とご心配をおかけし、申し訳ありませんでした。
名古屋はみぞれまじりの元日でしたが、hikariさんのお近くはいかがでしたか?
穏やかなお正月をお過ごしの事と思います。

「巨大コタ」は一度やってみたかったんです。ミニチュアの町にコタを置いたらどう見えるんだろうって。コタも予想以上にいい仕事をしてくれました。大笑いです(爆笑)。

「続・三丁目」ご覧になられたんですね。大晦日の鑑賞とはまさにベストタイミング。感動の年越しだったんじゃないですか(笑)。私も最近、あれほど涙を絞られた作品はありませんでした。周りのお客さんも全員泣いていたので全く恥ずかしくなかったですが。まだ自分は映画で泣けるんだと思ったことがちょっと嬉しかったりして。
全てのエピソードが、小さいながらも美しい輝きを放つ名作でしたね。まるで宝石箱のような作品。出演者全員が愛せるキャラクターでしたね。私も「踊り子」のくだりと「お母さん」のセリフで号泣してしまいました(笑)。

「フラガール」、私はまだ見ていないんですよ。名作とは聞いていましたがそんなに良い作品なんですか。是非一度見たいと思います。貴重な情報ありがとうございました。

ともあれ、今年も良質な新作を楽しみたいものですね。拙ブログでも旧作含め、おバカな感想をアップしていきたいと思っておりますので、また笑って見てやって下さい。

今年もコタともどもよろしくお願い致します。

ITOYA様 本年もよろしくお願い致します。
毎回感服しますが、ITOYAさんのコレクション範囲と観劇ペースは凄いですね。
私も貴ブログを見習って少しは内容の充実を図りたいのですが、いかんせん根がおバカなので一向に改善の見込みもなく(涙)。
まーマイペースでやって行こうと諦めております。

今年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

やませ様 さっそくのご訪問、ありがとうございました。
年末の大掃除でひっくりかえった部屋の怪獣もなんとか落ち着く所に落ち着き、穏やかな年明けを過ごしております(笑)。

今年はコタ年という事で本人にも抱負を聞いてみたのですが、予想通りどこ吹く風とイビキ交じりで寝ています(ホントにグーグー言うんですよ)。
相変わらずのおとぼけキャラに呆れるやら可愛いやら。
また今年もおバカな遊び写真をアップしますので、また笑ってやって下さい。

今年もやませさんのご健康、ご活躍をお祈りしております。
またお会いできるといいですね(笑)。

明けましておめでとうございます。
いやいや、今年も何やら波乱を予感させる(どこが?)一年が始まりましたねー。よろしくお願いします。
さて、今年はどんな理由を付けて一緒に飲みましょうか?

あけましておめでとうございます。
最近は忙しくて
ほとんどロム専で申し訳ございませんが、
更新の速さと充実した記事で頭の下がる思いです。
また本年もよろしくお願いします。

ro_oku様 明けましておめでとうございます。
この挨拶も随分交わしてきましたねー(笑)。
毎年この言葉を書くたびに、来年こそは気の効いたセリフをとは思うんだけど、結局この定番に落ち着いてしまいます。
でもひょっとしたら、気負いなくこの言葉を言えるだけ、一年を平穏無事に過ごせたという事なのかもしれません。
そんな事を考え、ちょっとこの言葉の重みを感じてしまった年頭でした。
お互いそんな年になったんですね(笑)。

ともあれ、今年も波乱とサプライズに満ちた一年となりそう。
来年も無事に年頭の挨拶が出来るよう、お互い頑張りましょう。
お酒も楽しみにしていますよ(笑)。

ジャリゴン様 明けましておめでとうございます。
最近になって、やっと「ネヴュラ」の呼吸がつかめて来たような気がします。
更新ペースや自分の立ち位置、言いたい事もおぼろげに。
記事を重ねるほどライターの本質を浮き彫りにするブログというツールに大きな魅力を感じています。
まー底の浅い私ですから、またいつものおバカばっかりですが(笑)。

今年もマイペースで細々とやっていきますので、よろしくお願い致します。

あけおめ~!
あはは、、、なかなかすごいジオラマ。
今年もよろしくお願いしますね。

猫姫様 姫にとっては天敵?のねずみですが、こうして見るとそれなりに怪獣扱いできるから不思議です。
でもちょっと愛嬌ありすぎかもしれませんね。
角の一本も付けてあげればよかったかなと(笑)。

ともあれ、今年もこんなおバカにやっていきますので、よろしくお願い致します。

 こんばんは!
 可愛い怪獣ですね!ウルトラQネタがバンバン出てくるのも嬉しい限りです。
 そして!ついに『ノストラダムスの大予言』の日本版と『獣人雪男』の日本版及びアメリカ版を手に入れました。出来るだけ早いうちに記事をアップするつもりです。
 おそらくグリフォン絡みからの流れ物ではないかと推測しております。ではまた!

用心棒様 さすがですね。「ノストラ」「獣人雪男」と来れば、きっとグリフォン絡みの「例のビデオ」でしょう。タイムコードなど入っていればさらに確信は深まりますね。
私もネットオークションで見かけましたがスルーしちゃって・・・
今考えてみれば残念な事をしました(涙)。
何か、最近の用心棒さんの旧作発掘スピードは凄いですね。
ぜひご鑑賞の上、記事にアップ下さい。楽しみにしています(笑)。

 こんばんは!
>タイムコード
 まさにおっしゃるとおりですよ。なんかあのコードが入っていると、これが裏ビデオであるという証明みたいでなんだかドキドキしました。内容に関しては封印するには勿体無いし、いまこそタイトルを変えてでもリメイクすべきではないかというほど不気味なくらい「今」を語っているタイムリーかつ驚きの内容でした。

 さらに追加で例のタイ人絡みの『ウルトラ6兄弟対怪獣軍団』、封印作品の代表である『遊星より愛をこめて』の海外版、『狂鬼人間』、『犬神の悪霊』もかなりの確率で近々手に入りそうです。かなり興奮気味ですが、冷静に記事を書いていくつもりです。ではまた!

用心棒様 件の「ノストラ」ビデオがタイムコード入りという事は、某サイトで拝見して知りました。
なるほど。一般の方にはあれは「裏なんとか」に見えるんですね(笑)。
お仕事中、常にタイムコードを凝視している私など、あれは意識をお仕事モードに戻す罪な処理に見えます(笑)。

国内正規版を一度も見ていない私にとって、用心棒さんの記事は大変楽しみです。海外版でもその片鱗を感じた「タイムリーかつ驚きの内容」を是非その鋭い視点で語って下さい。
それにしても、追加作品が「ウルトラ6兄弟」「第12話海外版」「狂鬼人間」「犬神の悪霊」とは・・・
入手可能な頃に細々と集めていた私などには、入手困難な最近の状況は想像するしかないだけに、用心棒さんの相変わらずの行動力に感服いたします。ちなみに私も「犬神の悪霊」は未見です。
どうぞ冷静に、慌てずマイペースで記事をアップして下さい。期待しています。

 こんばんは!
 上記のソフトがすべて手に入りました。まずは『ウルトラ6兄弟対怪獣軍団』よりアップしていくつもりです。
 『狂鬼人間』も今日はじめて見ましたが、いくつかの台詞に「ピ~!」を入れるかカットすれば、普通にDVDに収録しても問題ないのではないでしょうか。
 扱っているのがデリケートな人権やら法律絡みだからというのはありますが、「騒ぎすぎだなあ」という気持ちが強かったですね。あの当時にああいう問題に挑んだ制作陣の勇気に拍手を送りたいですよ。まさに「今」の問題ですから。
 ただ近年のテレビドラマやヴァイオレンス・アクション映画でのゲーム感覚の暴力・殺人描写やレイプシーンなど人権無視の性描写の方がよっぽど封印されるべき酷い表現だと思います。
 結局、子供向け番組のような親の意図がPTAを動かすような(親が円谷プロのオモチャを買ってくれないと困りますものね!)、立場が弱く言いやすいところにイチャモンつけてるだけじゃないのかというのが真実なのかなあとおぼろげに感じております。

 ではまた!
 

 

用心棒様 無事入手おめでとうございます(笑)。
「狂鬼人間」はレーザーディスクまでは普通に収録されていたエピソードだけに、封印の経緯が複雑ですね。

その手の研究本にも色々な封印理由が推測されていますが、実際のところは霧の中のようです。まあ確かに扱いにくいテーマではありますね。
ただ個人的に思うのは、エピソードに登場する異常者の描かれ方があまりにもステレオタイプではないかという事で。
ああいった方々に対する制作側の理解不足が、関係者をして封印行動に駆り立てたのかも、なんて考えてもいます。
問題だったのは取り上げるテーマではなく、その処理のされ方なのです。
大変デリケートな物ですよね。

ちなみに、現在超高額で取引されている「怪奇」LD-BOXですが、発売時知人が予約買いしています。発売日に店頭で回収されたはずなのですが・・・
何故入手できたのか。謎が謎を呼ぶ「怪奇」なお話です(笑)。

 こんばんは!
>予約買いしています
 たしかあれは店によって対応がまちまちで、予約分に関してはお金も既に「もらっちゃった」という事実もあるためにそのままお店が売ってしまったと言うのも聞いたことがあります。
 実際に店に入荷するのは配送の絡みもあり、前日とか前々日だったりしますし、ぼくも実際に過去、色々な商品を予約してきましたが、発売日前に購入した経験も多々ありますよ。
 それにお店もそうしたマニア心を分かっていて、発売日前に渡してくれるお店があると次にまた予約をその店に入れたりしますしね。僕もそういうお店でよく予約します。
>処理のされ方
『狂鬼人間』にかんしては演出の拙さというか無知さがあのような事態を招いていますね。狂わせ屋は岸田森を狂わせた後に彼に命令を出しますが、「狂ってる」彼が彼女を襲わないということ自体がすでに理屈が通らないんですよ。
 その他じっくりと見ていくと「穴」だらけですもの。ただやたらと神聖化されてしまったために、そういった部分での検証が少ないですね。そのへんを記事にしようと思っています。
 ではまた!(えすあ~らい~♭ えすああら~い♪)

用心棒様 確かに予約ソフトを発売日前日に購入できるショップには、ついつい次の予約を入れてしまいますね。私も同じです。最近はネットでソフトを入手する機会が多いですが、ショップで予約買いという独特の味わいも捨てがたい所です(笑)。

おっしゃる通り、「狂鬼人間」は処理のされ方という面で考えると、かなり穴の多い作品と思います。まー30分枠に収まりきる内容ではないと思いますし、何より発狂したとはいえ「主人公が人を殺める」というアンモラルをテレビコードが許さない面もあったのでしょう。
そういう意味で「怪奇大作戦」は、全篇に渡ってスレスレの描写が続出する番組でしたね。きっと、再見された用心棒さんもその思いを強くされたのではないでしょうか?

ただそのテーマや映像技術に於いて、「怪奇」は先進性、光るものを持つ作品群だったと思います。「ウルトラセブン」で頂点に達した円谷プロの実力が存分に発揮されたシリーズでしたね。
個人的に「怪奇」は「セブン」よりソフト鑑賞機会の多い作品です。スーパーヒーローが最後に幕引きを行わない分、ドラマ世界に広がりがあるような気がするんですね。各エピソードの独立度も高いと思いますし。これは好みの問題ですが。
ともあれ、私も久しぶりに「怪奇」を再見したくなりました。
用心棒さんの記事も期待しています(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/9666465

この記事へのトラックバック一覧です: 初夢大怪獣:

« 三丁目に迷い込んだ午後 | トップページ | 海鼠の法則 »