2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 妄想映画館 | トップページ | 梅雨に「秋日和」 »

2006年6月29日 (木)

キングギドラ東西

「どーしてくれるの!この空気!」
やっと借りられたDVD「仮面ライダー THE FIRST」。観終わった私が思わず発したセリフです。あーあ、長石多可男・井上敏樹コンビやってもーた。劇場で観てないので語ることはできないんですが、観た知り合いから「とてつもなくつまらない」と聞いていたので、かなり身構えて観たんだけどなー。もうこれ以上は言いません。

Photo_19 でも良かったー。今日は探していた「キラーアイテム」が手に入ったので気分が紛れる。
実はいつもの「オタクショップ」で、一個ずつしか持っていなかったアメリカ・オーロラ社製プラモデル「キングギドラ」「ラドン」の、ポーラライツ社製復刻版が見つかったのです。

「オーロラ」と言えばその精密なパーツと独特の雰囲気作りでオールドキットファンには日本の「マルサン」と並ぶビッグネーム。「ゴジラ」のプラモデルを世界で始めて発売したことでも有名ですよね。この2種類は1975年に初版が発売され、日本ではまだなじみの薄かった怪獣のディスプレイキットとして年長者のマニアに親しまれたようです。

当時子供だった私にはそもそも「怪獣のプラモデルと言えば動いて当たり前」という意識が強く、「ディスプレイモデル」なんて概念はありませんでした。おまけに輸入品ですから私が出入りしていたおもちゃ屋さんなんかにある訳がなく、後々文献で完成品を見ても「あーこんなキットがあったんだ。今ならちょっと挑戦してみたいけど」程度の気持ちだったのです。

そんな環境がにわかに激変したのは1999年。ポーラライツ社がかつてのオーロラ社の名作キットを軒並み復刻した時でした。地方に住む私は近くの模型店で一個ずつしか入手できず、その後しばらくは「在庫確保」にやっきになっていたのです
しかし、潮が引くように店頭からキットは消え・・・。輸入個数が少なかったんでしょうか。それともマニアの皆さんが大量買い占めに走ったか。ダメですね。貧乏コレクターは。

時は経ち、そんな記憶も薄れかけた今日、目の前に現れた2つのキット。
「買うた・やめた音頭」を踊る余裕さえなく即ゲット。

2_4 このキットはさすがアメリカ製、キングギドラの造形をオーロラ風に解釈して、かなり違ったイメージで再現しています。写真集に載っていた完成写真はこんな感じ。なるほどアメリカの人が抱くギドラってこんなイメージなんだー。足も長いし。躍動感溢れるポージングとディオラマベースもいい感じです。このセンスは日本人にはないですよね。

さて、この「キングギドラ」、日本ではソフトビニールやガレージキットで凄いのがたくさん発売されていますね。私もいくつか持っていますが、どうも根が子供なんで「可動」にこだわっちゃうんですよ。お許し下さい。その可動「プラキット」化はと言うと、1972年のブルマァク製カタログにゼンマイ可動キットの写真が載っていたそうですが、実際には発売されていなかったようで、私みたいな「可動プラキットファン」には謎の一品だったのです。

ところが(もうおわかりですよね)2001年、やっぱりあった当時の金型を使い、頭部をソフトビニール素材で作った「復刻版」がバンダイから発売されました。Tシャツ付で8,400円。ゼンマイキットにその価格はちょっと・・・と思いましたが、思いの他売れなかったようで、中古市場では早々に75%オフ!なんて叩き売り。もう買いまくりましたね。

Photo_21 写真はその「復刻版」の完成品。このキットの企画当時発売されていたソフトビニール人形の頭部を流用しているので、プロポーションもソフビと同じ?と思って並べてみたら全然違う!明らかに別造形の金型でした。いやー30余年の時を超えて甦る歴史の証人。ヒョコヒョコと歩く姿に「宇宙超怪獣」の面影はちょっと・・・(笑)でも東西の「ギドラ観」の違いが表れていておもしろいですよね。

きっとこんなお話は、濃い怪獣ファンの方々には常識なんでしょうね。私ももーちょっとリアルタイムなネタを勉強しないとねー。
さてそれじゃ、「GMK」のDVDを棚から取り出して・・・
(やっぱりズレてます?(泣)。

« 妄想映画館 | トップページ | 梅雨に「秋日和」 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします。オーロラ社。なつかしいですね。シリーズでゴジラ、ラドンとも迫力のあるポージングで「アメリカの子供はいいな」とうらやましく思ったものです。可動といえば、東京マルイがラジコンゴジラ、モスラに続いて、キングギドラを出す予定だったのですが、今日現在、まだでていません(笑)

コメントありがとうございます。キングギドラはどうも可動キット化に恵まれない不遇な怪獣のようですね。
バンダイのリアルアクションモデルもあるにはあるのですが、
「VSキングギドラ」バージョンなのでどうも・・・
このあたりで可動キットの決定版を出してもらいたいものです。
(ブルマァク復刻キットの可愛さも捨てがたいですが)。

こんにちは。私のブログにコメント戴きありがとうございます。
オーロラ社のキット懐かしいです。なかなか筋肉質というか躍動的です。ゴジラもトカゲっぽいのが逆に良い感じなんですよね。

コメントありがとうございます。
オーロラ社のゴジラについてはモノグラム社で再販が繰り返され、入手は容易だったんですが、ギドラ、ラドンは今回のポーラライツ版で初めて手にしました。
感動もひとしおで、パーツを眺めてはため息をついています。(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/2432836

この記事へのトラックバック一覧です: キングギドラ東西:

« 妄想映画館 | トップページ | 梅雨に「秋日和」 »