2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

2014年10月 4日 (土)

一度きりの追記

ご無沙汰しております。

前回の拙日記に対し、コメント、メッセージ、メールなど
予想外に多くの方々からご連絡を戴き、ありがとうございました。
加えて、しばらく返事が出来なかった不義理をお許し下さい。

実は日記アップ後、身辺に予想だにしない出来事がありましたので
活動停止の舌の根も乾かぬ内ですが
前述の事情を、近況と合わせ報告致します。

あまりに偶然の出来事ですが
日記作成翌日の9月20日、早朝から急激な胸の痛みに襲われました。
当日は重要なロケがあったので、まずは仕事の連絡が先決と
何とかスタッフに参加不可の連絡をしましたが、胸痛と意識混濁は続き
仲間が手配してくれた救急車により、近所の病院に救急搬送されました。

動脈硬化が引き金となった、急性心筋梗塞でした。

ただちにICUに運ばれたらしい私は、緊急カテーテル手術にて
心臓の動脈に金属パーツ”薬剤溶出ステント”を埋め込む処置を受けました。
不幸中の幸いか、患部はそれほど大きな部位ではありませんでしたが
心臓の血管が詰まるという意味で、対策が遅れれば生命に関わる事態でした。

正直、当日は早朝から胸の激痛により意識も朦朧、強烈な吐き気も相まって
仲間に電話を入れた事実さえ覚えていません。
自室がマンションの高層階の為、救急隊員の方が隣室からベランダ伝いに窓辺へ到達
サッシをドンドン叩く音に、意識が戻った状態でした。
マンション管理会社が部屋のスペアキーを持っていなかった為
玄関からの緊急突入が出来なかった為です。
後に見舞いに来てくれた、命の恩人の仲間は同業人なので
「あの緊迫感は、ドラマが一本出来そうだった」なんて笑わせてくれましたが。
周りの方々や仕事仲間には非常に迷惑をおかけしたと、今も反省しています。

手術により結局、入院は9月20日から10月2日までの13日間。
術後の経過はおおむね順調でしたが
手術による傷の治癒まで就寝時の体勢が変えられなかった為
右足の太もも内側に血栓ができ、右足全体が大きく腫れ上がるという
俗にいう”エコノミークラス症候群”という余禄が付きました。

今回ばかりはたぶん『生死を彷徨う』という言葉がふさわしいと思います。
ICU退出後に入った大部屋に居合わせた、循環器疾患の患者さんたちも
ほぼ同世代ばかりで
この年代になると、心臓が危機に見舞われる局面も
決してレアケースではない事が分かりました。
思えば先月26日に急逝した元ダイエー・香川伸行さんの死因も心筋梗塞。
病院でその訃報を知った時は、同年輩だけにかなりのショックでした。

そんなこんなで、カテーテルや点滴が外された入院期間後半は
投薬や検査、日常生活に戻るためのリハビリに追われ
なんとか主治医の許可を得ての退院以来、はや数日。
とはいえ、完全看護の病室と全てを自分でこなす自宅療養では
同じ事を行うにも、体力の消耗度にはかなりの差が出ます。
普段なら難なくこなせる日常作業も
今は少し動くだけで、すぐ息が上がる始末。
血管治療とはいえ、心臓疾患というものが大病であった事を
身をもって感じた次第です。
二週間もの入院による筋力の衰えも、大いに関係しているでしょう。
体中に生々しく残る点滴注射の鬱血跡や、心電図の電極跡を目にする度
心臓病の恐ろしさを感じずにはいられません。

医師によれば
「患部が心臓という事を鑑み
退院後は急な用事がない限り、基本的には自宅で安静。
少なくとも一週間は車輛運転禁止。二週間は激しい運動禁止。
二週間後に外来にて経過検査後、職場復帰の有無を判断。」
という事で、自宅に居ながらも外出不可、ほぼ布団の上で安静状態です。

簡単ですが、事の概略がお分かり頂けたでしょうか。
19日に閉鎖日記、20日に緊急入院なんて、都合が良すぎる上
ネットでは具体的な物証など何も提示できませんから
受け手の皆さんにすれば信じがたい展開、言い訳と取られても仕方がありませんが
ここは旧来の拙日記から、嘘がつけない私の性格を信じて頂く以外
弁明のしようがありません。

そんなわけで、拙日記に皆さんから頂いたコメント、メッセージ、メールも
確認できたのは退院日、10/2の午後でした。
その後も不調が続いた為、個別にお返事も差し上げられず
こうして、現状報告にてお許し願えればという手段を採った次第です。
はなはだ身勝手な上、不義理をさせて頂きますが
こうした事情ですので、どうぞお許し下さい。

写真は退院間近のある夕暮れ、病棟窓から望む西陽絡みのマンション群。
入院中は他にも何枚か撮りましたが、許諾問題や個人情報の関係で
アップできるのはこの一枚のみです。

この写真通り今の私も、心身ともに日没気味。
病み上がりの身体に引きずられ、心にも西陽が差しています。
人生も折り返し点を過ぎると
生きた時間より、生きられる時間を数える事が多くなりますね。

Photo

2014年9月19日 (金)

キーボードとデジカメの憂鬱

『恋するネヴュラ』をごらん頂いているみなさま。
過去から今まで、コメント等でおつき合い頂いたみなさま。
大変ありがとうございました。

誠に勝手ながら、思う所ありまして
当ブログは、本日をもって終了させて頂きます。
特に何かがあったわけではありません。
ただ、これから新展開を考えているわけでもないですし
ここ数か月、そろそろ潮時かなと感じていたのは事実です。

ほんの気まぐれで、2006年5月19日より始めたブログですが
これまで多くの方々と交流でき
楽しい毎日を過ごす事ができました。
今は星になった歴代妹分のハムスター連中も、本当に可愛がって頂き
年代や趣味嗜好の違いにより、一つの事柄にも実に多様な考え方がある事も
肌で感じることができました。
下らない独り言ばかりながら、『ネヴュラ』を始めていなければ
ここまで充実した日々を送る事は出来なかっただろうと
ヘタレな足跡を紐解きながらしみじみ感じます。
夏休みの日記を読み返す時の楽しさとほろ苦い寂しさも、少しはあるような気もします。

あまり昔語りばかりでも退屈でしょうから
もしご興味がおありであれば、過去記事などご覧頂ければ幸いです。
わがおバカ人生の1ページとして、終了後もブログそのものは残しておく所存ですので
折に触れお越し頂き、こんなヤツも居たなあと笑って下されば本望です。


秋の深まりと共に、急な気温変化で体調など崩されませんよう
皆さまご自愛頂き、健やかな日々をお過ごし下さい。
重ね重ね、ご購読ご交流に心から感謝致します。
ありがとうございました。


悔いの無い8年4か月でした。

MIYUKI

Photo

2014年9月13日 (土)

冬の転身

Photo_11

というわけで昨日、いつもの買●王国を覗いてみると。
一昨日まで930円だったバンプレスト製・タツノコキャラクターフィギュア
破裏拳ポリマーが、なんと半額近くに値下げという快挙happy02


ポリマー大好きなので、このアイテムは以前から欲しかったんですが
’98年製と微妙に年代ものなので妙にプレミアが付いちゃって
市場・ヤフオク共に新品で1,500円は下らぬ高値ゆえ、残念ながら手が出ずweep

コレも二か月ほど前の店頭デビュー以来
買えそうで買えない絶妙な価格設定に、来店される同好の士同様
お願いだから売れないようにと祈り、値下げの瞬間を狙っていたんですが
実にうまくタイミングが合いましたhappy02

あまりに嬉しくて、候補おもちゃを全部キャンセルしレジへ直行
帰宅後あわててわが家のポリマーグッズをかき集め、まずは未開封状態で一枚camera
いやー上がるわーテンションupライバルを出し抜いた感さえあったりしてscissors
すいません所詮は田舎の争奪戦なので、どうぞ呆れてやって下さいcoldsweats01


Photo_7

さっそく開封し円形ベースにはめ込み、まずは基本の正面FFcamera
前述の通り’98年リリースのプライズですから
お持ちの方も多いと思いますが
ガッチャマンやタイムボカンシリーズの商品化が目立つタツノコキャラクターの中で
ポリマーは比較的不遇な存在。
このアイテムのような全高16cmサイズでは
めったに日の目を見ないキャラクターなのです。

ですからコレはかなり貴重。ポーズもキマってああカッコイイlovely
こうして見ると、エンディング曲の歌詞♪赤い正義の影ひとつ♪がふさわしい
全身赤のスタイリッシュなコスチュームですねーhappy01
個人的には、この手の体にピッタリしたヒーロースーツの中でも
かなり洗練されたデザインだと思うんですよ。ポリマーって。

もっともコレを着こなせるのは、鍛え抜かれた筋肉あってこそでしょうけどhappy01


Photo_9

今朝は気持ちの良い秋晴れだったので、朝一番の森へ連れ出しさっそく一枚camera
第一話をはじめ、影の中からヌッと現れる明暗のイメージでhappy01
早朝ゆえの強い陽光と、森林の暗がりとのコントラストが生む効果です。

ディテールを若干殺しても、ベタ明かりでは決して出来ないドラマ性を狙いました。
こういうのが森林写真の良いところですねhappy01


Photo_12

これぞ正義に燃える、タツノコヒーローの顔!
ポリマーと言うと、拳を握りしめたイメージがあるので
この手刀交差ポーズにはちょっと馴染みがありませんが
いずれにしてもこの後、マトリックス並みの超絶格闘を演じるカッコよさが
ポリマーアクションの真骨頂でしたね。

パンチで敵戦闘員のマスクを砕いた瞬間、手の甲のPマークが輝くところなんか
子供心にうひょーと感激したものですlovely


Photo_13

全身の筋肉、脚の腱まで見事に再現されたこの造形!
’98年製のプライズにしては、ちょっと力が入りすぎてますねhappy01
それもやっぱり、作品本編のリアルな作画技術に合わせた物でしょう。
’60年代末から急速に発達した、タツノコの人体造形リアリティの追及は
ポリマー放送の’70年代中盤、頂点に達した感があります。

同時に、極めてアメリカナイズされたキャラクターのコスチュームデザインも手伝って
日本離れした非常にバタ臭いイメージが、タツノコ作品の個性だった気もしますね。

その対極に立ったタイムボカンシリーズさえ、絵面のリアリティとは無縁ながら
しっかりスラップスティックコメディの体裁を貫いていたあたり
他の和製アニメ制作会社とは一線を画していた感があります。
ただ個人的には件の○○マン路線、パターン化された定番ギャグのオンパレードに
いささか食傷気味だった記憶もありますがcoldsweats01

私はどーも昔から、いかなるシリーズものも初作のみで飽きちゃう癖がありまして。
まー好みの問題ですから、ハマられた方は誤解なきようhappy01


Photo_14

コレも明暗を活かした、浮かび上がるようなハイライトショットcamera
こんな逆打ちもサマになるところが、ポージングフィギュアの良い所ですねhappy01
左足スタンド用のピンが見えているのはご愛嬌coldsweats01

ポリマーと言えば、転身能力を活かした各種メカニックへの変形も
大きな魅力でしたが
放送時はわが家も貧乏だったので、作ったプラモデルは
50円キャラメル箱のポリマーホークのみ、四個セットのバラ売りでした。

作品は大好きだったのに、近くのお店では大物ゼンマイキットはついぞ見かけず
募った恨みつらみが、今もポリマーグッズ入手に走らせる原因なんでしょうかcoldsweats01


Photo_15

ポリマーと言うと、私には冬のイメージがありまして。
同番組は全国同時ネットではなかったので、地元名古屋の放送は
名古屋テレビ・毎週土曜17時30分~18時00分の”ガンダムタイム”でした。
当時、病弱だった母が何度目かの入院中で
父は仕事のかたわら、病床の母の看病に追われ
私は幼い妹の世話と、家族分の夕食の食材を買い出す役割だったのです。

1974年も冬休みに差し掛かった土曜日。
二つ下の従弟が、ウチへ遊びに来る事になりまして。
当時は二人ともポリマーが好きだったので、夕食の買い出しを早めに済ませた私は
暮れなずむ陽に追い立てられるように、ガラス戸がガタピシ鳴る駄菓子屋へ直行
わずかな小遣いで粗末なおやつを買って、やってくる従弟を心待ちにしていました。
それまで一人ぼっちで見ていたポリマーを、歳の近い子供同士で楽しむ喜び。
母の抜けた寒々しい家に、久びさに明るさが戻った冬の夕暮れでした。

内容はもちろんですが、作品は鑑賞時の心境も記憶に刻まれるもの。
『破裏拳ポリマー』という作品の明るさ、爽快さ、後味の良さは
母の居ない寂しく不安な、冬の週末を救ってくれたのです。
ですから私には、ポリマーに特別な思いがあります。
リアルタイム派だけが抱ける、哀しくも懐かしい思いです。


そんな父母も今は亡く、従弟も高校生の息子を持つまでになりました。
彼にこの冬の話をしたら、笑って懐かしんでくれるでしょうかhappy01

2014年9月 9日 (火)

もういちど見せてほしい

Photo

「大映特撮映画DVDコレクション」の創刊による、時ならぬガメラ再注目を記念して
珍品奇品には縁の無いわが家にも何かないかなと、部屋をガサゴソ漁っていたら
こんなモノが出てきました。
1999年の『ガメラ3邪神覚醒』公開時、CDショップの店頭用に作られた
主題歌♪もういちど教えてほしい♪販促POP。

厚紙で出来た組立て式で、前田愛さんの顔の所に
主題歌とサントラCDをディスプレイするスタイルです。

当時、懇意にしていたショップの店長さんに「ウチでは使わないから」と頂いた
パリッパリの未使用新品。

怪獣映画の新機軸と話題になった同作から、もう15年も経つんですね。
隣のエクスプラス・バルガメはサイズ比較用。約23cmほどです。

平成ガメラじゃないですが出来も良く、ガメラ一番のお気に入りなのでcoldsweats01
POPの大きさが、何となくお分かり頂けるでしょうか。
当時、店頭でご覧になった方も多いでしょうね。


Photo_2

同じくコッチも新品、主題歌の告知POP。
スチレンボード製で、裏面に貼られた紙スタンドで立たせられます。


メーカーからCDと一緒に送られてくるこの手の販促品は
ポスター等と同じく、使う使わないをお店の裁量で決められるので
要らなければお客さんにあげちゃうんですよね。
使っても、映画の公開時期が過ぎれば徐々に撤収、廃棄されちゃうし。
私も勤めた経験がありますから、事情は分かります。
当時は大した物と思わなかったですが、こういう物は消耗品なので
今にしてみれば、ガメラの歴史の1ページを飾る貴重な資料ですね。

このPOPに至っては、ビニール袋さえ未開封ですから
大事にしまっておきますhappy01

なんかタダの品物ばっかりでcoldsweats01この程度ですよウチのラインナップなんてcoldsweats01
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年9月 3日 (水)

麦秋の爆走

Photo_5

いやーやっとお披露目。タイミングを逃してずいぶん時間がかかっちゃったcoldsweats01
5月15日に税込799円で新品購入、バンプレスト製フィギュア&バイクの
仮面ライダー旧1号&旧サイクロン。


1999年の初リリース以来、何度も再販されたプライズアイテムですから
お持ちの方も多いでしょう。
サイクロンの全長は約18センチ。前回日記のルパン&バイクと同サイズ。
ライダー&バイクでは、私の最も好きな取り合わせです。

ポピニカ魂より一回り近く大きく、こうして置いても実に見栄えがしますhappy02

うーむ近所の人工滝をバックにすると、本物かと見間違うようなリアリティ。
早や15年も昔のアイテムながら、ヒーロープライズ最盛期の高クオリティゆえ
今見てもまったく見劣りしませんeye

外光が形作る、影の効果も大きいですがhappy01

このフルカウルのフロントに深く上半身を沈め
スリップストリーム状態で弾丸状に高速疾走するシルエット
こそ
私が最も愛する『仮面ライダー』のビジュアルなんですよね。
変身ポーズやライダーキックも確かに素晴らしいですが
風を切ってこそライダー、回ってこそ風車ダイナモ。
その回転をパワーの源とし、チャージ完了の証の様にマスクが装着されて
黒一色のフェイスと、ギンと光る赤いCアイの鮮やかなコントラスト
という
システマチックなカットの積み重ねに惹かれるクチでlovely

シリーズが進むにつれ、ライダーのエネルギー源も変化していきましたから
風力発生装置という設定も形骸化し、バイクが単なる移動手段になっていったのが
何とも残念。
そんな中、「なぜバイクでなければならないのか」という命題に最も忠実な
この旧サイクロンは、私にとって特別な一台なのですheart04


Photo_6

切り立った断崖をバックに爆走。こういうカットも絵になりますhappy02
有名な第六話の疾走スチールを意識してみました。実際の場面は断崖じゃないですがcoldsweats01

二百馬力のジェットエンジンを装備、四百キロの最高時速を誇るマシンですから
こんな絶壁などなんのその
punch
陽光の影が崖のディテールを浮き立たせ、三栄土木の造成地を思わせますね。
もっともこの崖、朽ち果てた切り株なんですがcoldsweats01


Photo_7

最後はちょっと俯瞰気味にcameraこの流れるようなボディの美しさ!
ご存知の通り、ベース車はスズキのT20という市販のバイクですが
このフルカウルのシルエットは、レーサーレプリカと呼んでも遜色ないカッコ良さで
ハイスピード走行を身上とする仮面ライダーには、まさにピッタリ。

重厚さと精密さを魅力とする、東宝・円谷系特撮の超兵器とは対極の
スタイリッシュな『東映超兵器』の傑作と言えましょう。
東宝にメーサー、円谷にビートルあれば、東映にサイクロンありといった所でしょうかlovely

となると、ピープロ超兵器はザボーガーですかね?
サイクロンとはまた違う無骨さですが、ある意味トランスフォーマーを先取りしてるしhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月31日 (日)

ルパン原案ボツの思い出

Photo

昨日8/30の実写版『ルパン三世』公開を記念して
わが家でも5月に新品購入したパンプレスト・ルパン三世フィギュア&バイク二種を
ついに開封、めでたくお披露目となりました。
ルパンファン諸氏なら、本編にこんなシーンが無い事はご存知と思いますが。

皆さんご承知の通り、この夏はお天気が非常に不安定だったので
今日もわずかなチャンスを狙い森へダッシュ、奇跡の晴れ間ショットですcamera

夕陽バックのエンディングが有名な不二子×バイクに比べ
ルパンは、ベンツSSKかフィアット500かと言うほど
車を乗り回している印象が強いので、私がルパン×バイクで記憶に残るのは
第一シリーズ第一話『ルパンは燃えているか・・・?!』Aパートラスト
スコーピオンとの対決にホテル・ミラクルへ乗り込むカットくらいでしょうか。

私好きなんですよ。あのカットでルパンが見せる”悪人顔”が。
普段のひょうきん顔とあの顔のコントラストが、ルパン三世というキャラクターの
多面性を、非常に表している気がします。
無邪気な笑顔に秘められた狡猾さ。第一話にしてああいう描写が続出する所に
演出・大隅正秋氏のただならぬ気概を感じますね。
写真のルパンフィギュアも、もちろん緑ジャケットの第一シリーズ仕様ですから
その特徴的な口角などに、旧ルパン特有の悪徳性が強調されていて
まさに”殺し屋ルパン”らしい表情です。
そうそうルパンはこうでなくちゃ。美女に鼻の下を伸ばすのはあくまで仮の姿。
果てしなく白骨が転がる荒野のような胸の内は誰にも見せない
刹那的なクール&ハードさが無くちゃhappy02

ですからルパンのモノマネで定番とされる「フジコちゃ~んheart04」のセリフは
私にはどうしてもしっくり来ません。
「ブローニングは、背中に感じやすいんだ」レベルのハードボイルドなセリフこそ
ルパンにふさわしいと感じる、筋金入りの旧ルパン派です。
第一シリーズ第四話『脱獄のチャンスは一度』をベスト・オブ・ルパンに挙げる
私にとっては、名作の誉れ高い「カリオストロの城」さえ別物なのです。


思い返せば、ルパン第二シーズンも中盤の’79年頃
番組視聴者に広く、ルパンオリジナル原案を募集する企画がありました。
バリバリの第一シリーズ派・とりわけ大隅ルパン命だった私は
あの雰囲気を今一度と、思いきりクール&ハードにこだわり
さらに数々の新機軸を盛り込んだ原案を応募しましたが
今考えればあまりにも低レベルな思いつきだったゆえ、あえなく落選coldsweats01
ルパン世界の奥深さ、ストーリー作りの難しさを思い知ったものです。
すでに国民的アニメと言われるほど、万人に愛されている作品の上
シリーズによって作風もまちまちですから
どのルパンが好きかで、新作の評価も変わりますし
ゴジラと同じで、万人を満足させ得るルパン三世なんてものは
おそらく今後も、作られる事は無いだろうと思いますね。

今回の実写版も、邦画界の第一線で活躍されているキャスト・スタッフを総動員し
いにしえの『念力珍作戦』とは段違いの予算、制作体制で作られていますから
少なくとも一定レベル以上のクオリティには、仕上がっていると思います。
そういう意味では、素直に期待したいと思いますね。
逆に、まだ見てもいないのに監督がキャストがとあれこれ言う人々は
力足らずゆえボツったとはいえ、ルパン作劇の辛苦を味わった私には
「会議で代案が無いのに、他人の企画にばかりケチをつける嫌われ者」
と映ってしまう。
私が会議の参加者なら、そんな横やりには一切耳を貸さないでしょう。

そういう方は文句ばかり言ってないで
ご自分でプロデュースからキャスティング、脚本から演出まで
理想のルパン作品を、脳内シュミレーションされてみてはいかがですか?
そのご自分の「脳内ルパン」と新作の「北村ルパン」のどちらが上回っているか。
作品はそういう風に見ないと、公平なジャッジが下せない気がします。

とはいえどんな作品も、形として世に存在する分
実力の点で、制作者が勝っている事は間違いありません。
「文句があるなら、これ以上のものを作ってみろ」と言われても
仕方がないという事ですね。
批判覚悟で今作に挑んだ北村監督はじめ、小栗旬さん以下キャスト陣には
改めて敬意を表します。

傑作とは玉石混淆、おびただしい乱造から生まれてくるものである事は
歴史が証明しています。
キャストやクリエイターの個性を受け入れられる成熟度も
観客には求められるのでしょう。

偏狭な考えを捨て、映画を原作とは別作品として割り切り楽しむ土壌は
アメリカの方が、日本より一歩も二歩も先を行っているのかもしれませんね。
そうでなければ、ルパンと同じコミック原作の『バットマン』が
キャスト・スタッフを変えあそこまで多作されても、一定以上の人気を博す筈がない。
歴代のブルース・ウェイン役が、小栗ルパン以上に批判された話は聞かないし
『ダークナイト』があれほど高クオリティに仕上がった理由の一端も
ノーラン監督作ならと期待する、受け手の度量があったからこそですから。

2014年8月19日 (火)

救世主のファンファーレ

Photo_2

ようやく届きました!8/2に発注した新作GODZILLAのサントラCD。
毎度貧乏なので、国内盤よりはるかに安いインポート盤ですが
最安値ショップで送料込み1,518円なら、まあ手頃な金額ですし
すでに二回もの鑑賞で耳に刻み込まれた作品のアルバムですから
懐の痛みより待ち遠しさの方が勝るというわけでhappy02


いそいそと開封、わが家唯一の5.1サラウンド・DVDプレーヤーで再生した途端
部屋中に響き渡るのは、ゴジラサウンドの新時代を告げる名コンポーザー
アレクサンドル・デプラの名調子!

銀幕狭しと暴れまくった、われらが怪獣王の雄姿が甦る!

メインタイトルは当然として、全ナンバー興奮のるつぼですが
とりわけ、敵怪獣MUTO出現シーンを盛り上げた6曲目『MUTO HATCH』
結果的にGODZILLAが避難バスを救う形となった名シーンに流れた
14曲目『GOLDEN GATE CHAOS』なんかは印象深いですねー。
さらにクライマックスにたたみかける17曲目『TWO AGAINST ONE』から
あのラストカットに流れた20曲目『BACK TO OCEAN』までの4曲は
まさに王道の怪獣映画BGM、琴線に触れっぱなしの感涙状態でございましたcrying

古くは伊福部先生から数十年、新作公開の度に特撮映画サントラを入手
大音響で再生しながら、観たばかりの作品の興奮を反芻してきましたが
このアルバムもまた、永く聴きたい愛蔵盤になりそうです。
ああまた毎度のごとく、プレーヤーに入れっぱなしの日々が続きますねlovely

というわけで今日は、早くも動画サイトにアップされた
興奮の記録映画風『GODZILLA』メインタイトルをご覧頂きながら
サントラアルバムの感動を、皆さんと分かち合う事としましょうhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月18日 (月)

力と技のユルユルキック

Photo_4

久々に晴れ上がったお盆明けの夏空に炸裂する、1号2号のライダーキック!
やっぱり昭和ライダーには、こんなピーカンが似合いますねhappy01

満を持しての登場は、先日入手したまま悪天候が続き
おひろめの機会を逃していたバンプレストWCF・ダブルライダーのセットです。

先月リリースしてたてのホヤホヤ、未開封新品が早くも中古ショップに並んだので
すかさず入手したのですが、キックポーズなら晴天バックでとこだわっていたので
ようやく訪れた絶好のチャンスに、あわててベランダへ飛び出しシャッターの嵐camera

本当はもう少し空に表情が欲しかったんですが、欲を言えばキリがありませんしcoldsweats01
それでも影の調子を見計らいながら時間を変えて数回撮影
マスクとCアイの反射がもっとも自然なカットを選びました。
全高8cm程度のミニサイズにも関わらず、ディテールやプロポーション
カラーリングの考証や絶妙なデフォルメーションなど
シリーズ共通のクォリティは、このアイテムも健在。

ここまでのアップにも余裕で耐えてくれますsmile


Photo_7

ごらんの通り、2号ライダーには差し替えでモスグリーンマスクも付属していて
ディープなファンへのケアも万全happy01

こういうカラーバリエーションの需要も、当然意識しているのでしょう。
となると今後は、新1号マスクの微妙な色違いも視野に入ってるのかな?

つくづくマニアックになりましたねー。この手のデフォルメフィギュアも。

Photo_9

今日までに集まった、WCFライダーアイテム揃い踏み。
小さくて場所をとらないところもお気に入りですhappy01
サイクロンなど、ピッタリサイズのSIC魂なども持ってはいるんですが
とりあえず今日は、あくまでWCFくくりという事で。

パッケージを見ると、商品名は『ダブルライダーキック』となってますけど
本放送時の記憶では「ライダーダブルキーック!!!」の野太い雄叫びが
強く印象に残っているので
どーもこの商品名には違和感があります。私だけかもしれませんがcoldsweats01


こうなってくると次に狙うのは、桜島1号あたりかな?
同じ立ちポーズでも、新1号新2号は昔からメジャーすぎるので
今一つ食指が動かなくて。
まー最近のアイテムなので、気長に探せばお値打ち品も見つかるでしょうし
数百円のかわいい買い物ですから、この程度の優先順位のわがままは
お許し頂きたいなとhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月12日 (火)

雨上がりのボウガン

Photo

昨日のSIC匠魂ハカイダー+シルバーバイクがあまりにカッコ良かったので
結局今日も朝一で買●へ走り、色違いのレッドバージョンをゲット。
おおーまだ残ってたかこんな逸品が。運の良さにテンションアップhappy02
両方買うなら、前回日記に書いたハンドル交換の意味はなかったですがcoldsweats01

台風の忘れ形見の低気圧が招いた雨も、お昼前には止んだので
買ったその足で森へ直行、路面の水たまりをあしらって一枚camera
奇しくも雨上がりで彩度が落ちた空模様と、路面の水面反射を狙いました。
得物も前回のハカイダーショットに対し、レッド版はご覧のボウガン。
反射に映えるディテールです。


もともとロートーンのカラーリングに加え
ハカイダーというキャラクターが持つ渋い雰囲気が
硬質な舗装路とバックのグリーンのコントラストの中で
上手く表現できていれば良いのですが。

いやー前回もお話ししましたが
このSICハカイダーは、シチュエーションを選ばず絵になりますねーlovely
「影」が効果を上げるキャラクターって、特撮物ではそれほど無いんですよ。
池に悩まされた昨日のリベンジとばかり、今日は水面反射をキモにしましたが
予想以上の効果だったので、雨上がりの曇り空もまんざらじゃないものですcloud


欲を言えばキリが無いですが
納まりが良すぎて構図が面白味に欠けるのと
水面が綺麗すぎドラマチックさが無いので、波紋の一つくらい立ててもよかったかなと。
とはいえ、車が通る度に撤収しながらの撮影だったので
そんな余裕も無かったですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月11日 (月)

池の底からこんにちは

Photo

というわけで昨日の夕方、台風の収束を待って向かった
いつもの買●王国で入手したのは
ご覧の通り、SIC匠魂NO.5のハカイダーと
同じく匠魂SPECIAL、シルバーハカイダーバイクのセット。

中古の箱なしビニール袋詰めの吊るしで、税込292円という激安価格でした。

いわゆるミニSICサイズとはいえ、バイクのボリュームはかなりのもの。
ハードなディテール、渋さ満点のカラーリングも手伝って
真夏の陽光の下、ゴツい岩肌をあしらってみれば
わずか全長14cmの代物とは、とても思えない
大迫力のリアルフィギュアです。


それにしても、このSIC匠魂は
こんな大自然のリアルな景観にも見劣りしない造形の説得力が
大きな魅力ですね。

こうして見るとホントに、実物大であるかのような錯覚を覚えます。
キカイダーよりむしろハカイダー好きの私には、願ってもない逸品。
いつ見ても唸らされるアイテムですlovely



さて。このハカイダー&バイクですが。
今回、この一枚にたどり着くまでには
いつもに増してあれやこれやと、いろんな苦労がありまして。


実は昨日、店頭でコレを見つけた時。
隣に、コレの色違いバージョンが吊るされておりまして。
迷った挙句、より劇中のハカイダーに近いコチラを選んだんですが
どうやらお店スタッフは、陳列時にその二つを同時に袋詰めしたようで
バイクのハンドルを片方には右二本、もう片方には左二本
入れちゃったようなんです。


帰宅して組み上げた瞬間、その間違いに気づいたからさあ大変。
もう片方が売れちゃったら面倒になると、慌ててその足で再来店し
事情を話して色違いを開封確認、思った通りの梱包ミス。

危機一髪の購入トラブルでした。


さらに今日の撮影時。
実は。写真のバイクを乗せた岩の向こうはすぐ池で
岩から水面までは、1.5mほどの高低差があるんです。

おまけに平たい岩ではないですから、ちょっと風が吹いただけでも
フィギュアが落ちるリスクと隣り合わせ。
でもロケーションが良いので、いつもその危険と戦いながら撮影してるんですが
今日のこの撮影後、その”万が一”が起きてしまってshock
アッと思った時はもう遅い。ポチャンという音と共に
銀色に輝く愛車を残し、あわれハカイダーは池の底へweep

いやーもうアセるアセるsweat01落ちてしばらくは放心状態でしたが
せっかくの名フィギュアを、昔池に沈めたイマイの潜水艦プラモと
同じ目には合わせられないと、慌てて帰宅後作戦会議。
あいにく網のたぐいは持ってないので、開いた針金ハンガーにストッキングを張り
伸縮自在の床用モップにくくりつけて、”即席網”を作成。

メチャクチャかっこ悪かったですが、岩の上から手を伸ばして
必死に池底を浚う事数分。

でも所詮は急ごしらえ、まったくラチがあきません。
でも予想以上に水が澄んでいて、落ちた場所も意外に浅い事が分かったので
結局最後は強行軍、海水浴気分で膝上まで池に浸かりながら
無事救出を果たしましたhappy01

ま、真夏の太陽の下での水遊びですから、思った以上に気持ち良かったですがcoldsweats01
コレがもし冬だったらなんて、恐ろしくて考えたくありませんcoldsweats02



台風の影響で朝から続いていた断水も、ハカイダー生還と共に復旧して一安心。
汗だくのわが身体と一緒に、シャワーでキレイにしてあげました。
そんなこんなで。悪運強いハカイダー&バイクは
今も私の目の前で、不敵なニラミをきかせています。
そうそう。やっぱり悪はシブとくなくっちゃsmile
期せずして訪れた、お盆時のご近所アドベンチャーでございましたhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月 3日 (日)

魅惑のGカップ

Photo_14

お仲間の情報で、新作GODZILLAの上半身が乗ったドリンクカップの存在を知り
今日は朝から上映館に電話をかけまくり。

すでに二回も鑑賞したにも関わらず、劇場では飲食しない主義が裏目に出ましたcoldsweats01
さすがにどこも在庫切れで焦る中、運良くまだ残る劇場を見つけ
行ってきました雨の中
sprinkle
カウンターで写真を撮影する許可を戴き、意気込んで撮った一枚がコレcamera
うーむ珍しいhappy02さすが世界の怪獣王ならではのレアアイテムですね。
そりゃ売り切れ店も続出するわけですhappy01


Photo_3

カップの裏面はこんな感じ。ちゃんと封切日が明記されていますから
絶好の鑑賞記念になりますねmovie

しかも上に乗っかってるGODZILLAさん、出来がまたメチャクチャ良いlovely
既に入手やご覧になった方も多いでしょうけど
遅まきながらわがブログでもおひろめ、ディテール・プロポーションを見てみましょう。


Photo_5

大迫力の正面。荒ぶる表情に似合わずラブリーな小さいお目目lovely
今回のGさんは、両手を下に向けたポーズが印象的ですね。
それにしてもこの、ディテールの細かいことeye
バンダイ版ソフビを超えそうなリアリティは、この手のカップヘッドとしては特筆もので
上半身だけにも関わらずコッチを選びましたhappy01

まー予算の都合も大きいですけどcoldsweats01


Photo_6

サイドショットもこの通り。劇中のGさんの特徴を見事に捉えた造形の妙happy02
表面ディテールのアプローチはアメリカンクリーチャーのそれですが
どっしりした重量感はまぎれもなくゴジラのそれで、しっかり”怪獣”してます。

この辺が、エメリッヒ版との大きな違いですね。


Photo_8

ぐるっと回ってバックショット。三列に並んだ背びれは完全にゴジラのそれ。
プロポーションもゴジラしてますねえ。

さすがゴジラフリーク・ギャレス監督の本領発揮ってわけでwink


Photo_9

逆サイドも手抜きなしのゴジラテイスト。ボディ幅もかなりのボリュームです。
そういえば今回のGさん、ボディのディテールはウロコがメインなんですね。
初作ゴジラの検討デザインにもウロコに覆われたタイプがあったようですから
このアプローチには、そのあたりへのリスペクトも匂わせているのかな?

ゴジラを愛しつくしたギャレス監督ですから、マニアックさも一筋縄じゃ行かないとhappy01


Photo_11

でもこうして気持ち俯瞰気味にすると、また別の表情が表れてきたりして。
このあたりの頭部デザインは
初作ゴジラと同期の『原子怪獣現わる』リドザウルスをちょっと意識した感じ
というよりも、恐竜モチーフの洋画怪獣伝統の”トカゲ顔”と言うか。
こめかみから首筋にかけてのディテールも、まるっきりトカゲの雰囲気ですもんね。


しかも面白いのは、このお腹のブロックパターン。
今作と平成ガメラとの類似点を指摘されている識者諸氏は多いですが
この腹部のパターンも、気合一つでウルティメット・プラズマぐらい発射しそうな
”ガメラ腹”っぽかったりしてhappy01

そーかープロットのみならず、デザインまで平成ガメラしてるかギャレスG。
ますます親近感が湧いてくるなあこの子にはheart01


Photo_12

でもやっぱり、こういう見上げがちのアングルに戻すと
間違いなくわれらのゴジラなんですよねー。ディテール、プロポーション共に。
こんな風に、角度によって印象を変えるデザインと言えば
いにしえのキンゴジを思い出しますが

このギャレスGにも、キンゴジ譲りのマッシブ&アクティブなイメージがありますね。
初作ゴジラへのリスペクトを公言していたギャレス監督ですが
彼の中には少なからず、キンゴジへの思い入れもあったのでしょうか?
まー惚れた欲目で、何でも良い方に捉えてしまう私の悪い癖ですがcoldsweats01


Photo_13

60年の時を越え、初代と最新コジラ涙の対面crying
カップヘッドGのサイズが、バンダイソフビとほぼ同じ事がお分かり頂けるかと。
でも60年の間に、ずいぶん貫禄が増しましたね怪獣王も。
まーコレも長期シリーズの歴史が生む、存在の厚みという事でhappy01


いやーこのゴジラカップ、入手できてホントにラッキーでした。
この手の飲食パッケージ系は封切直後に売り切れるのが常なので
まさか公開も十日を数える今まで残っているとは、とても思わず。
現に、売り切れ劇場もチラホラありましたしねーsweat01
情報を下さったお仲間に、改めて感謝の雨あられですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年7月30日 (水)

仮面ライダーブッチー

Photo

今日も夏らしい明け方に、調子に乗って出かけた朝6時。
先日入手のバンプレストWCF・旧1号ライダーとSIC匠魂・サイクロンで
いつもの森の早朝ツーリングですdash

意外に似合うこの取り合わせ。デフォルメの感じが合ってるんですねhappy01
とはいえ二つとも、造形のツボはしっかり押さえているので
並べても子供だましにならない説得力
wink

今日も運良く、住民のブッチーcatが寝ていたので
ちょっとファン役をお願いして、パトロールを終え一休みのライダーを
出待ちしてもらいました。

両者の距離はわずか50センチ。
ここまで近づいても逃げないブッチーの度胸の良さhappy02

「キャー本郷さ~んカッコイ~lovely
「ウチのマタタビも守って~heart04


世界平和もマタタビも守らなきゃならないとは、ヒーローも大変ですね。
おまけにカシャカシャやっていたら、早朝ウォーキングのお母さんに
「ネコちゃん偉いねーカメラ目線で」なんて褒められちゃって
すっかり得意顔のブッチー先生でしたhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年7月26日 (土)

ゴジラ 大怪獣空中決戦

Photo

『VSビオランテ』あたりからこだわってきた、ゴジラ封切初日鑑賞ですが
おそらく今作ほど、それに見合った感動を味わった事はありません。

事前情報の誘惑を全て振り切り、満を持して迎えた昨日。
鑑賞後の私の心は、猛暑日の最高気温以上に熱く高揚していました。
ついに日本上陸を果たしたギャレス・エドワーズ監督『GODZILLA』。
すでにご覧の方には、私の感慨がお分かりと思います。

てなわけで今日は久しぶり、簡単な感想でもと。
出来る限りネタバレを避けてお話しますが
作品の仕掛け上、どうしても触れなければならない部分がありますので
未見の方は、鑑賞後にお立ち寄り頂いた方が賢明かとcoldsweats01



ギャレス監督の作品は、2010年の『モンスターズ/地球外生命体』を
鑑賞済みでしたから
そのリアリティとポエミーなテイストを絶妙にブレンドした独特の作風は
すでに知っていたのですが
今回の『GODZILLA』に関しては、かなり趣を異にするものでした。


序盤の作劇やカットワークは定番、凡庸な上、ストーリー運びのテンポも若干悪く
群像劇の描き方に不慣れではという感覚が先に立ちました。
シネスコ画面の天地をはみ出す勢いの顔アップも
公開版はトリミングしていたと言われるリドリー・スコット監督『ブラック・レイン』並みに
圧迫感が強く
本格メジャー作品初監督の気合が、若干空回りしている印象を受けました。
「人間と怪獣のカットバックを顔アップ同士で行うと、怪獣の巨大感が出ない」と
中野昭慶監督が仰っていた愚行を、ギャレス監督も犯す不安に囚われたのです。

『モンスターズ』で既に監督の手の内を知っているとはいえ
”盛り上がる直前で次のシーンへ”や”
子供の見るテレビ内での格闘”といった描き方で
やたら観客にジレンマを抱かせる、GODZ
ILLA初登場後の”初戦”や”二回戦”も
メインディッシュはまだまだ先とおあずけを食った子供のような
不満感を抱かせる一因でしたcoldsweats01


でもそれらも含め、全てはギャレスの巧妙な計算によって仕組まれた作戦で
私たち観客は、彼の掌の上で踊らされていたんですね。

ストーリーは前後しますが、監督の才能の燭光がキラリと光り
コレは意図的な焦らしかもと感じた最初のシークエンスは
ジャンシラ原発跡地の研究施設で起こる”意図的なミスディレクション”でした。
そこまでさんざんゴジラの存在を匂わせておいて
誰もがゴジラの登場を待ちわびていたところに、あのサプライズ。
この監督は一筋縄では行かないなと、観客に緊張感の緒を締めさせるには
十二分な効果でした。
(あーこの時点でかなりネタバレしてますね。
今回は大ネタが秘されてますから難しいんですよお話がcoldsweats01

これでツカミはOK、あとは心地よくギャレスのジェットコースターに揺られていれば
多少の舌足らずも伏線に見えてしまうもの。
この心境は’95年、金子修介監督『ガメラ 大怪獣空中決戦』鑑賞時の感覚に
近いものがありました。

印象のみならず、今回の『GODZILLA』と『ガメラ』の二作は
怪獣の扱い方やプロット上の仕掛け、人物配置など、随所に類似点があるような気が。

宿主と寄生生物、敵対する生物兵器といった関係性の違いはあっても
互いに惹かれあう事を宿命づけられた両怪獣の設定。

研究・対策・防衛など怪獣への関わりから、違和感なく事件に巻き込まれていく
主人公側の人物配置。

あえて敵対側の登場・露出を先行させ、対抗する人類との戦闘クライマックスに
大見得と共に登場、圧倒的な威力で敵を粉砕するヒロイックな描き方で
結果的に主役怪獣を人類側の味方として印象付ける作劇。


何のことはない、私たちは今回の『GODZILLA』のストーリー骨格を
20年近く前に、平成ガメラで目のあたりにしていたのです。

少なくとも私はそう感じましたし
これが「日本人のDNAに刻まれた、正統派ヒーロー怪獣映画の王道パターン」
である事も、再認識させられました。
何だかんだ言ってもやはり、ゴジラは強く怖くあって欲しいし
ひたすら無言を貫き溜めに溜めて、ここぞという時に上げる雄叫びの迫力や
瓦礫の粉塵に浮かび上がる青白い背びれを、幻想的にPANUPするカットワークには
ヒーローの決め技がキマる直前のワクワク感にも似た、興奮を禁じ得ないわけで。
既にご覧になった方々の感想に「おかえりゴジラ」という言葉が見られるのは
単なる動物を超えた、「怪獣」という存在ならではの個性や風格が
今作では大切にされていたからでしょう。
とりわけゴジラには
『百怪獣の王』であって欲しいですもんね。日本人ならhappy01

他にも見所は多くあって。
怪獣と人間のサイズ比を巧みに描写した、鉄橋シーンの秀逸さや
結果的にゴジラのヒーロー性を描く事に成功した、橋脚上の”バス”のエピソードは基より
サンフランシスコ市街を舞台に繰り広げられるクライマックスの一大バトルシーンも
さながら『サンダ対ガイラ』を思わせ、都市破壊演出の白眉と言えましょう。
ラスト直前に流れるテレビニュースのタイトル
”怪獣王は救世主か?”が、この物語を鮮やかに締めくくります。
さらにあのラストカット!
意図的に余韻を残したあのカットを観て
平成ガメラ第一作のそれを思い起こさなかった怪獣ファンは皆無でしょう。
私なんか脳内で、爆風スランプ『神話』が流れましたよホントにhappy01


あまり長い感想も最近は嫌われますから、今回は短めにまとめますが
ゴジラ映画とは切っても切れない『核』というキーワードは
もちろん今作でも踏襲されていて。
でもそれはあくまで隠し味。コンセプトの底深く静かに流れる程度に収めておき
渡辺”芹沢博士”謙氏の「時計」に結実させるあたり、実にセンスを感じます。
「あくまで娯楽作だけど、見終わった後トゲのように何かが残る作品」という
渡辺氏のセールストークが、今作の印象を端的に表しています。



そんなこんなで今思い起こしても、序盤はスロースタートながら
全ては”ギャレス・コースター”急降下前のお楽しみと割り切って
落ち始めたら一気呵成、何十年ぶりかの怪獣体験にドッブリ浸かれる今作。
事情が許せば『GMK』以来の再鑑賞を企んでいます。
せっかくの大画面体験ですから、楽しまなきゃ損ですもんねhappy01

なにしろ鑑賞翌日なので未だに興奮状態、思いが整理しきれず
とりとめのない書き散らしで失礼しましたcoldsweats01
最後に。今回のサブタイは、ドラマ構造が平成ガメラ似というだけではありません。
けっしてゴジラが飛ぶ訳ではありませんが
VSギャオスを思わせるシーンも随所にあるんです。

特に”一羽目撃墜のカット”などは。ご覧になった方ならお分かりですよねwink

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年7月24日 (木)

ゴジラ対名古屋美女

Photo_2

今朝6時10分。ローカルニュースで知った情報に
慌てて向かった名古屋駅で。
明日公開の新作海外版ゴジラに合わせ、わが名古屋のビッグアイドルナナちゃんも
浜美枝さんよろしく捕まっちゃいましたかhappy02

アゴが外れるわ怪獣には捕まるわ、最近のナナちゃんは活躍もケタ外れで
地元の人々を楽しませてくれますねhappy01


Photo_6

壁を破って突き出した腕も実にリアル。
壁のかけらまで、ちゃん造形されているこだわりようです。
ナナちゃんのサイズが確か6mですから、今回のゴジラは50m以上だなコリャ。
この名古屋駅は、’84年のゴジラ公開の時も
例のサイボットゴジラが来襲、ナナちゃんとデートしたという
由緒正しいゴジラスポットだそうですから
今回の舶来ゴジラにも、彼女はそれほど驚かなかったでしょうけど
つくづくナナちゃん好きなんですねゴジラって。
かの大先輩キングコングしかり、英雄色を好むってところでしょうかheart04


Photo_8

彼女の足元、明日公開のゴジラ看板。
いよいよ盛り上がってきましたねーゴジライヤー。
ゴジラにかこつけて、開店60周年もしっかりアピールする名鉄の抜け目なさ。
そーかーもう還暦なんですねー。幼少から親しんだ名古屋の繁華街も。
そりゃ私も歳をとるわけだなとwink

早朝の曇り空&照明が点く前だったので、眠気爆発の写真で失礼しましたcoldsweats01
噂の海外ゴジラ、機会あれば鑑賞したいですが
たとえ予想は裏切っても、期待は裏切らないでもらいたいものですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年6月30日 (月)

子ども防衛軍出動せよ

001

舞台はたぶん、昭和46年から1~2年の間。
良い子が暮らす良い町に、大怪獣ノコギリソあらわる!
出動せよわれらの子ども防衛軍!ヘンシンセットでウルトラマソAに早変わり!
ピースメーカー風のロングバレルがビュビュンとうなる!
マゾラとモグネズソが暴れるひみつのかいじゅうバックには
見たこともないしんへいきが入っているぞ!

東京マルイの科学レンジャー隊も真っ青だ!

今朝めざましテレビの占いで見た「掘り出し物発見」とは、コレの事だったのか!
お菓子の買い出しついでに覗いたH●bby o●fのショーケースに踊る
世紀の駄菓子屋玩具、ノムラ製『良い子の友ヘンシンセット』!
この手の当時物未開封品は価格も鬼プレミアだろうと
即座にスルーを決め込みましたが
視界の隅に残るワンコインの値札に抗えない、毎度悲しい意思の弱さweep
ここで見逃したら二度と出会えませんぜと手招きする、サドラもどきに負けましたhappy02
安値に似合わず台紙は45×26センチと、意外に大サイズlovely

版権表示のあるなしにこだわる正統派おもちゃ好きはまず手を出さない
パッチパチのお子ちゃまセットながら
私のバヤイ、こういうキワモノにこそおもちゃ魂が燃え上がりますpunch

子どもサイズの特殊ゴーグル!古式ゆかしい六連発!
ひみつの詰まったアタッシェケース!
スパイなんだか防衛チームなんだか今イチよくわからないっ
coldsweats01

しかも「ヘンシンセット」の名の通り、たぶん何かにヘンシンするんでしょう。
ヘンシン方法はデュワッとゴーグル装着?
はたまた手鏡相手にポーズを構え●●スパーク?

ああ夢が広がるヘンシンの世界!
でもヘンシン後の絵はトサカも勇ましいウ●トラ5番目の兄さん風というsmile

素晴らしいですねーこのパチテイストhappy02
こういう感じが好きなんですよ。大枚はたいて精密な正規品を買わなくても
他愛ない怪獣ゴッコなら、私にはコレで充分。

もっとも今となっては開封するのももったいないので、あくまで妄想用ですがhappy01

思えば大昔、駄菓子屋の店頭に並んでいた科特隊の流星ハッジも
こんなチープなプラ製だったなあと。
でも小さな掌の中で、バッジは本物のようにまばゆい輝きを放ち
アンテナを伸ばせばいつでも、友人と通信できる気がしました。

いつ頃からでしょうか。おもちゃの粗末さを思い入れで補えなくなったのは。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年6月29日 (日)

紫陽花バンガオー

Photo

梅雨明けも近いのでこんな写真も撮れなくなると、あわてて向かったいつもの公園。
あじさいをバックにバンガオーと吠える今日のモデルは
鉄人28号・カラー版握り拳バージョン。

先日格安で入手した、メディコム製ミラクルアクションフィギュアです。

全高21センチで各関節がカキコキよく動く、非常におトクな逸品。
♪敵に渡すな大事なリモコンを携えた、勇ましい正太郎くんも付いてます。

ブリキ製のレトロおもちゃやや間接固定のソリッドモデル
名場面ジオラマの印象が強い鉄人フィギュア。
間接可動版で思い出すのは、超合金やリボルテックなどごくわずかですが
その中にあって、このメディコム版は
サイズ、価格、使い勝手などかなりプレイバリューの高いアイテム。

怪獣ソフビ並みにいじり回し遊び倒せる耐久性も、大きな魅力です。


時代の変化に応じ、太陽の使者、FXとさまざまな姿に変化した鉄人ですが
金属質の重厚感や一種異様な迫力、善悪の狭間で揺れる存在感など
”良いも悪いもリモコン次第”という設定が、最も色濃く出ていたこの初代こそ
私にとっての鉄人です。

先日の入手以来、2004年制作の今川”Gロボ”泰宏版鉄人を再見
独自の作品世界に酔いしれていますが
巨大ロボットアニメチックなケレン味こそ抑えられているものの
一話見終わるごとに広がるほろ苦さは、昭和世代の大人向けならでは。

はたして鉄人は鋼の亡霊なのか?それとも人類の希望なのか?
作品が問いかけるそうしたテーマは、あの無骨なボディにこそ似合う気がします。

深夜のビル街でサーチライトに浮かび上がる巨大な体躯、
好敵手ブラックオックスと組み合う姿が印象深い鉄人ですが
こうして陽光の下で雄たけびを上げる姿も、なかなかサマになりますね。
あじさいの季節ももう終わり。向日葵の顔を見る日も近いようです
sun

2014年6月14日 (土)

朝日の仮面

Photo_2
今朝は湿度も低く爽やかに晴れ上がったので
久々に朝日ベランダ写真でもcamera
モルタル剥き出しの壁肌をバックに
前回日記でお披露目したメディコム製・仮面ライダー旧1号を置いてみました。

秘密結社ショッカーを根絶やしにすべく、決意に燃える青年科学者・本郷猛!
ああカッコイイlovelyヒーローはやっぱりこうでなくっちゃhappy02

怪人に改造されながらも正義の信念を燃やす男、という設定から
心と身体が善悪に引き裂かれたヒーローには
こんな光と影のコントラストがよく似合いますね。

フィギュアのクォリティもさすがメディコム。
朝日に浮かび上がるハイディテール、スーツの質感もさることながら
電球など仕込んでいないCアイが発光して見える所も、予想外の効果でしたflair


006

衝動買いに近かったメディコムライダーながら
今朝の一枚があまりにカッコ良かったので
二日前に森で撮ったフルショットもついでにアップcamera

陽が翳っていた上、手足ジョイントの可動範囲もこれが限界だったので
ポーズがイマイチ中途半端で、お蔵入りにしていましたが
元々のプロポーションが良い為か、まあコレもイケるかもと思い直しました。
おなじみ三栄土木ロケの効果で、こうした山肌バックも違和感の無いところが
仮面ライダーというキャラクターの良いところ。


こうして自然を前にライダーにポーズをとらせ、パチパチシャッターを切っていると
やってる事は子どもの頃のライダー遊びと変わってないなーなんて
笑みがこぼれて来ます。

埃一つ無い精密なフィギュアを並べ、大人のヒーロー研究なんて気取るよりも
こうして童心に帰って土まみれで遊ぶのが、私にはお似合い。
もう数日は梅雨の晴れ間も続くようですから
わが家のおもちゃもまだまだ活躍してくれそうです
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年6月12日 (木)

新緑の仮面

001
「立花さん、俺は戦う!ショッカーの被害者は、俺を最後にしたいんだ!」
<カラー>新番組【仮面ライダー】緑鮮やかないつもの森にあらわる!

バツグンに強い!カッコいい!正義をまもる仮面ライダーだどぉーッ!
見よう!土曜よる7:30~8:00 MBS・NET・KBC・HTB。

地元名古屋では残念ながら、放送は一日遅れの日曜よる7:00だったけどっcoldsweats01

てなけで今日、仕事の合間と梅雨の晴れ間を狙って連れ出したのは
今週月曜日の夜に近所の買●で緊急入手した世紀の逸品
メディコムトイ・1/6仮面ライダー旧1号。
ご覧の通り五体満足ながら中古箱無し、税込み1,296円。
相場よりちょっとお得な程度ですが、一目ボレには勝てませんでしたlovely
現品のみビニール袋に入っての現状渡しだったので
見た目で推測するしかありませんが、最初期発売のバージョン1じゃないかと。


旧1号だけでも数え切れないリニューアルを繰り返している同社だけに
今やコレもメディコム黎明期のメモリアルアイテム以上の価値は無いんでしょうが
触れれば傷つきそうにデリケートなディテールや
ポロポロ落ちそうな精密パーツの塊みたいな新型モデルより
パーツさえ問題なければカキコキポーズをとらせて遊べるこうした中古品の方が
外遊び派の私には向いています。
ホラこのライダーだって、陽光の下で仁王立ちさせれば
劇中から抜け出たようなリアルな雰囲気、立派なもんですよ
happy01


002_2
後ろ姿もこの通り、さすがのメディコムクォリテイ。
本編がオープンロケ主体の、仮面ライダーなどのキャラクターフィギュアに
リアリティを与えるのは
確かな造型技術に裏打ちされた、自然照明によるマスクやスーツの素材感や
ディテールなんですよね。

この一枚もサイズの比較物が無い分、スケール感を壊しているのはマフラーだけで
パッと見なら等身大と言われても信じちゃいそうな気が(私だけかなcoldsweats01
これぞミニチュア特撮の原理ですね。ああカッコイイhappy02


003
晴れと曇りが目まぐるしく入れ替わり、ちょっと気を許すとこのツブレ空cloud
第一話クライマックスのダムシーンのように、旧1号編の色彩設計は意図的なのか
”晴天なのにコントラストを抑えた画面”が多いので、そんなイメージでもいいかなと
あえて採用してみました。

コレはコレでカッコイイと納得できちゃういい加減さが、屋外撮影のイイところ
smile

004

そうかと思うといきなり陽光が差し込み、木陰から一瞬現れた陽だまりの中で
sun
まさに天然のピンスポット、こんな効果を人工的に得ようとすれば
かなり大掛かりな照明機材が必要です。

まさにミラクルですねー。位置決めから撮影までわずか10秒の早業でしたcamera
ローアングルを狙い、雨の翌日のぬかるみ道についた膝が
グショグショになったのは言うまでもありません
coldsweats01

005
さらに降り注ぐ陽光を利用し、思いきりコントラストをつけた一枚scissors
主題歌三番歌詞「♪GO!GO!レッツゴー!緑の仮面」を思い起こさせる
昭和ヒーローのテイストを目指しました。

いやーこうして見ると、旧1号のカッコ良さを改めて感じますねー。
しかもこういう自然に置いても、何の違和感も無いところが素晴らしい。
大自然のパワーで戦う、企画時タイトル”ホッパーキング”のコンセプトは
実際のデザインにも確実に流れているなあと。


お天気の動きを見ながら、アドリブでカットワークを変えられるのは
屋外撮影の楽しいところですね。
加えて周りは本物の森ですし、比較物が無い分”等身大感”もバッチリ。
本放送当時の未発見図版なんていうのは、さすがに無理がありますが
部屋で撮影するよりは、素材としての1/6フィギュアの魅力を
引き出せているように感じます。


機材は安いデジカメ、写真の腕なんかもともと無い上
こんな自然の奇跡も狙って撮れるものではないですから
ただひたすら歩き回り、偶然を期待するしかないですが
撮影後のプレビューでおおーと唸るカットも、数百枚に一枚はあるんですよね。
まあ梅雨のこの時期に、こんなミラクルに出会えただけでも良しとしましょうか。
もちろんお値打ちに入手できた、メディコム旧1号にも感謝してhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年6月 8日 (日)

生モスラ対ゴジラ

002_4
今日の名古屋は梅雨の中休みで、抜けるような青空sun
いつもの池の水際では、麗しのビキニギャルが波と戯れていました。
「フフン。気ままな花びらと呼んでheart04
う~んセクシーlovelyこういうのを
小悪魔agehaって言うんですね。
ネタ的にはかなり古いですがcoldsweats01


それにしても暑いわーsweat01
最高気温も29.9度、嫌がらせみたいな猛暑日スレスレsad
湿度の低いところが唯一の救いsweat02

「お嬢さん、アゲハ柄がエレガントなビキニですねshine
おっと見え見えの口説き文句を口に、フレームインする色男はっhappy02


002_5

昨日から始まった初代ゴジラ・リマスター版公開を記念して
池へ連れ出したバンプレスト・酒井ゆうじ氏原型のソフビゴジラさん。
ずいぶん前に入手したんですが、意外にも外歩きは今日が始めて。
真夏を思わせる陽光に浮かびあがるリアルなコントラストが
造型のクォリティを際立たせますねlovely


さすが百戦錬磨の小悪魔、なかなか度胸が据わっていて
ゴジラをここまで近づけても、微動だにしない大物ぶり。
まー昭和ゴジラには連戦連勝、負け知らずのモスラさんですから
初代とはいえ恐るるに足らず、余裕の構えです。

おかげでめったに見られない、怪獣王との競演が実現しましたcamera

申し分無いお天気をバックに、東宝人気メンバーの揃い踏みですから
池から大映代表ガメヲでも現れようものなら、さらに盛り上がったんですが
今日ものん気にプカプカ泳ぎながら、沖合いで遠巻きに眺めているだけ。
別会社の壁はなかなか大きいようです
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年6月 2日 (月)

5月にお迎えした皆さん

Photo
以前からたま~にやっていた、「お迎えした皆さんおひろめ」シリーズ。
先月はお値打ちな中古おもちゃにけっこう恵まれたので、久々の復活happy01

写真の分だけで、出費総額は8,858円。
ホントはもう少しあるんですが、小さな食玩ばっかりなので割愛coldsweats01
合計すればそれなりの金額ですが、定価買いなら少なくとも三倍近くはするので
まあまあの勝ち試合というところでしょうか
happy01
特撮おもちゃばっかりで、両端のルパンバイクが場違いに見えちゃいますが
まー好きなものはしょうがないcoldsweats01

目を見張るレア物やヴィンテージ品は無いものの
限られた予算を駆使してやりくりした割には、ささやかながらそれなりの収穫。
右端エクスプラスガメラの実勢価格が約9,000円ですから
ガメラ一個分の予算で、これだけのおもちゃを揃えちゃったことになります。
いやーなんて運に恵まれた月happy02

私にとってのおもちゃの満足感は、品物の価格やレア度ではなく
「それを入手してから、他に何も欲しくなくなる期間が何日間持続するか」
一つの指針になっているんですが
そういう意味でも先月入手のおもちゃは、いずれも満足感の大きな品ばかり。
こんな風に「集めて愛でてみたくなる」魅力に溢れています。


これまであまり立体化の機会に恵まれなかったガメラ1966・通称バルガメの
画面を切り取ったような猛々しいフォルム。


002

バンダイ超合金・メカゴジラ1974のボディに施された
メッキ処理の美しさは、手にした者でなければ堪能できないでしょう。
その輝きはもはやインテリアオブジェのレベルで、入手直後の朝日バック写真は
パソコンの壁紙にしているほどのお気に入りです
heart04


4_001_2 
しかもさすが超合金。
間接をヒネるたびに内部フレームのカキン、カキンという金属音が
ボディに共鳴して響く小気味良さ
lovely


こうした「あらゆる角度から見て、触って、動かして、写真に撮って楽しめる」ところが
オーナーだけに許された大きな喜びですね。

これだけの逸品が揃うと、前述通りしばらくはおなか一杯で
よほどの対抗馬が現れなければ、食指が動かないでしょうが
つらつらとショップ巡りを続けるのも、良い目の保養になるんですよ。
あの逸品をいつかこの手にと、指をくわえてショーケースを眺める決意が
日々のモチベーションの原動力になりますもんね。ご同好の皆さんhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

«アツい6月入り