2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« プロジェクト・ドラゴンフライ | トップページ | 時はコク深い人生の妙味(痴の巻) »

2007年6月10日 (日)

時はコク深い人生の妙味(転の巻)

「しまった!」
朝4時半。起床直後、両手の指先を見た私。
マニキュアにムラがある!やっぱりシルバーは塗りが難しい。
今日が本番なのに。スケジュールはさらに複雑に。


更新が遅れ、申し訳ありませんでした。
おととい8日。読者の皆さんにはご存知の「幼馴染との再会」当日のお話です。
この日は私にとって大切な一日。もちろんお仕事は入れていません。
冒頭の一言のように、この日私は起き抜けから「北北西に進路をとれ」並みのジェットコースター・アクシデントの連続で。
今日の「ネヴュラ」は日記として自分の記憶を残すべく、その詳細を事細かくお話します。
ちょっと長くなりますがご了承下さい(笑)。

まーよくあるお話ですが、こういう日って大抵何かしらアクシデントがありますよね。全てがうまく行く日なんてあったためしがありません。いきなりのマニキュアショックで私のモチベーションは大幅ダウン。
分刻みのスケジュールもガタガタに。

思えば私も悪いんです。昨夜マニキュアを塗る時、ちょっと薄め液を多く入れすぎました。
「こんな事なら、メカゴジラのキットでも作って筆塗りの練習しとけば良かった。」
でももう遅い。一日は始まっています。あわててマニキュアを買いなおしにコンビニへ出発。今は朝4時50分、開いてるのはコンビニくらいしかないですから。

・・・惨敗。気に入った色が無い。私はこういう事にはこだわるたちなので、どんなに追い詰められても自分を曲げません。ある物で間に合わせるのは「自分に負ける事」と思ってしまうタイプ。「ダメだ。コスメショップが開いたら再度挑戦」とばかりに一時帰宅。本来のスケジュールを消化しないと。

5時50分。本番前最後のウォーキングに出発。
体力を温存しながらも出来る限り汗を流すべく気合を入れます。
1kgダウン。前日の若干のリバウンドを入れ、これでダイエット開始時より合計6.5キロカットに成功。ほぼ予定通り。熱いシャワーで身体を引き締めます。

(このあたりで、頭には「スパイ大作戦」劇中BGM「ザ・プロット」(アップテンポVer)が流れています。)

9時。持ち物をピックアップ。化粧品から予算まですべて点検。声枯れ用ヴィックスドロップもいつもより多めに準備して。こういう細かい事をおざなりにして失敗した例も数知れず。決してバカにはできません。まー女声が出せるようになってから自力でピンチを脱せるようになったので結構お気楽にもなってきましたが。でも気は抜かない。
9時50分。近くのジャスコへ出発。
ほぼスッピンですが仕方がない。マニキュアの他にも、今日どうしても必要なものがあったからです。
件のスーツに合わせるパッグ。


実は昨日、このジャスコを皮切りに、思いつく限りのショップを回って品定めをしていたんです。(6軒くらい回ったかな)で、予算・好みなどを考慮して、結局最初に見たバッグに決定したというわけで。私はこういうのも苦手で、「ここには一応候補があるけど、他のお店でもっと気に入るものがあるかも」病なんですよ。回れるだけ回らなければ気がすまない性格で。ですからレディース関係の買い物には必ず2日かかります(笑)。

10時50分。マニキュア、バッグともなんとか入手、部屋に戻っても休息の時間はなく。
キョトンとこちらを見ているコタに「今日はご馳走」と、レタス・ミニキャロットのフルコースを与えてからふたたびマニキュア塗りに突入。
女性読者はお分かりでしょう。マニキュアというものは一度塗ってしまうと指先が乾くまで行動が著しく制限されます。一時間ほどは何もできない。今日の一時間は予定外、大変なロスタイムですが仕方がないんです。ここでしっかり乾かしておかないと。
以前、出発直前にあわてて塗って、塗った直後に「しまった!お財布も開けない」なんておバカな失敗もしましたから(笑)。

指が使えず耐える事一時間。お昼12時です。本番まであと8時間。
これでも時間は足りません。二度目のシャワータイム。何故二度浴びするのかお分かりでしょうか?
二度目のシャワーでは、昨日カラーリングした髪を入念に洗うんです。

以前何かの番組で、女性に「美容院へ行く前に髪を洗いますか?」という質問の統計がありました。ほとんどの方が「洗う」と回答。
今日は本番前にストパーをかけ、サラサラの髪を手に入れる予定です。
女性はやはり、美容院でまた頭を洗ってもらう事が分かっていても、お店のスタッフへの気遣いを忘れないものなのです。
変な匂いは「自分のプライドが許さない」んですね。


13時30分。洗った髪を乾かしていよいよメイク。
以前お話した「ドラゴンフライ・レッド」の出番です。

二度のシャワーの後化粧水で引き締めた肌に、お気に入りのファンデ、アイシャドー、チークが重ねられていきます。
私は、この一時が結構好きなんです。多少のキャリアにより、下手ながらなんとか見られるようになったお化粧ですが、これ、その日ごとに微妙に「仕上がりに差」が出るんですよ。女性読者はよく分かりですよね。

私の場合、決め手は「眉毛の角度」。
普段の癖で、どうしても左の眉を低めに描いてしまうんです。(なんかこんな事、男性読者に読まれるのは恥ずかしいですね(笑)。ですからこれさえうまくクリアできれば、その日は一日上機嫌という訳で。


うまく行きました。微妙な「好みの角度」も再現できています。
ここでテンションは一気に上昇。こんなもんですよ私は(笑)。

スーツに着替え、新品のバッグに荷物を全部詰め込みました。
覗いた時計の針は15時。待ち合わせ時間まであと5時間。
朝のロスタイムも取り返し、スケジュールは順調に進んでいると思われたのですが・・・
ここで今日最大のアクシデントに襲われる事になろうとは!
(番組ならここでCMですね(笑)。

実は、美容院の予約時間は16時でした。まだ一時間の余裕があったんです。美容院まではいつものミニバイクで10分の距離。15時半に部屋を出ても余裕で間に合う。
事実美容院にも「ちょっと早めに着いちゃいます」なんて電話を入れていたんです。


ところが。この日私の地方はお天気が不安定で。朝から何となく雲の多い空だったんです。「なんとか一日持つでしょう」と希望的観測を持って30分ほど身支度に走ったことが私の明暗を分けました。
15時30分。エレベーターを下り、マンションの駐輪場へと歩き出した途端、(もうお分かりでしょうが)大粒の雨が降り出したのでした。

「ミニバイクはNG!」
瞬時に頭をよぎったのはバス・地下鉄の乗り換え計画。昨日、バスの時刻表はメモっておいたのですが、なにしろへき地なものでバスは30分に一本しかありません。
次のバスは15時48分。バス・地下鉄では美容院まで30分以上かかります。
迷っている余裕はありません。

「ウルトラ作戦第2号!」
バス停で美容院に「ちょっと遅れます」と入れる電話の声も上ずり気味(汗)。


案の定、この急な雨でバスは10分の遅れ。
結局美容院に駆け込んだのは16時30分。しかもそこで、懇意にしている店長さんから大きなダメ出しが。

「傘がダメだよ。傘が。」
この雨を予想していなかった私が慌てて持ち出した傘はなんと茶色のチェック柄。「男物」っぽい色だったのです。
「そこまでキメたんなら、傘ももっと女らしいのにしなきゃ。」
さすがにヘアサロンのマスター。動揺を見抜かれてる。
「急に雨が降ってきたって設定で、コンビニでビニール傘を買った事にしなよ」という店長さんのはからいで、お店のビニール傘を貸してもらう事ができました。

いやーギリギリセーフ。でも依然としてロスタイムの30分は回避の手立てがありません。
どーしよう。マスター助けて!


・・・そんな私の心配は杞憂に終わりました。
事情を聞いたサロンスタッフの手際よい仕事ぶりで、予定より30分も早く施術は終了。いやー助かりました。このお店のストパー「コスメ・ストレート」は、今まで試したどのお店のストパーよりも私の髪質に合うお気に入りメニュー。今日もサラサラの髪が私のものに。

「できましたよ。」合わせ鏡で後姿を映してくれるスタッフのOちゃんに、私は涙が出そうなほど感謝していました。
でもここで泣くとメイクが崩れちゃうのでぐっと我慢(笑)。


18時45分。スタッフに見送られ美容院を出た私は、その足で一路待ち合わせ場所に向かいました。そこは美容院から地下鉄で30分。その駅が集合場所です。
もうこれで準備OK。少し早めに到着できるでしょう。この日のために費やした準備、今朝からの14時間あまりが思い出されます。でも待ち合わせの駅が近づくにつれ、地下鉄のガラス窓に映る姿を見る私の胸の内には、時間の余裕ゆえかある不安が顔を覗かせていました。

みんなは私を見てどう思うだろうか。
今日までは「気にしないだろう」なんてタカをくくっていたけれど、実際自分が逆の立場だったら、私みたいな者をまともに扱う事ができるだろうか。
「ふざけるな」なんて一喝され、仲間にも入れられずとぼとぼと家路に、なんて事にならないだろうか。


ガラス窓の中の私の顔は、やがて不安にかき曇りがちになっていました。
何を一人ではしゃいでるんだろう。この姿で働いてはいても、仲間の前では男でいる必要があったのかもしれない。
地下鉄に乗る周り全ての人々も私をあざ笑っているような。このまま帰ってしまいたくなる不安。


19時15分。待ち合わせの駅に着きました。
旧知の仲間ゆえ待ち合わせ場所は「駅」という事しか決めていません。20年以上経ってはいても、姿を見ればお互い分かるだろうという感覚だったのです。

でも私には、その感覚が辛い。
たとえ仲間が私を見つけても、驚いて声をかけずに立ち去るなんて事だって。
駅ビルの前、バスターミナルのベンチで過ごす30分あまりがどれほど長く感じられた事でしょう。


19時50分。待ち合わせ10分前です。
ちょうど私が座るベンチの傍ら、ビルの大きな柱の向こうから聞き覚えのある声が漏れてきました。運がいいのか悪いのか、柱に遮られて相手の姿は見えません。

会話しているという事は、仲間は二人以上。
千々に乱れる心を抑えながら、私は恐る恐る柱の向こうに目を向けました・・・


つづく!
(次回「痴の巻」は今日中に更新の予定です(笑)。

« プロジェクト・ドラゴンフライ | トップページ | 時はコク深い人生の妙味(痴の巻) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いや~すごいキレイにして行かれたのですね。
そしてその努力がすごい。
私なんて彼氏(今は旦那)とのデートでもここまで準備したことないです。
私は化粧もあんまりしないですしね。

お友達の反応はどうだったのしょうか。
更新が楽しみです。

こんにちは~、オタクイーンさん。
そちらは朝から大変だった様子。雨を気にされていた謎が解けました。
それにしても、しすけさんも書いてられますが、その努力と準備がすごい!!
こんな事を言ったら失礼ですが、ある意味特殊なシチュエーションですからね・・・私などが理解できるものでもありませんが、女性以上に気を使われた様子がわかります。
文面は、いよいよってところで終わってますが、終電を忘れるぐらいだから、旧友さん達と最高の時間を過ごせたのでしょうね。よかった!
ぁ、これはまだ内緒かな?(笑)

しすけ様 コメントありがとうございました。
いえいえ。準備に時間や手間がかかってしまうのは、普段のお手入れを怠っているという事で。お恥ずかしい限りです。
基が悪すぎる私にとっては、人前に出られるレベルになるまでにそれだけの努力が必要で。これだけは仕方ありませんね。

お化粧の必要がない女性は本当に羨ましいです。普段街ですれちがう女性でも、ほとんどお化粧してないのにやっぱり顔は綺麗ですもんね。まーこればかりは染色体の違いと諦めてますが(笑)。

さて。後半はいよいよro_okuさんの登場です。
彼の名演技にご注目下さい(笑)。

ポン太様 コメントありがとうございました。
ポン太さんに言われて気がつきました。確かに特殊なシチュエーションですね(笑)。
普段女性の姿でお仕事を続けているのでお化粧などは特別な事でもなかったんですが、「昔の自分を知るメンバーに会う」という事が、念入りな準備の理由だったのかもしれません。
結果的にそこまで気合を入れる必要は無かったんですが(笑)。
大口あけて笑いっぱなしでしたし(爆笑)。

お互い、旧交を温める事は明日への活力になりますよね。
私もモチベーションアップにつながりました。
友人の一人は最後まで「お前が夢に出そう」と笑ってましたが(笑)。

おおー、最後どきどきしました!なるほど、「つづく」とは。
ちょっと目が離せない展開ですね。それにしても朝からものすごいテンションですね、続きが知りたい~!

「人の運命は、神が遊ぶ双六だとしても、上がりまでは一天地六の賽の目次第。鬼と出るか、蛇と出るか、謎に挑む敵中横断。
 次回「襲撃」。キリコ、敢えて火中の栗を拾うか。」
(ボトムズ6話予告より)

のん様 コメントありがとうございました。
このクライマックス、「放たれた矢は、標的を射るか、地に落ちるか」という心境でした。

まあ準備も大変でしたが、こんなシチュエーションは一生に一度あるかないかですからねー(こちらも相手も(笑)。ですからお互い、忘れられない思い出になりました。
この続きは現在アップしましたので、またご覧頂いて笑ってやって下さい。(前篇の引きがあまりに思わせぶりなので、ご期待に沿えるかどうか心配ですが(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/6731027

この記事へのトラックバック一覧です: 時はコク深い人生の妙味(転の巻):

« プロジェクト・ドラゴンフライ | トップページ | 時はコク深い人生の妙味(痴の巻) »