2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 眠れる刺客 | トップページ | いいオモチャだ。クリスマスに売れ。 »

2006年11月28日 (火)

ネヴュラの誕生日

・・・それにしても遅いなー。
せっかくの誕生日なんだから、約束の時間ぐらい守って欲しいよね。


実は私、昨日の11月27日が誕生日だったんです。
奇しくもこの日はゴジラと並ぶ人気怪獣、ガメラの第一作「大怪獣ガメラ」の封切日。いわば私は昭和ガメラと同じ誕生日なのです。(年は違いますが)
私の怪獣好きは生まれた時から運命付けられていたようです。
そんな事、物心ついた頃は気にも留めていませんでしたが、最近になって何か因縁めいたものを感じるというのも、年をとった証拠でしょうか。

そんな同じ誕生日のよしみで、昭和ガメラとの記念日デートを企画した私。いつもはしないドレスアップなんぞして待ち合わせ場所に出かけたのですが・・・
きっと彼のことだから、また怪獣が現れないかパトロールでもしてるんじゃないの?少しくらい遅れたって許してあげなきゃね。

Photo_350 空はギャオス映えしそうな夕景ですねー。でも最近はガメラの説得で昔のギャオスもすっかりおとなしくなって、日本の守りについてるって噂で。
ほら来た。ギャオスの空中編隊飛行「デルタインパルス」のエキジビジョン。子供たちに大人気の演技ですねー。

あの一糸乱れぬフォーメーションと、地球・宇宙ギャオスのコンビネーションが絶妙で。あれ?でも今日は見慣れない一機が混じってるな。あの槍のような形・・・あ、禁止されてる超音波メスが!
Photo_351 あれは平成ギャオスじゃないの。またたく間に昭和ギャオスの群れを撃墜しちゃった。なんであんな所に平成ギャオスが。今だに「空の暴走族」とか言われてるんでしょ。

どうしよー。あんなのに狙われたら逃げられないよ。

その時、暮れかかった空を大きな七色の帯が横切りました。
不意に放たれたその虹を避け切れず、飛び込んだギャオスはあっと言う間に消滅しちゃいました。あの虹はまさか!
Photo_352 やはり思った通り。低い唸り声とともに現れた巨大な影は、冷凍怪獣バルゴン!ここ数日の寒さはコイツのせいだったのね。
ガメラはどーしたの?これじゃデートどころじゃないよ。早く逃げなきゃ。

バルゴンの吐く冷凍光線で、周り一面は氷のオブジェのよう。街路灯も全部消えちゃって街は真っ暗「目が見えへん!」。
それにしてもやっぱりバルゴンだねー。宝石店を襲ってるよ。隙を狙い、私は携帯でガメラに連絡を取ろうとしました。ところがそれが命取りになるとは。
Photo_353 私の携帯を狙う、闇に光るたくさんの目。それらは突然、餌に群がる虫のように私に襲い掛かってきました。「あーしまった。予想できたのに。」その群れはご存知、小型レギオン!
慌てて携帯を投げつけると、その群れは恐ろしい勢いで群がっていきました。

うっわー。電磁波が好物だって聞いてたけど本当だったのねー。ガメラに連絡取れなくなっちゃうよ。でも小型が居るって事は・・・
Photo_354 不安は的中。大きな揺れとともに地面を割って飛び出したのは、長い鼻ヅメを振り回す巨大レギオンともう一頭、「空飛ぶ包丁」大悪獣ギロン!

えーっ!レギオン対ギロン?巨大な刃物を振りかざす2体の動きはまさにチャンバラのそれです。

Photo_360 体に似合わぬ跳躍力でレギオンに飛びかかるギロンは頭部の包丁を鼻ヅメで振り払われ、私の目の前の車を真っ二つに。おー。半分になってもまだ走ってるよ。違う作品のような気もするけど。
そんな事言ってられないか。

でもやっぱり、血の気の多いギロンに比べ、冷静なレギオンの方が一枚上手だねー。
あっという間に触手攻撃で葬っちゃったよ。
もったいないなー。ギロンの手裏剣見てないのに。

Photo_356 所で小型レギオンは?ふと見ると、レギオンに襲い掛かるこれまた群獣が。人の身の丈程もあるネズミの大群じゃないですか!
あれがうわさの「大群獣ネズラ」だったのねー。

群れには群れという訳で。よく出来てるわー。

感心している私に冷たい目線が。巨大レギオンのマイクロ波弾が私にロックオンされちゃってるよ。黒コゲは時間の問題?なんてはかない人生・・・
レギオンの鼻ヅノで巨大化する光球。まさにその時!レギオンの体が見る見る透明に変わっていくじゃありませんか。苦痛に身をよじるレギオン。
あーこの攻撃覚えてる。皆さんも知ってますよね。


Photo_358 バッタリ倒れるレギオンの向こうに佇む巨大な姿、大魔獣ジャイガー!もう助からない。ジャイガーは反則ですよ。
コイツはガメラ史上最強の敵じゃないの。

でも、私コイツの弱点知ってるんだ。大阪万博の会場へ逃げ込めば、大人の事情で襲ってこれないという(笑)。
一人ほくそ笑む私。そこには隙があったのでしょう。ジャイガーの産卵針が私に狙いをつけています。針の鋭い切っ先が私を貫こうとしたまさにその瞬間!
巨大なプラズマ火球が一撃の下にジャイガーを吹き飛ばしたのでした・・・

あっけにとられる私。その直後、私の体はふわりと宙に。
「おー、これがスーパーキャッチ光線か!」


Photo_359 縞々の球体が5つ連なるバイラス星人の宇宙船。その中では、昭和ガメラの誕生日を祝うパーティーが開かれていました。
用意されたドレスに着替え、私も昭和ガメラの隣に。
ゲスト席には後輩の平成ガメラ、会場責任者のバイラスをはじめ、宇宙人仲間のジグラ星人、知性派のイリス、そして倒されたはずの怪獣たちがズラリと勢揃い。

今日のバトルロイヤルはすべて怪獣好きの私の為に、ガメラたちが演出してくれたパフォーマンスだったんですね。
なる程。昭和と平成の怪獣が交互に出てくるんで途中で感づいてはいたんですが(笑)。


「何でも欲しいものを考えてごらん。」ショーン・コネリーの声で言われ、うーんと頭をひねる私。テレパシー実現装置のハッチが開いて出てきたのは・・・
やっぱりサンドイッチとフルーツジュースじゃん!日本のジュースよりおいしいけど(笑)。


・・・いやいや。よくここまで怒らずにお付き合い下さいました。
実際、私の誕生日は昨日、11月27日。まさに「大怪獣ガメラ」の封切り日なのです。
誕生日にもしこんな物凄いサプライズが起ったら、それは一生心に残る事でしょうが、その真っ只中にも居たくない様な(笑)複雑な気分です。
実際には、昨日は雨の中、お仕事に追われる平凡な一日で。
誕生日らしい事などなんにもありゃしませんでしたが(泣)
でもこんな、ソノシートテイストのおバカを妄想する楽しみがありました。

考えてみれば、私はこの年になるまで、年中ガメラを始め、怪獣の皆さんにプレゼントを貰っているのかもしれませんね。
「おバカを夢見る心」なんて物を(笑)。

« 眠れる刺客 | トップページ | いいオモチャだ。クリスマスに売れ。 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

 AHA!
 HAPPY BIRTHDAY for You !

 

お誕生日おめでとうございます。御年○○ですね~
最近ブログで紹介して頂いた「マタンゴ」を鑑賞いたしました。
見ていてなんか当時の映画界の勢いを感じましたね。。。大人向けの怪奇SFだー!
なんとそのレンタル屋に「ガス人間第1号」もありましたので次回借りてみたいと思います。こんな楽しみが出来たのも毎回面白い特撮映画を紹介して頂いたおかげです。
幼児の頃(笑)、ジャイアントロボが好きで再放送など見た事がななく、DVDを購入しようかと思いますがオタクイーンさん的にはGRはいかがでしょうか?ロボの造形は今でもはっきり好きといえるのですが内容は憶えてないだけに・・・・

for GAMERAs doctor

I am thankful to you for your kindness!

大和少年様 お祝いコメントありがとうございました。
御年○○のオタクイーンです(笑)。
「マタンゴ」「ガス人間」と、東宝特撮のおいしい所を楽しまれているようで。拙文がお役に立って嬉しい限りです。
おっしゃる通り、これらの作品が制作された頃は贅沢な時代でしたよね。演出には躍動感がみなぎり、端役一人まで個性溢れるメンバーが揃った、まさに黄金時代だったと思います。

実は今日頂いたコメントがきっかけで、今「ジャイアントロボ」を見ながら返事を書いています。

これは東映テイストが画面のあちこちに炸裂する、第一次怪獣ブームの名作ですね。制作は昭和42年。(あえて昭和表記で)
後に「仮面ライダー」を生み出す名プロデューサー平山亨の辣腕で、脚本井上勝、演出山田稔、そして特撮の矢島信男らが実に誠実な仕事ぶりを見せています。
東映特撮に付きまとうラフな演出、特撮のイメージはここにはありません。怪獣映画に少年活劇の魅力を加えたストーリーは楽しさいっぱい。重量感溢れるジャイアントロボ以下、ロボットキャラクターのアクションも見事な仕上がりで、ある意味以後のロボットアクションの基礎を築いたと言えましょう。
山下「ルパン」毅雄のBGMも聞き逃せないところです。

今見ているのは第16話「怪ロボットGR2」。悪の組織BF団に操られるジャイアントロボ2号機、GR2が、国際秘密警察機構ユニコーン機関に挑戦するロボットバトルストーリーです。
主人公、草間大作君の活躍ぶりが楽しい一篇。私はこのエピソードを再見して、改めて「ロボ」の面白さを再認識しました。
幼い頃、胸を躍らせて見た興奮が甦りましたよ(笑)。

DVDを検討される上で参考になればと思いますが。
私もお金があればなー(涙)

オタクイーンさん、お誕生日だったんですね。
遅ればせながらおめでとうございます。

「マタンゴ」、堪能しましたが
「ガス人間」はまだ体験していませんので(笑)
今度ぜひ!と思っております。

これからも楽しい記事を楽しみに
しております。

ブラボー様 お祝いコメントありがとうございます。
もうこの年になると、誕生日などちっともありがたくないのですが(笑)。
でも皆さんに祝っていただくと、ちょっと嬉しくなるのも有難い事で。

年を重ねて得た財産は、ブラボーさんのように気にかけて下さるお仲間や、昔見た名画の思い出ですね。
これからも偏った戯言にお付き合い頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。
ちなみに、「ガス人間」も面白いですよ!

 改めて、
『お誕生日おめでとうございます。』
 
 怪獣ファンの夢を見事に具現化した本記事、
ガメラ医師の心を直撃しました。 
 この感動を少しでも多くの皆様と共有したく、
やや強引ではありますが、拙Blogにてご紹介
させて頂きました。
 一雨毎に寒気のつのる季節でありますので、
どうかお身体には充分お気をつけ下さい。
 これからも宜しくお願い致します。

P.S. 『ガメラ医師』って、GAMERAs doctor
 だったんですね。
  Dr.GAMERAだと思ってました。
  GAMERAs doctorだとすると、雨宮教授の
 同僚になるのかな。
 良いかも。

ガメラ医師様 再度コメントありがとうございました。
毎度のTB、感謝致します。
あんなメチャクチャな記事をご紹介いただいてご迷惑ではありませんか?本当に恐縮してしまいます。

ガメラ医師さんって、「Dr.GAMERA」だったんですね。いやー失礼しました。
ガメラへの愛に溢れた貴ブログの記事を拝見する度に、常にガメラを気遣う「地球の守護者のホームドクター」を連想して疑わなかったものですから(笑)。呆れないで下さいね。
DVDのフォローまで細かくファローし続けるその愛情には感服いたします。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/4340094

この記事へのトラックバック一覧です: ネヴュラの誕生日:

» 小さき勇者たち−ガメラ− DVD鑑賞記(Part12) [ガメラ医師のBlog]
 本稿は、11月27日更新のDVD鑑賞記(Part11)に引き続く、『小さき勇者たち〜GAMERA〜』のDVD感想集であります。 今日の記事は、結構読み応えありますよ。 『わんわんニュース』 http://blog.goo.ne.jp/faykancorrino/ さん、11月27日の更新。 トトー小さな勇者たち【写真あり】 http://blog.goo.ne.jp/faykancorrino/e/2b57bba411c1c0d260b7180... [続きを読む]

» 大怪獣ガメラ ( 1965 / 大映 ) [くんだらの部屋]
このガメラ、結構迫力があります! ガメラに被災する町の様子など かなりリアルで、頑張ってましたよ。 いや、ホントです。なにか歴史映像を見てるような・・・そんな感じも受けました。 しかしながら、話には かなり無理がありましたね・・・残念!... [続きを読む]

« 眠れる刺客 | トップページ | いいオモチャだ。クリスマスに売れ。 »