2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 「創意」の「総意」 | トップページ | 魅惑の「目力」 »

2006年7月10日 (月)

超兵器アクティブダイエット

「気も狂うような暑さと湿気。そして、熱病と死を運ぶ虫ども。
緑に覆われてはいるが、ここは地獄に違いない。」

(郷田ほづみ氏の声で呼んで下さい)

それは私の完全な誤算でした。お天気もいいしと、軽い気持ちで始めたウォーキング。
いつもと違う気温と湿気に、もっと早く気が付くべきだったのです。
しかし・・・

Tシャツ4枚、トレーニングウェアの上にサウナスーツ。いつもの「フル装備」で出発してから30分。ここ数日と違う気温と湿度が私の体力をじわじわと奪っていきます。吹き出る汗はTシャツに張り付き、動きは鈍る一方。サウナスーツによって篭った熱は体外へ逃げません。かつてない動悸、息切れ、目まいが容赦なく襲います。
完全な「熱中症」状態。
体中の水分が沸騰するように蒸発する気分。意識が遠のいていきます。
「限界だ!」と日陰に逃げこむのがもう3分遅かったら、私は本当に危なかったでしょう。

ふらふらになりながら部屋にたどり着き、20分のこん睡状態の後シャワーを浴びて、量った体重は実に2キロダウン。一時間半で大型のペットボトル1本分の水分を放出した事になるのです。
いつもは能天気に喜ぶ私も、この時ばかりは少し恐ろしくなりました。

「そんな事してると、帰ってくる世界が違う所になっちゃうよ。」社長の奥さんが笑いながら言います。実はこの恐怖、先週の土曜日に味わったものなのです。
今日は幾つかある私の仕事の一つ、デスクワークの日。冷房が効いたオフィスで笑い話にできる幸せに、私は胸をなで下ろしていました。

どうも私はのめり込むと思いがどんどん加速する「昭和型根性派」のようです。ウォーキングにしたって、その日の予想最高気温が高ければ高いほど、そのコストパフォーマンスに喜ぶタイプ。いてもたってもいられません。実際効果があるからついやってしまう。
「熱中症で危なくなるタイプ」の典型です。今までも意識が遠のきかけたことがあるのに。
いい加減学習しなければいけません。

考えてみると、去年の夏からサウナスーツ導入と同時に携帯している物がある事をすっかり忘れていました。確かに「危なくなった」時役に立つ物。我ながら気づくのが遅かった。
それは何のことはない、「ビニールパックのダイエット飲料」だったのです。ビニールパックの効果に感動したのは、意外にも昨年開催された「愛・地球博」会場。

実は私は、約6ヶ月の会期中、一ヶ月に一週間の割合で会場へ出かけていたのです。もちろん「仕事」です。出かけられた方はお分かりと思いますが、会場の中心には「グローバル・ループ」という通路があり、来場者はその通路を歩いて各パビリオン向かいました。私はその「グローバル・ループ」でお客さんを待ち構え、一言インタビューをもらうという仕事を担当していたのです。
Photo_27 それなりにやり甲斐はあったのですが、なにしろグローバル・ループは「日陰がほとんど皆無」の通路。去年は猛暑でしたから、一日中立っていてはそれこそ熱中症になってしまいます。(実際なったお客さんも居ましたね)。ペットボトル飲料は持ち込み禁止。会場内で売っている飲み物はあまり冷えていない。そんな時私の味方になってくれたのがこれ、「ドリンクゼリー」でした。これを凍らせて携帯すれば、溶ける前は小型の氷枕。溶けてもエネルギー補給ができるという、大変すばらしい一品だったのです。

万博会場で「ドリンクゼリー」の良さを知った私は、ウォーキングにも使おうとしました。ところが、一日中歩き回る「長期戦」の万博と違い、一時間半で体力を使い切る「短期戦」のウォーキングでは事情が違う。「なるほどー」と、しばし考え、「なら栄養より水分」と割り切ったのがこれ、「ダイエット飲料」だった訳です。実際使ってみると、なるほど短期戦にはエネルギーより迅速な水分補給が必要という事がわかりました。
体が要求するんですね。「食べるより飲みたい」と。

Photo_28 そんな訳で、今日もお仕事の帰りにスーパーで大量購入に踏み切る私。
でもさすがに「アクティブダイエット」を箱で買うのはOLとしては抵抗があります。
「箱なんか重くて運べなーい」って顔で、カゴに10個ぐらい放り込むのが可愛い買い方。
既に凶器のような固さに凍らせて、スタンバイOKって感じです。

「灼熱の自然公園に、きわどく涼しい風が吹く。
走り抜けた後に、オタクの神話が蘇る」

(銀河万丈氏の声で読んで下さい)

« 「創意」の「総意」 | トップページ | 魅惑の「目力」 »

女子な日々」カテゴリの記事

コメント

うーん。今日のはコメントしづらいです。
というのは、私の住んでいるところは、純くんが・・・父さんはそのへんのところを気にしていたようであり・・・なんて、つぶやいている、暑いといっても、たかがしれているところです。
むしろ、気候も経済も冷え冷えで、夕張市なんか倒産しちゃいました。
あ、すみません。自分の事ばかり書いて。実をいうと「1時間半で2キロ減」の部分でかたまってしまった私でした。くれぐれもお体を大切に。

コメントありがとうございます。最高気温32度、しかも梅雨の湿度の中、サウナスーツでウォーキングというのは医学的にもまさに自殺行為。本当にスレスレの所だったのです。気をつけます。
実は私は北海道の地を踏んだことは一度もありません。逆にそちらの夏の涼しさが羨ましいかぎりです。
ただ冬にはきっと、大変なご苦労もおありですよね。
どんな地方にも一長一短があるようで。季節に適応した過ごし方が必要みたいです。
小笠原の怪獣ランドは気候制御されていたのでしょうか(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超兵器アクティブダイエット:

« 「創意」の「総意」 | トップページ | 魅惑の「目力」 »