2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 三丁目の007 | トップページ | 自転車は飛ばなかったけど »

2006年12月13日 (水)

ゴジラの顔が1メートル!

「・・・この2万件ってのが曲者なんだ。
だって5万10万とふっかけられたらいくらなんでも警戒しますよ。ところが2万件・・・」


「ネヴュラ」も今朝早く、開設209日目にして20000アクセスを突破しました。
始めた時は、まさかこんなに見ていただけるとは思いもよらず。あまたあるスーパーブロガーさんのアクセスカウンターを、「違う世界の人だ」と羨望の眼差しで見ていたものです。
これも覗いて下さる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。母の他界の折など、皆さんの励ましにどれ程力づけられたことか。
大したお話もできませんが、これからもなんとか頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

(冒頭のセリフ、元ネタがわかった方、貴方も濃い方ですね(笑)。

Photo_396 さて、今日のお話は、このDVDから始まります。
まあ説明の必要もない、国産テレビヒーロー第一号「月光仮面」。
「仮面」じゃなく「覆面」じゃないの?という野暮なツッこみもものともしない、テレビドラマ黎明期の傑作シリーズです。

なんていう薄い説明しか出来ない理由は、私がこのドラマを全篇見たことがないからで。
このあたりの解説は、私など及びもつかない大先輩にお任せするして。今日はこの作品がDVD商品になった驚きについてのお話です。

この商品、私は街の大きな本屋さんで見かけ、すかさずコーナー前にしゃがみこんで内容を確認、「とりあえず一枚」というノリで買って来たわけですが、そんな風に衝動買いできるのには訳がありました。
店頭でご覧になった方ならお分かりでしょうが、このDVD、なんと一枚500円なんです。
いやー破格の安さ。こういうヒーロー番組まで500円DVDになっちゃうとは。いい時代になりましたねー。

これは、シリーズ中最高の知名度を誇る第二部「バラダイ王国の秘宝篇」をDVD化したもので、一巻に3話入り、7巻で完結するシリーズ。全巻揃えても3,500円ですからねー。個人的には第四部「マンモス・コング編」を見たかったのですが、このDVDの売れ行き次第でそれも夢ではないと。

以前「ネヴュラ」でも、500円DVDの恩恵についてお話した事がありましたが、まさかこんな作品まで500円になるとは。
実は他にも「快傑ハリマオ」がDVD化されていまして。
この調子で行くと、いずれ「少年ジェット」「豹の眼」「アラーの使者」「海底人8823」「遊星王子」などの、私達の世代には幻の作品が続々とソフト化されて、夢のような「リアルALWAYS」を楽しめる毎日が過ごせるかも、なんて一人ほくそ笑んでおります。


今のところ、この1950年代のヒーローを研究した文献はあまり発表されていません。
実は、現在放送されているヒーロー番組は、この頃の等身大ヒーローにテイストが近いところがあるんじゃ、なんて勝手に思っているところなので、実際ソフト化が実現したら研究してみたい「無限の荒野」でもあったりするのです。
「月光仮面」劇中で、サタンの爪一味の前に颯爽と登場する月光仮面に、谷幹一さんが叫ぶ「月光の先生!」という名調子も大好きな私。(完全に用心棒扱いですね)
まだまだお楽しみはこれからだなー。なんて。


さて、この「月光仮面」をはじめ、往年の名画やテレビシリーズがDVD化される事はもはや珍しい事ではなくなりましたね。まあ、以前のレーザーディスクからDVDへのフォーマット移行期には、資本主義の原理によってDVD化が見送られたLD作品も数多く出ましたが。(大映映画「鉄の爪」なんて名作と思うんだけどなー)読者の皆さんは、そんな作品をどんなテレビでご覧になっていますか?
見るテレビの画面サイズやクオリティーによっては、高画質、高音質を再現したDVDであっても、昔録画したVHSとさほど変わらなく映ってしまうんじゃないか、なんて思ってしまうんですよ。

実際今使っている「愛機」も、時代遅れの私がやっと去年の秋買い換えたHDD・DVD・VHS一体型デッキ(これも型遅れ品を恐ろしく値切って買ったものですが)に加え、テレビなんか6年前に買った25型のブラウン管方式で。
これ、近所の電気屋さんのオープン特価品で、なんと19,800円の品物。
極貧の私にはこれでも大変な出費だったんです。

シアタールームさえお持ちの、「セレブロガー」さんに鼻で笑われるような、極めて質素なAVライフを送っている私は、「怪獣映画なんか、大画面で見ると迫力も違うんだけどなー」なんて思いながら、25インチの画面に映るゴジラを可愛く鑑賞しているんですが。

以前記事で、投射型プロジェクターのお話をした事がありました。
私の部屋に備え付けられているそれは、いわゆる「旅行先で楽しむ、簡易型プロジェクター」というたぐいの物で、画面が暗く解像度もすごく悪い代物でした。

10年以上前に買ったものですが、それでも買った直後は部屋の壁にスチレンボードのスクリーンをしつらえ、「おー、ゴジラの顔が1メートル!」なんて感動に打ち震えていたものです。
自宅で楽しめる映画館だった訳ですね。

そのプロジェクターも今はレンズの故障で映らなくなり、壁のスクリーンもプラモデルに占領され・・・今は記憶の片隅に(涙)。

そういう体験をしてしまうと、折りに触れて「あのゴジラの顔は大迫力だったなー」「宇宙大戦争のクライマックスシーンは目で追いきれないくらいのスピードで」なんて思い出してしまうのでした。
「年末は怪獣映画の公開シーズン」という気分も手伝っていたんでしょうね(笑)。

そんな時、何気なく見ていた大型電気屋さんのチラシに、期間限定の激安テレビを見つけたのでした。(すいませんね所帯じみたお話で。こんなもんですよ私の毎日は。)
サイズこそ32インチでしたが、なにしろ液晶ワイド画面、地上デジタルOKという「夢の一台」。

とても平成の部屋とは思えない私のこの部屋に、こういうワイドテレビがもし導入されたらそりゃもう「毎日が映画館」ぐらいのハイテンションなんだけどなー、なんて思いながら昨日ちょっと覗いてみました。その電気屋さん。

まーとにかく、そのお店は敷地が広い。特に最近は大型テレビばやりですからテレビのコーナーなんて巨大なスクリーンが所狭しと並んでいて、正直な所私が狙っていた32インチなんて食玩の箱ぐらいに見えちゃって(涙)。
「こういう目玉商品って、客寄せの為だもんなー」
分かっていながらも、隣に鎮座する50インチ前後の大型テレビに目が行ってしまうんですよねー。こういうスペースに居ると、画面の大きさに対する感覚が麻痺してきます。
売り場に並んでいるテレビのサイズと、「これが部屋に入ったら」という体感サイズが違ってきちゃうんですよ。だからどうしても大きい画面のテレビに注意が行ってしまう。

Photo_397 うろうろしている私の前に、ひときわ大きなワイドテレビが。
前では店員さんと、サラリーマン風のお客さんが商談中。その隙間からちょっと覗いたそのテレビはなんと46インチという大きさで。

しかし、私の目を釘付けにしたのはその値段。
「あれ、他のテレビより10万円近く安いじゃん。」
そうなのです。このテレビだけ、他の46インチに比べて10万近く安い。こりゃすごい。


商談を終わらせたお客さんが立ち去った後で、食い入るように値段を見つめていた私に、店員さんが声を掛けてきました。
思わず尋ねる私。
「なんでこんなに安いんですか?」
「このシリーズは後継機が発売されて、これは型が古いため、在庫処分と言う事で安くさせて頂いています。」
「新製品とはどこが違うんですか?」
「画素数が。」

なんでも、フルハイビジョンの信号を再現するには1920×1080の画素数が必要なんだそうです。ところがこの安いテレビは画素数が1366×768。ちょっと荒いということなんですね。
なるほど。たしかに隣に置いてある新型よりもちょっと画素が荒いような。
そーかー。安いのにはそれなりの訳があるのねー。でも安い。


「私、ほとんど地上波を見ないんです。DVDなどの観賞用にはどうなんでしょう?」
と聞いた私に、店員さんは答えました。
「あー、それなら変わりませんね。今のDVDの画素数はフルハイビジョンまで行ってませんから。そういう目的なら、このテレビはまさに最適だと思いますよ。」
今後発売される、ブルーレイやデジタルDVDなどでは多少の差は出るでしょうが、現行DVDなら問題ない、との事。

「もうほとんど在庫は無くて。これが最後のチャンス」なんて言われて「こういう物言いも常套句だしなー」なんて思いながらも、貧乏な私にとってあの10万円引きは確かに魅力。
さっきのお客さんも成約したみたいだしなー。

後ろ髪を引かれるように、カタログを手にしてお店を後にした私。
Photo_398 部屋でサイズを確認してみると、えーっ!46インチって横のサイズが1メートル12センチもあるんですねー。
という事は、「ゴジラの顔が1メートル」が再現できちゃう事に。

いやーどうしよー。貧乏なOLを襲う、物欲の恐怖。
この冬、最大の悩みです。

こういう方面にお詳しい方、哀れなOLにアドバイス願います。
46インチのデジタルハイビジョン液晶テレビで、275,000円って「買い」なんでしょうか?
(もちろん36回ローンですが)

« 三丁目の007 | トップページ | 自転車は飛ばなかったけど »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

20000アクセスおめでとうございます!!!
この調子でオタク旋風を巻き起こしてください~

「カジノロワイヤル」の感想、ちょっと意外でした。。。「リアル」と「フィクション」のバランス、いつもながら視点の明確さに驚いています。自分など感じたことを整理できず、なんか違う、、としかいえない人間でして・・・
007は男にとっては夢なんです、、2枚目でスパイでいろんなマシンで世界を巡り女にモテモテ。。。確かに「リアル」と「フィクション」が混在してますね。理論的にはいそうなんですがなかなか身近な人にはいないという・・・
映画館でみてどう感じるのか楽しみです。
「轟天号」のモデル、ほしいです。「海底軍艦」はつい最近DVDを買ってはじめて観ました。この時代にこのクオリティで内容も面白い!なんといっても轟天号がカッコいいです。なんとか今年中に入手したいっす。
「月光仮面」もみたくなりましたね~たしかお袋が好きだったらしいです(笑)
なんだかオタクイーンさんの弟子みたいですね~

大和少年様 コメントありがとうございました。

「カジノ・ロワイヤル」については、世間ではおおむね評価が高いようですね。私の記事は多少辛口ですが、きっと多くのオールド007ファンの気持ちとさほど変わらないと思います。
たまたま今日本屋さんで見た雑誌「映画秘宝」の記事が、私の思いに極めて近かった事にビックリ。やはり昔ながらのファンが思うことは同じなんだなと、ちょっと胸を撫で下ろしました(笑)。
大きな事を書く割に小心者なので・・・。

「海底軍艦」は、あの轟天号が好きになれるかどうかで評価が決まってしまう作品ですね。私はあの「試運転」シーンを見た途端、
心をドリルでえぐられたような衝撃を受けました。
あれを見ちゃうと、轟天号を部屋に飾っておきたくなりますよね。

大和少年さんのように、記事へのご意見をいただける方は本当に感謝したいお仲間です。なにしろ好き放題書いていますから。
弟子なんてとんでもない。また貴重なご感想お待ちしております。

今晩は! ポン太です。
2万円・・・いや2万アクセスおめでとうございます。(*^^*)
最近の「ネヴュラ」の活況はスゴイですね! コアな内容で、私にはチンプンカンプンですが(笑)。

薄型大画面テレビ、いいですよね! これで映画とかスポーツなんか楽しめたら最高なんですが・・・。私も 贅沢ですが「趣味のテレビ」としてなら欲しいです。
しかし諸事情により、今度買うテレビ(ホームテレビ)は 多分サイズダウンするでしょうね。
ところで、またまた私事ですが・・・(笑)
初めてのボーナスで買ったのがテレビでした。ちょうど実家のテレビの調子が悪かったので、プレゼントしたわけです。SONYの“プロフィール”という機種で、20型 モニターとチューナー、スピーカーが別々になっているタイプ。 デッキはソニー、アンプはナカミチ、スピーカーはヤマハ・・・なんて、格好いいオーディオ機器に憧れていた世代には、とっても格好良く写ったのでした(笑)。
価格は今から25年前で、20万円とかなりの値段で、ボーナスのほとんどが飛んできましたが・・・(笑)。
現在 居間にあるのは29型のブラウン管テレビですが、多分398ぐらいだったと思います。ほんとに安くなりました。

オタクイーンさん、欲しいときが買い時! ドーンといっちゃってください(笑)!

ポン太様 お祝いコメントありがとうございました。
「コアな」って、「2万円」が分かったポン太さんだって、立派にコアじゃありませんか(笑)。これからもよろしくお願いいたします。

SONYのプロフィール。懐かしいですね。20万円もしたんですか。
私もあの頃、あの新しさ一杯の仕様に心を惹かれました。
でも先立つものなどなく(涙)。
あの夢のプロフィールをご実家にプレゼントなさるとは!
なんと男気のあるお方!
私もそういう方とお付き合いしたいです(爆笑)。

実は今日も、記事にある電気屋さんを覗いて来まして。
46インチは交渉の末、約5万円の値引きに成功しました。
おそらく購入はほぼ秒読み段階ですが、なにしろ高額の買い物。
もうちょっとこの駆け引きを楽しみたいと思ってもいます。
悪い女ですね(笑)。

夜遅くに今晩は! 祖先がドロボーだったポン太です。

オタクイーンさんは、サラウンドヘッドフォンをお持ちですか?
あれいいですよ~。ホント!
大画面TV買ったら 絶対欲しくなりますよ! いや~やっぱり画面と音はセットですからね。
あっ・・・またまた出費がかさんじゃいますね(笑)。

ポン太様 ついに契約しましたよ。大画面46インチワイドテレビ!
あらゆるデータを見比べて最終交渉に臨んだ、土壇場の逆転勝利です。
やっぱり家電はこのボーナス時期が狙い目ですね。丁度この週末からクリスマスまでの10日間が新旧の機種交代の為、旧機種の最安値が期待できるのでした(笑)。

コメントを拝見して「サラウンドヘッドフォン」も見てきましたよ。
最近のヘッドフォンはワイアレスなど多機能で、しかも高性能のようですね。でも今の私は大きな散財で・・・
お金に羽根が生えて飛んでいってしまいました。
まあ、夢の46インチの配送を心待ちにします。
自宅シアター「ネヴュラ座」の開館まで指折り数えながら(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/4529280

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラの顔が1メートル!:

« 三丁目の007 | トップページ | 自転車は飛ばなかったけど »