2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« お財布を狙う怪獣 | トップページ | 超兵器アクティブダイエット »

2006年7月 9日 (日)

「創意」の「総意」

私が持つ顔の一つに「ディレクター」という職業がある事は、このブログで何度かお話している通りですが、そのお仕事に日曜、祝日はありません。
今日も終日お仕事だったんですが、その内容は「荒編集」。
これは撮影した素材(ロケテープですね)を簡単に編集してみて、使うカットを決めてから後日行う編集マンとの本編集に備える、という行程です。まあご同業の方が読まれていれば、パソコン編集が当たり前の今、なんて古い事を、なんて笑われるかもしれませんね。本当、その通りです(笑)。

今日も自分が担当する作品の「荒編集」を行っていたんですが、これが「気持ちいい」。
どういう事か、というと、自分が構想したタイミング、リズムで撮ったカット、ナレーションが実にうまい事収まるんですよ。
誤解を恐れずに言えば、「編集」というのはディレクター、映画で言えば監督の「生理」に任せられる部分が大きいのです。以前記事でも書いた黒澤明監督の「映画に一番近いのは音楽」発言の通り、監督という指揮者が振る指揮棒の強弱、緩急が作品のリズムを生み、見やすさを作る。という訳です。
今回の私の作品の場合、先日収録し直したナレーション(7月6日「現場に棲む魔物」参照)のリズムと、当日収録したカットのハーモニーが私の生理に合っていたという事でしょうか。
こういう時、必ず感じる事があります。「やっぱり映像作品って総合芸術なんだな」。

映画やテレビの撮影現場をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、撮影というのは必ずしも監督が思った通りには進みません。
屋外で建物の外観を撮影するというだけでも、日差しによる影の出方やお天気の具合で、意図したものと違う映像になってしまう事があるのです。「うららかな日の午後」という事を言いたいのに、撮影直前に急に風が強くなっただけでも、揺れる木々の写りこみによって「風雲急を告げる現場」という意味になってしまう事もあるのです。
時間に余裕のある大作や、社運を賭け大監督が撮る作品ならば、「空にいい雲が流れるまで待ち」なんて「大名ロケ」も可能なんでしょうが、芸術家なんて程遠く、「街の絵描き」に近い私などに、そんな時間的余裕などある訳ありません。過酷な条件の中で非力な私を助けてくれるのが、一緒に仕事をしてくれるスタッフ達。
今回のお仕事で言えば、何度も現場を共にしたカメラマンと、卓越した読みのアナウンサーに寄る所が大きいのです。

年は私より少し下ですが、長年のキャリアにより身についた映像センスと段取りの良さが素晴らしいカメラマンの「彼」。私の言う「ロングショット」「PAN」「ZOOM」「フォーカスIN」など様々な指示に、実に素早く対応してくれます。例えば私のカット割りが決まっていなくて、「この場所でイメージカット3カット」なんて苦し紛れに言う前に、既に「この場所なら撮影ポイントはあそことあそこ」という風に自分で考えて、すぐに動いてくれるのです。
そして彼の真骨頂は「寄り」「引き」「PAN」のストローク。
カメラマンによっては「いいカットだけどズームの長さが中途半端で使いづらい」とか、そういう事が必ずあるのですが、彼の場合、それが実に私の生理に「ピタッ」と合う。「ストローク何秒」なんて指示は出していないのに。不思議な程気持ちいいカットなのです。これはきっと「この現象を見せるならば長さはこれくらい」という考え方が、彼と私は極めて近いという事なのでしょう。

毎日のニュース読みで滑舌、イントネーションもすばらしいアナウンサーの「彼女」。
作品のナレーション原稿は事前に私が作成して、一つ一つの秒数も設定しておくのですが、その場合、ナレーションの長さは私が自分で読んで計る為、ナレーション収録の時にアナウンサーが私と同じ速度で喋らなければ、秒数が足りなかったり、また余りすぎたりして格好悪いものになってしまいます。そればかりか撮ったカットの長さにも影響してくる大変重要なパートなのです。それが彼女の場合、私の読みの速さとまったく同じ。こんな事はめったにありません。
しかも、いわゆる「立てたい」フレーズを瞬時に理解して、実に「わかりやすい」ナレーションとして完成させてくれる。おまけに声質も落ち着いていて私好み。
看板アナウンサーと言われる所以でしょう。

恵まれたスタッフの中で仕事をして、その「創意」の「総意」が実を結んだ時ほど、仕事冥利に尽きることはありません。私に、この業界へのあこがれを与えてくれた映画やテレビ番組も、監督や出演者など話題にのぼる関係者の他に、実に多くのスタッフの皆さんによる「創意」の「総意」によって成り立っているのです。
「必殺シリーズ」第一作、「必殺仕掛人」のカメラマン、石原興と照明、中島利男のコンビが作った「深いコントラスト」の映像演出が、シリーズ全体の方向性まで左右したように。
(これは当時の監督、深作欣二の指示ではなかったそうで、お二人が作品に賭けた思いに二度ビックリ。)

当然、収録日毎にスタッフも変わります。私にだってこんなめぐり合わせなんてめったにない事なんですが、
こんな喜びがあるからこそ、お仕事を続けようという気になれるんです。どんなお仕事だって同じ事ですよね。
(今日はちょっと真面目すぎたかな?)

« お財布を狙う怪獣 | トップページ | 超兵器アクティブダイエット »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わかったようなことを書いて、しまいそうでこわいのですが、私の職業も計算とカンをある種の確信と信念にかえて取り組んで今日にいたっています。『恵まれたスタッフの中で仕事をして、その「創意」の「総意」が実を結んだ時ほど、仕事冥利に尽きることはありません。』というところ。 うーん!とてもよくわかります。私の場合は、オタクイーンさんほど、しばりがない(甘い?)ので、いいかげんでも何とか時がすぎれば、次の命題があたえられ、それにのっかってしまえばいいのですが、それではこの仕事を選んだ喜びが、えられないのです。ただ、その喜びは、個人内で終結するものなので、モチベーションを維持し続けるのは、難しいなあと泣きが入ることもあります。でも、好きなんですよね。この仕事が・・・長々とすみません。新手のアラシですね、コレじゃ(笑)
オタクイーンさんの文を読んでいて、熱い想いがこみ上げてきたものですから。失礼しました。

誠実なコメント、ありがとうございます。ご謙遜されてますが「甘い」なんてとんでもない。お仕事に取り組まれる姿勢、大変尊敬します。
私もhiyokos654321さんとまったく同じ、日々モチベーションを保ち続ける事に辛さを感じる事も多いのです。だからこそ余計、昨日のように爽快な日が嬉しく感じ、気持ちが前向きになるんですよね。
こんな固い、地味な記事にコメント頂けるとは思ってもいなかったので大変嬉しいです。今日も5時半起きで辛い朝ですが、頂いたコメントがまた励みになります。
「つまづき時々喜び」の毎日ですが、私も「好き」でやっている仕事ですから、これからもお互い、頑張って毎日を紡いでいきましょう。趣味の楽しさは仕事の充実度と比例しますもんね。(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/2575146

この記事へのトラックバック一覧です: 「創意」の「総意」:

« お財布を狙う怪獣 | トップページ | 超兵器アクティブダイエット »