2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 土曜日の恋人 | トップページ | 桜舞う公園 »

2007年4月10日 (火)

今夜はマイクを離さない!

「いやーやっぱりお花見の季節だなー。」
テレビ東京系特番「真剣!カラオケバトル」を見ていて思いました。

桜の便りと共にここ数日、テレビでも「春の曲」やら「カラオケ」がらみの歌番組が目白押しですねー。出会いや別れのこの季節。またお花見の後ほろ酔い気分でカラオケボックスなんて事もあったりして、なにかと歌う機会の多いこの時期。
そんなタイミングに合わせた番組が多いのも無理はありません。

一時期に比べ歌番組の数は若干増加傾向にあるものの、最近の番組は「懐かし系」が多い為、以前のようにライブで最新ヒットが聞かれる機会が少ないですね。
プロモビデオ全盛の今では、下手に歌い手のライブを聞かせるより完成度の高いプロモを流すほうが得策なのかもしれませんが。
(制作側も編集が楽だし(笑)。

実際、今日の番組でも古の歌手の出演部分が売りで、懐かしさを感じる以上にこの頃の歌手がメディアに登場する事の困難さ、また局側にとっても露出させることの困難さが窺えてしまってちょっと可愛そうな気もしてしまったのですが。まあそれは別のお話で。

ともあれ、特番とはいえこれだけ歌番組が続くと私の心も高揚してくるもので。
今日は下手ながら歌好きの私が口ずさむお気に入りナンバーのお話です。
と言っても音は出ませんが(笑)。


以前にも何回か「ネヴュラ」でお話している通り、私は自己満足ながらある程度女性っぽい声が出せます。その為今のお仕事も成立している部分がありますが、この声でカラオケを歌うとそれなりにオリジナルに近い雰囲気を出せる曲が(ほんの何曲か)ある事がわかりました。
ここ数年はすっかりご無沙汰となってしまいましたが、本来歌好きの私は以前、毎週のように飲み屋さんに出かけ、周りの迷惑を省みず歌いまくっていた時期があったのです。


これは「自分の高音がどの程度のポテンシャルを持つのか」を実験していたような所がありまして。当然の事ながらレパートリーは全て女性ボーカル曲。「絶対にボイスチェンジャーを使わない」というルールを自分に課し(何やってるんでしょうか)キーもオリジナルのまま歌う事を条件に頑張っていました。
私もご他聞に漏れず、女性曲を歌う時は曲の主人公になり切るタイプで(おバカですねー)選曲も「いかにもOLさんが歌いそうな定番曲」ばかり。
当時の私の「持ち歌」は、
今井美樹『PRIDE』、中島美嘉『接吻』、竹内まりや『駅』『カムフラージュ』『天使のため息』、福耳『星のかけらを探しに行こうagain』などなど。ベタベタですね(笑)。

私はこのあたりの曲が比較的キーが合うようで、他のお客さんからも「違和感が無い」と嬉しい評価を頂け、有頂天になっていた事もあります。お世辞でも嬉しいもので。
これらの曲は歌いやすさ以上に曲そのものが大好きで、特に『接吻』なんかは中島バージョンもいいですが、オリジナル・ラブのオリジナルバージョンなんかを耳元で男性に歌われたらもうメロメロになってしまいそうです(恥)。

調子に乗った私はこの歌を引っさげ、私の正体を知らない普通の男性とカラオケボックスで2時間歌った事があります。
さすがに地声が出そうになりましたがなんとかバレず、切り抜けた時の達成感は私をさらに調子に乗せてしまったのでした(笑)。


私が「ボーイッシュバー」に勤めていた事は以前お話しましたね。その時もこの歌好きは私を助ける「芸」となってくれました。
『GOLDFINGER99』を歌うボーイッシュの彼に続いて私が『真夏の夜の夢』でお店を盛り上げる、なんて。
光景が浮かんできそうでしょ(笑)。

そういうお店にいらっしゃるお客さんは中年男性が多く、そのリクエストも比較的往年の名曲がほとんど。その手のお店の定番パターン、男性客とのデュエットも私にとってはお手の物で。
お世辞にも上手な歌ではありませんでしたが女性パートのキーだけは出せるので、お客さんには女性と歌っているような気分を味わっていただけたようです。
でも考えてみれば私が女性そのものの歌を歌っても面白みは無いんでしょうが(笑)。

そんな中、ソロで比較的お客さんのウケが良く、リクエストも多かったのがこの2曲。
中島みゆき『地上の星』『ヘッドライト テールライト』。言わずと知れたNHK「プロジェクトX」のテーマ曲ですね。
当時「サラリーマンの応援歌」と言われたこの両曲も私の得意曲した。

特に思い入れの深いのは『ヘッドライト テールライト』で。
3番の歌詞がたまらないんですよ。
「♪行く先を照らすのは まだ咲かぬ見果てぬ夢。
はるか後ろを照らすのはあどけない夢。
ヘッドライト テールライト 旅はまだ終わらない。」
子供の頃の夢が今の自分を形作っているというメッセージがもう、私の人生のテーマそのもので。
あまりの思い入れに、この3番を歌う時いつも涙声になってしまうのが玉にキズなんですが(汗)。


まーそんな事を語りつつもやはり私は「おバカなオタク」。
普通の人があまり歌わないマニアックな曲も大好きで。
まず女性ボーカルの曲としてはこのあたりがレパートリーでしょうか。


・山根麻衣『THE REAL FOLK BLUES』
  (TVアニメ「COWBOY BEBOP」ED曲)
・前野曜子『蘇える金狼のテーマ』
  (角川映画「蘇える金狼」ED曲)
・小坂由美子『REASON』
  (TVアニメ「宇宙の騎士テッカマンブレード」OP曲)
・松本梨香『Alive A Life』
  (TVドラマ「仮面ライダー龍騎」OP曲)
・YU-
KI『NEXT LEVEL』
  (TVドラマ「仮面ライダーカブト」OP曲)
お分かりになる曲も、そうでない曲もおありでは(笑)。


すべてオリジナルキーですが、最初の2曲は比較的キーが低いので楽に歌えます。
残りの3曲はやっぱりキビしい部分がありますね。この手の曲はアップテンポの上サビが恐ろしくハイテンポなのでよほど歌いこまないと追いつけない。まあ毎日CDを聞きながら鼻歌交じりに口ずさんでいればなんとなくカンどころは分かりますが。

この他に私が外せないのがご存知「必殺シリーズ」の主題歌で。これ、以外にカラオケにはないんですよねー。
最近はあまり行っていないので分かりませんが、以前は西崎みどり『旅愁』(暗闇仕留人)、山下雄三『荒野の果てに』(必殺仕掛人)ぐらいしかなかったんですよ。
『旅愁』はレパートリーの一曲ですが、私としてはもっと歌いたい曲が沢山あります。

・三井由美子『やがて愛の日が』(必殺仕置人)
・葵三音子『哀愁』(必殺仕置屋稼業)
・西崎みどり『さざなみ』(必殺仕業人)
・川田ともこ『あかね雲』(新必殺仕置人)
これらの曲はキーも合わせやすく、部屋ではよく歌ってるんですがカラオケには入っていなくて。非常に残念です。

そしてっ!これらの曲以上に歌いたい必殺ナンバーは
小沢深雪『夜空の慕情』『さすらいの唄』(必殺必中仕事屋稼業)ですねー。
この2曲はスリリングなドラマの場面を想起させる効果もさることながら楽曲の完成度が特筆もので。
特に『夜空の慕情』はイントロを聞くだけで目が三角に(笑)。
名曲と思います。


必殺ナンバーのお話ついでに。
私がひそかに必殺テイストを感じる曲があるんですが。
大橋純子『サファリ・ナイト』。この曲も私のカラオケレパートリーなんですが、この曲、「殺しのテーマ」にピッタリと思ったりして。私がオリジナルの必殺ストーリーを妄想する時、殺しの場面には必ずこの曲がかかっています。いい曲と思うんですよ。

この曲に限らず『たそがれマイ・ラブ』『シルエット・ロマンス』など、大橋純子の曲には私の必殺アンテナに触れる名曲が多くあります。(これもよく歌いますが)本人の確かな歌唱力、曲世界の深さも手伝って、「私がプロデューサーなら主題歌をお願いしたい」歌手の筆頭ですね。
もちろんそんなチャンスも権限もありませんが(涙)。


ここまでは私の「女声」を使ったレパートリーでしたが、当然の事ながら私は生物学上男性。地声は男性のそれです。確かに普通の男性に比べキーは高いですが、それでもカラオケでは男性ボーカルの曲を歌う事もあります。
よほど仲のいい仲間にしか聞かせませんが(笑)。

これはもうオタク全開で。普通の曲なんかありゃしません。
・FLOW『DAYS』
  (TVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」1stOP曲)
・JAM PROJECT『FIRE WARS』
  (OVA「マジンカイザー」OP曲)
・AIR MAIL『メロスのように-LONELY WAY-』
  (TVアニメ「蒼き流星SPTレイズナー」OP曲)
・TETSU『炎のさだめ』
  (TVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」OP曲)
・影山ヒロノブ『戦うために生まれた戦士』
  (ビデオ「ウルトラマンVS仮面ライダー」ED曲)
・爆風スランプ『神話』
  (大映映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」ED曲
とまあ・・・


こうやって挙げていくとまるっきりオタクですねー。この辺を歌う時には私は完全に女を捨ててます(笑)。歌っていて力が湧いてきたり、爽快感があるものが好きみたいですね。
(「炎のさだめ」は・・・。まあ例外はあるもので)

でも私の「カラオケ男性ボーカルベスト1」はこれなんです。
V6『TAKE ME HIGHER』
(ドラマ「ウルトラマンティガ」OP曲)

これは本当に名曲と思います。私の中ではベスト、ウルトラソングですねー。
メロディー、歌詞、アレンジのどれをとっても私の好みにピッタリで。今でもお仕事で辛い時など、朝の景気づけに聴く事が多いです。
例の「間奏部分」(お好きな方はお分かりでしょう)、私は第50話、レナの「今、後ろ見えない・・・」じゃなくて、第28話のダイゴのセリフ「何故戦う?何の為に?ティガー!」を叫ぶんですよ(笑)。


またつらつらとつまらないお話を。
いつもながらまとまりがなくて。
カラオケは自分の歌の好みが出ますよね。それが自分の声で歌えるのは無上の喜びですが、たとえ聞くだけでも楽しいものです。

今日のBGMは加藤ミリア『EYES ON YOU』。
最近一番のお気に入りです。
ヒットチャートは少し落ちてきましたが好きなものは仕方がない。今、この曲を歌えるように猛練習中です。
でもキーが高い(笑)。

« 土曜日の恋人 | トップページ | 桜舞う公園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後のシ者の言う通り、
歌はリリンが生んだ文化の極みだと思います。

実はミクシィの方でも日記を書いてまして、
3回に渡って「唄」の付くタイトルの
「映画」・「漫画」について書いている所で、
次回に「歌」で締めようと考えていたのですが
その候補の曲が今回のオタクイーンさんの記事に
載っていました・・・。

中島みゆきさんの「ヘッドライト・テールライト」
良いですよね。僕は「糸」も好きです。
中島美嘉ちゃんなら、ガンダムSEEDの「FIND THE WAY」
今井美樹さんなら「オレンジの河」辺りですかね。
因みに僕のi-Podには「THE REAL FOLK BLUES」と
「メロスのように」「炎のさだめ」が入っています。
前野曜子さんのヴァーカル曲ならスペースコブラの
OP曲のお勧めです。角川映画ですと僕が歌うのは
ダウンタウン・ブギウギ・バンドの「欲望の街」、
同じバンド繋がりで、TVドラマ「探偵物語」で
最終回とても効果的に使われた「身も心も」とか。

必殺ですと、丁度地元のローカル局で放送中の
「必殺商売人」の「夢ん中」。
歌っている時は小林旭さんみたいに唄いながらも
気持ちでは、新次になりきっています。

最近のアニメ(と、言っても既に終了して
大分経ちますが)の曲では「創聖のアクエリオン」
のOP曲(前期・後期共)は燃えますね、何か。
作曲家の菅野よう子さんは天才ですよ。

ジャリゴン様 コメントありがとうございました。
やっぱりジャリゴンさんや私など、特撮作品に心を奪われる人たちは好みが似てきますね。コメント中、おすすめ頂いたナンバーのほとんどは私の中で「一応歌えるけど自分の中で納得が行ってない」作品ばかりなんですよ(笑)。まあ記事中の曲も決してうまい訳じゃないので大きな事は言えないんですが。

前野曜子「スペースコブラ」OP曲、DTBB「欲望の街」「身も心も」はよく歌いますが、「コブラ」はともかく後の2曲はあまりにも男っぽい曲なので歌うとちょっと引かれます(笑)。

「夢ん中」も名曲ですね。あの曲をレパートリーとするジャリゴンさんは歌も相当の使い手では?一度お聞きしたいです。
必殺では「望郷の旅」(助け人)も大好きで、カラオケがあれば是非挑戦したいんですが、またイントロで体が熱くなってしまいそうで困ります(笑)。必殺の曲って罪ですよね(爆笑)。

菅野よう子さん!ボーカル曲に加え、BGMなど彼女が奏でるナンバーの数々は独特の魅力がありますね。色々な番組に使われるのも分かります。「TANK!」なんて聴かない日が無いくらいで(笑)。おっしゃる通り天才ですね。インタビュー記事を読むと飄々としていて、ああいう曲を作るキャラには見えないんですが。
きっとシャイな方なんでしょうね。その彼女の主張が曲に表れていると。ミュージシャンとはそういうものなのかもしれませんね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/6038005

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜はマイクを離さない!:

« 土曜日の恋人 | トップページ | 桜舞う公園 »