2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 「才能あるアマチュア」対「プロ」 | トップページ | 優しい嘘 »

2007年7月20日 (金)

森の兄弟

Photo_1053今日は終業式。
午後3時、いつもの公園では
小学生が元気に遊んでいました。
明日から夏休みだもんね。


Photo_1054いつものウォーキングルート。
覗いた道の片隅に居たのは・・・





Photo_1056 二匹の子猫。森の住人です。
最近よく見かけていました。ようやく今日、撮影成功。

本当はこの子たちの他にも何匹か居るんですが、今日も逃げられちゃいました。
人間も動物も、本格的な夏が楽しみなんですね。

Photo_1058 動物の種類にもよりますが。
(二度寝の直前、巣箱に帰る後姿です(笑)。

にほんブログ村 ハムスターブログへ

« 「才能あるアマチュア」対「プロ」 | トップページ | 優しい嘘 »

コタクイーン」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オタクィーン様こんにちは。(今回さわやかな話にちょっと重いコメントですいません。)
公園のネコちゃんが車などの事故や危険な目にあわず、寿命を全うできるようお祈りいたします。猫が好きなもので、道路に車に轢かれた猫を見るたび悲しくなります。去年は国道で路上で重症のネコが苦しんでいたので、助けようとUターンしたのですが、目の前で轢かれてしまいました。亡骸は家のそばの土手に埋めて供養してやりました。りっぱな大きなオスネコでした。うちのネコは赤ちゃんのうちに貰って来て、外には一歩も出しません。そしてサカリが来ない様に子宮も取っています。ネコが外に出られないのはかわいそうと言う人もいます。でもその分こちらが愛情をこめて、出来るだけ幸せに生きてくれればと思っています。コタちゃんも愛情をうけてとても幸せそうに見えますね。

のん様 私も動物好きなのでおっしゃる事はよくわかります。
道路で動物の亡骸を見る度に心が痛みますよね。小さな命を救えなかったのんさんの辛いお気持ちは私にも伝わってきます。
確かにこういう自然公園に住む動物達は、人間の侵入により何かと被害に遭わないか心配になりますよね。それが不可抗力であっても、人間側の不注意が彼らを危険に晒す事になるのは同じ。その点は充分気をつける必要があります。

この写真は公園の間を通る車道の傍ら、歩道で撮影したものですが、ご覧の通り歩道はそのまま森に繋がっています。
猫達が歩道から車道へ飛び出す事も無いとは言えませんが、彼らは意外に頭が良く、歩道でじゃれあっているのを見る事はあっても決して車道へは出ません。車道も公園の中にある為、交通量が大変少ない事が唯一の救いと言えます。とはいえ万が一の事故も無いとは言えませんから、依然彼らは脅威に晒されているとは思うのですが。
唯一の救いは、この公園はそこに暮らす動物も含め、近所の人々に本当に愛されているという事です。犬の散歩やジョギング、野球やサッカーを楽しむ人々など、一日を通じて絶える事の無い訪問者達は、彼ら森の住人を心から可愛がり、決して危害を加えたりしません。
そこには自然を敬い、共存する精神があると思います。こういう精神がある限り、彼らの安全は保証されていると考えたいです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/7213199

この記事へのトラックバック一覧です: 森の兄弟:

« 「才能あるアマチュア」対「プロ」 | トップページ | 優しい嘘 »