2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ヤング・ソルジャーの仕事 | トップページ | 導かれる「導く者」 »

2006年10月14日 (土)

わらしべゴジラな一日

Photo_268 今日の「ネヴュラ」は、このモンキースパナから幕を開けます。
実は昨日の朝、家の駐輪場で大ショック。
昨日はお天気が良かったので「少年ジェット」な出勤をしようと、ミニバイクに座ったまではよかったのですが、直後に違和感が。
「右のバックミラーが無い!」綺麗に盗まれていたのでした。

今朝改めてあたりを探してみましたが、当然のように見つからず。
あきらめて今日は、近くのホームセンターへ買いに。

左のバックミラーに似た物を意外に簡単に発見。「なんで私がこんなものを・・・」なんて言いながらも購入し、写真のモンキースパナで取り付けたまではよかったのですが・・・
角度を調整しているうちに、何故か突然ミラー部分が取れちゃって(笑)
私が怪力という訳じゃありませんよ。不可抗力。
どうやら立て付けが悪かったみたいで。

取替えにお店に行ったのですが、なんとそれが最後の一個。払い戻しをしてもらって、バックミラー探しのあて無き旅に出たお昼過ぎ。

Photo_269 街へ出れば、今日は秋祭りパレードの賑わいで。しまった。もうすぐ交通規制。あわてて目当てのお店に飛び込みました。
でも、バイク用品を扱ってるお店って意外と少ないんですねー。
仕方なく諦めて、近くの100円ショップでカチューシャとコームを手に入れた午後1時。

せっかく街まで出たのに。収穫はこんな物だけか、なんてガッカリ。今日はツイてない。
待てよ。メーカー純正パーツなら。とプラス思考で再度出発した午後2時。
その道中で今日の運命は急展開を見せたのでした。

Photo_270 私の家の近くに、今日こんなお店がオープンしたのをすっかり忘れていたのです。
ここは、お宝グッズからヴィンテージウェアまで、マニアックなグッズを数多く扱うお店。
もともとは本屋さんがあった場所なのですが、中を覗くともう、以前の雰囲気はまったくありませんでした。いやーオタクな私には居心地のいい空気で(笑)。

フィギュアから絶版キット、プライズ商品まで、比較的リーズナブルな価格設定が貧乏な私をなごませてくれます。
怪獣一本で探しても、あれこれ食指が動きそうなものばっかりです。
そんな店内を散策する内、私は運命の再会を果たしたのです。

Photo_271 これ。アメリカ、ポーラライツ社製「ゴジラ」のプラモデル。
ご存知の方も多いでしょうが、これはアメリカ・キャラクターキットの雄オーロラ社が1964年に発売した、世界初のゴジラプラモデルの復刻キットなのです。
隣に並んでいるのは、あんまり嬉しいんでついでに買っちゃったバンプレストのメカゴジラ胸像。はっきり言ってオマケ的な感覚ですが(笑)。

Photo_272 この「ゴジラ」は、オーロラ社倒産の折に金型をモノグラム社が買い取り、再版を続けていたので、箱にこだわらなければ今でも同じ物は比較的入手しやすいんですよ。左側の箱がそうです。今日入手した右側はオーロラ社版に近い、ほぼオリジナルの復刻です。
ところがこの箱がなかなかない。
(何を力説してるんでしょうか(笑)。

以前にも「ネヴュラ」で書きましたが、1999年にポーラライツ社が、オーロラ社の名作キットを矢継ぎ早に再版した時期がありまして。
このゴジラもそのラインナップの一つなのでした。
東宝怪獣はゴジラ、ラドン、キングギドラが復刻されたのですが、当時私はこのラインナップの内、ラドンとキングギドラしか買えなかったんです。
地方都市ゆえ入荷数が少なかった事に加え、今にも増して貧乏をこじらせていたその頃。実物を目の前に「ゴジラはモノグラムのを持ってるからいいか」なんて、コレクターにあるまじき甘えを持ってしまったんですね。
以降このキットは私の周りから姿を消してしまったのでした。
まさに7年ぶりの再会なのです。

Photo_273 こうして東宝の三大怪獣を並べてみると、やっぱり収まりがいいですね。モノグラム版では様にならないでしょう。卓越したデフォルメーションで定評のあったオーロラ社のキットだけに、今見てもまったく古さを感じさせません。
むしろ新しささえ感じます。


Photo_274 このゴジラ、「グロータイプ」という物もありまして(私のモノグラム社版もそうなんですが)蛍光パーツによって夜光ったりするんですよ。
こういう遊びも楽しいですね。
リアル派のファンが見たら卒倒しそうだけど(笑)。

このお店ではもう一ついい事がありました。支払いを済ませた後、ブログの為にお店の写真を撮りたいと店員さんにお願いした所、ご丁寧にも社長さん自らご挨拶下さって。ご本人が管理されているブログまで教えていただけたのです。
大変ご丁寧な対応に大感激。

「ネヴュラ」の事もお伝えしたので、ひょっとしてこの記事をご覧になっているかも。
ブログを通じて交流が生まれるのも嬉しいことで。
またお気に入りのお店が一つ増えました。

いやー、バックミラーの事件からこういう展開になるとは。ホームセンターの一件がなかったらこのお店の事も忘れていましたからねー。何をきっかけにいい事があるかわからない。
朝からちょっとブルーでしたが、このキット一つで気分上々なんですから。
この単純さには我ながら呆れるやら笑えるやら(爆笑)。

バックミラーの取り寄せを純正ショップで発注し部屋に帰れば、もう「新着アイテム」と「先輩」の顔合わせが楽しくて(笑)。

Photo_275Photo_276  オーロラ社のゴジラを語る時どうしても引き合いに出されるのが、日本初のゴジラプラモデル、マルサン商店製のこれ。「ネヴュラ」にも何度か登場していますよね。
このキット、惜しい事に発売時期はオーロラ社版よりちょっと後。(組立前の写真は復刻版です)
キットのフォルムもオーロラ社版を参考にしたとの事で。

「和製怪獣の代表」ゴジラですから、やっぱり世界初のプラモデル発売の栄冠は日本に与えて欲しかったなー。まあ、こんな歴史的なキットを並べて思いを馳せる贅沢を喜ぶべきなんでしょうが。

そんなこんなで、今日はモンキースパナからゴジラとの再会に至る、「精神的にわらしべ長者」の一日でした。こういうサプライズって狙ってできる訳じゃないから、余計嬉しいですねー。

Photo_277 思わず部屋のゴジラキットをかき集めて
「ザ・ゴジラ7」なんて遊んでみたりして。
こういうのがいつもの私なんですよ(笑)。

« ヤング・ソルジャーの仕事 | トップページ | 導かれる「導く者」 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/3804808

この記事へのトラックバック一覧です: わらしべゴジラな一日:

« ヤング・ソルジャーの仕事 | トップページ | 導かれる「導く者」 »