2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 平成19年 新潟県中越沖地震 | トップページ | お昼にビックリ »

2007年7月17日 (火)

アンブローズ・チャペルで待ってます

・・・今日はもうダメ。
貧乏人にあるまじきCDレンタルなんてしちゃって、
さっそくパソコンで再生しようとしたら、いつも自動的に立ち上がるWindows Media Playerが完全にフリーズ。

なんと他のソフトも一切立ち上がらなくなっちゃって。
ネットも繋げないありさま。電源さえも切れなくなってしまい。

機械音痴の私はあわててお客様相談センターへ電話。
担当のお兄さんと二時間以上あーでもない、こーでもない。
結局不調の原因はつかめず、最後の手段「復旧システム」でちょっと前の設定に戻しました。

それが良かったのか動く動く(喜)。ほっと一安心。
パソコンにはお仕事のデータも入っているので、一度はどうなる事かと。

大変な一日でした。いやーやっぱりレンタルCDなんて贅沢したのがいけなかったんですねー。きっとパソコンがおなかを壊しちゃったんですよ(笑)。

そんなわけで今日は精根尽き果てて、とても記事を書く余力がありません。お許し下さい。
今日書く予定だった記事は明日に延期します。

ちなみに今日のサブタイトルは、明日の記事の予告編となっています。このサブタイだけで記事のテーマがお分かりの方はかなりの洋画通ですね。
皆さん、ちょっと考えてみて下さい。
答えは明日までのお楽しみ(笑)。

« 平成19年 新潟県中越沖地震 | トップページ | お昼にビックリ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オタクイーンさん、お久しぶりです~
ちょっと出張に行ってまして・・・出張というより、ちょっとした監禁です。。(笑)

「女か虎か」はぜひ参加したい楽しい企画でしたね、、、参加できず残念でした。この手の企画は好きなのでまたよろしくです。
気分転換に「サイコ」をみました。人間の怖さ、精神のもろさを十分感じました~

「セブン」もDVD-BOXを持っていますよ。というよりウルトラDVD-BOXは「マン」より先に入手したんです。
子供の頃の記憶に「マン」子供向け、「セブン」大人向けって感覚がなんとなくあったんです。
「セブン」当然いまでも面白いのですが、なんというか「セブン」を社会派って思うには年を取りすぎたのだと思いましたね。
それで「マン」はどうだったかな?という小さな好奇心でDVD-BOX購入に至りました。それで「マン」の感想は子供の頃にタイムスリップさせてくれるといいますか、今見ても子供視線でみれるんですね。
それと特撮にお金かかってるな~って正直思いました。。。「セブン」にもう少し予算があればなんて事も考えましたし・・・・
「セブン」ではノンマルトの話が好きです。やはり子供が主役だからでしょうか?
それにしてもアンヌ隊員は魅力的です!!
「セブンX」どうなるのでしょう?新しい世界観を生み出してくれるなら最高にうれしいのですが。。。

先日、番組表で「ピープロ特集」なる番組を発見!!これをみてオタクイーンさんの感想などをと思っておりましたら10分前に終了してました・・・無念です。。

長文失礼しました。

大和少年様 お帰りなさい。出張お疲れ様でした。
大変ですね。猛暑の折、体調などにはお気をつけ下さいね(笑)。

「女か虎か」については、お仲間の皆さんから様々なご意見をいただき、非常に有意義な企画でした。ただ、あの企画は別に終わったわけではありません。続編記事に書いたのはあくまで私の考えで「正解」ではないので、いつでも大和少年さんのお考えをお寄せいただいて構いませんよ。逆に、皆さんのご意見が出揃った後でお聞きする大和少年さんの一言が楽しみなくらいで。
是非ご意見お聞かせ下さい。
こういう企画は面白いですよね。皆さんのご協力あっての事ですが(笑)。

確かに「セブン」は「Q」「マン」に比べ対象年齢を上げた印象が強いですね。
これは個人的な考えですが、ウルトラ世界でリアリティーとファンタジー性がバランスを保てるギリギリの線が「マン」だったんじゃないかと思うんですよ。ファンタジーというベールに包まれ、微妙なラインで成立していた「地球人の正義=M78星雲人の正義=宇宙全体の正義」という主張は、ハードSFとして出発した「セブン」では成立しない。地球と宇宙、二つの正義の間に立ち尽くす「悩める宇宙人」の姿は、私の求める「ヒーロー」ではないんですね。私がセブン世界に感情移入できない理由の一つはそんな所かもしれません。
「ノンマルト」にしたって、あれは完全に地球人が悪役になってますもんね。ドラマの完成度は素晴らしいのですが(笑)。

この「セブン」の路線が「セブンX」で継承されたとしたら、たとえ内容がどんなに素晴らしくても私はちょっと苦手に思ってしまいます。
これは好みですからねー。本当に頑固で申し訳ありません。
いつも以上に呆れられていると思います(笑)。

「TOKUSATSU LEGEND ピープロ魂」は私も見たかった番組でしたが、残念ながらウチは日本映画専門チャンネルが入らないんですよ(涙)。ですから今回の放送は見送りです。こればっかりは仕方がありませんね。再放送が予定されていたら、その時は満を持して鑑賞したいと思います(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/7183201

この記事へのトラックバック一覧です: アンブローズ・チャペルで待ってます:

« 平成19年 新潟県中越沖地震 | トップページ | お昼にビックリ »