2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 秋の気配 | トップページ | 深夜の映画祭 »

2007年8月31日 (金)

しばしのお別れ

オタクイーンの「恋するネヴュラ」を可愛がって下さる全ての皆様へ


誠に勝手ながら、本日8月31日を持ちましてしばらく記事の更新をお休みさせて頂きたいと思います。
ちょっと思うところありまして。
急なお知らせで申し訳ありません。

とはいえこの程度の説明では、今までご覧頂いた皆さんにご納得頂けるとも思いませんので、ごく簡単に今の心境をお話しましょう。
その前に、8月いっぱいの限定企画として行った「駄菓子 コタ屋」へのコメントについてお礼の一言を。大変ありがとうございました。皆さんのこの夏の近況などを知る事が出来、有意義な時間を過ごせました。この場をお借りして深く感謝致します。

ここ数日の「ネヴュラ」記事の更新頻度、また記事の内容などをご覧になってお感じになられた方もいらっしゃると思いますが、私は今、気持ちがかなり落ち込んでいます。
その理由は今やあまりに日常的すぎて、読者の皆さんにとっては一つのニュース素材に過ぎない事かもしれません。
しかしながらこの一件は、本来部外者である私自身も驚くほど大きな精神的ダメージとなって、今も心をえぐられるほどの痛みを伴っています。

全国のニュースでも連日報道されたので皆さんの記憶にも新しいと思います。
8月24日、名古屋市千種区の路上で女性が三人組の男に拉致され、現金を奪われた上殺害された事件です。
犯人の男達はお互い面識もなく、携帯の闇サイトで知りあっただけの関係。
マスコミが「闇サイト殺人事件」と報じた一件です。
今は被害者の葬儀とともに一段落付いた感もあり、捜査の重点は犯人側の犯行計画、動機や背景などに移って行く事でしょう。

犯人の一人が自首した事により事件が発覚、その全貌が明らかになるにつれ、私は大変な衝撃を受けました。

事件が私の地元、名古屋で起こった事。
犯人達がおち合い、打ち合わせを行った複合商業施設の駐車場は、私の実家からほんの数分の場所でした。
犯人が被害者の女性を拉致した現場、千種区は、私の局への通勤コース。
犯人グループが犯行現場として物色していた地下鉄沿線は、今の私の家のすぐ近くなのです。
ほぼ毎日通っているような何気ない街角で、これほど恐ろしい犯罪が実行されたという恐怖。

犯人グループが、この犯罪の為にだけ「ネットを通じて」知り合った他人同士という事実も、ネットというツールの暗部を感じさせました。
携帯電話とパソコンの違いこそあれ犯人グループは、ネットの匿名性から来る人間の暴力性を体現したのです。
素性を明かす必要を持たず利害関係だけを一致させた者たちがいかに常軌を逸した行動をとってしまうのか。その匿名性により本来の社会性から解き放たれ、犯行をエスカレートさせていく人間のデーモニッシュな部分に恐ろしさを感じました。

そして、今回最も私の心をえぐったのは、被害者となってしまった女性の家庭環境でした。
母一人子一人。彼女は日頃お母さまを大切にしながら、派遣社員として毎日を懸命に生きるごく普通の女性だったのです。
そんな、たった二人だけの家族の小さな幸せを引き裂く権利が、いったい誰にあるというんでしょうか?
昨年11月に母親を亡くすまで、私も母と二人暮らしのような生活でした。たとえ施設にあずけていても母の健康を心配し、時間を作って母の元へ向かう時の気持ちは、事件の被害者女性と同じだったと思います。
母を失った時の、心に穴の空いたような感覚。精神が崩れ去るまでにならなかったのは、親が先立つという自然のなりゆきゆえ、と自分を納得させられたからです。
でも今回の事件で失われたのは親ではなく娘の命。それもこれ以上無いほどの理不尽な手段で。
自分の血を分けた子供を失う。親にとってそれがどんなに辛い事か。

嫁いだとはいえ、まだ妹が居る私は幸せな方かもしれません。
被害者女性のお母さまのお気持ちは、察するにはあまりに辛いものがあります。
可愛そうすぎると思いませんか?

地元の風景、ブログをはじめとするネット社会、肉親への思い。これら私の身近にある様々な事が、今回の事件をきっかけに一気に「負」の要素となってしまった、とでも言えばお分かりいただけるでしょうか?
街で何気なく通り過ぎるビルの陰に蠢く狂気の影。
肩を寄せ合って暮らすような二人きりの生活など、いとも簡単に崩れ去る現実。
そして、キーボードの先に広がるネット社会の恐ろしさ。

この事件の顛末が報道されていくにつれ、キーボードへ向かう私の気持ちは急速にスポイルされ、言葉を紡ぐ指先の動きも鈍さを増していきました。
「書きたい」と思わない。「ネヴュラ」を続ける気力を失いかけているのです。

ただ、ネットの怖さに怖気づいたという事とはちょっと違うような。
そんな犯罪さえ可能となってしまった世界に対して、やや疲れてしまったのかもしれませんね。
今回の事件に関して私は全くつながりを持ちません。一般市民として報道を受け取る立場でしかありませんから、別に過度な思い入れをする理由は何も無いのですが。
被害者の境遇があまりに自分と重なってしまったゆえの感傷なのでしょう。
本当は、頻発する事件に対していちいち悲しんでいては心がもたない事だって分かっているんですよ。でも今回は、気持ちが言う事を聞かない。
「おバカな上に弱いヤツ」とお笑い下さい。

そんな訳で、この気持ちがどうにか治まりなんとか「ネヴュラ」再開のメドが立つまで、少しお休みをさせて下さい。
今の所、お休みの期間はまだ未定です。「一ヶ月くらいかなー」なんて漠然と考えていますが、それもまったく分かりません。一週間後に突然再開できるかもしれませんし、半年かかるかもしれませんし。ただ「やめちゃう」わけではありませんので、どうか気長にお待ち頂ければ幸いです。

前述のお話にもあるように、今回私はネットというツールに少し疲れてしまいました。ですから今日の記事以降しばらくは、プライベートでのネット利用を避けようと思います。
「ネヴュラ」のページは閉鎖せず再開まで残しておきますが、私自身がページを閲覧しないと思いますので、もし皆さんからコメントを頂いてもご返事がかなり遅れるかもしれません。どうぞその点はご容赦下さい。

いつも以上に勝手な事ばかり言いまして、本当に申し訳ありません。
最後に、これまで「ネヴュラ」をご支持頂き、アクセス、コメント頂いたお仲間の方々、全ての皆様に感謝致します。
ありがとうございました。
ここ数日、朝晩に秋の気配を感じます。皆様も急な気温変化に風邪などひかれませんよう、ご自愛下さいませ。


オタクイーンの「恋するネヴュラ」   
支配人      オタクイーン
支配人代理   コタクイーン
Photo

« 秋の気配 | トップページ | 深夜の映画祭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何から話し始めればいいのでしょうか。
実は自分もネット歴は長く
遡ればパソコン通信時代のニフティ会議室時代まで戻ります。

凡百の、ありきたりで差しさわりのないコメントを考えれば
「オタクィーンさんの心情察します。
また再開できる日を心からお待ちしますので
そのときが来るのを心待ちにします。
ゆっくり休んでくださいね。
私はいつまでもお待ちします」
なのでしょうが
自分は少し違う心情を持っています。

ネットの匿名性は自分も怖いです。
ここでそっと、オタクィーンさんにだけ、自分のここ数年をお話します。
まぁ、そうは言ってもオタクィーンさんのブログを読まれる方にも
同時にお話しすることではありますが(笑)
実は自分は数年前に愛妻を自殺で亡くして
それからしばらくネットの暗部に身を置いていました。
いわゆる「自殺系」という奴ですね。
自分が死にたくなった(家内の後を追いたくなった)というのもありましたが
そこで(心身健康な人の繋がりではありえないような)トラブルに巻き込まれ
2ちゃんねるを中心とした匿名掲示板に
個人情報やミクシィID、メアドなどを晒されたりしたこともあります。
もとより「本音主義という奇麗事をまとった悪意の他者罵倒主義」
「潔癖主義の奇麗事の裏に隠れた集団ヒステリー的暴走癖」
といったような2ちゃんねる的価値観が大嫌いだった自分は
そういった一連の「ネットの暗部」による影響で
心を疲れさせてしまいました。

また、もとより家族全部を既に死別という形で失っていた自分は
愛する人を失う苦しみを、知っていないわけではありません。

つまり何が言いたいかというと。
「それでも地球は回っている」ということです。

その上でなぜ自分が今回このようなコメントを残しているかというと
悪貨は良貨を駆逐すると言うかもしれないけど
オタクィーンさんが辛い思いを感じた、そして自分が苦しめられた
「ネットの悪意性・ネット暗部の中に潜む人の闇」
それを消すことも払拭することも出来ないかもしれないけど
だけどそれを乗り越えるだけの力をきっと人は持っていて
その力こそが、自分が、オタクィーンさんが持っている
「言霊の力」だと思うわけです。

人には心があり魂があり、そしてそれを伝えることが出来る。
その手段こそが言葉であり、そこにこめられた言霊である。
これは自分がウルトラブログを書くにあたって
最後に信じている部分でもあります。

それが永遠ではないかもしれないけど
オタクィーンさんが今ブログを休止させてしまうのは
その言霊の力を失わせてしまうことになりやしませんか?と
他人事に過ぎない自分などはそう思ってしまうのであります。

例えば、特撮・ウルトラなどに関して今の若い人達が書くブログなどは
どれもこれも「まるでバラエティ番組のように、過去の作品に対して
現在の目線からツッコミを入れて笑いを取る」書き方ばかりで
自分はそれを否定はしませんが、しかしそういうスタンスの氾濫には
失笑を通り越してあきれることも少なくありません。
その支店や目線は個人が蓄え鍛えたものではなく
時代性を無自覚に取り入れてるだけなのですから。

その中においてのオタクィーンさんの視線や目線、語り口調は
自分個人からは十二分に、しっかりと大地に足を張った
責任も覚悟も背負った大人の立脚点であったと自分は解します。

ネットが匿名性と個人発信という二元性で現在
構成されていることは知っていますが
だからこそ、そのネットの現状において
いかにもな「ネット的なさめたスタンス」ではない個人発信こそが
その積み重ねだけがネットを変えていくのではないのかという
それが今の自分にとってはファンタジーなのです。
そしてそれを、オタクィーンさんはなさってるわけで
その筆を折ってしまうことは、ネットの可能性を殺してしまうことである一方
オタクィーンさん自身においても損となってしまうでしょう。

長くなりましたが、自分はオタクィーンさんの、一日も早い復帰を願います。

今回の日記で書かれたような、思うところをしっかりと発信してくださる
そんな文章と共に、同じ時代の同じネットというツールで
同じように発信し続ける自分が大切だからです。

そう、これはエゴです。
でも、そのエゴはもう一面において希望であり
そして自分にとってはそのエゴをこうやって書いたからには
責務というものが発生すると思っていますので
自分は、自分のブログをなんとしてでも
オタクィーンさんが戻るその日まで存続させることで
自分のエゴの責務を果たしたいと思います。

というかですねぇ。
自分の彼女さんがコタちゃんの大ファンなのですよ。
早くオタクィーンさんが復帰してくれないと
彼女さんがきっと淋しがるのです。
つまり要するに、そういうことなんですよ。
自分の思惑や主旨とは違ったところで
自分や自分が発信しているものの価値が決められ
そしてそれを全部は発信している自分では把握できない。

きっとオタクィーンさんのこのブログはオタクィーンさん自身が把握する以上に
色んな人のいろんな思い入れで成立しているのですよねと
結論はそういうことなのでありまする……。

ではではお早い復帰をお待ち申し上げます。

休止、残念です。
って、自分もブログを止めたまんまなので、気安く”復帰して”とは言えないのですが。
ネットが便利であるが故に悪用されてるのは事実ですが、ネットによって良いつながりも生まれていると思いますので、悲観なさらないでください。

 自分もブログをやり、勝手気ままに言葉を発信しながら言うのもナンですが‥‥。

 実は私はネット社会は嫌いです。オタクィーンさんをはじめステキな仲間とも出会えますが、悪意に満ちた中傷やイタズラに悩まされることもあります。現に、私のブログにも意味不明のコメントが投稿されました。(敢えて消さずに残しています。)

 今、中高生の間では、学校でのイジメよりもネットでの中傷によるイジメが深刻化しています。そういうサイトでは実名などの個人情報も垂れ流しの状態です。実生活のモラルと同様に、情報モラルが低下し、需要があるからサイトが存在している‥‥。こんな悪循環が、未来のネット社会を支える子どもたちに蔓延している状況には嫌気が差します‥‥。

 ネット社会の無責任な匿名性は嫌いです。しかし、全てのネット社会の住人が実名で活動しなければ、匿名性を維持した人の傍若無人な言動の攻撃の対象にされてしまう危険もあり、今さら実名での再構築は難しいでしょう。なぜこんな道を辿ってしまったのか‥‥。

 手垢のついた表現ですが、ますます世の中が殺伐としていきます。かつてはあり得なかった、信じられない猟奇的な事件も起きます。そして、それらの事件の背景にネットが関与している部分も大きくなってきました。それらは既に人がコントロールできないほど広く深く膨れ上がっているでしょう。

 結局、かなり消極的な方法ですが、私は嫌な部分には触れないでいこうと考えています。裏サイトや2ちゃんねるのようなところに足を踏み入れなければ、嫌なものを見ずに済みますし、自分が攻撃されることもない(攻撃されているところを見ることもない)でしょう。そうやって自分の身を守るしかないのだなぁと思います。

 出会いもあれば別れもあります。会ったこともない方々と出会える(不思議な表現だナァ)のは、ネット社会の良い面ですネ。しかし、会ったことがないからこそ、音信が途絶えてしまえばそれっきり‥‥。実際にそうやって音信不通となってしまった仲間が何人かいます。
 また、互いにIDやハンドルネームでしか知らないので、二度と出会えない、または違うIDで出会った時には互いのことがわからないという状況になってしまいます。だから私は、どこへ行ってもget_better4uというIDを使います(ブログはgooでやっていますが、元々はYahoo!でこのIDを使ってネットデビューしました。live doorでもこのIDで登録しています)。ちょっとIDではかたっ苦しいと感じる時は、「自由人大佐」を使います。こうしておけば、どこで出会っても私は私です(^o^) それによって発言への責任も生まれますし。

 こうしてオタクィーンさんと意見を交歓できたことは、私にとっては有意義なことでした。もし戻られないようなことがあっても、私は「get_better4u または 自由人大佐」としてどこかでウロウロしていると思いますので、また気軽に声をかけてください。
 あれ? 何だか二度と復帰されないような「お別れ」の言葉みたいになってしまいました(^^ゞ もちろん、こちらを早めに再開してくださることが一番ですヨ! でも、落ち込んでしまっている時は仕方ありませんネ。自分で気持ちにケリをつけるしかありませんから。お帰りをお待ちしております。心の旅へいってらっしゃい!

MIYUKIさま。
私はMIYUKIさんのお気持ちをお察しします。
先日の名古屋の事件、私も心が痛いです。
事件の詳細を知って、震えが止まりませんでした。
こういう報道がある度に、神様はいないんだって思います。

私事ですが、この夏は仕事に追われて、自宅へ帰ってくるのは
仮眠か、着替えのためみたいな日々でした。
ネヴュラのページを開けても、ゆっくり拝見している時間も無くてMIYUKIさんの心情の変化にも気づくことも出来ませんでした。大好きなMIYUKIさんの為に何も出来ない自分が悲しいです。

ネット初心者の私には難しい事はよくわかりませんが、
怖い部分、悪い部分、だけでは無いと思います。
実際、私はMIYUKIさんに救われたんですから。
心と体の問題を抱えたつらい毎日から抜け出る事が出来ました。
私はMIYUKIさんみたいな素敵な女性にはなれないかもしれません。でも、目標になるひとと知り合えて私の毎日は確実に変わりました。
とても感謝しているんです。
コメントの皆さまも素敵な方々で、ネットって決して悪い事ばかりではないんだって思えるんです。

しばらくコタちゃんとゆっくりとおすごし下さいね。
そして、いつか元気にもどって来てくださいね。
みゆきさんの傷ついた心がはやく癒えるようにいつも願っています。

こんばんわ。
「必殺仕置人」最終回の
中村主水の心境です。

しかし主水は後に、
半次とおきん、そして鉄や錠と
再会を果たしています。
(錠は微妙ですが)
ですから、
オタクイーンさんともいつか、
再会出来る日が来るでしょう。
「お気に入り」には残しておきます。

ん~………

なんか気の利いたことコメントしようと
ない頭をフル回転させてみましたが
ありきたりの言葉しか思い浮かばず………

il||li_| ̄|○ il||li


再会予定が「一ヶ月くらいかなー」ってことは
ワタシに与えられた役目はかなり重要なようで。。。

ヨシ、承り(* ̄ー ̄)v

オタクィーン様ごぶさたしてます。じつは今日資格試験を受験してきまして、久しぶりにこちらに伺ったら休止とのこと、少し驚きました。身近で起こった残虐な事件はとてもショックでしょうね。
本当に毎日のように、このような悪魔のような事件、また親が子を、子が親を殺すというような事件が流れて、つい半年も前の事件など忘れてしまうようなそんな世の中ですね。奥さんが妊娠してますが、生まれてくる子供はこの世界にきたいか正直聞いてみたいと思ったりもします。
ところで昨日NHKで名古屋が舞台の「勉強したい」というドラマを見ました。子供が入院している病院訪問専門の先生の話で、若い先生を励ましてた女の子が最後に病気で死んでしまいました。その子はほとんどベットの上での一生でしたが、先生に勉強を教えてもらってとても楽しかったといって逝ってしまいました。
見ていて涙が止まらなかったのですが、気持ちの持ち方で、その人にとって幸せを感じられるんだなあと思いました。
オタクィーン様も充電期間にいい話やいい本を読んだりして、少しささくれた心を癒してください。コタちゃん、またね!

オタクイーンさん、お気持ちをお察しします。

また、自分がコメントサボったからかな~?って一瞬思いました(笑)

実はこの事件を知った時、もしかしてオタクイーンさん?って心配になったのを思い出しました。
確かに最近のネットを利用した犯罪は多く、マスコミが騒いでいますが、ネットを利用する人に色々な人間がいます。
それは現実社会をそのまま写しているようなものだと思います。
某巨大掲示板のように匿名を利用したレベルの低い中傷合戦が繰り広げられる場所もあれば、「恋するネヴュラ」のように純粋に趣味の話題で楽しめるサイトもあるんです。
まるで世の中の光と影のように・・・
そう、「恋するネヴュラ」は光なんです!
自分も別の趣味で色々なサイトのお邪魔してまして、その中に明らかにネットマナー違反する人、二重人格かと疑われる人などと交流しましたが、
その中で本当に常識的で信頼できる人と知り合えました。
その方たちとは自分の出張のおり、定期的に懇談会を持つようになり、一年以上経ちます。
埼玉より九州の我が家に遊びにも来てくれました~名古屋の方はご当地パスタソースなど送ってきてくれます。

「恋するネヴュラ」に集う人たちも光を求めて集まってきている安心して交流できる方ばかりのような気がします。
将来、「恋するネヴュラ」に集う人たちから、本当に信頼できる出会いがあるかも知れませんね。

自分で何らかのお役に立てることがあれば、何なりとおっしゃってください。

近いうちに、またお会いできる日を心待ちにしております。

オタクイーンファン 大和少年より

たまには歩みを止めて視線を逸らすのも良いかもしれませんね。
この際ですから、ご納得いかれるまで、考えられたら良いでしょう。
私はオタクイーンさんから頂いたTBがご縁で、こちらに足を運ぶようになりましたが、それは非常に有意義な時間でしたよ。
それでは、再見。

追伸:またお会いすると信じてますのでさよならは言いませんヨ。
ボトムズ談義またよろしくです。

第18話予告より

 再戦のための停戦。破壊のための建設。歴史の果てから、連綿と続くこの愚かな行為。ある者は悩み、ある者は傷つき、ある者は自らに絶望する。だが、営みは絶えることなく続き、また誰かが呟く。たまには火薬の臭いを嗅ぐのも悪くない。
 次回「思惑」。神も、ピリオドを打たない。

 名古屋市近郊に住む者として、

 娘を持つ一人の親として、

 そして貴女の心持を思うと・・・

 何度もここに書き込もうとしてはいたのですが、
未だに何も書けません。
 そして、何度もここを訪れているのです。

>オタクイーンさん、こんばんは。
こういった悲惨なことが世の中から無くなることを心から願っています。
しかし、わたしは命ある限り、精一杯生きていくしかできません。周囲の親しい人たちにもそれを望みます。
では、また。

この事件は、母と二人暮らしの私にとっては、とても衝撃的で胸が締め付けられました。
人間が自分の欲望を果たすときに人を殺すときの感情、どんなものなんでしょう。
いくら警察や裁判所でいろいろやっても、亡くなった方は帰ってきません(;_;)
私は松本サリンの第一予定地の近くに住んでいて、同じ学校の子がサリンで入院して、胸がズタズタでした。

またオタクイーンさんのブログを読ませて頂ける日まで…またね(^-^)

 ご無沙汰してます。

 RSSとかいう便利な道具を利用できないガメラ医師は、時々こうやってこちらにお邪魔するしかありません。
 朝晩すっかり秋風の立つ季節になりました。こうやって季節は巡り時は過ぎて行くのだなあ、と改めて感じております。いや、ただそう思っただけなんですけどね。
 
 言葉は時に無力である。
しかし、人間は言葉でしかお互いを理解し得ない。

 長文の苦手なガメラ医師、こんな事しか書けなくて済みません。
それでは、また。

 『ウルトラセブンX』がスタートし、新作劇場映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の情報が出て来て、円谷関連が活気付いてきましたネ。特に新作映画にはティガが登場するようで。

 『仮面ライダー THE NEXT』もいよいよ一ヵ月後には公開です。

 オタクィーンさんのご意見をお待ちしていますヨ。

市川大河様 随分返事が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
私の休止記事に対しいち早くコメント頂けた事には、今更ながら感謝と敬意を表したいと思います。
私のような者に心の内を吐露して頂いた事に対しても深い感謝を禁じえません。頂いたコメントの内容を読み返す度、市川様のお辛い心情をお察ししてしまい、私の考えの甘さに赤面することしきりです。

私の貧困なボキャブラリーでは、市川様が経てきた様々な思いにお答えする言葉も見つかりませんが、コメント内にあった「それでも地球は回っている」という一言に、最近ようやく心が追いついてきたような気がします。

お察しの通り、10月の声を聞き始めたあたりから、私は「ネヴュラ」のコメント欄を久しぶりにじっくり読み解く精神的余裕ができました。日薬という言葉もある通り、休止直後にささくれ立っていた私の心持もようやく収まりつつあったようです。
9月から10月にかけ、リアルの世界でも色々な方々のご意見を伺い、市川様のコメントを落ち着いて受け取る事が出来るようになって、私のネットへの思いも少しはポジティブに変化してきました。
過去の自分の記事に目を通すのにもいい機会だったようです。
記事を書き溜めず、毎日完全ライブで更新を行っていた「ネヴュラ」は、更新時の心の様子が鏡のように記事に表れてしまう為に、それはまるで昔の写真でも見るかのような懐かしさと楽しさがありました。で、その懐かしい体験の中に私は、忘れていた思いを再認識したのです。
「ネットは怖いけど、「ネヴュラ」を愛してくれる人に悪い人って居ないじゃん。」
考えてみれば当たり前の事でした。「素直な思いは相手にも伝わる」という基本をすっかり忘れていたのでした。

「嘘を書かない」という「ネヴュラ」の信条は、時として今回のような休止記事を書かざるを得ないほど心の内を素直に吐き出してしまいますが、同時に「記事を書けない時期があった」という事もその間「無言の記事」として捉えればいいじゃんと思えるようになったのでした。
ネヴュラ休止期間は、私の中では市川様のコメントにあった「筆を折る」という表現とはやや違う意味合いとして生きています。
「筆を休めてちょっと午睡」ぐらいにお考え下さい(笑)。

ともあれ、近日中に「ネヴュラ」は再開のめどが立ちました。市川様はじめ皆さんのコメントも大きな励ましにはなりましたが、直接私の背中を押した理由は他にもあります。いずれ記事にもアップすると思いますので、その時はまた駄文にお付き合い下さい。
最後に。心のこもったコメント、本当にありがとうございました。

mana様 返事が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。
manaさんもブログを休止されていた事は今回初めて知りました。
いつも短いコメント中に鋭い指摘をされる解析力には感服していましたので、きっとmanaさんも記事を書かれれば凄いんだろうなーとは思っていましたが(笑)。
頂いたコメントにある通り、確かにネットの繋がりは決して悲観すべき点ばかりではありませんね。私もやっとそのお考えに同意できる心情となりました。ありがとうございました。
いつもながらの下らないブログですが、「ネヴュラ」を再開しようと思います。ここで提案ですが(もうお分かりと思いますが)これを機会に、manaさんもブログを再開なさってはいかがですか?
私もmanaさんの記事を拝見してみたいですし。諸事情おありになるとは思いますが、これも何かのご縁と言う事で。
manaさんのブログ再開も、「ネヴュラ」への大きな励みとなると思います。こういう繋がりもネットの良さなのかもしれませんね。

勝手な事ばかり言ってしまい申し訳ありませんでした。ともあれ、心のこもったコメントありがとうございました。これからも「ネヴュラ」をよろしくお願い致します。

自由人大佐様 何度もコメントありがとうございました。
返事が遅れ大変申し訳ありませんでした。
今回の事件では、私の地元名古屋でも大きな動きがありました。
被害者女性の母親が発起人となった、犯人グループへの重罰嘆願の署名は15万人にのぼり、今も被害者側への同情、ネット社会の弊害を憂う人々の思いは広がりつつあります。

私はこの事件について何も語る術を持ちませんが、その事件報道に衝撃を受け、気持ちの揺らぎとともに「ネヴュラ」を休止していたここ約2ヶ月の間、ずっとくすぶり続けていた思いがありました。
ウルトラマンティガ第44話「影を継ぐもの」についてでした。
こう書けば、自由人大佐さんならもう言わんとする事はお分かりですよね。

ウルトラシリーズに限らず、最近のヒーロードラマが抱える大きな問題の一つに「力とは正義なのか」というものがあると思います。
主人公はほぼ「巻き込まれ型」に近く、有無を言わせず強大な力を与えられる。与えられたその力を主人公はどう使うか。
確かに、そのシチュエーションは遠く「鉄人28号」の頃からあったと思いますが、最近のドラマに特に顕著なのは、「敵役が主人公と同じ力を持つ事によって、両者が持つ力が中和されてしまう」という点です。「ティガ」の例でいけば、それはティガ=ダイゴとイーヴィルティガ=マサキ・ケイゴの関係。お互い「光の巨人」の能力を得た二人は同等の力で対峙します。この時、もう二人の間には「ウルトラマン」としての意識は存在しない。
人間の心の中にある「光と闇」の戦いとなるわけです。

そこでイーヴィル=マサキ・ケイゴは、光の巨人が持つ「力」を制御できず、自ら滅んでいきます。力を間違った方向に使おうとすれば、その力は使う本人に牙を向けると。私はこの逸話をそう解釈しました。
いささか観念的であり、言わばきれいごとかもしれませんが、ネットという大きな「力」も、まさにそうなのかもしれませんね。
使い方次第で人と人を繋ぐ事も出来れば、人の未来を奪う事さえできてしまう。しかしその報いは必ずあるのでしょう。
考えてみれば前述の「重罪嘆願署名」にしても、その動きを広める上でネットの果たした役割も大きいと思いますし。
要は使い方次第なんですよね。

たとえきれいごとであっても、私はネット社会の中に、そして「ネヴュラ」を可愛がって下さる方々の中に「光」を信じたい。
そう思えるようになりました。そんな訳で、ちょっと期間を空けましたが近日中に「ネヴュラ」を再開したいと思います。
いつもながら自分の思いをウルトラにかこつけてしか話せない、こんな私をお笑い下さい。

おっしゃる通りティガ劇場新作、SEVENX、ライダー劇場新作と、特撮業界はまだまだ元気なようです。私も無い知恵絞ってついていきますので、また遊んでやってください。
重ね重ね、コメントありがとうございました。

hikari様 返事が随分遅れてしまい申し訳ありませんでした。
休止から約2ヶ月。あの事件が与えた衝撃は今もって沈静化したとは言えませんが、15万人を超える重罪嘆願署名などの動きを見るにつけ、まだ世の中捨てたもんじゃないな、なんて思っている自分が居ます(笑)。

突然の休止でさぞ驚かれたでしょう。大変ご迷惑をおかけしました。当時の私のショックは記事に書いた通りで、言ってみれば夜道で突然目の前の街路灯がすべて消されてしまったかのような感じでした。元々手探りで生きているような私にとって、あの一件は肌で感じる恐怖というものを思い起こさせるに充分なインパクトを持っていたのです。

hikariさんならおわかりでしょうが、私のように特異な生き方をしている人間には、世の中の均衡が少しでも乱れる事により風当たりが大変強くなるものなのです。何度か記事にも書きましたが、何もしていないのに疑われたり、また犯罪に巻き込まれやすかったり。今回はそれが「ネット」「現場が近所」という身近な事柄であり、また昨年母を亡くした事実も手伝って、余計心に迫ってきたのでしょう。

でももう大丈夫です。hikariさんはじめ皆さんから頂いたコメントから伝わる優しさ、そして再開への励ましのエールは、一時的に陥った私の下らない孤独感を見事に払拭してくれました。
加えてここ約2ヶ月間の休止期間もいい骨休めになったようです。
私の駄文がhikariさんの心を少しでも癒せたのなら、今度は私がhikariさんから元気を貰ったというところですね(笑)。
そんな励ましのコメントに支えられ、「ネヴュラ」は近日中に再開の予定です。本当にご心配おかけしました。

ここ数日、こちらは気持ちよい秋晴れで、残暑にへばっていたコタもにわかに元気が増してきました。栗やリンゴなど季節の味をおいしそうにほおばるコタを見ていると、私も負けられないなとモチベーションが上がってきます。
まさかコタにまで元気を貰うとは(笑)。

休止中、いろいろな人に興味深いお話を聞きました。男性とのちょっとムーディーなお話も(笑)。いずれ記事にあげますので、また呆れずお付き合い下さい。
本当に心のこもったコメント、ありがとうございました。

ジャリゴン様 返事が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
「仲間を裏切ってみろ。地獄にも行けやしねえぞ。」
そんな八丁堀の言葉が染みる、秋の夜長です。
ネットは人を繋げもするし、人を傷つけもする。そんな諸刃の剣である事を知りました。自分に実害がなくとも、今回の事件はその事を嫌がおうにもわからせてくれたのです。
でもジャリゴンさんをはじめ、コメントを下さるお仲間の方々は皆さんその事を分かっているからこそ優しく、節度ある態度を取られている事も理解できました。
闇を認識しているからこそ光に対して謙虚に振舞える、それが大人のあり方なんでしょうね。
無頼を装いながら自分のモラルを頑なに守った鉄のように。

大変ご心配おかけしました。近日中に「ネヴュラ」再開です。
「お気に入り」を残していただいたジャリゴンさんの意気に恥じないように、またオタクなトークを繰り広げていきたいと思います。
重ね重ね、コメントありがとうございました。

やませ様 返事が随分遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
とは言ってもこの間会ってるんだけどね(笑)。

先日はありがとうございました。名古屋までの往復運転は大変だったんじゃ?雨も降ってたし。
それにあれだけのカレースナックを食べきるにはかなり頑張ったんじゃない?あのお店、大人買いできるからつい沢山買っちゃうんだけど、同じものを買いすぎると食べてる内に飽きちゃうんだよねー。
最後の方は根性で食べるしかないんだけど(笑)。

おみやげ、ありがとうございました。きんつばはすぐ完食(笑)。化粧品は今後ゆっくり使っていく事にします。
冬が近いとお肌も乾燥しがちだから助かるわー。

「ネヴュラ」再開のめどが立ちました。近日中にはまたおバカなトークとコタの間抜け顔がアップされると思います。
あのやませさんとの席も大きな励みになったんですよ。
また楽しいコメント、楽しみにしています。
おっと、今度は私がそちらにおじゃまするかも(笑)。

のん様 返事が随分遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。
資格試験の結果はいかがでしたか?私はそちらの方面にはあまり明るくありませんが、やはり難しい試験なのでしょうね。
こちらもそんな時に休止してしまい、ご心配をおかけしてしまった事をお詫びします。

奥様も出産を控え、今が一番大事な時ですね。頂いたコメントにもありましたが、人が生きていくには本当に辛い事件が多すぎますね。やがて生まれ来るのんさんのお子さんをはじめ、未来を担う子供たちには、人が人を傷つける事の愚かさ、辛さを感じて欲しいと思います。
それが無くならない世の中だとしても、少しでも「心の痛み」「他人を思いやる心」を培っていって欲しいと願うばかりです。

おっしゃる通り、私も2ヶ月近くの充電期間を通じて色々思いを巡らしました。多くの人との関わりを通じて「自分とは何者か」という事を考える機会が多くあり、結局他人は自分を映す鏡なんだなーなんて思った次第です。
他人との関わりによって、自分の新しい一面を発見する事が多かったからかもしれません。
のんさんはじめ皆さんの励ましにより、「ネヴュラ」も再開のめどがつきました。それは本当に有難い事です。
ただ結局それも「コメント下さる方々との関わり」によるものなんですよね。この2ヶ月間は決して無駄ではありませんでした。

「ペールゼン・ファイルズ」もいよいよ始動する「ボトムズ」。ますます目が離せませんね。レビューコメント期待しています。
もちろん私も付いていきますので、どうぞこれからもお手柔らかにお付き合い下さい。重ね重ね、何度もコメントありがとうございました。

メルシー伯様 返事が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
先にこちらからご挨拶差し上げてからのお付き合いでしたのに、勝手に休止してしまったのは本当に申し訳なく、弁解の余地もありません。頂いたコメントへの不義理もお許し下さい。
ここ2ヶ月の様々な出会いや経験の中で、私の思いも次第にプラスに転化されてきました。度々拝見する貴ブログの記事も、モチベーションを上げるには絶好の刺激でした。
おかげで近日中に「ネヴュラ」再開の運びとなりました。本当にありがとうございました。
また以前と変わらぬおバカな駄文ばかりですが、また覗いていただき、からかっていただければ幸いです。
遅くなりましたが、100,000アクセスおめでとうございました。
私もメルシー伯さん目指してがんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。

大和少年様 返事が大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。
例の事件は、裏サイトによる犯罪の恐ろしさを感じるとともに、ネット社会に潜む法の壁が浮き彫りになりましたね。
どうやらネット独特の表現の自由、匿名性という部分が今後の法整備のネックになるようです。しかしながらこれも「システムの不備」ではない。それを使う人間のモラルが厳しく問われているのだと感じます。
「ネヴュラ」を通じてネット社会の末席を汚す私も、そのモラルを問われている一人である事は間違いありません。

結局、しっぺ返しは自分に来る事を知るべきなんでしょうね。
呼気中のアルコール量を感知して、飲酒していたら運転できない装置を搭載した車が開発される現在、人間は自己の欲望をそこまで制御できないのかという部分に絶望感を覚えるのも事実です。
しかしながら、ネットを通じてすばらしい交流を実現されている大和少年さんのコメントは、私の凝り固まった思いもほぐすに充分でした。
メトロン星人が侵略の手を伸ばすほど理想的な状況ではないにしろ、人間同士の相互理解は夢物語じゃないんだなあと改めて感じた次第です。

おっしゃる通り、大和少年さんはじめ「ネヴュラ」に集うコメンテーターの皆さんは本当に素晴らしい方々ばかりです。私のような者のお相手をして頂くにはもったいないくらいで。たとえネット社会には暗部があるとしても、「ネヴュラ」が光の部分なら、それはそれでいいんじゃないかと思えてきました。
そう思えるまでに2ヶ月。長すぎますね。相変わらず自分のおバカ加減に呆れるばかりです。

もしそんな皆さんともう一度楽しい時間を過ごせるならと、「ネヴュラ」再開を決めました。大和少年さんのコメントも大きな励みになりましたよ。いつかネットを越えた交流が出来るといいですね。
近日中に、また例のおバカな私見が炸裂すると思いますので、また呆れずお付き合い下さい。

心のこもったコメント、本当にありがとうございました。

オタクイーンさん、お久しぶりです。
1ヵ月ぶりにアクセスしたところ、「再開」の2文字に遭遇・・・素直に嬉しいです。
(当時は何も声をかけられず、すみませんでした)

以前のような分量・ペースでなくても結構ですので、ぜひ、この貴重な場を続けていっていただけると嬉しいです。楽しみにしています。


※リンク先は、すっかり停止中のブログに代わり、最近使っているWebアルバムです

ガメラ医師様 何度もコメントありがとうございました。
返事が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
重ねて急な休止で大変ご心配をおかけしてしまいました。

おっしゃる通り、確かに人間は言葉でしかお互いを理解し得ないと思います。言葉に「質」が足りない私など、それを「量」で補う必要さえ感じます。
同じ言葉を何度も繰り返す事。不器用な私にはそれしか思いつきません。思いを語る事。ネットでそれが許されるなら、聞いてくださる方がいらっしゃるなら、何万語でも語りたいと思います。

ガメラについての思いは、私もガメラ医師さんには負けません。
「ネヴュラ」近日中に再開いたします。あの素晴らしい怪獣世界を言葉を尽くして語りますので、またご意見下さい。
「来るよ。ネヴュラはきっと来るよ!」

トム様 返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
重ねて突然の休止にご心配おかけしてしまい、恐縮しております。

トムさんとは例の「カット割り」を巡るコメントのやりとりが思い出されますね。あれは私も本当に有意義で、自分の思いを言語化する事で脳内が整理でき、より考えが明確に把握できました。
今更ながら感謝しております。

例の事件に関しては、今もって恐れと憤りがないまぜになった感触が拭いきれませんが、そこで止まっていては先へ進めない。
とにかく今出来る事、語れる事を発信していく事が「進む事」と決めました。そんな大げさな事でもないんですが(笑)。
というわけで近日、約2ヶ月ぶりに「ネヴュラ」再開の予定です。

休止期間中、2週間で50本近く映画を見ました。(DVDレンタルですが)いい勉強になりましたよ。いずれ記事にアップしますので、また覗いてやってください。
重ね重ね、コメントありがとうございました。

みみ様 ご無沙汰しています。返事が大変遅れ、申し訳ありません。
今回の事件が地元名古屋の市民に与えた衝撃は大きく、ローカルニュースでは依然として毎日のように続報が伝えられています。
こういう事件が自宅近くで起きると、精神的な動揺も大きいですよね。みみさんの心情もお察しします。松本サリン事件も依然として戦後事件史に残る大事件でしたからね。
私も母親を昨年11月に亡くしています。肉親の最期を看取るのは本当に辛いものです。
みみさんもお母様を大切にしてあげてくださいね。

みみさんをはじめ、皆さんの励ましコメントに支えられて、私もようやく休止期間にピリオドを打つ気分になりました。いずれ必殺トークもアップしていきますので、また覗いてやってください。
重ね重ね、コメントありがとうございました。

ラコスケ様 ご無沙汰してます。ご心配おかけして申し訳ありません。
今考えると、2ヶ月の休止期間というのは結構有意義だったような気がします。例の事件の成り行きを見守りながら、自分の過去の記事を読み返したり、その偏りぶりに呆れ返ったり(笑)。
人に会って、物の見方について新しい発見があったりと。
映画も沢山見ました。本当の意味で充電期間だったのかもしれません。
それがどこまで今後の記事に活かせるかは未知数ですが、とにかくまたゆるゆると綴っていきますので、よろしかったらまた覗いてやって下さい。
また貴サイトにお邪魔させていただきますので、その節はよろしくお願い致します。

 おお、お帰りなさいませ!
 まるでスノーマンにやられて傷ついても立ち上がり、颯爽とこちらに向かって歩いてくる本郷猛のようですネ(^o^)/

 イーヴィルティガのお話、よ~く伝わりました。私の拙文に真摯にレスしていただき、まったく勿体ない‥‥。

 新作の特撮作品についてのお話が聞けそうで、ご帰還にワクワクしております。

 とり急ぎごあいさつまで。

P.S. 『仮面ライダー THE NEXT』の公開は「1ヶ月後」ではなく「1週間後」でした^^; 私は初日に見に行こうと予定を調整しています。

復活、心待ちにしておりました~♪
…って自分のブログも満足に更新できてないのに
こんなコト言うのもなんですけど。


こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。
失礼・無礼な点も多々あったと思いますが
どうかお許しくださいませ。

「私が元気づけてあげる」的な発言、
かなり思い上がっていたなぁと痛感しました(;´д`)ゞ
こんな小娘ごときになにができるでもなく…。

大人買いした「アレ」はオットに内緒なので
実家においてあるのですよ。
なので、時々行ってはコソコソ食べる、と。
まだたっぷりと在庫を抱えたままです。。。

でも、弟も懐かしがって喜んでくれてるので
よいお土産になったと思っています。
あとは消費期限に注意!ですね。

お土産、喜んでいただけて光栄です。
あの香り付きクリームはこの秋の限定品で
予想以上の人気のため、既に完売してしまったものです。
発売当初から「プレゼントしよっ!」って決めてたの。

香りはMIYUKIさんをイメージして選びました。
気に入っていただけると嬉しいなぁ。

…ってホントはその場でご説明したかったんだけど
テレくさくてあまりお話できなかった~。
アドレスも聞けなかったし、悔やまれるぅ~。

今度はぜひぜひこちら方面へお越し下さい。
冬は特にお魚美味しいですよ~(*^m^*)
お待ちしてま~す。

オタクイーンさん、お久しぶりです。(*^^*)
近々お帰りになるとのこと、よかったです。
私は最近すっかりブログ熱も冷めてしまって・・・
また以前のように気が向いた時にゴソゴソやってます、ほとんど三行記事です(笑)。
コタちゃんもそろそろ綿のドームに入る頃かな?(まだ早いかな?)
過ごしやすい季節は短いものですね。
では、また・・・ね!

自由人大佐様 お久しぶりです。
休止期間中も貴ブログはたびたび覗かせていただいていたのですが、なかなかテンションが上がらず・・・
コメントも出来ず申し訳ありませんでした。
いろいろ思う所もありましたが、いくつかのきっかけを経て、ぼつぼつ再開へのモチベーションも上がってきましたので、また始めようと考えております。

以前通りのおバカトークと思いますが、またお付き合い下さいませ。
ライダー劇場版、V3の登場も楽しみですね。やっぱり変身の雄叫びは「ブイスリャー!」なのでしょうか(笑)。
しっかり劇場でご確認下さい。
またのご訪問、楽しみにしております。

やませ様 お久しぶりです。
あの大量の「アレ」を少しずつ食べるというのは持久力の賜物ですねー。私なら一気に食べられるだけ食べて「もー見たくもない」とほったらかし、なんてのが日常茶飯事なんですが(笑)。
あとはコタと一緒にほそぼそと片付けるとかね。

いただいたクリーム、限定品だったの?
なんか申し訳なかったねー。私なんかに。
私、このクリームとイメージ違ったでしょー。
←のイラストが良くないのよ。今度ブログデザイン変更しようと思ってますのでお許しを(涙)。
まあいずれにしろ、記事の内容は毎度の濃い目トークなので、また気が向いたらコメント頂ければ。
無理しないでね。

そっちはこれから、冬のお魚シーズンですねー。羨ましい。
私なんぞスーパーの夕方割引で買ったお魚を、コタと一緒に食べるひもじい毎日を過ごしております。
いずれ機会あれば、そちらのおいしいお魚を一度味わってみたいわー。その時はどうぞよろしくね。

ポン太様 お久しぶりです。
ここ数日は特に映画鑑賞(DVDレンタルですが)のテンションも上がりまくりで、一度に20枚以上借りて毎晩見まくっております。
こんな事はめったに無いんですが。ブログ再開のモチベーションが上がったのも、このせいかもしれませんね。
ポン太さんは最近テンションダウンのようですが、そんな時は無理しないで、ゆっくり続けていって下さい。
私が言うのもなんですが(笑)。

そろそろ朝晩も寒くなってきたのでコタにも新兵器を準備しています。ネヴュラ名物の超兵器デビューは、いずれまた本文でお目にかけますのでお楽しみに。
では、再開までもうしばらくお待ち下さい。よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/7750704

この記事へのトラックバック一覧です: しばしのお別れ:

» エヴァンゲリオンの動画:第弐話「見知らぬ、天井」 [エヴァンゲリオン無料情報センター@エヴァンゲリオン大好き]
エヴァンゲリオンの動画:第弐話「見知らぬ、天井」EVA初号機に搭乗したシンジは、使徒との激闘の末、生還する。ミサトに引き取られる事になったシンジ。知らない町、知らない人々。そして、ミサトのマンションで彼が見たものも、知らない天井でしかなか...... [続きを読む]

« 秋の気配 | トップページ | 深夜の映画祭 »